フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 2020年8月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月27日 (火)

次回の演奏はこちらです。

前回に引き続き、箱根ビジターセンターにて。
ですが、今回は、ギターのすーさんとともに。



今のところ、お天気は大丈夫そう、な予報です。
風強いかなぁ、冷たいかなぁ、

そしてその次の演奏予定はこちら。
三島 アユタ屋さんにて。FOMALHAUT。

20201107fh2_20201022113001

箱根は屋外ライブですが、こちらは店内にて。雨の心配はありません。

屋内でのライブはいつぶりなのだろうと思って調べたら、
2月の病院ボランティアが最後だったので、
実質約9カ月ぶり、となります。

そんなに長い間、屋内ライブしてなかったのか、と
やはり浦島太郎な気分。

久しぶりなので、やりたい曲もいろいろあり過ぎて。
来週の打ち合わせが楽しみです。

お店の座席は本来50人くらい入れるそうですが、
30名限定、でご予約が必要です。
感染対策しておりますので、みなさまぜひ。

お待ちしています。

2020年10月12日 (月)

中耳炎になりまして。

そう中耳炎になりまして。
えーと、自分で自分の身体のこと、良くわかっているつもりでいて、
ぜんぜんわかってない、のは誰しも、かと思いますが。

しばらく鳴りをひそめていたので
すっかり忘れていたのですが、
わたくし耳が弱かったのでした。そういえば。

はるか20数年前の(高齢)出産後も、中耳炎の手術をしたのでしたが、
小さい頃から何度かやらかしてまして。
一度は、やはり耳が弱いことをすっかり忘れて
八丈島の海に桟橋から飛び込み出血、
島の病院に駆け込むなんてこともあったっけ。

そういえば何か大きなことがある度に、
耳鼻科に通っていた気がします。

で、今回もそれは突然やってきて、
まさに引っ越しが終わって数日後。
これが今回もなかなか手強いらしく、
私が通っている耳鼻科の先生は
おっしゃる言葉に刺がある、ので地元で有名な先生。(笑)
おそらく嫌がる患者さんもいるだろうなぁ。

「綿棒突っ込んじゃったんじゃないの?」などと言われるのだけど、
こちらも慣れているので、肯定も否定もせず。
症状を申し述べるのみ。

通院2度目の日。先生、私の耳を覗いて、
「くそっ!」とおっしゃる。
先生の思ったように治ってないらしい。

いや「くそっ!」って言われてもねぇ。

そして通院3度目。
痛みも無いし、今はまだ少し聴力落ちているけど、
不快な症状は消えているし、
患者本人はかなりもう大丈夫な気分なのだけど、

先生はまたもや、「くそっ!」 
そして耳の中の画像をじっくり見せてくださる。
「ここね、ちょっとだけ良くなってるように見えるけど、
やっかいだね。もうちょっと頑張って、薬続けて。」

「はい。ありがとうございます。」

こんな先生、きっと苦手なひともいるだろうなぁ。
実際良く聞く噂は、「言い方きつくて嫌い」って。
娘も最初は大泣きしたっけなぁ。

でも、私は案外嫌いじゃないんです。
先生の「くそっ!」はけして患者に向けられている言葉ではなく、
疾患そのものに向けられた言葉。
治したいという気持ちの表れ、だと受け取れる。
判断も早いし、診立ての良い先生だと思っています。

ちょいと長びきそうだけど、少しずつ良くなっているようだし、
今回は手術などと大げさなことではなさそうです。

しかし

無理は禁物。音楽やってる人間が耳を悪くしたらいかん。
あれこれ頑張らずに、じっくり治すつもりです。

でもって。そんな話題からのライブの告知。
えっ、無理してんじゃん、と言うなかれ。(笑)
屋外で気持ち良く演奏できる、嬉しい機会です。


箱根ビジターセンターにて。次の日曜日。10月18日です。
11時~13時~14時~ の3ステージの予定。
ピアノ 下山英二 オカリナ 古庄 FOMALHAUTで。
ビジターセンター屋外で演奏します。
雨天の場合は中止となります。
お天道様が笑顔だったら、
ぜひふらりと遊びにいらしてください。

120660688_259026825427602_25737472194166

2020年10月 1日 (木)

今は・・・もう秋~♪

久しぶりにブログにログイン。
過去の記事を見て、
あれ?そうか、箱根の動画上げてから2か月近く経つんだ~・・・・・
と、浦島太郎な気分です。
気が付けばもう 秋! きょうは中秋の名月ですと。


引っ越し、終わりました。

2ca9a820cb1a421e9e0fc9079d96fbce

えーっ!まだやっとったんかいな、と言われるかもしれませんが。
やっとったんっす。

ブログで「引っ越します」と宣言したのが4月の終わり。
・・・まるまる5か月経っとります。

いやほんとに。とりかかってから終了まで・・・
まるで長距離マラソンのような。

8ecf4a72df2240c5aa5162ec635f6191

引っ越し先はすぐ隣、ドアからドアまで
ほんとの移動距離は4メートルくらいなのに。
その引っ越し先の荷物を減らすところからのスタートなので、
ふつーじゃない。
しかも事務所も倉庫もまとめて・・・

終わった今、こうだったあーだった、と言葉で説明しても、
きっと伝わらないと思うし、
いかに大変だったかをつらつら申し述べても
面白くないので、(笑)

まぁとにかくものすんごい量の「物」との格闘でありました、
と申し述べるに留まることにいたします。

79fcdf6a4ad545149c6432c9954bc790

「点滴石をうがつ」

と書いた紙が、
片づけていた娘の荷物の中から出てきました。
高校の吹奏楽部の指導の先生が教えてくれたそうで。

ふうんなるほど・・・
あの先生は好かんかったがなぁ、
などと思いながらも
後半はこの言葉が支えになりました。

このコロナ禍の中。
家族(娘や弟夫婦)は他県から帰って来られない状況。
家族はもちろん心の支えになってくれましたが、

実際に側で支えてくれたのは、
パートで来てくれているIさん夫妻だったり
かかわってくれた不動産会社のYさん、
Yさんの周りの方々、

これも何か理由があるのだろうな、と確信しながら。
大きな「縁」と、
もう前から決まっていたような「運び」(としか言いようがない)
大きな「力」に助けられて。

とにかく大仕事を終えました。

ひとりで、と言いつつ、
もちろんひとりではやれませんでした。

こちらに帰ってきてから22年。
娘とともに暮らしてきた部屋とのお別れは正直とても寂しいものでした。
そして引っ越し先が隣だというのも、
目の前に、その暮らしていた部屋のドアがあるので、
無意識でいると、1週間経った今も
ついドアの取っ手に手をかけそうになってしまう。(笑)

でも寂しさを超える安堵もあって。
大きな肩の荷を下ろせたような。
大事なお役目をひとつコンプリートできたような。

とにかく ほっと して います。

しばらくの間レッスンをお休みさせて頂いたりして、
生徒さんにもご迷惑をおかけしました。
FBもブログも更新してないので
心配してメール下さった方も。気にかけて下さって感謝。

この大移動の5か月間で感じたこと思ったことなどは、
またあらためて書きたいと思います。

あ、そうだった。

倉庫での動画撮影は、結局「瑠璃色の地球」が最後でした。
あのあと、作業の合間にもう1曲でもいいから撮りたい、
と思いながら、
叶いませんでした。

残念だけど、 それまでに撮れた数曲が、
良い思い出となりました。

演奏動画に関しては、あらためて撮影場所を探します。
チャンネル登録して下さった皆様に感謝です。

そして。

引っ越しにかかわって下さったたくさんの方に
心から ありがとう。

« 2020年8月 | トップページ | 2020年11月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介