フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月30日 (木)

引っ越します。といっても。

STAY HOME 週間の今年のGW。
みなさん、おうちでいかがお過ごしですか?

本来ならば、きのうの29日は箱根でコンサートのはずで、
GWは毎年栃木のゆかりさんのコンサートにお邪魔するはずでした。

緊急事態宣言の解除は5月末まで伸びそうな模様。
まだまだ辛抱の日々は続きそうですな。

ここ数日のテレビは、自粛に従わないパチンコ店に押し寄せる
たくさんの人の映像ばかり。
パチンコ店のみならず、釣り場も大盛況。
あまり大きな声では言えないですけど、

どちらも90%が男性ですよねぇ。ひそひそヒソヒソ。

*********************

東京でSTAY HOME中の娘から、
「あの料理教えて~」 とLINE。
作った写真を送ってくれたり。
私も、いつものカレーやいつものシチューを作って
冷凍便で送ったり。
会えないながらも、ときおりのLINEのやりとりで
お互いの無事を確認しつつ、
何気ない会話にほっと癒されたりしています。

*********************

以前上げた動画、「うちで踊ろう」キッチン編と、
「約束の日」仏間編 のおかげで
「お勝手ライブまたやって」とか、
「他の部屋でもお願いします」とか、
無茶ぶり~なリクエスト頂いておりますが。(+o+)

さくっと動画が撮れるはずのipadの調子がイマイチで、
動画撮ってると必ず途中で落ちてしまう、という状態。
ストレージがなんたらかんたら。容量足りないだけじゃなくて
どうやら古すぎてバージョンアップも出来ないらしいのです。

フツウのビデオカメラで撮ると、どうも違う感じになってしまう。
データも重くなるしパソコンに取り込んだりでアップも面倒になるし。
というわけで、次のお勝手ライブ動画は今少しお待ちください。
m(__)m

*********************

それから。この自粛の中、なんと急に浮上した、
引っ越しの話。

といっても、ほんとは急な話ではなくて、
いずれにしても今年の秋には移動の可能性大、だったのですが。
その話が本格的に動き出し、しかも夏に早まる模様。

といっても、遠くに引っ越すわけではなくて、
すぐ隣の実家に移動するだけ。

といっても、まず実家を片づけて、
自分の家を片づけて、
さらに事務所も倉庫も片づけなければならない。
家から家だけではなく同時に事務所も引っ越しなのです。
・・・というおおがかりなことを
あたくしひとりでやらねばなりませぬ。

といっても、移動の距離は短いが、その量がものすごい。
事務所にある膨大な書類、資料、
毎日シュレッダー機と格闘しつつ、荷物も片づけながら。
ひぇ~ 断捨離断捨離~

といっても、間に合うのかしらん???

2020年4月27日 (月)

約束の日 ふたたび

先日アップした、「約束の日」
私たち以外にも、
この曲を大切にしてくれているひとたちがいます。
時期はそれぞれですが、このページに、
今わかっている演奏動画の全てを貼ってみます。
それぞれが、それぞれのアレンジで。
そこがまた良いなぁと思います。

この曲は 元の楽譜がありません。
全員が耳コピで。つまり伝承曲、とでも言いましょうか。
だから、もしこの曲をやってみたい、と思う方がいたら、
ぜひ、歌詞を書きとり、コードを聴きとり、
やって見て下さると嬉しいです。

まず、高橋進(shin)ちゃんの動画。
彼は、楡の親友。楡からこの曲を引き継いだ本人です。
私は、shinちゃんから、この曲を引き継ぎました。

次は、同じく、楡、しんちゃん、とも共通の友人、
岡倉ゆかりさんの約束の日。
ゆかりさんが指導するゴスペルグループのみなさんと。
栃木県 那珂川町乾徳寺で毎年GWに行われるゆかりさんのコンサートより。
間奏のオカリナは古庄です。

次も同じくゆかりさんとお仲間の黒沢さん、小池さんとともに。
どなたかのご自宅での録画のようです。

そして、今日、(アップほやほや)
FBでシェアしてくれた、あめふらズさんの演奏。
「あめふらズ」 は、とのぎかずきさんと杉本篤哉さんのユニット。
結成のときからこの曲を歌って下さっています。

そしてまたオーパスタバージョンも載せておきます。

たくさんの方にこの曲が届きますように。

2020年4月26日 (日)

ネイティブアメリカンの言葉♪

先週のこと。

朝目が覚めた瞬間、 あっ!!!

・・・前日に作成して発送した請求書の金額が
間違っていることに気がついた。

なんだろうね、この・・・
一日経って目が覚めた瞬間というのが我ながら妙に可笑しく不思議で。
なぜ作成中に気がつかない?
なのにどうして翌朝になって?しかも寝ざめの瞬間!
意識(マインド)ってのはなかなか不可解であります。

もちろんすぐにお詫びの電話を入れて、再発送。

*********************

岡江久美子さんがコロナウィルスによる肺炎で亡くなった。
抗がん治療をしていらした、とはいえ。
亡くなるべきではない人が逝ってしまったとしか思えない。

コロナが憎いと言う人も多いけど、
ウィルス自体に人を死に至らしめようという意思はなく、
彼らの営みを全うしようとしている。

悲しいことに、
ウィルスは人が運び、人から人に移動する。

誰もが自分は無関係とは言えない。
だから移らないように、移さないようにしなければ。

だけども、
移っても、移しても、
悪者のように批判されるものではない。
増してや、命をかけて医療に携わっている人に
心無い言葉を投げかけたりするのは、

本当におろかで悲しいこと。

深い悲しみをこれ以上増やさないように。
毎日祈っています。


**********************

そして きょうは、私が好きな動画を御紹介。

30代のころ、
ネイティブアメリカンに会うためにアメリカを旅したことがあって、
そのときからずっと、
私にとって、今も、大きな存在です。

こんなときなので、また読み返したり観返したりしています。
このブログの左横に、石のお絵描きコーナーがありますが、
そちらにも ネイティブアメリカンの言葉が添えてあります。
お時間ありましたら覗いてみてください。

2020年4月21日 (火)

コロナなべとは。

ネットの検索ワードで、「コロナ鍋(なべ)」が上位になっていたとか。

コロナ渦(うず)でもなくて、 コロナ禍(か)
禍とは災い、災害、という意味だそうで。
渦(うず)も同じ意味を持つので、ほんとはどちらでもいいらしい。
でも、ナベではない。(笑)

ロックダウン、オーバーシュート、
なんて言葉も知らんかったし。
今や誰でも当たり前みたいに使ってますが。
この感染専門用語郡??
できれば知りたくなかった言葉でもあるなぁ。

2年前に亡くなった父は、災害を恐れる人でありました。
それはただ怖がる、という意味ではなく、
災害に備えることを常に考えている人でありました。
台風、津波、水害、その予報の度に
浸水に備えて倉庫の荷物を高いところに移動したり、
仏壇の位牌を2階に上げるとか。
そして毎回必ずテレビの台風情報に貼りつき状態。

そのたび、
「オーバーやなぁそこまでしなくても・・・」と思いつつ、
「はいはい」と仕方なく、ご意見番に従っていたのでしたが。

今のこのコロナ禍。

生きていたら、父は何と言っていただろうか。
どう備えていただろうか、と。
仏壇に手を合わせながら考える・・・。

なんでも備える父は、「在庫」も好きで、
(好き嫌いではない、と言い返されそうだが)

「〇〇の在庫あるか?」と口癖のように。
その在庫王のおかげで、
家にはマスクの在庫がけっこうあって、
まぁ数年前の古いものでしたが、
家族で分け合ってとても助かりました。

そしてまた考える・・・
もしかして世の中には・・・・

ちょっと前に(今でもか)流行った断捨離で、
じつは使わないマスクとかぜーんぶ捨てちゃってて、
深く後悔してる人がいるかもしれない。

これからは物を持たないミニマム生活が最高と、
トイレットペーパーの在庫など一個も持たず、
この前の不足のときに買えなくてとても困った人がいるかもしれない。

家は無くてもいい、というアドレスホッパーさんたちは
「家にいよう」という自粛の今、どこでどうしているのだろう?

風呂は家で入らない。
毎日スポーツクラブで汗を流す、という人は、
今、家のお風呂に入っているのだろうか?

ことほどさように。

人の生き方はそれぞれで、
その人にとっての価値観がそれぞれ正しいものなわけで。

だけども、こうして大きな出来事があると、
その価値観が大きく変わることもある。
たとえばこれでまた物を備えることが正しいことになるのか。
やはり物は持たないほうがいい、となるのか。

今は、変わってしまう価値観よりも、
自分の中の変わらないものを大切にしないと。
そういうことをも、問われているのではないかと。



・・・なんてぇことを思う2020年の4月でございます。
そういう意味でも特別な年になりそうだ。

そしてまだまだ自粛は続く・・・。
そしてきょうも医療に携わる方たちに感謝をこめて祈ります。

2020年4月16日 (木)

うちで踊ろう♪~約束の日

きょうは動画をふたつアップします。
ひとつは今話題の、星野源さんの「うちで踊ろう」
facebookではすでにアップしているので、
もう観たよ~という人もいらっしゃることと思います。

東京で一人暮らし、今は家にこもっている娘からのリクエストで、
オカリナで参戦してみました。
最初は えーやるの?笛で? などと乗り気ではなかったのだが。(笑)

どこでどうやって撮ろうか思案しているうちに
なんやら楽しくなってしまった。

結局W管を使って、一部ハモることにして・・・
ipadで簡単に撮るのに、台所の作業台がぴったりで、
うちで踊ろう、っていうんだからまず踊らなくちゃ。
で、踊るんだったらヒゲダンスだよね。
志村けんさんリスペクト。 今までたくさんの笑いをありがとう。

そしたら我が家の愛猫、マルも参加、となりました。
貼りつけてみますが、もしうまく観られなかったら、
または画面が小さすぎるようなら、
その下のリンクをクリックしてみてください。



うちで踊ろう オカリナバージョン

そしてもうひとつは、O☆PASTAで、「約束の日」

この曲は、私の友人のロックボーカリスト中原楡くんが
約30年前に作った曲です。

この曲を作った翌年に、彼は転落事故で亡くなりました。
自分ではなく、ほかの誰かに歌ってほしい と言って、
この曲を残して逝きました。

その後、共通の友人たちが歌い継いできましたが、
この未曽有の感染拡大に多くの人が痛みを感じている今、
ひとりでも多くの人に聴いて頂きたいと思って、
この動画を撮りました。

O☆PASTA(オーパスタ)とは、
ギターボーカル Jin、ギターボーカルほか Spaghetti
そして、オカリナコーラスパーカッションほか 古庄
の3人のユニットですが、

この10年、
Spaghettiは出産子育てがあり、ほかにもいろーんなことがあり、
活動を休止していました。
いや休止??というよりほぼ解散状態でありました。

がしかし、ここ2年くらいの間に、Jinさんとも一緒に演奏する機会もあり、
spaghettiの子育てもひと段落し、
もう一度ライブしてみようか、という流れになり、

今年10月に会場も日程も決めて、
久しぶりのリハにワクワクしていたところでした。

でもこの状況です。 リハーサルは当然出来なくなりました。
よって、10月のライブも一度白紙に戻そうということになりました。

でも、3人が大切にしてきたこの曲だけは、
撮っておきたかったので、ふたりにお願いして、
ほんの10分という短い時間の中での一発撮りを決行。
そしてこんな動画ができました。

説明長すぎましたが、よかったら観てください。



約束の日 O☆PASTA


 

2020年4月15日 (水)

まき姉のイヤーフック♪

前の記事を書いてから、10日経ちました。
この10日でまたいろんなことが進み、
緊急事態宣言が発令されて、
多くの方が自粛の日々を過ごされていることと思います。

ひとりで居るには広すぎる家で(隣接する実家のことです)
思うことも多々あるのですが、
今日あたりは東京都の感染者の数が少し減ってきたかわりに
地方都市部の感染者数が増えている気がします。

いずれにしても。誰もが自分のこととしてとらえないと、
感染拡大を抑え込むことは出来そうもないですね。
何の対策もせず、このままだと、42万人の人が亡くなる可能性がある、と。
これはほんとに大変なこと。
テレビでは恐怖を煽っていると言って、見ない方もいるようですが、

私は個人的に、テレビもSNSも、これら見聞きする情報の中から、
事実なのか虚偽なのかを見極めつつ、
自分なりの対処をしていきたいと思っています。

そんな、今までの人生で味わったことのない、
緊張感がありながら、
ひとりゆったりと自由な時間もたっぷりあるような・・
少し不思議な日々ではありますが、

ちょっと嬉しいこともありまして。

盟友まき姉が 誕生日のプレゼント~と言って、
手作りして送ってくれました。
イヤーフック。耳に掛ける形のアクセサリーです。

202004

202004_20200415225201

何色がいい~? と聞かれて、

赤!もしくは 青!かな・・・・と言ったら、
両方作ってくれました。

ちょっとぉこれ、素敵じゃないですか?
これ、付けてると、耳元で風が吹く感じ。
さわさわと樹や草が揺れるような音がするんです。

まき姉には今までも、天然石のブレスレットとか、
アクセサリーを沢山作ってもらっています。
どれも素敵なのですよこれが。

まき姉も、東京で介護関係のお仕事をする中、
お年寄りとかかわる毎日。
半端ない緊張感の中にいるはず。

そんな中で作ってくれたことに感謝。
仕事以外は極力家にいるそうですが、
「家にいる」ことで、今まで集中して出来なかったことができる、
ということも ある。

こんな素敵なイヤーフックを頂いてしまったら、
あの衣装に合うなぁ、とか思うと、早くライブしたいなぁ・・・
・・・なんて思います。

アクセひとつ、衣装ひとつがモチベーションになる、こともある。
形から入るのもけっこう大事です。

え?そりゃそうですよ、いちおう私も「女子」なので。(笑)

まき姉、ありがとう。\(^o^)/
一緒にライブできる日が1日でも早く来ますように。

2020年4月 4日 (土)

「健康を祈ります。」「今思うこと。」「コンサート中止のお知らせ。」

最初のタイトルをもう一度言いなおすと、

知っている全ての人の健康を、
そして知らない人の全ての健康を、祈ります。

新型コロナウィルスCOVID-19
人類の歴史の中で、疫病の蔓延は何度か起こっています。
MEAS や SARS のときには対岸の火事。
日本はほとんど影響がありませんでしたが、
今回は違いましたね。
今現在感染拡大を起こしているCOVID-19は、
SARS-cov2 から引き起こされているとのことで、
非常に感染力が強く、致死率も高い。
過去に非常に被害の大きかった疫病は、
1918年に起きたスペイン風邪、これはじつはインフルエンザだったそうですが、
当時の世界の人口の4分の1が感染して、
5000万人~1億人が死亡。ってばっくりすぎるけど、
100年前ですから。科学も情報網も発達していなかった。

COVID-19はこれに近づく感染力だといいます。
じつは消えたはずのSARSの進化系なのだ、という人も。
学者がまだ真実をつかめないのだから私にわかるはずもなく。

それでもネットでいろんな記事を読んだりして、
自分なりに信頼できるか出来ないか、判断しつつ、
山中教授の、「正しく恐れる」という言葉が
まず一番先に符に落ちました。

ネット上には情報としてこのような数字があふれています。
インフルエンザより軽い、という致死率などの数字は
数字でしかなく、だから安全?数字がこうだから大丈夫?

誰かが語っている、陰謀説だとか悪魔説だとかは
もう言うまでもなく。
何が正しいかなんて本当に誰にもわからない。
分かっていたら世界がこんな状態になってるわけがない。

でも、唯一届くのは、経験した人の言葉。
それも本当かどうかわかるわけないじゃん、
フェイクかもと言われたらそれまでですが。

人間てのは幸い、真実を感じる力がある。
なぜなら音楽と同じで、経験した人の言葉は心に届くから。

胸に届く言葉と、それを感じる自分を信じたら、
自ずと自分がどう行動すればいいのかがわかります。

自分が感じた真実からの行動は、人から何を言われても
ぶれることはありません。

COVID-19、本当に軽く見てはいけないと思います。
どこでどう感染するか、
学者さんはおそらく昼夜無く調べているのだと思いますが、
はっきりしたことがわからないのであれば、
けして軽く見ないで、本当に必要なこと以外で
家を出るべきではない、と私は考えます。
三密、手洗い、顔を触らない、は当然だけど、
感染者が座っていた車の座席に座って
感染した人もいるわけで。

自分が感染しないため。ももちろんだけど、
一番大事なのは、誰かに感染させないため。

そしてこれがいつまで続くかもわからないけれど、
長期戦になっても、辛抱する覚悟を持つこと。
そしてさらに、
もし最大の努力をしたとしても、
感染してしまうかもしれないことをも考えて、
体力、免疫力を少しでも高めておくこと。
感染者が増えて人口の半分近くに免疫が付くと
自然と消えるそうです。感染者になるか、ならないか、
どちらにだって成りえます。
それまでにワクチンができれば本当にありがたい。

私たちができることはこれしかないと思います。
極力外にでない。家にいる。

それは都市部以外の地方でも同じことだと思う。
静岡はまだ感染経路が分かっているから大丈夫、なんて言う人もいるけど、
(市長もそう言ってるけど)なんの保障も根拠もない。
なぜなら、東京が外出自粛を勧告したときから、
週末には、今なら空いているから、と県内に遊びに来る人がかなりいるそう。
武漢からの観光客と同じじゃないですか。

自覚を持って、想像力を最大限に働かせて、
「まだ大丈夫」とか、「ここは大丈夫」とか、
根拠ないことに身をまかせないことだと思います。
感染した人の誰もが、「自分が感染するなんて思ってもみなかった」
と言ってる。感染したくて感染した人は(ほとんど)いないと思うよ。

それともうひとつ。大切なことは、
医療関係者を守る、ということ。
お医者さんも看護婦さんも、医療技師さんも、
全ての医療関係者は、限られていて、誰でもできることではない。
自分があなたが、家にいる、ということがイコール、
医療関係者の安全と、医療崩壊を招かないようにすることに
繋がります。
今、昼夜を問わず働き続けてくれている医療関係者の皆様に
感謝と無事を祈りたい。

それから、生活の保障の問題、頼りなさすぎる政府。
深刻なひとも大勢いる。私だって収入大幅減です。
だけど今の大変さに身をまかせているともっと大変なことになる。
今は家賃を踏み倒しても家にいるべき、と思います。
大家さんに頭下げて事情を話して許してくれない大家さんなら
感染が落ち着いてから引っ越ししましょ。(なんの話?)

と、・・・・・・
長々書きましたが、際限なく話してしまいそうなので。
具体的には。
4月からはほぼすべてのグループレッスンをお休みにしました。
少しの方の個人レッスンのみ。古庄自宅にて。

そして、5月に予定されていた下記のふたつのライブコンサートの
中止が決まりました。

23日 BLITZにて予定されていた真愛ちゃんのライブ(古庄・鈴木サポート)
24日 清水 栄松院さんにて予定されていたFOMALHAUTコンサート、

もちろん、両コンサートとも、いつかかならず再び。
今は腕を上げる時期。そしてfomalhautは相方下山氏が
家に居ながら新曲作成に励んで下さっています。

そりゃみんなただ残念がっているわけではありません。

やるべきことは怠りなく。必ず訪れるであろうその日にむけて。

というわけで、生徒さんたち、(^^)/
レッスンお休みの間、練習頑張ってくださいね~(^^)/
せっかくですから、譜面を見ないで吹く練習をぜひとも。
ブログ読んでくれてるか  知らんけど。(笑)

みんな元気で会いましょう。

追伸:志村けんさんのことは、あらためて書こうかな。
10も違わない私の年でも、どれだけ影響受けているか、
亡くなった今、実感します。
特にね、ヒゲダンス 、いろんなとこで踊ったな。(笑)
悲しいです。

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介