フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« うちで踊ろう♪~約束の日 | トップページ | ネイティブアメリカンの言葉♪ »

2020年4月21日 (火)

コロナなべとは。

ネットの検索ワードで、「コロナ鍋(なべ)」が上位になっていたとか。

コロナ渦(うず)でもなくて、 コロナ禍(か)
禍とは災い、災害、という意味だそうで。
渦(うず)も同じ意味を持つので、ほんとはどちらでもいいらしい。
でも、ナベではない。(笑)

ロックダウン、オーバーシュート、
なんて言葉も知らんかったし。
今や誰でも当たり前みたいに使ってますが。
この感染専門用語郡??
できれば知りたくなかった言葉でもあるなぁ。

2年前に亡くなった父は、災害を恐れる人でありました。
それはただ怖がる、という意味ではなく、
災害に備えることを常に考えている人でありました。
台風、津波、水害、その予報の度に
浸水に備えて倉庫の荷物を高いところに移動したり、
仏壇の位牌を2階に上げるとか。
そして毎回必ずテレビの台風情報に貼りつき状態。

そのたび、
「オーバーやなぁそこまでしなくても・・・」と思いつつ、
「はいはい」と仕方なく、ご意見番に従っていたのでしたが。

今のこのコロナ禍。

生きていたら、父は何と言っていただろうか。
どう備えていただろうか、と。
仏壇に手を合わせながら考える・・・。

なんでも備える父は、「在庫」も好きで、
(好き嫌いではない、と言い返されそうだが)

「〇〇の在庫あるか?」と口癖のように。
その在庫王のおかげで、
家にはマスクの在庫がけっこうあって、
まぁ数年前の古いものでしたが、
家族で分け合ってとても助かりました。

そしてまた考える・・・
もしかして世の中には・・・・

ちょっと前に(今でもか)流行った断捨離で、
じつは使わないマスクとかぜーんぶ捨てちゃってて、
深く後悔してる人がいるかもしれない。

これからは物を持たないミニマム生活が最高と、
トイレットペーパーの在庫など一個も持たず、
この前の不足のときに買えなくてとても困った人がいるかもしれない。

家は無くてもいい、というアドレスホッパーさんたちは
「家にいよう」という自粛の今、どこでどうしているのだろう?

風呂は家で入らない。
毎日スポーツクラブで汗を流す、という人は、
今、家のお風呂に入っているのだろうか?

ことほどさように。

人の生き方はそれぞれで、
その人にとっての価値観がそれぞれ正しいものなわけで。

だけども、こうして大きな出来事があると、
その価値観が大きく変わることもある。
たとえばこれでまた物を備えることが正しいことになるのか。
やはり物は持たないほうがいい、となるのか。

今は、変わってしまう価値観よりも、
自分の中の変わらないものを大切にしないと。
そういうことをも、問われているのではないかと。



・・・なんてぇことを思う2020年の4月でございます。
そういう意味でも特別な年になりそうだ。

そしてまだまだ自粛は続く・・・。
そしてきょうも医療に携わる方たちに感謝をこめて祈ります。

« うちで踊ろう♪~約束の日 | トップページ | ネイティブアメリカンの言葉♪ »

日記・コラム・つぶやき2020」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うちで踊ろう♪~約束の日 | トップページ | ネイティブアメリカンの言葉♪ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介