フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

コンサートレポート2009

2009年12月 8日 (火)

「ひびきあうしあわせ」レポート

栃木県那須郡で暮らし音楽活動をしている20数年来の友人、岡倉ゆかりさんが宇都宮でコンサートをすることになって、「ゆっちゃん来られない?」と連絡を頂いたのが夏の終わり頃。 年に一度共演できる「花の風祭り」のほかにも機会を頂けるなんて、そんな嬉しいことはないので、速攻で「もちろん行きまっせ!!」とお答えしたのでした。

しかし会場は宇都宮市文化会館の大ホールキャパは2000!。そんな大きな規模のステージに単独演奏で立ったことはないし、ゆかりさん自身も、主催のNPO団体、「もうひとつの働き方ネットワーク」の荻野さんも、少なからず集客、その他諸々の不安を抱えていたようでしたが、それはそれ。当日を迎えてみれば会場がどこであれ、私たちのやるべきことは変わらない。来てくださったお客様に楽しんで頂く事だということを、改めて実感したコンサートでした。

荻野さん始め、実行委員のみなさんの頑張りのおかげで、400人のお客様。ホールの大きさには見合わなかったけれどもそれもまた功を奏したのでは、とも言える、笑いと涙に包まれたそれはそれはあったか~いコンサートになりました。ゼロから始めたイベントとしては大成功以上。

舞台監督はゆかりさんの旦那さんである岡倉俊彦氏。以前は舞台演出を手がけていた方で、ゆかりさんは元女優。 午後からのゲネプロ兼リハーサルは夫妻の演出に彩られサクサクと進み、コーラス隊のみなさんを加えていい感じに終了・・・。

さて本番は私のオカリナソロから入ってちづさんのピアノとユー・レイズ・ミー・アップを。MCなしで続けてアメージング・グレースを吹いているところにゆかりさん登場、オカリナの音が消えたらゆかりさんのピアノと歌が入る、という厳粛(?)な運びのはずでした。おっと、歌い始めたゆかりさんの声が生声だ~。マイクがONになってない・・・。 PAの神成さんが慌てて舞台下まで走ってきて、「ゆかりさん!マイクがオフになってますっ!!」いい感じでスタートしたステージですが、さっそくのハプニング。でもこんなときこそ本領発揮というべき瞬間。

マイクのトラブルは、本番前に神成さんが念のためにと電池を替えたあとうっかりオフってしまったためだけど、これも結果は功を奏し、ゆかりさんはマイクをONにしたあと、歌うのをやめて楽しいおしゃべりにしちゃった。(笑)会場には笑いがこぼれ、いっきにリラックスした雰囲気に。その後はなごやかに進み、私の「笛で遊ぼう」のコーナーに突入。まずはいつもの、コカリナとオカリナで。次は2本のリコーダーを同時に。これもいつも子供たち対象のコンサートなどでやる定番なのだけど、このコーナーの途中で客席にいるゆかりさんがあれこれ私に質問しながら進めていく、という演出になっておりました。

するとゆかりったらいきなり、「わたしは以前、ゆっちゃんが鼻で2本の笛を吹いているのを見たことがあるんです~」って嬉しそうに・・・。あっ!こら!ここでそれを言うか、と思ったときには遅かった。客席から強烈な拍手が押し寄せてしまった・・・。あのね。満場の拍手が来たあとで、そんなこと出来ませんなんて言えないっしょ?!やるしかないよねぇ・・・。ええ、躊躇せず突っ込みましたよ、鼻に2本のリコーダーをっ。 この大ホールのステージで・・・しかもさっき「野を渡る・・・」をしっとりお聞かせしたばかりだっつーのに・・・ とほほ・・・。これはね、内輪にウケる「余興」みたいなもんなのよ、ほんとは・・・ブツブツ・・・。

でも超ウケの大爆笑と大拍手を頂き、じつはまんざらでもなく、(笑)2本の鼻笛、喜んで頂けて何よりでございます。( ̄▽ ̄)/

その後は客席からも和太鼓や鳴り物で参加してもらったり、みんなで声を出したり歌ったり。コーラス隊も加わって、大団円に向かっていったのであります。

最後の曲はマイケル・ジャクソンのヒール・ザ・ワールド。ゆかりさんの愛娘、はなちゃんが弾く清らかなバイオリンの音に泣かされ、コーラス隊の力強い声に泣かされ、感動のラストに・・・。まさにひびきあうしあわせ。たくさんの笑顔と涙があふれる、ほんとに素敵なコンサートでした。

かかわった全ての方に感謝をこめて。またお会いできることを願っております。

注:みなさん、鼻で2本のリコーダーを吹くときには洗えるプラスチックのリコーダーにしましょうね。(笑)くれぐれも良い子はマネしないように~。

長文御静読感謝、&レポートおしまい。

2009年12月 1日 (火)

ジョイントライブレポート!

きのうの夜、我が家のお隣りのKさんから電話があって、Kさんの会社の従業員さんが、朝、会社に来て、「きのうライブに行ったのだけど、とっっても素晴らしかったの!」と話していたそうで、Kさんも少々興奮気味に、「オカリナとなんとかいう笛のライブだっていうから、よく聞いたらあなたのライブじゃないっ?!」(笑)「オカリナもよかったけどもうひとつのなんとかいう笛(ケーナのことね)の人がそれは素晴らしかったって、感動感激したって、言ってたよ~」 

ライブに来てくれた従業員さんはきのうのオカリナ吹きが会社の隣りの住人とはつゆ知らず、私ももちろん、お客様の中に、お隣りに勤めている人がいたとはつゆ知りませんでした。(笑) 「次のときは私も行くから絶対知らせてちょーだいねっ!」とKさん。

うーん・・・これはとてもありがたい・・・。 ライブの話を勤め先でしていた人がいる、ということ・・・次の日に誰かに話したくなるほど感動してくださった、ということ・・・。 友人知人ならば感想を伝えてくれるということもあるけど、それがこんな形で伝わってくる偶然、心憎いじゃぁありませんか。 ・・・嬉しい電話でした。

考えてみたら、topoさんのCDを聴いたのがちょうど一年前の今頃だったから、出会ってわずか一年。(そのときの記事はコチラ) 4月のジョイントのときには初めて合わせる緊張もあったし、topoさんの音色に感服するばかりでしたが、今回はまさに山下トリオという大船に乗せてもらったような安心感がありました。

リハーサル時に起きた譜面不備のトラブルなどものともせず、本番には極上の音を奏でてしまう、まさに「名前に山の付く」4人の男たち。 共演できて、私は本当に幸せです。 

(笑)ライブレポートを書くつもりが、ちょっと違うものになってしまいましたが、ライブの模様はぜひ、 ジョイントライブのアルバム ←こちらに飛んで見てください。今回もふくちゃんが、いい写真をたくさん撮ってくれました。 アルバムに飛んだら、「アルバムを見る」をクリック、表紙から「スライドショーで見る」をクリックして下さい。あとは順番に矢印で移動か、スライドショーでご覧ください。

ブログの左にも、直接飛べる「LIVE PHOTO LINK」 付けました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ライブが終わったあとは我が家にて、スタッフ含め全員で鍋をつついて打ち上げを。晋平さんたら意外に大食漢。(笑)辛いのも甘いのもなんでもイケるピアニスト。洋平さんは猫アレルギーが出てしまって気の毒でした。猫を触れない猫好きなのでした。Pおじさんは大根がお好き。自分で大根切って鍋に投入~。栗さんにはうちのジャンベの調整してもらっちゃったし。同じ太鼓とは思えない・・・うちのジャンベじゃないみたい・・・あんないい音したことない・・・。(笑)

ほんと、いい一日でした。山の付くみなさまありがとう。サポートしてくれたみなさまもありがとう。次回もどうぞよろしゅうに。m(_ _)m 

ライブレポート終わり。

2009年11月 2日 (月)

最高の一日でした

2日前まで大荒れのお天気と言われていた日曜日。予報は微妙にズレて、晴天に恵まれました。

Apb010002森に向かう途中で撮った富士山。すっかり冬の顔です。富士山西側の道ではちょうど紅葉が終わり、黄色い葉が舞い散る中をドライブ。 河口湖側(北側)から見る富士は、雪がキラキラピカピカと光ってそれはそれは美しい・・・。森に到着するとすぐに、何やらおいしそうなものがデッキのテーブルに並び始めたので、お芋をほおばりつつセッティングを。

Apb010010ダッチオーブンで作った鳥ごはんと、ららさんお手製のきのこ汁のランチを頂きました。 開始時間直前まで、さぁきょうはどんな曲をやろうか?なんてPおじさんと打ち合わせ。 最初の曲だけ決めて、あとは自然に森が時間を進めてくれるのであります。 この日も森は私たちの演奏を一緒に楽しんでくれたようで、ときおり曲に合わせて木の葉を大量に降らせたり、風が通り抜けていったり。いろんなアクションを起こしてくれます。木漏れ日もキラキラ輝き、 来てくださったお客様の笑顔も加わって、スンバラシイ演奏会になりました。

Apb010013Apb010014Apb010019Apb010022Apb010027そしてこの日もまた、雨がポツリと落ちてきたのはそろそろ終わろうかという頃。今年はこうして一度も濡れることなく、お天気の神様に守られました。これは本当に有難いことです。 

来てくださった皆様、ありがとうございました。あこちゃん、遠くからありがとね。たかちゃん、急に歌を振ってしまってごめんなさい。でも快く歌ってくれてありがとう。すーさんもギターサポート感謝。写真もありがとう。偶然出会えたかずきくんも、歌をありがとう。長橋さん、久しぶりに会えて嬉しかった。ふくちゃんもね。 そしていつも手伝ってくれるみんなと、森の番人ららさんに心から感謝です。

森は厳しい冬を越えて、私たちが行くのをきっと待っていてくれると思います。暖かくなったらまた森でお会いしましょう。 ららさん、来年もまたよろしくお願いしまっす!

一夜明けたら、きょうはとっても肌寒く、北海道ではドカ雪が・・・。もう冬はそこまで来ています。 今週末にはまた少し暖かくなるようだけど、皆様も風邪などひかぬよう、お気をつけください。

2009年10月30日 (金)

クニ2周年記念音楽祭レポート

遅くなってしまいましたが、先日のクニリハビリスタジオ音楽祭の写真をアップします。

Aimgp3761Aimgp3791アルパの長島氏、ソプラノのミッシェル嬢とのユニットは、昨年ここでの演奏から始まったので、ちょうど一年経ちました。 1stステージは午前10時から、と早い時間にもかかわらず、たくさんの方が来てくださいました。

Aimgp3809パラグアイの楽器アルパと、イタリア発祥のオカリナ、そしてアメリカ人のミッシェル嬢、なんともワールドワイドなコラボです。ミッシェルが日本語で歌う数曲、去年はたどたどしさがエキゾチックな雰囲気を演出していましたが、今年はミッシェルの歌声に涙ぐんでいる方もいて、しっかり言葉が伝わっているのを感じました。

Aimgp3841Aimgp3875お昼休みをはさんで2ndステージは午後2時から。3人とも衣装を替えました。な~んてほんとは朝のステージのときはちゃんと着替える時間がなかっただけだけど。


Aimgp3883_2と、いうわけで2ステージを終え、大きな花束を頂きました。 こうしてお花を頂くのはとても嬉しい。うちに帰ると必ず仏壇の前に飾ります。 今回もお手伝いくださったYさん、ミキさん、ありがとうございました。 速攻で写真データを頂いたのにアップが遅くなってしまいました~。m(_ _)m

さて。今週末はというと、明日土曜は娘の学校で文化発表会。各クラスごとの合唱やブラスバンドの演奏があるそうなので見にいきます。

そして。明後日11月1日の日曜日はいつもの河口湖森と湖の楽園、コカリナデッキでは今年最後の野外コンサートbyFOMAL HAUT。天気予報ではどうやら雨模様~。雨天でも演奏できる場所はあるので大丈夫なのですが、できれば晴天の森で演奏したいなぁ・・・。 今年は一度も降られてないので・・・どうか神様あと一回お願いっ!!( ̄▽ ̄)b

2009年10月11日 (日)

ゆめこんさぁと

きのうは川崎、住吉こども文化センターの「ゆめこんさぁと」無事終了しました。 秋の3連休初日なので混んでいるだろうと予測していた東名高速もさほどのことはなく、時間通りの到着。

Apa100084こ文のコンサートはたいてい事前に頂いたリクエスト曲を中心に演奏するのですが、今回はリクエストのあったミスチルの「しるし」をboobeebenzの竹内くんに歌ってもらうことになりました。まずはPおじさんのピアノと竹内くんのギターボーカルの2ショット。この絵は貴重。(笑) 初めて合わせたとは思えない音でした。そのまま大ホールで聴きたい、と思ったほど。

Apa100090今回のコンサートは子供たちよりも大人のお客様がたくさん来てくださったので、いつもと少し違う雰囲気で、みなさん(小さい子供たちも含めて)集中して聴いて下さったことがとても良かったのではないかな。 左の写真は私のデジカメで、まきねぇが撮ってくれました。よって、まきねぇ熱唱の写真がなくて残念・・・と思いきや、

Apa100083←リハーサル中、熱唱する竹内くんを激写するまきねぇ発見。(笑) っていうか私も同じようにデジカメかまえてたわけですけれども。 
終了後は、夜にも演奏のお仕事が入っていたPおじさんは速攻新幹線の人となり、残りのメンバーは撤収のあと、こ文の館長さんが作ってくださった美味しいうどんなどをご馳走になって、すっかりまったりくつろいでしまったのでした。帰りの高速も渋滞なし。快適なドライブで帰って参りました。

住吉こ文の職員のみなさま、ご馳走さま&諸々大変お世話になりました。ありがとうございました。来てくださったみなさま、そして可愛い子供たちに、ありがとう。\(^o^)/ またお会いできますように。 

2009年10月 6日 (火)

美味しいライブレポートその2

今日はAimgp3432_2校倉&おかもと、の2daysの写真をまとめてアップしちゃいます。まずは校倉さんでのリハーサル風景。客席に土鍋がセッティングされて準備万端。 今回は試食会ということで、食材の関係があったため満席で、当日に電話を下さったけれど入れなかったという方が何人かいらしたみたいです。ごめんなさい。 またこんな美味しいライブがあると嬉しいですね。

Aimgp3435Aimgp3446Aimgp3448Aimgp3456Aimgp3491Aimgp3498Aimgp3527Aimgp3541Aimgp3553_2 Aimgp3480_3演奏が終わってからの食事風景も。 左の写真は、校倉さんの展示品を使わせて頂いたオカリナテーブルです。お月見らしく、テーブルの影にはお団子がお供えしてありました。

Aimgp3475_2 Aimgp3555そして最後は校倉さんのスタッフの皆様と。家具店だからこそできる、アイデア満載のステキなイベントだったと思います。ありがとうございました。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Aimgp3568Aimgp3586Aimgp3608♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
そしてこちらは翌日のおかもとライブです。午後のおでんやさんでのライブ、ということでラフなものを想像していたら、ちゃんと立派なステージが出来上がっていて、小さなライブハウスのようでした。客席は満席で、皆さん本当に真剣に見て、聴いてくださって、あとから、私のどの指がどう動いていたとか、口元、指先まで逃さず、いろんな感想や質問を頂いて、なんだか感激してしまいました。

こうしていろいろな場所で演奏していると、思わぬフィードバックを頂きます。そのたびに、いつでも、どんな場所でも、どんな状況でも、力を尽くして一番いい演奏をしよう、いや、しなくては、と、思います。

お世話になったおかもとさんに感謝を。それからこの美味しい2daysをセッティングしてくださった長島さんに大感謝。そしてムードメーカーのキュートなミッシェル嬢、ありがとう。そして。たっくさん写真を撮ってくださったYさん!!本当にありがとうございました。おかげでレポート提出できました~たまには書き込みしてくださいね~\(^o^)/

2009年10月 3日 (土)

美味しいライブレポートその1

20091003172046秋のおいしい企画2daysの一日目は、家具店校倉(あぜくら)さんでのライブ。伊賀の土鍋展示試食会と演奏会が合体したイベントだったのですが、こんなお得な演奏会は滅多にありません。参加費は無料で、美味しい蒸し鍋料理が食べられて、お酒もあって、さらに生演奏もあり。・・・なんてスバラシイ企画・・・・・・。
演奏する側から見える客席では、おいしそうな香りと湯気が立っているのだけれど、みなさん静かに聴いてくださって、料理を前にお預けされているようでもあり・・・じっと聞き入ってくださっているようでもあり、(笑)それはフツウの宴会での演奏の雰囲気とはまったく違って、不思議な光景でした。
我が家では相変わらずティファールのスチームクッカーが大活躍なのだけど、蒸せる土鍋もいいなぁ・・・欲しくなっちゃった。
演奏が終わったあとで、私たちもおいしい蒸し料理を頂きました。

きょうは中秋の名月。終了後に外に出て、空を見上げたら、流れる雲に見え隠れしながらひっそりと輝く満月が美しかった・・・。

聴いてくださった皆様、ありがとうございました。校倉のスタッフとご家族のみなさま、大変お世話になりました。そしてきょうも急遽来てくれたかんなっちに感謝。それから撮影と、機材運びを手伝ってくださるYさん、いつもありがとうございます。o(_ _)o

そうそう、なっちと一緒にいたら、「娘さんですか?」って聞かれましたよ。 うひゃ産んだ覚えのない娘がまたひとり増えちゃった・・か・・も~。(笑)

2009年9月24日 (木)

ワールドミュージックバザールレポート

シルバーウィーク・・・という名の連休が終わりました。(笑) 遠くにはでかけなかった、という人が周りには多いのだけれど、連休前半の各地の道路渋滞はすごかったようですね。
たしかに21日の静岡市街の人出は多かったし、電車も混んでいて、久しぶりに楽器のケースと衣装を持って電車に乗ったら満員で座れず。駅でも人混みをかきわけるような感じでした。
一方23日の連休最終日の富士山周辺の道路は通常の土日よりも空いていて走りやすく、じつにスムーズで快適なドライブ、そして楽園も人が少なく静かで、ゆったりした森の時間を満喫できました。

この連休ではまさに、賑やかな都会と静かな森の2日間を過したことになります。

というわけできょうは、ワールドミュージックバザールの写真を、添付で頂いたり、アンデネスさんの掲示板や、七間町名店街のHPに掲載されていたもの、など、数枚をまとめてアップします。
前日の模様がローカル各局でテレビ中継されたこともあって、イベント2日目のステージ周りには大勢の人が集まり、また七間町と交差するメイン通りの呉服町や青葉公園、駅地下の広場でもおだっくい祭りが開催されていたので、よさこい踊りのチームが迫力あるダンスを繰り広げていて、さながら同じ静岡で有名な大道芸ワールドカップのような賑やかさでありました。

AA_2タコスやタンドリーチキンなどなどの食べ物屋台も出ていて、演奏の合間には美味しいものも楽しめる。2日間の出演者も多彩で、クラシック、アイリッシュ、バロック、バリダンス、弾き語り、ジャグバンド、フォルクローレ、アカペラグループ、サンバ、・・・などなど、毎年開催されているイベントですが、主催なさっているパブロ川口さんはメインMCもしながら演奏もする方で、サンバチームのリーダーでもあり、そのパーカッションがまた素晴らしく、まるでスーパーマンのような方なのであります。

223_1もうひとりのMCはクラウディアさん、彼女はspaghettiのお友達で以前オーパスタのライブに来てくれたお客さまでもあり、「オカリナ教えて」と電話いただいたこともある方なのでした。会場で会ってお互いびっくり。日本語で司会をするのはこの日が初めてだったそうです。
いろんな方にお会いできて、充実の一日でした。主催の川口さんをはじめスタッフの皆様、共演の皆様、そしてアンデネスメンバーの皆様に感謝。\(^o^)/ それから写真を送ってくださった杉山さん、ありがとうございました。

222223_2231231_2232234_1

2009年8月24日 (月)

鴇田邸ホームコンサート

ふくちゃんから、8月8日鴇田邸ホームコンサートの写真を頂いたので、唐突ですが遡りアップします。ふくちゃんありがとう~
Ap8080244Ap8080320鴇田邸でのソロライブ、というのは、私の出発点を思い出させてくれる大事なライブです。20年暮らした東京を離れてこちらに戻ってから、ひとりで演奏活動を始めるきっかけをくれたのが鴇田夫妻。 この別荘で演奏させて頂いたことが始まりで、演奏の場も広がり、人とのご縁も繋がりました。 そんな原点に戻るという意味でも、ここでのライブは特別に真摯な気持ちになります。
昨年、このソロライブにお客様として来てくれた和音~hitone~のふたり、たかちゃんとはそのときが初対面でしたが、出会った日からちょうど1年のこの日は、サポートで参加してもらったのでした。
Ap8080249Ap8080285お客様は鴇田さんのお友達やスタッフ、ご近所の方など。今回はマイクを通さず、生のオカリナの音色を聴いていただきました。 みなさんとおしゃべりしたり、食事をしたり。楽しく充実の時間を過しました。 たかちゃん、すーさん、そして鴇田夫妻、来てくださったみなさま、ありがとうございました。

さて。8月も終わりに近づき・・・。娘の夏休みも終わります。小学校のときとは違って、部活、塾、宿題、課題、に追われる夏休みになりました。これから最終日までラストスパート、だそうです。中学生は大変だ~。  母も気を引き締めて行かなくちゃ。

2009年8月12日 (水)

十里木レポートその2

Adsc_5932と、いうわけで、すでに10日以上過ぎているけど十里木レポートはその2に突入です。(笑)左の写真は昨年出演、今年はお客様として来てくれたオーパスタボーカルのspaghetti。ふくちゃんが超広角レンズで撮っているので強調されておりますが、幸せ絶頂の臨月ママの勇姿。(笑>本人の許可を得て掲載しております。)

もうひとり、アンデネスのみさっちも7ヶ月の妊婦さんですが、元気に歌ってくれました。 7年の間、このイベントを続けてきた中で、たとえば毎年このライブを楽しみにしていた母が一昨年亡くなり、また、こうして新しい命が生まれたり、結婚という嬉しい報告があったり、子供たちが成長していく姿があり・・・。新しい出会い、別れ、悲喜こもごもの、それぞれの人生が織り込まれて、一枚の美しい布が出来上がってゆく・・・。

Adsc_6047Adsc_6058Adsc_6065Adsc_6051Adsc_6067Adsc_6123♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪このイベントを重ねていくことで、そんな美しい一枚の布が見えてくればいいなぁ、なんて、思うのです。

Adsc_6125レポートその1にも書きましたが、今年は訳あって各バンドの時間も短く、来てくださったお客様には、もしかしたら少し物足りないライブになってしまったかもしれません。そのことについては大変申し訳なかったと思っています。来年は会場を移して、さらに充実のコンサートを開催できるようにしたいと思います。 

Adsc_6094_2Adsc_6101この4年、快く会場を貸してくださった十里木ドライブインさんには、とても感謝しています。おかげで続けて来られたのですから。o(_ _)o  新しい会場についてはまだ何も決まっていませんが、十里木高原から離れる予定はありません。お天気に悩まされるのも込みで、(笑)この地で続けていきたいと思っております。 みなさん、来年もぜひ来てくださいね。

ところで、本編が終わったあとの打ち上げは、というと、今年も当然のごとく、「ライブその2」になりました。Pおじさんは誰よりも早くDピアノを車から降ろして、オンステージの始まり始まり。(昨年の記事はコチラ)残念ながら鍋を叩く姿を見ることはできませんでした。(笑)初披露というアンデネスのテーマソング、というのも良かったなぁ・・。 出演者の空腹を満たすべく、美味しい料理を作ってくださったじゅんさんと鴇田ママ、ありがとうございました。

来年も、十里木でまたお会いしましょう。 そして追っかけさかのぼりレポートはこの翌週のホームコンサートへとつ・づ・く、のであります。

その他のカテゴリー

お知らせ ケータイからの投稿記事 コンサートレポート2007 コンサートレポート2008 コンサートレポート2009 コンサートレポート2010 コンサートレポート2011 コンサートレポート2012 コンサートレポート2013 コンサートレポート2014 コンサートレポート2015 コンサートレポート2016 コンサートレポート2017 コンサートレポート2018 コンサートレポート2019 コンサートレポート2020 コンサートレポート2021 コンサートレポート2022 コンサート・ライブ動画 ネコ、猫、neko 娘との生活 思い出すこと 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 日記・コラム・つぶやき2007 日記・コラム・つぶやき2008 日記・コラム・つぶやき2009 日記・コラム・つぶやき2010 日記・コラム・つぶやき2011 日記・コラム・つぶやき2012 日記・コラム・つぶやき2013 日記・コラム・つぶやき2014 日記・コラム・つぶやき2015 日記・コラム・つぶやき2016 日記・コラム・つぶやき2017 日記・コラム・つぶやき2018 日記・コラム・つぶやき2019 日記・コラム・つぶやき2020 日記・コラム・つぶやき2021 日記・コラム・つぶやき2022 日記・コラム・つぶやき2023 映画・テレビ 本当のこと 音楽

2023年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー