フォト

KOKOPELLI

FRIENDS

  • Tomoko Nara  & shizune,yoshinori
    大切な友人たちです

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

LIVE PHOTO

  • 2010/08/21 DEAR FRIENDS vol3(with Kuriko)
    ライブ・コンサートのアルバムです♪ 画像が残っているもののみ、 随時アップしています。

summer concert in 十里木

無料ブログはココログ

2016年11月28日 (月)

まずは箇条書きにしてみる。

さて久しぶりにブログをば更新しなくては、
と思って自分のブログにアクセスしてびっくり。
まばらでムラのある更新は今に始まったことではないけれど

あれ、プレミアムコンサートの告知で止まっていたんだ・・・

前の記事から今日までの1ヶ月弱、
あっという間に過ぎてしまった。
まるで浦島太郎な気分だ。
なんと濃い時間だったのだろう。

いったいどこから記していいものやら・・・
と自分でも呆然としてしまうのでありました。(笑)

まず10月のスケジュール帳を見ると、
レッスンや演奏本番、打ち合わせ、
そのほか仕事や地域役員の仕事など書き込みで真っ黒。 
そのところどころに「RC」の文字。

そうそう、空いた隙間の時間に 
レコーディング作業をしていたのだった。
なかなかうまく行かずに「ちゃんと終わるのだろうか・・・」
・・・と心配だったけれど
その後、相方下山氏が幾夜も徹夜で頑張ってくれたおかげで
なんとか新しいCDも出来上がりました。

Yuusanncdj
(CDジャケットに使わせて頂いた金指雄一郎さんの写真)

というわけで前記事以降の出来事、(記録しておきたいことのみ)
を箇条書きにしてみます。
この間の本業の仕事と自宅個人レッスンは省きます。

●浜田交流館で入門クラス始まる。
●同日午後、娘の大学(@八王子)の学祭にて
 タップダンスの公演を観る。
●同日帰り道、新富士駅近くで転倒、怪我をする。

●翌日BENさんにて二胡の劉さんたちとプレミアムコンサート。
●宗次郎さんの大黄河&初ディジュリドゥとのコラボレーション。
●一日フルに動いていたので足の痛みを忘れる。

●翌週は20日のアニバーサリーライブの打ち合わせ
●に次ぐ打ち合わせ。集客のための連絡など
 そして譜面書きなどなどの準備。

●数日経ってもまだ踵が痛むので病院に行ったら「骨折」していた。
 (正確には踝の丸い骨にヒビが入っておりました)
●足首を固定するサポーター装着。

●KOHARUさんレッスン後、静岡にて高校の同級会。
●娘が先輩の結婚式に参加するため帰省。

●富士教会にて教会コンサート。withピアノ山本氏
 &オカリナアンサンブル「メレンゲ」さん

●骨折と喘息、病院のハシゴ。ついでにインフルエンザの予防接種。
●アニバーサリーライブの準備でちょい徹(夜)が続く
●清水の2交流館にてレッスンのハシゴ。
 
そして
●FOMALHAUT10周年記念ライブ@BEN
●スペシャルゲストを5人お招きしての開催。
●同日、FOMALHAUT NEWアルバム「EVENTIDE」発売。
●同日、相方下山氏 還暦のお祝い。

●イベント、アートピクニック富士山丸火の森。
●SBSラジオ イベント生中継。
●静岡FMHi カコマルさんの番組オンエアー。
●イベント、ボンマルシェフジエダ 雨の予報でキャンセル。

というわけで、
以上が11月5日から27日までのご報告です。
過ぎてしまえばきのうも3秒前も「過去」ですが
大切なひとたちと大切なコンサートを開催することができて
本当にありがたく、感慨深い日々でした。

この出来事を、多々省きながらになるとは思いますが
少しずつアップしていこうと思います。

2016年11月 2日 (水)

浜田交流館の入門コースが始まります

先日、お知らせした、清水区浜田生涯学習交流館の
オカリナ教室 入門クラス は、
申込日当日に定員を上回って早々の締め切りとなり、
何人もの方が入れなかった、とのお知らせを受けました。

申込にもれてしまった方は本当に申し訳ありません。

それほど オカリナに興味を持って、
やってみたい、と思っている方が多いということを
改めて嬉しく思います。

江尻交流館の入門クラスがきっかけで
10数人の大きいクラスを指導させて頂くようになり
ひたすら手探りでみなさんと一緒に学んできたこの3年間でしたが

今は、私自身、レッスンがとても楽しくて、
生徒さんたちひとりひとりが上手になっていくことが
何よりの幸せだと感じています。

もう少しで60歳に手が届くという今ごろになって、
高校のときの恩師の
「お前は先生に向いてると思う」 という言葉を
思い出している次第。(^^ゞ

恩師はそう言って下さったけれども、
絶対、先生だけにはなりたくなかった。(笑)
ひとに教えるなんてもってのほか。
お約束に縛られることも避けたかったし。
先生と呼ばれるのも好ましくなかったのです。
それはもちろん一般的な教師のことではなくて、
あくまで私自身の中で、ということ。

でも今は「先生」と呼ばれることにもだいぶ慣れました。
教える、というのはやっぱりおこがましいと
今でも思っているけれど、でも
教えることはそれ以上に学ぶことだと実感したので
「指導」への抵抗はなくなりました。

人生いくつになってもわからないもんです。(笑)

新しい入門クラスでどんな皆さんにお会いできるのか
とても楽しみです。
いよいよ今週末、スタートです。

ラジオ収録でした

あらもう11月に突入~?!

最近あちこちで 忙しそうですね、
ブログ更新されてないもんね、
とか、 
いつもブログでライブの予定チェックしてます、
とか、

声をかけて頂いているのに
相変わらず更新できずのテイタラクでございます。

ご報告や告知がたくさんあるっていうのにね。(^^ゞ
申し訳ナス。

まずはアタマの中の近いところから。

10月31日(月) 静岡のコミュニティFM、FMHiに、
ラジオ収録に行って参りました。
夏に出演させて頂いたUHUでの「村騒動」のご縁で、
番組に呼んで頂きました。

Img_7517

パーソナリティのカコマルさん(右)。
このおふたりは、「円と丸」というギターと歌のユニットで
ライブ活動もされているそう。

Img_7521

ラジオに出させて頂くといつも思うのは
おしゃべりのプロの方は話を引き出すのがほんとに上手。

FOMALHAUTの曲もたくさんかけて頂き、感謝です。
カコマルさんとのおしゃべりが楽しくて、
あっという間に収録終わっちゃいました。

オンエアは今月(11月)のどこか。
決まったらお知らせしま~す(^^ゞ
ネットでも聴けるそうです。

2016年9月20日 (火)

淳子さんのこと

淳子さんが亡くなって四十九日が過ぎました。
3日前の土曜日、ちょうどオカリナクラブKOHARUの
レッスン日だったので、

淳子さんを思いつつ、
移動の車の中でずっと繰り返し繰り返し
クラプトンの Tears In Heaven を聴きながら
彼女がこの曲を大好きだった理由を考えたりしていました。

彼女は何度もこの曲をリクエストしてくれて、
演奏するたびにほろほろと泣いて。

自分が亡くなったときに、
この曲で送ってほしい、と言ったのでした。
(もう1曲 ロッド・スチュアートのSailingとともに)

私の母が亡くなる前に、
「コンドルは飛んでいく」で送ってほしいと言ったので
この曲が私にとってとても大切な曲になったのと同じく

「Tears In Heaven」も、とても大切な曲になりました。

メロディはとてもシンプルで美しいけれど
この曲はクラプトンが息子さんを亡くした悲しみを
乗り越えるために作った曲であり

オカリナで演奏するには歌詞が(言葉が)深すぎて
気持ちを込めるくらいでは全然追いつけない。

そう思っていたけど、
淳子さんが残してくれたから、
すっかり私の定番曲のようになりました。

Img_7184

この写真は岡部の一祥庵にて。
オカリナの長谷川さんとのコラボライブに
来てくれたときのもの。

どこでやるときも足を運んでくれました。
一番のファンでいてくれたかもしれない。
いつもオシャレして、綺麗だったな。

これからどのライブでも
客席に淳子さんの姿をみることができないと思うと寂しいけれど、

でもきっと、どのライブも傍で聴いてくれている気がするから
頑張らなくちゃな、

良い演奏しなくちゃな、

と 思います。

12036828_759613550828164_23355231_2

そしてこの写真はまさにちょうど1年前のきのう。
2015年9月19日。淳子さんの「ひとり発表会」のときのもの。

旦那さんがfacebookにこの写真を上げて下さいました。
このときは、1年後に彼女がいなくなるなんて
思いもしなかった。

みんなでやる発表会のときには入院してしまうので
私ひとり先に発表会をやってほしい、と。

レッスンの日に時間をとって、
ギターのすーさんにも来てもらって、
彼女は「さらばシベリア鉄道」を
みごとに暗譜で吹いたのでした。

こんなふうに彼女はいつも前向きで
言いたいことは言う。
やりたいことをやる。という人だった。

四十九日を過ぎて、
彼女はあちらの世界に旅立ったでしょうか。

もしかしたら 彼女の好きな曲も
残した言葉も 笑顔も、 
彼女自身のためのものではなく
私たちのために残してくれた
彼女からのメッセージではないかと思います。

12523988_859615267494658_5369272209

Tears in Heaven

Would you know my name
If I saw you in heaven
Would it be the same
If I saw you in heaven
I must be strong, and carry on
'Cause I know I don't belong Here in heaven

もしも天国で会ったなら
君は僕の名前を覚えているだろうか
もしも天国で会ったなら
以前と同じでいられるのだろうか
僕は強くならなくてはいけない
そして頑張って生きていかなくてはならないね
ここ天国は僕がいるべき場所ではないとわかっているから

Would you hold my hand
If I saw you in heaven
Would you help me stand
If I saw you in heaven
I'll find my way, through night and day
'Cause I know I just can't stay
Here in heaven

もしも天国で会ったなら
君は僕の手を握ってくれるだろうか
もしも天国で会ったなら
僕が立っていられるよう助けてくれるだろうか
僕は自分の進むべき道を見つけていくよ
昼も夜もね
ここ天国に僕がいることはできないとわかっているから

Time can bring you down
Time can bend your knee
Time can break your heart
Have you begging please
Begging please

時の経過は
お前を落ち込ませるだろう
お前を神の前にひざまずかせるだろう
お前の心を打ち砕くだろう
そしてお前を神に請わせるようになるだろう
どうかお願い...と

Beyond the door
There's peace I'm sure.
And I know there'll be no more...
Tears in heaven

扉を超えたところには
きっと平穏がある
そして僕にはわかる
天国にはもう
深い悲しみなど存在しない のだということを

Would you know my name
If I saw you in heaven
Would it be the same
If I saw you in heaven
I must be strong, and carry on
'Cause I know I don't belong
Here in heaven
'Cause I know I don't belong
Here in heaven

もしも天国で会ったなら
君は僕の名前を覚えているだろうか
もしも天国で会ったなら
以前と同じでいられるのだろうか
僕は強くならなくてはいけない
そして頑張って生きていかなくてはならないね
ここ天国は僕がいるべき場所ではないとわかっているから

2016年9月18日 (日)

じょうろくらぶのコンサート♪

前記事の続きです。
9月10日(土)日赤医療センターから調布に移動。
広尾15時終了ののち、調布では15時40分スタート。
とうてい本番には間に合わないので
打ち上げのみ参加させて頂くつもりでしたが、

意外と早く着いてしまったので、
コンサートを見ることができました。

うちのお嬢もお手伝いで参加していて、
首からカメラぶら下げてニコニコしながら写真撮ってたりして。

14203122_552554461597796_5559678194

このメンバー、この感じ。
ここ「デイセンターまなびや」でのボランティア演奏は
いつ来ても変わらず
なんともう20年も続いているのです。
(ここは身体・知的障がいを合わせ持つ方のための通所施設です)

ひとつの場所で、ボランティア活動が20年続くって、
奇跡みたいなものだと思う。
私にとっても、この場所は ボランティア演奏 の原点。

ほとんどがプロのミュージシャン。
あの頃(15年くらい前) まだ10代で、プロを目指していて、
今はちゃんとプロになってるメンバーも。

私は14?15?年前の石垣島の小学校ライブから
じょうろくらぶに参加。

その後ずっと、娘の保育園でも、小学校学童保育でも
毎回10人以上のメンバーに来てもらって
コンサートを開催してきました。
このメンバーには大変お世話になりました。
ボランティア演奏の難しさも楽しさも、たくさん味わってきました。

でも今こうして娘たちが次世代のひとりひとりとして
ここに参加しているのを見ると
手探りながらやってきて良かったなぁと思える。

娘たちがずっと音楽が好きなのは、
母が笛を吹いているからではなく、
じょうろの活動の中に居たことが大きいと
私は思っています。

育ててもらったなぁと。
コンサート見ながらつくづく、しみじみ、(笑)思ったのでした。
バンドの中で演奏するのもいいけど、
オーディエンスとしての参加もいいものです。

写真は打ち上げ終了後、帰る間際に撮って頂いた
集合写真。

おばさんたらレジ袋持ったまま、
買い物帰りに参加しちゃったみたいな体(てい)になっとりますが。
(笑)

みんなに会えて嬉しかった。
病院とまなびや、来年も同じ日になると嬉しいなぁ・・・。(笑)

ガンタさん始め、じょうろのみなみなさま、ありがとう。(^^ゞ
広尾でも調布でも
笑顔にたくさん出会えた、いい一日でした。
同行のすーさんに感謝。(^^)/

2016年6月 2日 (木)

TIERRA CUATRO&FOMALHAUT

フライヤーが出来上がったのでUPします。
いやほんまに便利になったものです。
パソコンで作成、ネットで入稿、ネットで注文、ネットで確認、
コンビニで支払い、宅配で届く。
(こんなCMあったっけ?)
フライヤー作りは格段に楽になりました。

さて。

ケーナ・サンポーニャ、topoさんとのジョイントは、
topoさんがお兄さんの晋平さん&わが旧友 栗ちゃんと組んでいた
トリオのときから数えると6年ぶり。
渡辺かづきさんと組んでいたtopoQUARTETのライブに
ゲスト出演させて頂いてから5年ぶり。
河口湖のライブからだと・・・3年ぶり?

とにかくえらく久しぶりな感。
そしてティエラ・クアトロとのジョイントは
初めて!ということになります。

(ライブの詳細はフライヤーをクリック、または
ブログ右上のライブインフォメーションのところにも
掲載してあります)

20160716fh

20160716fhprof

ティエラメンバーとご一緒させて頂くのは光栄です。

とても手が届かないところまで進化しちゃってるtopoさんと、
FOMALおじさんおばさんのコラボはいったいどういうことになるのか。
めちゃくちゃ楽しみです。)^o^(

ティエラクアトロはこのライブの翌日、
愛知で行われる大きなフェスに出演予定。
その前日に富士でご一緒しませんか?と
提案して下さったtopoさんに感謝です。

今年メジャーデビューを果たして前以上に忙しくなった
topoさん(ティエラ)とご一緒できる機会なんて、
こんなことでもなければ実現しないと思うので。
みなさんこのレアなライブで何が起こるか、
ぜひぜひ目撃しに来てください。\(^o^)/

ティエラ・クアトロの動画はたくさんあるのですが
私の好みできょうはこれを貼っちゃいます。

2016年5月28日 (土)

ボンマルシェ藤枝♪

毎日 やるべきことが山積みで、
時間がいくらあっても足りない! ・・・とつぶやく一方、
ちょっと疲れると睡魔に襲われ
やるべきことをやる前にコロッと眠ってしまう今日この頃。(^^ゞ

いかんいかん やらなきゃ。
音源作り、譜面書き、フライヤー作成発注、DM発送、
練習、曲決め、セトリ作成、送信、それからそれから
あの人とこの人に連絡連絡、
ほかにも諸々役員のお仕事。(ただいま役を3つかけもち) 

と常にいろんなことに追いまくられつつも 
きょうの今のこの眠気には勝てない。

う~、年だね。

一日パソコン仕事してると だんだん視界もぼやけてきちゃうし。

は~、年だね。

ってこれじゃ単なるぼやきだ。(^^ゞ

というわけでオカリナおばさん、明日は藤枝です。
すーさんのギターとご一緒です。

13043625_1001269543289422_701141201


13177925_1013947005355009_680109193

終日ゆるゆると演奏しています。
オカリナの音が聴こえないときは休憩してます。
ステキなお店がたくさん出ているので
お買いものがてらぜひ遊びに来てください。

ところで。いま、一番気になるドラマ。
BSプレミアム日曜22時。「奇跡の人」
主役の峯田和伸 がおもしろい。
役者さんではなくてミュージシャン。
へたくそなんだかめちゃウマなんだか、
おバカで濃い~い演技に惹かれます。

たとえ忙しくても眠くても、
このドラマだけはオンタイムで観るのだ。(^^ゞ

2016年5月12日 (木)

FLOOK

明後日、久しぶりに東京までライブを観に行きます。
半年以上前から楽しみにしていた FLOOK の東京公演。

13177885_10153605694767108_15740649

写真は京都での公演前、リハーサルの模様。(FBより転載)

紅一点のセーラさんは フルートを吹くときなぜか
片足立ちになります。(動画)
この姿勢が彼女にとって一番吹きやすい姿勢なのでせう。
これを観た時、楽器を演奏するときの正しい姿勢って
なんだろう?と目から鱗が落ちるような。

実際に片足で微動だにせず笛吹く彼女を観てみたい・・・
という願いも叶います。

んもう~♪嬉しくてわくわくが止まらんのどす。(笑)
アイリッシュやケルト音楽だからというだけではなくて、
とにかくこういうバンドが大好きです。

2016年4月29日 (金)

復興を願っています

個人的な話で恐縮ですが
旦那さんだった人が熊本の出身で、
古庄という名字は熊本や大分に多い名字でして。

離婚したあとも、
結婚したときの名字をそのまま使っているものだから
よく、珍しい名前ですね、と言われますが
九州では比較的よくある名字のようです。

熊本で起きた地震で、
彼の実家がまさに震源の近くだったので
心配で・・・
何度か電話をしてみたのですが繋がらず、

大きな報告がなければほとんど連絡しない元旦と
(ガンタンではなく、モトダンと読んで頂きたく。
元の旦那の略でございます。元旦は現在関東在住。) 

離婚以来かと思われる、
頻繁なメールのやりとりを・・・している間に
やっと直接、実家と連絡がとれました。

家屋の崩壊などはなく、
ライフラインもようやく繋がったけれど
夜はまだ車の中で寝ているとのことでした。

無事で本当によかった。
お兄さんと話しながら泣きそうになってしまった。

私と元旦(モトダン)はともかく。

離婚したといえども
娘にとっては血の繋がった大切な家族で、
お父さんは亡くなったけれど、
お母さんもお兄さんもお嫁さんも本当に良い人で、
私と娘のことを大切に思っていて下さる。
大好きなひとたち。
いやだから元旦も良い人です。(笑)

けど、車中泊は辛いね。 
真冬や真夏じゃなかったことが救いだけれど。
家が崩壊したりして、避難所での生活を強いられている人だって
もちろんしんどいだろう。
自分の家は無事なのに夜安心して寝られないのも
しんどいだろうと思う。
でももっと辛いのは、家族を亡くすほどの被害に遭われた方々。

謹んでご冥福を祈ります。

何かお役に立てることは?と聞くと
コンビニも再開しているし、不便はないとのことでしたが
閉鎖されている道路が多いため
どこに行くにも遠回りを強いられるのが
大変なようでした。

阿蘇から大分にかけて広がる、雄大な九重連山は
私にとっても忘れられない風景であり・・・

今は何ができるわけではないけれど
身近な人への支援をさせて頂き、
また娘とふたりでお父さんのお墓参りに
伺おうと思います。

どこに暮らしていても
震災は他人事ではないなと思う。
私が暮らす地のこの山も、
幾度もの大きな噴火によって現れたもの。 

Img_6610_2

写真は4月19日の富士山。↑↑↑静かな青い山肌です。

春は靄がかかりなかなかはっきり見える日がありません。
もう少ししたら雪が消え、夏の富士に衣替えすることでしょう。

2016年4月14日 (木)

交流館フェスタ♪

ブログでの報告が後手後手に回っております。(^-^;

といっても今に始まったことではないので
周知のことかと思われますがcoldsweats01
改めまして ご承知置き下さいますよう。m(__)m

まずは1ヶ月前のご報告。

3月13日(日)は江尻生涯学習交流館フェスタ、でした。

江尻交流館の初心者コースから発展したオカリナクラブKOHARUも
めでたく今年3年目を迎えることになりました。

この日は14名で、3曲演奏させて頂きました。
(写真は演奏後の控室にて)

12814673_818586671608217_6383301431

KOHARU全員のアンサンブルのときには、
私は拙いながら指揮者となります。

そして翌週、3月20日(日)は
同じくKOHARUのメンバー11名で
清水区の芸術祭(芸術発表会)に出演。

下の写真は私たちの写真ではありませんが、
ハーモニカグループの皆さんのステージです。
大きなホール、音響も照明もしっかり入って
客席も満席。交流館フェスタとは規模が違う。^m^


Img_6293

ステージに上がると、客席も譜面も見えなくなるほど
照明が眩しかったそうで、
(私は客席に背を向けて指揮していたので
わかりませんでした)

でもそれが功を奏したのか、(客席が見えないこと)
練習通りの演奏ができて、すごく良かった。)^o^(

指導させて頂いている、とは言っても、
こんなに大所帯の指導はKOHARUの皆さんが初めてで、
正直私自身、手探りしながらレッスンを進めてきました。

どちらかというと
メンバーのみんなが私を引っ張ってくれている感じ。(笑)
みんなの熱意と行動力にいつも感心してしまう。

教えるというより、ひとつひとつの課題を一緒に考えながら
解決していく・・・。 
じつは教わることのほうが多いのです。
だからたぶん一番楽しんでいるのは私のほうだと思う。(^^ゞ

KOHARUに限らずですが、かかわっている生徒さん全員が、
いつの間にか私にとって
かけがえのない、とても大切な存在になっていること。
支えてもらっていること。を、改めて感じます。

この、江尻交流館のオカリナクラブ、KOHARUは
現在定員いっぱいで、空席がなく、
新規会員の募集はありませんが、

今年11月から同じく清水区、浜田交流館で
初心者クラスが開講されることとなり、
講師を務めさせていただくことになりました。

まだ広報にも載っていませんので
お申込み受付は10月頃かと思われます。
もし興味のある方がいらっしゃいましたら
ブログ右上の
「オカリナ教室について」をクリックでご確認ください。

*****************

<前記事関連の追記>

急遽の変更で決まった、17日夜、吉原RAIDENのライブは
おかげさまで満席となりました。
ありがとうございます。m(__)m
初めての場所。 サーフボードが飾ってあるBARだそうです。
(^^ゞさてどんなライブになりますやら。楽しみ楽しみ。

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介