フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 11年ぶり! O☆PASTA♪ | トップページ | 「ミミデカ」のこと。 »

2020年11月30日 (月)

「ソラミミ」からの「ミミデカ」

ソラミミからのミミデカ、
なんのこっちゃ、なタイトルです。

まずミミデカ、はこちら。↓↓の写真です。

ずい分むかしに、大変お世話になった、
目黒の蟠龍寺スタジオ
ヴェンタインレコードの吉田さんが送って下さいました。
 
4df1301d9e1e41a98234edf6a477be1d

このCDに収められている音源のレコーディングに私が参加したのは、
かれこれ27~8年前ではなかろうか。

あのとき出来上がったのは、「ソラミミ」というタイトルの
なんと、カセットテープ!!でした。

所属していたバンドの名前は 
「SUTUDIO NICA」(スタジオニカ)

このときの録音に参加しているメンバーは、
モリナヲキ 岡部洋一 春日博文 吉田哲 児島由美 ほか。
そして古庄ではなく旧姓のわたくし。

春日さんや岡部洋ちゃんは今や一線で活躍する
有名ミュージシャン、どころかすでに大御所で、
その並びに私の名前があることからして奇跡的。

このCDに収められている楽曲の
ほとんど全てを
作詞作曲編曲演奏&ボーカルも担当しているバンドマスターは、
モリナヲキ。

昨年のクリスマスイブに亡くなりました。
私と同い年。
病気を抱えていたから、急変したのかなぁ。
人一倍寂しがり屋だった彼が。クリスマスイブに。
たったひとりで。

まぁ彼のことはとにもかくにも、
私の天敵であり恩師であり
めちゃくちゃヤなやつであり良き友、でありました。
何度もぶつかり何度も泣かされ、
上手いとおだてられ、
へたくそとおとしめられ、
出来ないとは言わせないと鍛えられ、
端的に言ってしまえば、

ほんとにめんどくさいやつ、でした。(笑)

でも。彼に出会っていなかったら、
私は今、こうして笛を吹いていないかもしれない。
大切な恩人でもあります。

先日、引っ越しをしたとき、このバンドの楽譜やらカセットやらが
たくさん出てきて、その中に「ソラミミ」もあったけど、
わざわざ聴くということもなく、楽譜数枚と、
カセット1本だけ残して あとは処分に回したほど。
私の中ではすでに遠い「過去」の記憶と、少し色もあせた思い出。

でもなんの因果であろうか。
大好きな吉田さんが昨年リミックスし直したというCDを送って下さった。

これは吉田さんを通してヤツからの、
「おいっ!カセット捨ててんじゃねぇぞ!」
「もう一度聴けや」
・・・というメッセージだろうか。などと思いつつも。

吉田さんが自らリミックスをしたこの復刻版を送って下さったことが何より嬉しく。
膝を正して聴き直しました。
レコーディングから、約30年経とうとしている、
あのときの音源を。

次回記事に続く。 ←次回記事はコチラをクリック。

« 11年ぶり! O☆PASTA♪ | トップページ | 「ミミデカ」のこと。 »

日記・コラム・つぶやき2020」カテゴリの記事

コメント

森直希は、今どうしているかな、と検索していて、ここにきました。
まさか、亡くなったとは!
私は高校時代の友人(早稲田学院ではありません)で、音楽仲間でした。
当時の彼は、バリバリのジャズベーシスト。高校生の頃に自己のトリオでピットインにも出演。授業サボって見に行きました。
当時の彼からは、自ら歌うなんて想像もできず。
SUTUDIO NICAの映像もYou Tubeで拝見しました。
ライブ見たかったです。

最後に会ったのはお互い22歳くらいだったかな。
当時私は、彼の箱バン仕事のトラやってました。

病気だったんですね。
彼が生きているうちに検索するんだったと後悔しています。

森直希は、今どうしているかな、と検索していて、ここにきました。
まさか、亡くなったとは!
私は高校時代の友人(早稲田学院ではありません)で、音楽仲間でした。
当時の彼は、バリバリのジャズベーシスト。高校生の頃に自己のトリオでピットインにも出演。授業サボって見に行きました。
当時の彼からは、自ら歌うなんて想像もできず。
SUTUDIO NICAの映像もYou Tubeで拝見しました。
ライブ見たかったです。

最後に会ったのはお互い22歳くらいだったかな。
当時私は、彼の箱バン仕事のトラやってました。

病気だったんですね。
彼が生きているうちに検索するんだったと後悔しています。

キッカワアツシさま。
コメントありがとうございます。ブログ主の古庄です。
そうだったんですね。モリ氏若き頃の音楽仲間・・・
私が出会ったのはたぶん25歳くらいのときだったと思います。
同い年ですが 知り合ったのはモリ氏が演劇の音楽担当。
私は笛吹きとして参加。で知り合いました。
こうして何十年?経っても、どうしてるかな、と思わせる、
そういう人だと思います。 音楽家として、天才だったと思います。
病気、というのは、肺気腫のような・・・
肺に穴が空いて入院した、という話は聞いていました。
今頃天国で、何を思っているのでしょうね?

コメントほんとに嬉しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11年ぶり! O☆PASTA♪ | トップページ | 「ミミデカ」のこと。 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30