フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« もう2月ですよ~♪ | トップページ | 父の命日(前記事から続く) »

2022年2月15日 (火)

今日は涅槃会 父の命日

今日2月15日は涅槃会。(ねはんえ)
同じタイトルの記事を2年前にも書きましたが、
2月15日は涅槃会であり、父の命日でありまして。

昨日の昼ごろ、「えっ今日、バレンタインじゃんっ」と、気が付き、
去年のクリスマスイブもそうだったけど、
当日になって、えっ、今日〇〇の日じゃん となる、というのは
年寄りのアルアルなのだろうかと思う今日この頃。

クリスマスもバレンタインもどちらももう
関わりがないと言えばないのだけれども。
知らない間に時が過ぎる、というのが
どうも納得いかない気もするのよねぇ。( 一一)

そうそのバレンタインの翌日が、父の命日。
亡くなってから4年が経ちました。早いもんです。

あぁ4年前のあの日だなぁと思うと。
くすっと笑えます。命日だというのにね。

父が亡くなったのは午前2時頃でした。
その10日ほど前に入院したときには、
もう家には戻れないと分かっていました。

本人にもしっかりとその自覚があって、
会社のこと、家のこと、全て話し合い、私に託して、
ベッドから起き上がれない状態なのに最後まで仕事をして、
自分で決めて、私が民間の救急車を手配して、入院しました。

亡くなったその日は、病状が小康状態だったため、
休みをとって病院にきていた弟夫婦がいったん帰り、
孫である私の娘も東京に戻り、
それまでほとんど寝ていなかった私も少し仮眠をとります、と、
看護婦さんに告げて仮眠室へ。
横になって引き込まれるように眠りについて、
すぐに起こされました。

それまで家族全員に見守られていたときには
安定していたはずなのに、
私が病室に戻ったときには、身体は温かかったけれど、
すでに息はありませんでした。

看護婦さんもまだ大丈夫だと言っていたから仮眠したのに。
まるでフェイントかけられたような。
その10日前に入院したときから、覚悟はできていたけれど。
ひとりで逝くなんて。そんな・・・と思いましたが、
ああそうか。
それまで見守っていた家族がふっと病室から居なくなったとたん、
父はきっと、「よし、今のうちに」などと思ったに違いありません。
子供たちに看取られるなんて気恥かしいのです。
そういう人です。(と、家族全員、のちに納得。)

父を霊安室におさめて、葬儀社に連絡。朝方、車を置きに一度家に戻って、
父を帰宅させるための段取りをしてから、再度電車で病院に向かい、
葬儀社の車に乗って、父と一緒に帰路へ。

葬儀社の車が、家の近くまで来た時。
一旦停止の標識のあるT字路を、すーっと、停止せずに曲がりかけ、
えっ止まらないの?だいじょぶ? と思った瞬間、
「運転手さん、一旦停止見えなかった?」お巡りさんに止められました。
ええ~っ??
「あ、あ、すみません。見落としました。」
ええ~っ?? 霊柩車一旦停止無視で捕まる??

お巡りさんが後部座席を覗きこみ、私と目が合い。
どうする?フォローしたほうがいいのか?と迷っていると、
さらにその奥を覗きこみ、一瞬あれ?という顔に。

すると運転手さん、
「あ、あの、ご遺体をぉ、お運びしておりまして。」
声が裏返ってる。

「えっ、そう・・・ですか。いやそういうことなら・・・あ、うーん、
そういうときでも一旦停止で止まらないのは危ないですからね。
今後気をつけてくださいね。」
「すみません。申し訳ありません。」

御遺体をお運びしていると、
一旦停止無視は見逃してもらえるらしい。(^_^;)

葬儀社の車はそのまま何事もなかったように家に到着。
父を和室に寝かせてすぐ、葬儀社と打ち合わせが始まり、
「それでは死亡届を見せてください」

と、さきほど病院で受け取った死亡届を渡すと、
「あれ?日付が違ってます。これだと一年前になってしまう」

え~っ!?うそっ?? ほんとだ。

すぐに病院に電話。看護婦長さんが「すみませんっ!すぐに書きなおして伺います」
と、病院のハイヤーを飛ばして来ることになりました。

あれ?
なんか立て続けに変なこと起こってる??(笑)

つづく。

« もう2月ですよ~♪ | トップページ | 父の命日(前記事から続く) »

思い出すこと」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき2022」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もう2月ですよ~♪ | トップページ | 父の命日(前記事から続く) »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30