フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 三島楽寿園ステージ報告♪ | トップページ | 「ソラミミ」からの「ミミデカ」 »

2020年11月23日 (月)

11年ぶり! O☆PASTA♪

みなさま、「我慢の3連休」ですよ。
「我慢」って言葉を使うのも不思議だけど。
まるで親が子供に言う 言い訳のよう。

我慢の連休ですよ、と言われて素直に我慢する国民が
どれだけ居るのであろうか。
そもそも何を我慢するのだろう?
GOTOを煽り提唱しておいて、我慢ですよ、は説得力ゼロ。
自粛するひと(したいひと)は、
そんなこと言われる前に自粛するでせう。

・・・などと、書いてしまうとキリがないので、
個人的にはレッスン以外に出かける予定もないし、
「とくに何も我慢する必要がない3連休」を過ごしつつ。

おや、ゆっくりO☆PASTAのことが書けるではないか。(^^)

というわけで。日時はだいぶさかのぼりますが。

時は去る11月8日(日)
JINさんの音楽教室、MSJの発表会。

会場は、沼津の「STUDIOJ」
広い敷地に、屋根付きのスペースがあり、
そこをステージにして、
生徒さんたちが代わる代わるギターや歌やドラムなど、
ジン先生たちのサポートバンドを従えて、
次々に発表していきます。

本来ならば10月に、
11年ぶりのライブを開催するはずだった O☆PASTA、
コロナ禍により中止、無期延期となりまして。

それならば、うちの発表会でやりませんか、と
ジンさんが言ってくれたので、
生徒さんたちの発表の合間に、
エキシビジョンとして参加させてもらいました。

Img_1563

11年半前の、オーパスタ最後のライブの記事はコチラ

こうしてこの3人でステージに立つのはそれ以来。

Img_1559

もともと今年の10月にライブをやる予定だったので、
年明けのころから何回か集合してミーティングはしていたけど、
しゃべっていた内容といったら、
ぶっちゃけ~なトークばかりで、(笑)

まぁもともと。 
オーパスタが無期限活動中止となっていたのは、
ひとつはオーパスタの中心である、
ボーカルのスパ子(spaghetti)に待望の愛息子くんができて、
子育てまっただ中であったこと。
そしてもうひとつは、
我々3人が、気持ち良く一緒に音楽やろう、という
人間関係ではなかったこと。

それは音楽的な理由ではなく、極めて個人のプライベートな理由です。
3人ともが家族ぐるみでのお付き合いだったので。

それぞれがこの10年何を想い、何を反省し、( 一一)💦
どう生きてきたか、そしてそれぞれの「今」を。
(^^ゞ語ったような ただ笑ったような。

Img_1564  

この10年の間に、ときどき
私はジンさんと一緒に演奏のお仕事する機会もあり、
スパの愛息子くんも成長し・・・。
もうお互いの、チリやホコリは月日の河に流れ、
年を重ねてきた今の3人でやってみるか、となったわけです。

そしたら、
この11年、一緒に音を、声を、出すことはなかったのに。

たった一瞬、「せーの、」で11年前が戻ってきた。

いや正確には、戻ったのではなくて、
「今」の3人がここにいて、
「今」のハーモニーが生まれた、という感覚。
違和感が何も無い。そうそう、これこれ。
歌いながら顔がほころぶ。懐かしいのに、新しい。

長いといえば長い、11年という年月が、
すでに幻のようにも思える。不思議な感覚。

そうこうするうちに コロナ禍が始まり、
ライブが出来ないとなると、今撮っておくしかない、と思って、
「約束の日」を撮りました。(文字をクリックするとyoutubeにリンクします)

11年前の最後のライブのときには、
30代(スパ)、40代(ジン)、50代(わたくし)だったオーパスタ。
「40代、50代、60代になっても、続けていたい」なんて
スパ子が言ったとき、
いやいや、うそでしょ。そんなわけないっしょ。と思っていたわたし。

なのに逆にこの年になって、オーパスタ再開って。
いやほんとは再開、なのか、今回だけなのかもわかりませんが。
もうそんなことすらどうでも良くて。

11年ぶりの、30分ほどの幸せな時間は
やはり一瞬の花火のように輝いて終わりました。

この日の終わりには、こんな空が出現して、

Img_1553

この真っ赤な夕焼けにすっかり心奪われ、
確かにこの年になって、こんな幸せな瞬間にここにいて、

月並みではありますが、
生きてて良かったなぁ~ なんてぇことを。
60代のあたくしは、思った次第でございます。

そうなんだよね。きっと人生の終盤に差し掛かったって、
思いも寄らないことは起きるし、
新しい出逢いはある。
きっとこんなところ、きっとこんなもん・・・と己の枠を決めたところで、
想像もつかない日々が突然やってきたりするのだ。

オーパスタもこの先、どうなっていくかわかりません。
次のライブは10年後かもしれない。
でも、どうなっていくか、楽しみです。

私にとって、オーパスタはある意味特別です。
なんというか。ここでは「オカリナの古庄」ではありません。(笑)

いつか、このミラクルな3人のライブが、また実現したら、
みなさまぜひともぜひとも、お出でください。

たとえ、わたしたちが、50代、60代、70代、になっていても。(笑)

Img_0799aa

発表会のときの写真は、mihoさんから頂きました。
ありがとうございました~(^^)/

« 三島楽寿園ステージ報告♪ | トップページ | 「ソラミミ」からの「ミミデカ」 »

コンサートレポート2020」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三島楽寿園ステージ報告♪ | トップページ | 「ソラミミ」からの「ミミデカ」 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介