フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月29日 (月)

我が家の門番

このところすっかり我が家の門番?の役割を担っている、
さくら猫のクロタです。

動画に登場するマルとは違う、外猫さんです。

こんな怖い顔した門番がいたら、
泥棒も押し売りも退散するでしょう。
人相いや猫相、悪過ぎるって。
前も書いたけど。

103802065_1988063054660567_2182641387145

「てめーなんかもんくあるんか?」と吹きだしを付けたい。

104465338_1988063024660570_4970590364989

いちおう、↑ これはふつうの角度でまともなお顔。
しかしこんな一瞬を激写しました。↓

105494153_1988063071327232_2142479916682

んが~っ!
威嚇してるわけじゃありません。
伸び~をしながらの、あくび~、です。

新しくしたスマホのカメラが優秀過ぎて、
一眼レフのクオリティ。牙や爪や毛並みまでリアルに。

強面の兄さんですが、
ものすごい甘えん坊で、ビビりで、しかもおしゃべり。

この爪でひっかかれたら大変!!と思うでしょ?
でも全く爪を立てません。噛んだりもしない。
観た目と違う。すごいギャップ。(笑)

だからこんな怖い顔で車の屋根で見張っていても、
ほんとは門番の役目を果たせませんの。
誰か来たらぴゅーっと隠れてしまうので。^^;

半分、うちの子になりつつの日々。
少しずつ少しずつ。

2020年6月28日 (日)

曇天のいちにち

今日は一日お休みモードで。
気圧のせいか、眠くてぐでぐでと。

練習はしたのだけれども、
動画は撮れませんでした。(^^ゞ
午前中は雨。
午後は止んだものの、
曇天で倉庫が暗くて、ということもあり。
梅雨のまっただ中ゆえ、仕方ないですが。

そういえばずっと日曜日は天気悪くなかったのだなぁ。

次週は良いものを。ぜひ。撮りたい。
と思っております。

夏が過ぎたら、倉庫は使えなくなってしまうので。

ちょっと寂しいですが、これも仕方なく。
これからはどこで動画撮りましょう?

あ、(笑)またキッチンか?

2020年6月23日 (火)

Top of the world♪

連日のアップ、となりますが、きょうはこんな動画を。



ごめんなさい。もうまったくもって、古庄だらけ、
暑苦しいったらない。

撮り進めて途中から、自分の顔がいくつも、になってきて、
うわこれはヤバい。と思ったのだけども、
試しに手元だけにしてみると、上手く枠にハマらない。

気色わるっ、あつくるしっ、と思いながらも、
音を重ねていく作業はとても楽しいものでございました。

これはソロ動画と違って、あまり悩まず吹き重ねていって、
あっという間でした。

今年の1月、新春オカリナコンサートのプレゼントCDを
お持ちの方にとっては、耳慣れたというか、
あ、あれの実写ね、てな感じだと思います。(笑)

まぁ画面はじっくり観るに値しませんので、
耳で7重奏を楽しんで頂ければ、そして気色悪さを笑って頂ければ
幸いでございます。m(__)m

とか言いつつまたきっとこの、〇重奏ひとりアンサンブル、

・・・・・撮ると思います。(^^ゞ

2020年6月22日 (月)

You raise me up♪

今週はこの曲を。赤の動画。

「You raise me up」

hidekoさん からのリクエストです。

もともとはシークレットガーデンの楽曲。
ケルティック・ウーマンによるカバーバージョンは
フィギュアスケートの荒川静香さんにより、
あまりにも有名になりました。
エキシビジョンでのこの曲の演技には、心底魅了されました。

私自身も大好きな曲なので、
じつはリクエストを頂く前に一度撮りました。 
よしOKテイク、と思ったのに、
観直したらもう全然ダメ。
で、やり直し。
でまた観てみたら、う~~~ん・・・まだ細かいとこ気になる~・・

というわけで3度目の正直、
つまりアップに3週~4週かかった、という、
これが最終テイクです。

しかしまだ・・・
自分の頭の中の理想には、少し距離がある仕上がり。

でも。今の私ではこれが精いっぱい。
この曲の、今の、ベスト。

1曲1曲、本当に勉強になります。

hidekoさん リクエストありがとうございました。m(__)m

そしてきょうは、3カ月ぶりの、東京レッスンに
行ってまいりました。
他県への移動制限が解除になったのが金曜日。
まだ3日目なので、心配はありましたが、
万全に準備して。

東京でも、グループレッスンは密になるので、
5名の個人レッスンを交代で。
今まではみんなでお茶したり、一緒に歌ったり、
そんな時間も楽しかったのですが、
今はそれが出来ず少し残念。

新幹線は、空いてました。
東京駅も、空いてました。
山手線も、いつもより少なかった。

なるべく何も触らないように歩こう、と思っても、
階段の手すりも、エスカレーターのベルトにも、
ついつかまりそうになってしまう。(笑)

年寄りは常に何かにつかまらないと歩けない。(笑)

今まであまり意識したことなかったけど、
何も触らない、というのは意外に大変なことです。

つまり、新しい生活様式とは、
電車で吊革につかまらなくても転ばないように、
体幹と足の筋肉を鍛えなくちゃ、ってことだな。(笑)

2020年6月19日 (金)

星に願いを♪

1週間経つのがなんと早いこと。

先週の週末は、倉庫、事務所、家等の片づけで
大量に出た不用品の引きとり業者が来たり、
友人に(不要になった)冷蔵庫を譲ったりで、
動画を撮る余裕もなく、バタバタと過ぎてしまいました。

毎週動画を上げていて、
こんな、編集もほとんどしていないやっつけ動画なのに、
どうやら楽しみにして下さっている方がいて下さっているらしく。
(日本語おかしい)
ありがたい限りです。m(__)m

なんとか撮って、FBやyoutubeにアップして、
私自身としては一応、 
毎回その日のベストワンを上げているつもりなのだけど、

後から観ると反省点多々。
あ、ここの音もうちょっと伸ばせばよかった、
あ、ここピッチちょっと下がってる、上がってる、
などなど。細かいところが目につく耳につく。

つまり客観的に観ること聴くことで、
自分自身のレッスンにも、繋がっているような気がします。

そしてきょうは、
完成するまで何日もかかってしまった動画をアップ。

「星に願いを」When You Wish Upon A Star

これは、昨年の6月に、静岡AOI音楽館にて、開催された、
母校の音楽部OGによる 美音の会コンサートで、
後輩のピアニスト、三宅さんとともに演奏したものを
リモートで再演してみた、というものです。

まずピアノのほうで動画を撮って送ってもらって、
それに私が合わせて吹く、という形で作りました。

あのとき完璧に覚えたはずのメロディ、
1年経ったら忘れちゃってるし、(^_^;)
暗譜し直したり、
音のバランス取るのが難しかったり、
単純に何度も間違えて録り直ししたり、で、
とっても難しかったけど、

またそんな時間も楽しかった。

こういうものを録ってみよう、なんて、
今までだったら思ってもみなかったけど、
このコロナ自粛のおかげで
こんな形のパフォーマンスもアリなんだなぁ、と。
そしてこれをやってみることが
自分の糧になったり、前を照らす光になったり、
するんだなぁ、と。

とても新鮮な気持ちにもなりました。
還暦過ぎたおばちゃんにだってこのくらいは出来るさ。
なぁんてね。

ジタバタしたくせに。(笑)

さてもう週末。何が撮れるでしょうか。
今週も頑張ってみます。

2020年6月 7日 (日)

きょうもリクエストにお応えして。

先日、ガソリン代の請求書がきて、
4月~5月の1ヶ月間、0円でした。
こんなことは かつて一度もなかった。
買い物以外、外出しなかったし、
レッスンも演奏も無くなってしまったから、
そりゃたしかに、
4~5日に一度、半径5キロ以内の移動のみだもの。
ガソリン減らないよね。

6月に入ってようやく、すこーしずつではありますが、
各グループのレッスンをどうしていくか、
まずはみんなで話して知恵を出し合おう、とか、
少人数に分かれて古庄宅でのレッスンに切り替えよう、とか。
前に進むために動き始めました。

とはいえ、やはり。
マスクしたままオカリナが吹けない、は、
当たり前としても、
「新しい生活様式」に、
当てはめてのレッスンは本当に難しい。
レッスン自体が、じつは毎回ライブだったのだなぁ、
とつくづく思う。

本当の(実際の)ライブの現場も、いつやれるものやら。
今は遠い彼方という気がしますが。

それでも自分の中の、灯だけは消さないようにと、
日曜日は動画を撮っています。
今はそれが精いっぱいの「LIVE」

きょうはカバー曲の赤動画をふたつ。
まずは 朝ドラ おひさま メインテーマ「明日へ」
オカリナ単管だと音域が足りず、W管ならば吹けるのですが、
ちょいと難しいところがあってまだ練習中。
というわけで今回は テナーリコーダー で吹いてみました。

長泉水曜会の朝子ちゃんから、
「先生、私の好きな曲をやって」というリクエストで、
この曲を選びました。 ご本人はなんと言うかなぁ。

そして「If we hold on together」
この曲は、「タケさんの好きな曲」というリクエスト。

好きな、というだけでわかるのか?
わかるんです。 特にこのご夫婦からは、
今までたくさんのリクエストを頂いてきているので。

お気に召して頂けるかどうか、は、わかりませんけれど。(^^ゞ

テナーリコーダーとオカリナ。同じように撮っても、
音質の違いが面白い。
リコーダーは音の輪郭がはっきりと。なぜだか音も大きく録れる。
オカリナは丸くてやわらかい。

いつものライブのリクエストコーナーに比べたら、
その場ですぐに、とはいかず、ちょいと時間はかかりますが、
あの曲を聴きたい、という声に、
なるべくお応えしていきたいと思っております。

こんなふうにリクエストにお応えするスタイルが、
古庄らしい、、、、ライブ、かな。

2020年6月 1日 (月)

こきりこの歌♪

このところ、日曜日は動画を撮る日、と、
自分に課しておりまして。

今週は、ひとり合奏ができる「ACAPELLA」というアプリを使って
富山民謡の「こきりこの歌」を撮ってみました。
facebookを通して頂いたリクエストでした。

ちなみにこの曲は「こきりこ節」であり、
「コキリコの唄」と表記されることもあり、
加藤和彦のフォーククルセイダーズが1960年代に
フォーク調で歌っていたりします。
この動画をFBにアップしたら、石川県出身の方からもコメント頂き、
富山のみならず、
北陸の方にとってはソウルソングとも言える曲だとのこと。
小学校の朝礼で歌っていたそうです。

2週続けてあれこれいじってみて、
アプリにやっと少し慣れてきたところ。
これを使うと、ひとり5重奏も出来そう。

そしてこの動画は 「おうちライブ@うちの練習室」

そういえば書くの忘れてましたが、
バージョンアップが出来なくなった古いipadを
新しくして、同時にガラケーをスマホに代えました。
やっとです。

で、ようやくいろんなアプリが使えるようになりましてん。

いつものFOMALHAUTのライブでも、
リクエストを頂きその場で演奏したりしますが、
やったことがない曲を演奏するだけでも勉強になるけれど、
さらに撮ってアップする、という作業は、
観て頂くことが前提なので
さらにハードルが上がります。

ライブ・コンサートが出来ない今、
こういうことひとつずつが少しでも自分の身になればという思いと、
観てくださる方に楽しんで頂ければと。
いつまで続くのかわからない、「新しい生活様式」とやらの中で
今はこつこつ、やれることを、やっていくしか、ない。

と、この前も書いたな。
同じこと何度もまるで念仏みたいに言ってるな。(笑)

でもこの、ひとり合奏、けっこう楽しいです。
よかったら観て(聴いて)ください。

さて。その新しい生活様式。ウィズコロナ???だと。
誰もコロナと御一緒したくはないのだが。
どうやら共存しなくてはいけないらしい。
あたし嫌やわ。ほんまに好かんわ。(誰?)

前記事にも書きましたが、ご一緒するためには
マスクが出来ないものは公共施設を借りられないというので、
グループレッスンは各グループ対策を練っている最中で、
個人宅を利用したり、古庄宅での個人レッスンに切り替えたり、
それぞれ方針を模索しています。

このままだと、
数か月先までレッスン出来るかどうか。
各市の自治体の判断による、という・・・受け身の状況。
仕方ないからずっとお休み、もひとつ選択肢だけれど、

少しでもいいからレッスンしたい、という声も多数。
とはいえマスクが出来ないから。

感染のリスクを考えて、密への対策、消毒、換気、
人数制限、および時間制限、等々、
怠ることなく、対応していかなければ。

もう、ほんまに好かんて。(だから誰?)

コロナとお別れできる日が
1分1秒でも早くやってきますように。

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介