フォト

KOKOPELLI

FRIENDS

  • Tomoko Nara  & shizune,yoshinori
    大切な友人たちです

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

LIVE PHOTO

  • 2010/08/21 DEAR FRIENDS vol3(with Kuriko)
    ライブ・コンサートのアルバムです♪ 画像が残っているもののみ、 随時アップしています。

LIVE PHOTO LINK

summer concert in 十里木

無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月27日 (日)

タケさんの誕生日♪

長泉水曜会オカリナ教室では毎年、 
8月のレッスン日はタケさんのバースディパーティ。

この日もランチはこんな感じで・・・
(まぁ毎月こんな感じではありますが)

20800110_1142570002543214_996321495

豪華持ち寄りランチのあと、オカリナレッスンをして、
そのあと タケさんのベッドの横でプチ発表会。
アンサンブルを6曲披露。
みんな上手でしたよ。素晴らしかった。

20882181_1142570075876540_578085843

そして記念写真。

もひとつ。これで全員集合。

20770492_1142570059209875_437569931

ALSという病気のタケさんはいつも、
おでこに付いているセンサーを
上手に動かして入力したパソコンの音声で、
「幸せな人生です」と語ってくれますが

周りの私たちこそ、タケさんとのご縁を頂き
幸せな人生です。

タケさんの肩のところに置いてある
巨大なポンデリングのような物体は
ねじったり丸めたりできるクッションです。
タケさんへのプレゼント。
身体を動かすときに使って頂けたら嬉しいな。

今年は12月3日にここ、長泉町、杉山邸の階下で
チャリティコンサートを開催します。
お近くの方はぜひ。 遠くの方もぜひ。
タケさんに会いに来てください。
水曜会メンバー全員でお待ちしております。(^^)/

2017年8月23日 (水)

箱根ビジターセンター♪

前記事から約3週間、またもや遡り記事となりますが、
8月13日(日)は箱根のビジターセンター にて
午前午後の2ステージ、でした。

ここは、以前富士宮でもご一緒した 弾き語りのとのぎかずきさんや
ウード(アラブの楽器)の芹沢さんが演奏されているところで、
ガラス張りの向こうにみえる緑いっぱいの景色に
オカリナ・コカリナがぴったり合うから、ということで
とのぎさんが紹介して下さったのでした。 ありがたいことです。

20664739_1348978481889524_437741601

ビジターセンターのスタッフの方が
こんなフライヤーを作って下さって。

20767882_1141263972673817_261426358

山道を知ってるとのぎさんの車を追いかけて
箱根に到着。まずはセッティング。 
ガラス張りの窓を背にすると、
天井も高くて 生音でもかなり響きます。
一番響く場所に陣地を構えてみました。

20799560_1348978451889527_594058420

せっかくなので3人でやれそうな曲をリハしてみたり。

20768074_1141263856007162_508297936

とのぎさんの弾き語りからスタート。
今回は私たちを紹介するために来てくださったような形で
自分が歌うことよりも、私たちの演奏の中心に考えてくれて、
本当に優しい人です。

20799365_1141263766007171_543235961

そして旦那さんの演奏をそっと見守る妻の後ろ姿。
(すー船長撮影・・たまにはいい写真撮るじゃないの~(^^)/)

いつも仲良くて、息子くんは可愛くて。
とてもステキなファミリーなのです。
この日は息子くんに会えなくて残念だったな。

20800072_1141263779340503_427194060

そして古庄&すーさん。
まるで衣装合わせをしたようにブルーで統一されてますが、
着るものに関して 打ち合わせなどしたことはありません。
ぐーぜんぐーぜん。 気が合ってるわけじゃありませんからね。(笑)

20799771_1141263879340493_427080460

ここ箱根ビジターセンターでは、
どんぐりなどを使ってブローチを作ったりするワークショップや
自然観察のワークショップなども開催しているので
てっきりお子さんたちが多いかと、
子供たち向けの曲を準備していったのですが
意外に年配の方々がたくさん聴いて下さって
曲も急遽大人向け?に変更しました。

オカリナ・コカリナも、ギターも生音で、
気持ち良く聴いて頂けたのではと思います。
この日は雨が降ってしまって、
青空見られず残念でしたが、霧の箱根もなかなか風情がありました。
お昼にはとのぎ夫妻とおしゃべりできて
とっても楽しうございました。
スタッフの皆さま そして
聴いて下さったみなさま ありがとうございました。

こちらでの演奏、また11月にもお邪魔することになりました。
ドライブがてらにぜひお出かけください。(^^)/

詳細決まり次第 お知らせします。(^o^)/

2017年8月 3日 (木)

鮎壷の滝祭り♪

そして先週末は、長泉町 鮎壷の滝公園にて
鮎壷の滝祭りbyFOMALHAUT。

Taki010

鮎壷の滝とはこのようなところ。↑
そしてお祭り会場はその横の公園↓

Photo1

20294327_1132166180250263_519192022

本日のステージは紅白幕。こりゃめでたい。
地域のお祭りだからね。(^^)

私が現場に到着したときにはもう
相方下山氏のセッティングは終わっていて、
あとは私のマイク周りのサウンドチェックを
するだけになっておりました。

が、同時にお祭りの催し物はこのステージの外(下)で
すでに始まっていて、子供たちのクイズ大会の模様が、
スピーカーから大音量で発声されていたのであります。
司会のお兄さんの声、そして子供たちの嬌声。
全ての音がモニターでステージ上に返されている状態。

当然サウンドチェックは出来ない。
まぁそれは別に良いとして、
困ったのは準備の会話が成り立たないこと。

「これ、ここに置いていいですか?」と下山氏に聞いても
「あ”ーっ?なにー?」 
そか、聞こえないよね、「いえ、だいじょぶ。なんでもないですぅ」
ってその返答も聞こえないから
「はぁ?なにー?」 ってもう何を言っても「あ”-?」
ふたりして「あ”~っ??」の応酬しばし。
じーさんばーさんか。 ドリフか。

会話ができない。何も進まない。
あーもう笑いすぎてお腹痛い。

いいなぁこの庶民感。
B級グルメ、これもまた美味し。(笑)
FOMALHAUTらしいでしょ?

20476189_1369471003172541_824374946

とまぁそんな爆笑セッティングを経て
少し暗くなってきた頃に始まった本番はこんな感じ。
海の声~ 愛燦燦 など。
 
いや我ながら貫禄だわ。
膨張色だから、・・・ということにしておこう。

じつはこのステージの数日前から、
そしてこの記事を書いている今現在も、
あまり好転せずに続いてしまっているのだけど、
持病の喘息が起きてしまっていて、
この日の演奏もどうなることかと少し不安でした。

が、一度も咳こむことなく、全曲クリア。
ほんっとに、ほっとした~。(T_T)

笛を吹くときに使う気管は
普段の呼吸と違うのじゃないか??
と思えるほど楽に息が通ったので不思議でしたが、
いや、守られていたのでしょう。何かに。

長泉水曜会のメンバーも全員で聴きにきてくれて、
ありがたく嬉しく。 帰りにはみんなで食事もできて
楽しい宴でございました。

長泉町鮎壷区の皆さま。ありがとうございました。
(^o^)/ またぜひ呼んで下さい。

助川さん&topoさんライブ♪

もう先週になりますが
topoさんと助川さんのライブ終了しました。
今回、お知らせを受けて足を運んで下さったみなさま
ありがとうございました。
コーディネートさせて頂いた甲斐があるというものです。

20429786_10213592907880659_30885324

いいライブ、いい音楽 素晴らしい演奏者、
表す言葉は多々あると思われますが

これはもう、文句なし黒毛和牛A5ランクと言えます。
ミシュランで言えば3つ星。(食べることばかり)

19

24

27

自らを「音楽バカ」と助川さんはおっしゃっていましたが
ただの音楽バカではありません。
お二人ともが、A5ランクの音楽バカだと思うわけです。

今回はたまたまお手伝いさせて頂いたことで、
そんなおふたりがライブを作り上げる現場に
がっつり同席できたことが何よりラッキーでした。

おふたりのことだから、サウンドチェックだけで
リハは必要ないのだろうと思っていたのだけれど

現場到着してひとときも休むことなくセッティング。
そして現場の音作りをしながら同時進行で曲の構成を練り
「今日ここでのこの曲、今日あるべき音、」を作り上げてゆく・・・。
昨日までやってきたことを壊し、また整える作業。
それはリハと違って、確実に 「制作の現場」でありました。

全曲、オリジナル。 
枠がいっさいない、オリジナルの自由さ。
どのようにも変容していけるんだよなぁ・・・
ゼロから作っていくのだから当たり前なのだけど。

けして小さくまとまらない。変容を恐れない。

聴きながらそんな言葉が次々浮かんでしまう・・。

だから本番はその結果としてさらに興味深く
聴くことができました。

たったふたりなのに3人、4人で出しているような音の波。
助川さんのギターはとても優しい。・・・けれど情熱的。
エフェクター使いも美しくて鳥肌でした。
topoさんの歌も良かったな。
ケーナやサンポーニャだけではなく、
歌もギターも、全てに努力を惜しまないひとなんだなぁ。
でも きっと努力してるつもりはまったくない、
んだろうなぁ。(笑)

おふたりのMCもなかなか良いコンビネーション。
助川さんはどこか上品な王子さまのようでもあり
ときにかるい自虐ネタも入れつつ。
topoさんはそれを受けたり流したり。

印象深かったのは、
ライブ終わったばかりなのに
今からまたやりたい、 という助川さんの発言。
もっと弾きたい、もっと演奏したい、という
絶え間なく湧き上がる泉のような「音楽バカ」です。(笑)

良いものを見せて(魅せて)頂きました。
勉強させて頂きました。(まじめか?)

おふたりにはまた富士でライブをお願いしたい。
A5ランクの極上ライブ、
みなさま次回はぜひ現場で目撃してください。

37

45

BLITZ マスターの白川さん スタッフの皆さん
大変お世話になりました。
ありがとうございました。

topoさん 助川さん また来てね~(^^)/

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介