フォト

KOKOPELLI

FRIENDS

  • Tomoko Nara  & shizune,yoshinori
    大切な友人たちです

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

LIVE PHOTO

  • 2010/08/21 DEAR FRIENDS vol3(with Kuriko)
    ライブ・コンサートのアルバムです♪ 画像が残っているもののみ、 随時アップしています。

LIVE PHOTO LINK

summer concert in 十里木

無料ブログはココログ

2017年4月28日 (金)

打ち合わせとレッスンとラジオと。

先日の三島にての打ち合わせ。

午後4時から、居酒屋さんにて、
FOMALHAUT、ふたり揃って、
しかも 楽器持参で、とのこと。

たいていどのようなイベントコンサートでも
どちらかひとりが行けばコトは足りるのですが

ふたりで、楽器持参とはいったい?
どんなイベントの どんな打ち合わせなのだろうと
少しドキドキしながら向かったのでしたが

お会いしてみれば

お料理の美味しい小さな居酒屋さんで
たっくさん美味しいものを頂き、
興味深いお話を聞くことができて、

ひとときFOMALHAUTミニミニライブ にもなり、
ほかのお客さんにもなぜか喜んで頂き、

その打ち合わせの目的である今年秋の某イベントは、
まだ企画段階ではありますが
本当にステキなわくわくする企画で、
FOMALHAUTとして体験する
今までにないステージにもなりそうで、
今からとっても楽しみなのであります。

そしてきのうは 先月から受け持つことになった
新しいアンサンブルグループのレッスン。

まだ3回目のレッスンではありますが
生徒さんたちの熱心さにまた心打たれつつ
指導を担う新たな責任も感じたりしたのでした。



そしてきょうは これから島田にGO!
FM島田g‐sky76.5   
「g‐skyイブニングJAM」という番組にお邪魔します。
パーソナリティは 静岡のFMHiでもお世話になった
シマカコさん。 出演時間は 17時30分から です。

インターネットで聴く場合は コチラへ。

えっ?今日かいっ!これからかいっ!

へへ。お知らせ遅すぎ。(^^ゞ ごめん。

2017年4月13日 (木)

寄る年波には・・・

よく、美魔女、とか呼ばれるひとたちがいらっしゃいまして、
いつまでも若さを保っていて美しくて、うらやましーなぁ
なぁんて言うと、

「いやいや古庄さんだって若いですよぉ~」なんて
慰めてくれるひともいたりして、
いえいえほんとにこの頃はすっかりあちこち衰えて、
なんてお決まりの会話になったりするわけですが、

でもまぁとにかく
美しくなくても魔女でなくてもいいから、
とりあえず元気でオカリナ吹いていられたらありがたい、と
本気で思ったりしている還暦間近(あと約1年)な古庄です。
(前置きながっ!)

めずらしくむしょうにブログが書きたくなりました。
こんな日もたまぁにあります。

で、このところ、「これが寄る年波ってやつだな」と
思うことがふたつありまして。

ひとつは、新年度になって、皆さまのところにも
保険の見直し というやつで、
保険会社から地域担当のおねーさんなどが
加入している保険の確認に来たりすると思うのですが
今年担当が代わって、新しい若いおねーさんがやってきて、
いきなり私のことを「おかぁさん」と呼ぶのですね。

今までの担当のひとは名前で呼んでくれていたのだけど、
新しい彼女はちょっと親しみを込めました、という体で、
「それでですね、おかぁさん」とさらっとおっしゃったわけです。

えっ?そんな、あなたのお母さんじゃないし、と
最初は違和感を感じたのだけど

すぐに、 あ、そうかこれって私もよくコンサートなどで、
ご年配のお客様にマイクを向けつつ、
「おかぁさんはどこからいらっしゃいましたか?」なぁんて
何気に聞いちゃってるのと同じやつだ! と気付いたわけです。

娘の同級生からだって今までは
「ゆいちゃんママ」だとか「ゆいちゃんのお母さん」と、
これ以外の呼び方で呼ばれたことはなかったのだが。

そうかぁ、いよいよ私も 若いおねーさんから
ふつーに「おかあさん」などと呼ばれるようになったのかぁ。

てなことがあって、

つくづく 寄る年波 を感じたわけでございます。
なんかまだ、ちょっとした違和感はあるけど、
なるほどこんなふうに徐々に年とっていくのね。
きっとこれがふつーになるのね。

もうひとつの 寄る年波 については
長くなるのでまた次回。

さてそんなおかあさんの演奏情報をふたつ。

5月6日(土)の午後はこのイベントに出演します。
静岡駅ビル パルシェの屋上にて、天空のマルシェ。
そして5月7日(日)はプレミアムコンサート
今年は静岡です。
今回の4人のコラボはジブリやJPOPもやりますよ。
ぜひいらしてください。
どちらもフライヤーをクリックでご確認ください。
ブログ右上の最新情報 日程決定のスケジュールにも
詳細をアップしています。

17807507_671760283032764_23927866_2

2017in_3

2013年7月24日 (水)

つぶやきでしかないご報告。

毎年この時期は会社の決算で忙しく、

一年で一番めまぐるしいのだけれど、

およそ50年以上生きてきて、

そういうものだとわかっちゃいるが

だいたい何かがまとまってくるときにはくるもので、

私にとって「今」はどうやらそういう時期であり、

タイミングらしい。

きのうは弟夫婦も交えて

久しぶりの家族会議となりました。

しばらくバタバタするのでブログ更新ままならなくなりそうですが

どうぞご容赦ください。

しかし、ライブ告知は必ず載せます。

ライブ報告は時間の許す限り。

**************

娘の高校の野球部は3回戦まで進んで敗退。

吹奏楽部としての応援は意義あるものだったようです。

しかしきのうは炎天下、熱中症で具合が悪くなった生徒が

続出したそうで、

これからは夏の定番高校野球も、

時期をずらして開催するようなことにもなるのでは?

この異常な気象・・・。

もはや日本の夏は亜熱帯であります。

(^^)/

2010年10月13日 (水)

14歳

少し前になりますが、彼女の歌をテレビで見ました。中川あゆみさん、14歳。娘と同い年です。この歌を初めて聴いたとき、同じ歳の娘を持つ私は 「う~ん・・・・」 と唸るだけで言葉が出なかった・・・。 彼女と同じではないけれど、両親の離婚を経験している娘は、いったいどう感じるのだろう?と聴かせてみたところ、娘の感想は・・・

「(歌詞が)おもっ、・・・(歌が)うまっ!」

・・・という、いたって軽く、いたって短く、わかりやすいものでございました。(笑)

親の立場で聴いても、本人の立場で聞いても、重くてつらい歌ではあります。 でも彼女は紛れもなく、うちの娘と同じイマドキの中学生。明るさも強さも持ち合わせていて・・・。そのままを受け止めて、そのままを生きている。 この曲を世に出すには、大人たちの思惑も見え隠れするけれど・・・。 彼女が歌で羽ばたけるように、ひそかに応援したいな、・・・と思います。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介