フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき2020

2020年11月30日 (月)

「ミミデカ」のこと。

前記事からの続きです。

そう、膝を正して、「ミミデカ」聴きました。

あの頃、少なからず、曲の歌詞とか、構成について、
理解できなくて言い合ったこともあります。
ライブに来てくれた方への態度とか、
そういうことでもケンカしたっけ。

私は、バンマス(もり氏)がやりたいことに参加はしていても、
彼の作り上げる音楽に共感していた、かというと、常に疑問もあって、
バンドは面白かったし、メンバーはみんな大好きだけど、
前記事に書いたようにシンドイことも多かったので、
彼の音楽にちゃんと向き合ってはいなかったかもしれない。

だけども時間が経って、今、客観的に聴いてみたら、

おやなんだろうこのバンドめっちゃかっこいいじゃないの。(笑)
ぜんぜん古臭くないどころか新しい、と感じる。

今も歌詞に難癖つけたくなる自分を棚に上げて良く聴けば、
そうか彼にとって歌詞は言葉じゃないんだな。
言葉は楽器のひとつだったんだ。と気づく。

緻密な変拍子がさらっと聴こえてきてすごく新鮮だったり、
全曲聴いて30分ちょっととは思えないほど
多彩な音色、多彩なリズム、
どれだけ重ねているのだろう。

彼がやりたかった音楽が、今なら良くわかる。
ああ、そうだったんだ、と理解できる。
良い悪いを超えて、共感を超えて、
ああ、なるほどそういうことか。と。
今さら遅すぎるけど。(笑)
符に落ちたような気がしました。

「ほらな、」と笑っているような気がするけれど、
こうして改めて振り返ることが、
もしかしたら彼の供養にもなっているのかな、
などとふと思う。

吉田さんが、「首をかしげる天才」と表現していたけど、
言い得てるなぁ。彼はほんとにちょっと首をかしげたくなる人だけど、
ほんとに天才だったと思う。
凡才の私のやり方がまどろっこしかったから、
あんなにボロクソだったのだろうな。
付いていけなかった部分はまさに自分の力不足。
でも今聴く、27年前の自分の笛の音は 
ほほぉ、悪くないやん。て。(^^ゞ

そんな「ミミデカ」
もし、聴いてみたい、という方がいらっしゃいましたら、
こちらから購入できます。(リンクは↓に)
ちなみにわたくし古庄(旧姓鈴木)は、
このアルバムの中でオカリナは吹いていません。
竹の笛、リコーダー、そしてコーラスを担当しております。

ヴェンタインレコードCDネットショップ

↑こちらのサイトでこのジャケットをみつけてください。

4df1301d9e1e41a98234edf6a477be1d

しかしこのところ、オーパスタ再結成とか、
CDリミックスとか、
過去に戻っているような。いや、過去が今に戻ってきているような。
タイムトラベル現象。
不思議楽しい現象です。 

「ソラミミ」からの「ミミデカ」

ソラミミからのミミデカ、
なんのこっちゃ、なタイトルです。

まずミミデカ、はこちら。↓↓の写真です。

ずい分むかしに、大変お世話になった、
目黒の蟠龍寺スタジオ
ヴェンタインレコードの吉田さんが送って下さいました。
 
4df1301d9e1e41a98234edf6a477be1d

このCDに収められている音源のレコーディングに私が参加したのは、
かれこれ27~8年前ではなかろうか。

あのとき出来上がったのは、「ソラミミ」というタイトルの
なんと、カセットテープ!!でした。

所属していたバンドの名前は 
「SUTUDIO NICA」(スタジオニカ)

このときの録音に参加しているメンバーは、
モリナヲキ 岡部洋一 春日博文 吉田哲 児島由美 ほか。
そして古庄ではなく旧姓のわたくし。

春日さんや岡部洋ちゃんは今や一線で活躍する
有名ミュージシャン、どころかすでに大御所で、
その並びに私の名前があることからして奇跡的。

このCDに収められている楽曲の
ほとんど全てを
作詞作曲編曲演奏&ボーカルも担当しているバンドマスターは、
モリナヲキ。

昨年のクリスマスイブに亡くなりました。
私と同い年。
病気を抱えていたから、急変したのかなぁ。
人一倍寂しがり屋だった彼が。クリスマスイブに。
たったひとりで。

まぁ彼のことはとにもかくにも、
私の天敵であり恩師であり
めちゃくちゃヤなやつであり良き友、でありました。
何度もぶつかり何度も泣かされ、
上手いとおだてられ、
へたくそとおとしめられ、
出来ないとは言わせないと鍛えられ、
端的に言ってしまえば、

ほんとにめんどくさいやつ、でした。(笑)

でも。彼に出会っていなかったら、
私は今、こうして笛を吹いていないかもしれない。
大切な恩人でもあります。

先日、引っ越しをしたとき、このバンドの楽譜やらカセットやらが
たくさん出てきて、その中に「ソラミミ」もあったけど、
わざわざ聴くということもなく、楽譜数枚と、
カセット1本だけ残して あとは処分に回したほど。
私の中ではすでに遠い「過去」の記憶と、少し色もあせた思い出。

でもなんの因果であろうか。
大好きな吉田さんが昨年リミックスし直したというCDを送って下さった。

これは吉田さんを通してヤツからの、
「おいっ!カセット捨ててんじゃねぇぞ!」
「もう一度聴けや」
・・・というメッセージだろうか。などと思いつつも。

吉田さんが自らリミックスをしたこの復刻版を送って下さったことが何より嬉しく。
膝を正して聴き直しました。
レコーディングから、約30年経とうとしている、
あのときの音源を。

次回記事に続く。 ←次回記事はコチラをクリック。

2020年10月12日 (月)

中耳炎になりまして。

そう中耳炎になりまして。
えーと、自分で自分の身体のこと、良くわかっているつもりでいて、
ぜんぜんわかってない、のは誰しも、かと思いますが。

しばらく鳴りをひそめていたので
すっかり忘れていたのですが、
わたくし耳が弱かったのでした。そういえば。

はるか20数年前の(高齢)出産後も、中耳炎の手術をしたのでしたが、
小さい頃から何度かやらかしてまして。
一度は、やはり耳が弱いことをすっかり忘れて
八丈島の海に桟橋から飛び込み出血、
島の病院に駆け込むなんてこともあったっけ。

そういえば何か大きなことがある度に、
耳鼻科に通っていた気がします。

で、今回もそれは突然やってきて、
まさに引っ越しが終わって数日後。
これが今回もなかなか手強いらしく、
私が通っている耳鼻科の先生は
おっしゃる言葉に刺がある、ので地元で有名な先生。(笑)
おそらく嫌がる患者さんもいるだろうなぁ。

「綿棒突っ込んじゃったんじゃないの?」などと言われるのだけど、
こちらも慣れているので、肯定も否定もせず。
症状を申し述べるのみ。

通院2度目の日。先生、私の耳を覗いて、
「くそっ!」とおっしゃる。
先生の思ったように治ってないらしい。

いや「くそっ!」って言われてもねぇ。

そして通院3度目。
痛みも無いし、今はまだ少し聴力落ちているけど、
不快な症状は消えているし、
患者本人はかなりもう大丈夫な気分なのだけど、

先生はまたもや、「くそっ!」 
そして耳の中の画像をじっくり見せてくださる。
「ここね、ちょっとだけ良くなってるように見えるけど、
やっかいだね。もうちょっと頑張って、薬続けて。」

「はい。ありがとうございます。」

こんな先生、きっと苦手なひともいるだろうなぁ。
実際良く聞く噂は、「言い方きつくて嫌い」って。
娘も最初は大泣きしたっけなぁ。

でも、私は案外嫌いじゃないんです。
先生の「くそっ!」はけして患者に向けられている言葉ではなく、
疾患そのものに向けられた言葉。
治したいという気持ちの表れ、だと受け取れる。
判断も早いし、診立ての良い先生だと思っています。

ちょいと長びきそうだけど、少しずつ良くなっているようだし、
今回は手術などと大げさなことではなさそうです。

しかし

無理は禁物。音楽やってる人間が耳を悪くしたらいかん。
あれこれ頑張らずに、じっくり治すつもりです。

でもって。そんな話題からのライブの告知。
えっ、無理してんじゃん、と言うなかれ。(笑)
屋外で気持ち良く演奏できる、嬉しい機会です。


箱根ビジターセンターにて。次の日曜日。10月18日です。
11時~13時~14時~ の3ステージの予定。
ピアノ 下山英二 オカリナ 古庄 FOMALHAUTで。
ビジターセンター屋外で演奏します。
雨天の場合は中止となります。
お天道様が笑顔だったら、
ぜひふらりと遊びにいらしてください。

120660688_259026825427602_25737472194166

2020年10月 1日 (木)

今は・・・もう秋~♪

久しぶりにブログにログイン。
過去の記事を見て、
あれ?そうか、箱根の動画上げてから2か月近く経つんだ~・・・・・
と、浦島太郎な気分です。
気が付けばもう 秋! きょうは中秋の名月ですと。


引っ越し、終わりました。

2ca9a820cb1a421e9e0fc9079d96fbce

えーっ!まだやっとったんかいな、と言われるかもしれませんが。
やっとったんっす。

ブログで「引っ越します」と宣言したのが4月の終わり。
・・・まるまる5か月経っとります。

いやほんとに。とりかかってから終了まで・・・
まるで長距離マラソンのような。

8ecf4a72df2240c5aa5162ec635f6191

引っ越し先はすぐ隣、ドアからドアまで
ほんとの移動距離は4メートルくらいなのに。
その引っ越し先の荷物を減らすところからのスタートなので、
ふつーじゃない。
しかも事務所も倉庫もまとめて・・・

終わった今、こうだったあーだった、と言葉で説明しても、
きっと伝わらないと思うし、
いかに大変だったかをつらつら申し述べても
面白くないので、(笑)

まぁとにかくものすんごい量の「物」との格闘でありました、
と申し述べるに留まることにいたします。

79fcdf6a4ad545149c6432c9954bc790

「点滴石をうがつ」

と書いた紙が、
片づけていた娘の荷物の中から出てきました。
高校の吹奏楽部の指導の先生が教えてくれたそうで。

ふうんなるほど・・・
あの先生は好かんかったがなぁ、
などと思いながらも
後半はこの言葉が支えになりました。

このコロナ禍の中。
家族(娘や弟夫婦)は他県から帰って来られない状況。
家族はもちろん心の支えになってくれましたが、

実際に側で支えてくれたのは、
パートで来てくれているIさん夫妻だったり
かかわってくれた不動産会社のYさん、
Yさんの周りの方々、

これも何か理由があるのだろうな、と確信しながら。
大きな「縁」と、
もう前から決まっていたような「運び」(としか言いようがない)
大きな「力」に助けられて。

とにかく大仕事を終えました。

ひとりで、と言いつつ、
もちろんひとりではやれませんでした。

こちらに帰ってきてから22年。
娘とともに暮らしてきた部屋とのお別れは正直とても寂しいものでした。
そして引っ越し先が隣だというのも、
目の前に、その暮らしていた部屋のドアがあるので、
無意識でいると、1週間経った今も
ついドアの取っ手に手をかけそうになってしまう。(笑)

でも寂しさを超える安堵もあって。
大きな肩の荷を下ろせたような。
大事なお役目をひとつコンプリートできたような。

とにかく ほっと して います。

しばらくの間レッスンをお休みさせて頂いたりして、
生徒さんにもご迷惑をおかけしました。
FBもブログも更新してないので
心配してメール下さった方も。気にかけて下さって感謝。

この大移動の5か月間で感じたこと思ったことなどは、
またあらためて書きたいと思います。

あ、そうだった。

倉庫での動画撮影は、結局「瑠璃色の地球」が最後でした。
あのあと、作業の合間にもう1曲でもいいから撮りたい、
と思いながら、
叶いませんでした。

残念だけど、 それまでに撮れた数曲が、
良い思い出となりました。

演奏動画に関しては、あらためて撮影場所を探します。
チャンネル登録して下さった皆様に感謝です。

そして。

引っ越しにかかわって下さったたくさんの方に
心から ありがとう。

2020年8月 4日 (火)

朧月夜♪

きょうは朧月夜をアップします。

母校音楽部の後輩であるピアニストの三宅ちゃんが
「先輩、この曲どうですか~?」と送ってくれました。
とてもステキなアレンジです。
C→E♭→C→E♭、の転調が心地良く、
C管からE♭管への持ち替えでもやってみましたが、
やはり音色を替えたくなかったので、C管で通しました。

誰でも知っている春の唱歌、ですが、
(作曲:岡野貞一)
霞んだ空にぼんやりと満月が写る絵としては、
なんとなく湿気が多い今の時期でも合うような気がしますね。

シンプルな曲ではありますが、
シンプルだからこそ、の難しさ。



この曲は、3拍子で、最初のメロディは3拍目から始まるのですが、
1拍目から、と誤解している人も多く、
それでも成り立ってしまう、という不思議な曲です。
1拍目から、と3拍目から、ぜひ両方で歌ってみてください。

さて近況を。

片づけ作業が進んでくると、
仕舞いこんであった「物」たちとご対面する場面が多くなります。
こんなの置いてあったんだ、とか、
そうだった、あの時はこれに夢中になってたのだった、とか、
作業の手を止める懐かしい物の数々・・・。

それは

別れた旦那さんの持ち物だったり、
娘が小さい頃に遊んでいたおもちゃだったり、
ずっと以前に何度も読んだ本だったり、
昔やっていたバンドの音源だったり。

そのたび、普段は思い出すこともないような、
その「物」にまつわる記憶が掘り起こされる瞬間・・。
そしてそれを捨てるのか取っておくのか、を
ひとつひとつ突きつけられながら、
自分の心の奥底に触れていく作業でもあるなぁと。

しんどさもあり、痛みもあり、可笑しさもあり、楽しさもある、
断捨離作業であります。

でもね、楽器はなかなか捨てられないのです。
どんなにおもちゃ的な楽器であっても。

音を奏でるものは、生き物です。(笑)

2020年8月 3日 (月)

ひまわりの約束♪

2週間強ぶり?となりますか。やっと更新できます。

やっとやっと、決算がひと段落。
決算業務しながら、片づけしながら、
毎日いろんな人が出入りして、
不動産やさん、水道の工事、ガスやさん、測量やさん、
電気関係、電話関係、手続き満載、目が回ります。

オカリナ吹く余裕がない中で
ほんの少しでもオカリナ吹ける時間は幸せです。

きょうはリクエスト曲ではありませんが、
セミが鳴いてるし、梅雨も明けたし、あぁ夏だなぁと。(笑)
・・・いうわけで 泰基博さんの、ひまわりの約束を。



この倉庫動画もあと少し。
今月このあとの日曜日は2週続けて某所で演奏ありまして。
8月後半は倉庫の明け渡し準備で撮る余裕があるかどうか・・。

可能な限り頑張ります。(^^ゞ

さてさて。じわじわ?いやぐんぐん?と感染者数が増えてきて、
COVIDとご一緒の生活は、
アクセル踏みながらブレーキを踏むという
とても難しいテクニックを要する生活です。

指導させて頂いているほとんどのグループのレッスンも再開して、
それぞれの考え方で、小さなグループに分かれたり、
個人レッスンに切り替えたり。
やれることはやっていく。でも常に臨機応変に無理をせずに。

みなさまもどうかご自愛ください。
気をつけながら、楽しく笑って過ごしましょう。(^^)/

2020年7月12日 (日)

瑠璃色の地球♪

東京の感染者数は連日200人を超えて、
九州や岐阜など、大雨の被害で亡くなった方もいて。
浸水で家が壊れ、山崩れが起きて・・・・

そんな中で 自分に何が出来るだろう?と、
考えてしまうけど、
大きな災害が起きるたびに
同じように胸が痛むけれど、

少しずつ再開したレッスンの中で、
生徒さんたちの笑顔を見ると、
私に今できることは、これなのかな、と思う。

身近なことを、目の前のことを。

12日(日)(きょう)はいろいろ所用あり、で
せっかくの梅雨の晴れ間だというのに
新しい動画は撮れませんでした。

先週撮った「瑠璃色の地球」を
アップしました。
リクエスト曲ではありませんけれども。

この星がいつまでも美しくありますように。
祈りをこめて。

2020年7月 5日 (日)

Lemon♪&The Rose♪

先週は曇天で動画が撮れず、さて今週は?

今週も良い天気とは言えず、同じような曇天。
雨は降ったり止んだり。
でも、
熊本では豪雨で球磨川が氾濫。(泣)

もう毎年どこかが水難に遭っている・・・。
こんな時に、と思うけど、どうにもならない。
そしてどんな災害も他人事ではありません。

いろんな思いはあるけど、
きょうは撮りました。

まずは 米津玄師さんの「Lemon」
パプリカといい、この曲といい、
がっつりと耳に残る曲を作られますよね。
いま風、なのに懐かしい。
masuyoさんからのリクエストでした。
ありがとうございました。

ダブル管を使いました。



これじつは練習のときのテイクで、
テスト撮影のような。 あとで観直したら、
本番のつもりでやったものより、
こちらのほうが力が抜けてて。なんか良いかな~と。
お着替えもなく普段着で。おっさんではありませんよ、悪しからず。

そしてもう1曲、頂いたリクエストは、
The Rose (愛は花君はその種)



栃木県さくら市在住の羽田さんから頂いたリクエスト、でした。
今年は栃木に行けず、皆さんにお会い出来ず。

本当なら、日光でもコンサート開催される予定でした。
今年、年が明けた頃は、「今年は忙しくなりそうだなぁ~」と
漠然と思っていたのだけれど。
まさか演奏の機会がほとんど無くなるとは。(+o+)

でも。

演奏出来ないことなんて、たいしたことではないです。
災害に遭われた方のことを考えたら。

切ないね~。なんかもう、いろいろ。(T_T)

雨の被害がこれ以上広がりませんように。

2020年6月29日 (月)

我が家の門番

このところすっかり我が家の門番?の役割を担っている、
さくら猫のクロタです。

動画に登場するマルとは違う、外猫さんです。

こんな怖い顔した門番がいたら、
泥棒も押し売りも退散するでしょう。
人相いや猫相、悪過ぎるって。
前も書いたけど。

103802065_1988063054660567_2182641387145

「てめーなんかもんくあるんか?」と吹きだしを付けたい。

104465338_1988063024660570_4970590364989

いちおう、↑ これはふつうの角度でまともなお顔。
しかしこんな一瞬を激写しました。↓

105494153_1988063071327232_2142479916682

んが~っ!
威嚇してるわけじゃありません。
伸び~をしながらの、あくび~、です。

新しくしたスマホのカメラが優秀過ぎて、
一眼レフのクオリティ。牙や爪や毛並みまでリアルに。

強面の兄さんですが、
ものすごい甘えん坊で、ビビりで、しかもおしゃべり。

この爪でひっかかれたら大変!!と思うでしょ?
でも全く爪を立てません。噛んだりもしない。
観た目と違う。すごいギャップ。(笑)

だからこんな怖い顔で車の屋根で見張っていても、
ほんとは門番の役目を果たせませんの。
誰か来たらぴゅーっと隠れてしまうので。^^;

半分、うちの子になりつつの日々。
少しずつ少しずつ。

2020年6月28日 (日)

曇天のいちにち

今日は一日お休みモードで。
気圧のせいか、眠くてぐでぐでと。

練習はしたのだけれども、
動画は撮れませんでした。(^^ゞ
午前中は雨。
午後は止んだものの、
曇天で倉庫が暗くて、ということもあり。
梅雨のまっただ中ゆえ、仕方ないですが。

そういえばずっと日曜日は天気悪くなかったのだなぁ。

次週は良いものを。ぜひ。撮りたい。
と思っております。

夏が過ぎたら、倉庫は使えなくなってしまうので。

ちょっと寂しいですが、これも仕方なく。
これからはどこで動画撮りましょう?

あ、(笑)またキッチンか?

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介