フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 松本さんを偲んで。 | トップページ | まき姉のイヤーフック♪ »

2020年4月 4日 (土)

「健康を祈ります。」「今思うこと。」「コンサート中止のお知らせ。」

最初のタイトルをもう一度言いなおすと、

知っている全ての人の健康を、
そして知らない人の全ての健康を、祈ります。

新型コロナウィルスCOVID-19
人類の歴史の中で、疫病の蔓延は何度か起こっています。
MEAS や SARS のときには対岸の火事。
日本はほとんど影響がありませんでしたが、
今回は違いましたね。
今現在感染拡大を起こしているCOVID-19は、
SARS-cov2 から引き起こされているとのことで、
非常に感染力が強く、致死率も高い。
過去に非常に被害の大きかった疫病は、
1918年に起きたスペイン風邪、これはじつはインフルエンザだったそうですが、
当時の世界の人口の4分の1が感染して、
5000万人~1億人が死亡。ってばっくりすぎるけど、
100年前ですから。科学も情報網も発達していなかった。

COVID-19はこれに近づく感染力だといいます。
じつは消えたはずのSARSの進化系なのだ、という人も。
学者がまだ真実をつかめないのだから私にわかるはずもなく。

それでもネットでいろんな記事を読んだりして、
自分なりに信頼できるか出来ないか、判断しつつ、
山中教授の、「正しく恐れる」という言葉が
まず一番先に符に落ちました。

ネット上には情報としてこのような数字があふれています。
インフルエンザより軽い、という致死率などの数字は
数字でしかなく、だから安全?数字がこうだから大丈夫?

誰かが語っている、陰謀説だとか悪魔説だとかは
もう言うまでもなく。
何が正しいかなんて本当に誰にもわからない。
分かっていたら世界がこんな状態になってるわけがない。

でも、唯一届くのは、経験した人の言葉。
それも本当かどうかわかるわけないじゃん、
フェイクかもと言われたらそれまでですが。

人間てのは幸い、真実を感じる力がある。
なぜなら音楽と同じで、経験した人の言葉は心に届くから。

胸に届く言葉と、それを感じる自分を信じたら、
自ずと自分がどう行動すればいいのかがわかります。

自分が感じた真実からの行動は、人から何を言われても
ぶれることはありません。

COVID-19、本当に軽く見てはいけないと思います。
どこでどう感染するか、
学者さんはおそらく昼夜無く調べているのだと思いますが、
はっきりしたことがわからないのであれば、
けして軽く見ないで、本当に必要なこと以外で
家を出るべきではない、と私は考えます。
三密、手洗い、顔を触らない、は当然だけど、
感染者が座っていた車の座席に座って
感染した人もいるわけで。

自分が感染しないため。ももちろんだけど、
一番大事なのは、誰かに感染させないため。

そしてこれがいつまで続くかもわからないけれど、
長期戦になっても、辛抱する覚悟を持つこと。
そしてさらに、
もし最大の努力をしたとしても、
感染してしまうかもしれないことをも考えて、
体力、免疫力を少しでも高めておくこと。
感染者が増えて人口の半分近くに免疫が付くと
自然と消えるそうです。感染者になるか、ならないか、
どちらにだって成りえます。
それまでにワクチンができれば本当にありがたい。

私たちができることはこれしかないと思います。
極力外にでない。家にいる。

それは都市部以外の地方でも同じことだと思う。
静岡はまだ感染経路が分かっているから大丈夫、なんて言う人もいるけど、
(市長もそう言ってるけど)なんの保障も根拠もない。
なぜなら、東京が外出自粛を勧告したときから、
週末には、今なら空いているから、と県内に遊びに来る人がかなりいるそう。
武漢からの観光客と同じじゃないですか。

自覚を持って、想像力を最大限に働かせて、
「まだ大丈夫」とか、「ここは大丈夫」とか、
根拠ないことに身をまかせないことだと思います。
感染した人の誰もが、「自分が感染するなんて思ってもみなかった」
と言ってる。感染したくて感染した人は(ほとんど)いないと思うよ。

それともうひとつ。大切なことは、
医療関係者を守る、ということ。
お医者さんも看護婦さんも、医療技師さんも、
全ての医療関係者は、限られていて、誰でもできることではない。
自分があなたが、家にいる、ということがイコール、
医療関係者の安全と、医療崩壊を招かないようにすることに
繋がります。
今、昼夜を問わず働き続けてくれている医療関係者の皆様に
感謝と無事を祈りたい。

それから、生活の保障の問題、頼りなさすぎる政府。
深刻なひとも大勢いる。私だって収入大幅減です。
だけど今の大変さに身をまかせているともっと大変なことになる。
今は家賃を踏み倒しても家にいるべき、と思います。
大家さんに頭下げて事情を話して許してくれない大家さんなら
感染が落ち着いてから引っ越ししましょ。(なんの話?)

と、・・・・・・
長々書きましたが、際限なく話してしまいそうなので。
具体的には。
4月からはほぼすべてのグループレッスンをお休みにしました。
少しの方の個人レッスンのみ。古庄自宅にて。

そして、5月に予定されていた下記のふたつのライブコンサートの
中止が決まりました。

23日 BLITZにて予定されていた真愛ちゃんのライブ(古庄・鈴木サポート)
24日 清水 栄松院さんにて予定されていたFOMALHAUTコンサート、

もちろん、両コンサートとも、いつかかならず再び。
今は腕を上げる時期。そしてfomalhautは相方下山氏が
家に居ながら新曲作成に励んで下さっています。

そりゃみんなただ残念がっているわけではありません。

やるべきことは怠りなく。必ず訪れるであろうその日にむけて。

というわけで、生徒さんたち、(^^)/
レッスンお休みの間、練習頑張ってくださいね~(^^)/
せっかくですから、譜面を見ないで吹く練習をぜひとも。
ブログ読んでくれてるか  知らんけど。(笑)

みんな元気で会いましょう。

追伸:志村けんさんのことは、あらためて書こうかな。
10も違わない私の年でも、どれだけ影響受けているか、
亡くなった今、実感します。
特にね、ヒゲダンス 、いろんなとこで踊ったな。(笑)
悲しいです。

« 松本さんを偲んで。 | トップページ | まき姉のイヤーフック♪ »

日記・コラム・つぶやき2020」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松本さんを偲んで。 | トップページ | まき姉のイヤーフック♪ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介