フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 夕暮れの葦笛~出会いのオカリナ~ | トップページ | ライブの模様がラジオで放送されます。 »

2022年3月27日 (日)

夕暮れの葦笛~出会いのオカリナ~無事終了いたしました♪

無事終了いたしました、のはもう先週のことでした。(笑)
余韻に浸る余裕もなく、忙しい日々に突入してしまったので、
振り返りが遅くなりました。が。
18日富士 19日静岡 20日浜松 この3日間は
本当に有意義な3デイズとなりました。
3日間それぞれに、足を運んで下さった皆さま
ありがとうございました。

助川さんのギターは言うまでもなく、
優しくてセンスが良くて。ギターが出来ることの全てを
軽く表現できる方。そして助川さんのオリジナル曲が秀逸なのです。
どのジャンルでもなく、無国籍、ではあるけれども、
助川さんそのもの。
そんなオリジナル曲をオカリナで奏でることができて
本当に光栄でした。

岡田さんはこのライブが初共演でした。
岡田さんのサンポーニャは、とても深かった。
隣から聴こえてくる低音に心持っていかれました。
今まで体感したことのない音空間だった。
そしてまた、岡田さんのオリジナル曲もすごく良いのです。
オカリナの低音とサンポーニャのユニゾンは、
人の声のようでもあり、
山の向こうから聴こえる風の声でもあったような。
なんとも例えようのない深い体感。

助川さんの曲とリンクするように、
乾いた空、風、木々や山の風景が目に浮かぶと、
そんな声をたくさん頂きました。

あるかたが、「サンポーニャの乾いた音色に
オカリナがしっとりと水をたたえるような、」と言って下さいましたが、
確かに言い得た言葉と思います。

おふたりのオリジナル曲が構成する世界は、
大自然の一幕。と私も感じます。

それから。浜松で共演させて頂いたチャンナミさんは
オープニングアクトとしてライブの空気を作ってくれて、
優しい歌声、素敵でした。
とても好感が持てる素敵なひと。またご一緒できたら嬉しいです。

とにかく幸せな3日間でした。
開かないと思っていた扉が開いた感覚。驚きと嬉しさ。

おふたりと共演できて光栄でした。
心より感謝を。

写真は静岡NAS’Hにて。 ↓

274935099_507841294204468_19909943197891

浜松ダンスユーにて。 ↓

276128100_5074156279327035_6430325829473

さてそして。次のライブは函南町南箱根ダイヤランド。
レストラン森の里にて。4月17日(日)
FOMALHAUTのライブです。
ピアノ・シンセサイザー下山英二 オカリナ 古庄

久しぶりにFOMALHAUT、ふたりでお届けいたします。

20220417fh

こちらのライブ、
告知前からあっという間にランチタイムのほうはご予約満席となりました。
なんとありがたき。嬉しい悲鳴。
 
ティータイムのほうは残席わずかとなっていますが、
まだ空いています。 お近くの方はぜひ。
詳細はフライヤーをクリック。 
会場の住所や地図、アクセスについては、
QRコードを利用してください。ホームページに飛びます。
お問合せ・ご予約は、090-5101-5976 こちらの電話番号まで。
よろしくお願いします。

(^^)/

« 夕暮れの葦笛~出会いのオカリナ~ | トップページ | ライブの模様がラジオで放送されます。 »

お知らせ」カテゴリの記事

コンサートレポート2022」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夕暮れの葦笛~出会いのオカリナ~ | トップページ | ライブの模様がラジオで放送されます。 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30