フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 音心さんライブ@BLITZの報告♪ | トップページ | 箱根ビジターセンターコンサート2019秋の巻♪ »

2019年11月 5日 (火)

静岡市芸術祭@清水マリナート

10月の振り返りをもうひとつ。
10月27日は、清水マリナートで行われた静岡市芸術祭にて。
美音の会(合唱)で参加しました。

6月のAOIの美音の会コンサートのときと同じく、
合唱2曲と、
オカリナ、リコーダー、と合唱のコラボを1曲。

あとは、清水のいくつかの合唱団と御一緒に
混声合唱で、ハレルヤコーラスなど3曲。

赤いドレス~♡ また着ましたけれども、
写真、撮らなかったのでありませぬ。(*^^)v
6月にあれだけたくさん写真載せたし。(笑)

同窓の仲間と一緒にワイワイと、楽しい一日でした。

今回、興味深かったのは、
同じ曲を同じ条件でやったことで、
ホールの違いが体感出来たこと。


AOIではステージ上で、隣の人の声さえあまり聴こえない、
のだけれど、ふわりと全体の音の反響が返ってくるので
とても気持ち良く、
慣れるととても演奏しやすく感じます。
(笛も同じ)

マリナート大ホールは、
ステージ上で数人先の声もちゃんと聴こえるのだけど、
客席にどう聴こえているのかが、体感出来ない。
合唱も笛の音も、ちゃんと届いていないような感覚。
だからみんないつもより頑張ってしまったみたい。(笑)
私はオカリナのピッチが掴みづらく感じました。

けれども、来て下さった方の声を聴くと、
客席にはしっかりと届いていたようです。

ホールによっても、これだけ違う。

どんな音響であっても、どんな環境、条件、であっても、
ブレずに演奏できるよう、
自分の真ん中から音を(声を)発信するべしと。

大変勉強になりました。m(__)m

« 音心さんライブ@BLITZの報告♪ | トップページ | 箱根ビジターセンターコンサート2019秋の巻♪ »

コンサートレポート2019」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音心さんライブ@BLITZの報告♪ | トップページ | 箱根ビジターセンターコンサート2019秋の巻♪ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介