フォト

KOKOPELLI

FRIENDS

  • Tomoko Nara  & shizune,yoshinori
    大切な友人たちです

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

LIVE PHOTO

  • 2010/08/21 DEAR FRIENDS vol3(with Kuriko)
    ライブ・コンサートのアルバムです♪ 画像が残っているもののみ、 随時アップしています。

LIVE PHOTO LINK

summer concert in 十里木

無料ブログはココログ

« 大人の隠れ家♪ | トップページ | koharu音楽会♪ »

2016年9月20日 (火)

淳子さんのこと

淳子さんが亡くなって四十九日が過ぎました。
3日前の土曜日、ちょうどオカリナクラブKOHARUの
レッスン日だったので、

淳子さんを思いつつ、
移動の車の中でずっと繰り返し繰り返し
クラプトンの Tears In Heaven を聴きながら
彼女がこの曲を大好きだった理由を考えたりしていました。

彼女は何度もこの曲をリクエストしてくれて、
演奏するたびにほろほろと泣いて。

自分が亡くなったときに、
この曲で送ってほしい、と言ったのでした。
(もう1曲 ロッド・スチュアートのSailingとともに)

私の母が亡くなる前に、
「コンドルは飛んでいく」で送ってほしいと言ったので
この曲が私にとってとても大切な曲になったのと同じく

「Tears In Heaven」も、とても大切な曲になりました。

メロディはとてもシンプルで美しいけれど
この曲はクラプトンが息子さんを亡くした悲しみを
乗り越えるために作った曲であり

オカリナで演奏するには歌詞が(言葉が)深すぎて
気持ちを込めるくらいでは全然追いつけない。

そう思っていたけど、
淳子さんが残してくれたから、
すっかり私の定番曲のようになりました。

Img_7184

この写真は岡部の一祥庵にて。
オカリナの長谷川さんとのコラボライブに
来てくれたときのもの。

どこでやるときも足を運んでくれました。
一番のファンでいてくれたかもしれない。
いつもオシャレして、綺麗だったな。

これからどのライブでも
客席に淳子さんの姿をみることができないと思うと寂しいけれど、

でもきっと、どのライブも傍で聴いてくれている気がするから
頑張らなくちゃな、

良い演奏しなくちゃな、

と 思います。

12036828_759613550828164_23355231_2

そしてこの写真はまさにちょうど1年前のきのう。
2015年9月19日。淳子さんの「ひとり発表会」のときのもの。

旦那さんがfacebookにこの写真を上げて下さいました。
このときは、1年後に彼女がいなくなるなんて
思いもしなかった。

みんなでやる発表会のときには入院してしまうので
私ひとり先に発表会をやってほしい、と。

レッスンの日に時間をとって、
ギターのすーさんにも来てもらって、
彼女は「さらばシベリア鉄道」を
みごとに暗譜で吹いたのでした。

こんなふうに彼女はいつも前向きで
言いたいことは言う。
やりたいことをやる。という人だった。

四十九日を過ぎて、
彼女はあちらの世界に旅立ったでしょうか。

もしかしたら 彼女の好きな曲も
残した言葉も 笑顔も、 
彼女自身のためのものではなく
私たちのために残してくれた
彼女からのメッセージではないかと思います。

12523988_859615267494658_5369272209

Tears in Heaven

Would you know my name
If I saw you in heaven
Would it be the same
If I saw you in heaven
I must be strong, and carry on
'Cause I know I don't belong Here in heaven

もしも天国で会ったなら
君は僕の名前を覚えているだろうか
もしも天国で会ったなら
以前と同じでいられるのだろうか
僕は強くならなくてはいけない
そして頑張って生きていかなくてはならないね
ここ天国は僕がいるべき場所ではないとわかっているから

Would you hold my hand
If I saw you in heaven
Would you help me stand
If I saw you in heaven
I'll find my way, through night and day
'Cause I know I just can't stay
Here in heaven

もしも天国で会ったなら
君は僕の手を握ってくれるだろうか
もしも天国で会ったなら
僕が立っていられるよう助けてくれるだろうか
僕は自分の進むべき道を見つけていくよ
昼も夜もね
ここ天国に僕がいることはできないとわかっているから

Time can bring you down
Time can bend your knee
Time can break your heart
Have you begging please
Begging please

時の経過は
お前を落ち込ませるだろう
お前を神の前にひざまずかせるだろう
お前の心を打ち砕くだろう
そしてお前を神に請わせるようになるだろう
どうかお願い...と

Beyond the door
There's peace I'm sure.
And I know there'll be no more...
Tears in heaven

扉を超えたところには
きっと平穏がある
そして僕にはわかる
天国にはもう
深い悲しみなど存在しない のだということを

Would you know my name
If I saw you in heaven
Would it be the same
If I saw you in heaven
I must be strong, and carry on
'Cause I know I don't belong
Here in heaven
'Cause I know I don't belong
Here in heaven

もしも天国で会ったなら
君は僕の名前を覚えているだろうか
もしも天国で会ったなら
以前と同じでいられるのだろうか
僕は強くならなくてはいけない
そして頑張って生きていかなくてはならないね
ここ天国は僕がいるべき場所ではないとわかっているから

« 大人の隠れ家♪ | トップページ | koharu音楽会♪ »

日記・コラム・つぶやき2016」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大人の隠れ家♪ | トップページ | koharu音楽会♪ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介