フォト

KOKOPELLI

FRIENDS

  • Tomoko Nara  & shizune,yoshinori
    大切な友人たちです

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

LIVE PHOTO

  • 2010/08/21 DEAR FRIENDS vol3(with Kuriko)
    ライブ・コンサートのアルバムです♪ 画像が残っているもののみ、 随時アップしています。

summer concert in 十里木

無料ブログはココログ

2013年7月24日 (水)

つぶやきでしかないご報告。

毎年この時期は会社の決算で忙しく、

一年で一番めまぐるしいのだけれど、

およそ50年以上生きてきて、

そういうものだとわかっちゃいるが

だいたい何かがまとまってくるときにはくるもので、

私にとって「今」はどうやらそういう時期であり、

タイミングらしい。

きのうは弟夫婦も交えて

久しぶりの家族会議となりました。

しばらくバタバタするのでブログ更新ままならなくなりそうですが

どうぞご容赦ください。

しかし、ライブ告知は必ず載せます。

ライブ報告は時間の許す限り。

**************

娘の高校の野球部は3回戦まで進んで敗退。

吹奏楽部としての応援は意義あるものだったようです。

しかしきのうは炎天下、熱中症で具合が悪くなった生徒が

続出したそうで、

これからは夏の定番高校野球も、

時期をずらして開催するようなことにもなるのでは?

この異常な気象・・・。

もはや日本の夏は亜熱帯であります。

(^^)/

2010年10月13日 (水)

14歳

少し前になりますが、彼女の歌をテレビで見ました。中川あゆみさん、14歳。娘と同い年です。この歌を初めて聴いたとき、同じ歳の娘を持つ私は 「う~ん・・・・」 と唸るだけで言葉が出なかった・・・。 彼女と同じではないけれど、両親の離婚を経験している娘は、いったいどう感じるのだろう?と聴かせてみたところ、娘の感想は・・・

「(歌詞が)おもっ、・・・(歌が)うまっ!」

・・・という、いたって軽く、いたって短く、わかりやすいものでございました。(笑)

親の立場で聴いても、本人の立場で聞いても、重くてつらい歌ではあります。 でも彼女は紛れもなく、うちの娘と同じイマドキの中学生。明るさも強さも持ち合わせていて・・・。そのままを受け止めて、そのままを生きている。 この曲を世に出すには、大人たちの思惑も見え隠れするけれど・・・。 彼女が歌で羽ばたけるように、ひそかに応援したいな、・・・と思います。

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介