人に命を吹き込んだのは風だった
俺たちの口から出てくるのも風で、
それは俺たちに命を与えてくれる。
風が吹きやむと、俺たちは死ぬ。
指先の皮膚のなかに風の小道が走っているのが見える。
それを見れば、俺たちの先祖が創造されたとき
風が吹いていたことがわかる。
                ナバホ族 (1897年)