フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

長泉水曜会のプチ発表会♪

8月19日(水) (オカリナ)長泉教室水曜会。
水曜会が発足してから1年半moreが過ぎました。

毎回持ち寄りランチから始まり、
みなさんレッスンもすごく熱心で、

何より仲の良いお仲間なので
常にオカリナの練習しに集まっているそうで、
知らないうちにどんどん進んでる。(^^ゞ
私のほうが完全に置いていかれてる感じです。

この日はタケさんのお誕生日のお祝いを兼ねての
豪華ランチとプチ発表会。

伴奏をお願いしている下山さんのお弟子さん、
美保さんも参加して下さって
またまたスペシャルな1日となりました。

11873423_732200730246812_6231692238

プチ発表会は、
アンサンブル2曲とソロでそれぞれ各自1曲ずつ。
タケさんのベッドの横がステージです。

何の曲をやるか聞かされてなかったので
みんなの上達ぶりに感激してしまった。
タケさんもウルウル・・。
急遽の伴奏は下山さん。
間違えたってちゃんと合わせてくれる豪華な大舟。

20150819

いやぁでもよく考えたら

な~んも教えてないのに、
みんな勝手に上手くなってるわけだから
私が感激するのはおかしいぞ。(笑)

ほんとにそういう感覚。
私からは、ほんのちょっとのアドバイス。
毎回美味しいランチを頂きに来ているだけかも。(^^ゞ

そんなお仲間の水曜会ですが、11月8日(日)
ここ杉山家の1階、杉山商店店舗跡にて
ALSチャリティコンサートを開催します。

演奏するのは FOMALHAUT&Tacaco
そして水曜会メンバー& 伴奏 渡辺美保さん。

詳細決まり次第アップします。
こちらもぜひ。(^^)/
タケさんに会いに来て下さい。

プレミアムコンサート第2弾

8月16日(日)は、
次回のプレミアムコンサートの打ち合わせ&リハーサルでした。

4月に静岡のすみやリピエールホールで開催した
二胡オカリナエレクトーンピアノ、の
コラボレーションコンサート から早4ヶ月。
そのときのレポートはコチラ

エレクトーンの有美さんが1年かけて企画したこのコンサートは
大変ご好評を頂き、
1回だけの開催ではもったいない との声も多く頂いて、
私自身もぜひ富士でもやってみたい、と思ったので

以前topoさんとのジョイントなどでお世話になった
BENさんにお願いして、10月の開催で第2弾を企画しました。

11873361_730127853787433_1760387488

左から、二胡の劉揚さん。ピアノの良知友見さん。
エレクトーンの有美さん、&古庄。

この日は4ヶ月ぶりの集合だったので、
それぞれ「忘れてないかな」と言いながらの合わせでしたが
みなさんさすが。すぐに本番でも大丈夫。(笑)

BENさんは、平日ランチもやってるレストランカフェ。
しかもとってもアメリカ~ンでオシャレな内装。

これ、ずい分前の写真ですがtopoさんとのジョイントのとき。
こんな感じの店内です。↓

100926s074

ここで中国の曲。二胡とオカリナ。エレクトーン!グランドピアノ!
名曲のオンパレード。どんな絵、どんな音になるのだろう。
>^_^< わくわく。

店主の石川さんはいつも本当に良い音を作ってくれるので
安心してステージに立てます。

もちろんドリンク販売と、それからいつもお世話になっている
ドイツパンのSHIONさんが出店してくれるので、
ちょっとした軽食、美味しいおやつも楽しめます。

気楽にゆったりと聴いて頂けるし、
私自身、客席とやりとりしながら楽しく演奏できるので、
この4人のコラボライブを大好きなBENさんでやれることが
本当に嬉しく、楽しみです。

ホールコンサートはホールの良さがありましたが、
今回は趣を変えて、
ティータイムライブとして楽しんで頂けるようにと
考えています。

詳細は下のフライヤーをクリック、でご確認下さい。

A


 皆さまのお越しをお待ちしております。
ぜひぜひ、いらして下さい。
10月25日、BENでお会いしましょう。ヽ(^o^)丿

2015年8月26日 (水)

劇団新感線公演

8月13日(木) 横浜で遊んだ3日後、
今度は東京赤坂に出没。

赤坂といえばTBS、

11888050_728885850578300_8503965481

・・・のすぐお隣、赤坂アクトシアターにて。
劇団☆新感線の舞台を見てきました。

「五右衛門VS轟天」

新感線とは、古田新太さんの劇団でありまして。
娘が誘ってくれなければ
自分から観に行くタイプの公演ではなかったけど。
行けば楽しいに決まっている。(笑)

というか要はチケット代のスポンサー。
チケットの手配は娘が担当。

芝居観たのって何年ぶりだろう。
あまりに久しぶりだったから、
若い頃、芝居ばっかり見て歩いた頃のことを
あれこれ思い出しました。

私が20代のころは、小劇場全盛の時代で、
紅テント、黒テント、寺山修司の天井桟敷、
東京ヴォードビル  劇団乾電池。
柄本明や高田純次を見たのは
テレビより舞台が先だったような気がする。
ブリキの自発団 なんて劇団もありました。
そこで 片桐はいり を見たときは衝撃的だった。

寺山修司さんが亡くなられる前に、
天井桟敷を見た、なんて言うと
「はぁ?」って化石みたいに言われてしまう。

ボブ・マーリィを、渋谷公会堂で見た、と言っても
同じリアクションを頂く世代となりました。(^^ゞ

そして実は私自身も、同じころに、
1度だけ舞台に出たことがあって。
六本木ストライプハウス美術館で行われた、
若い劇作家や演出家の、
芝居というよりパフォーマンスのような。

ま、セリフなど一切なく、終始笛を吹いている女の役?
だったのだけども。(^^ゞ

(調べてみたらストライプハウス美術館は今、
ギャラリーと洋書の書店に変わっているみたい)

紅テントは、ラストシーンでテントが開いて
李麗仙がクレーン(のシャベルのとこ)に乗っていた。
アームがブンブン回ってたと思う。
今考えると危ない演出でしたね。

寺山修司の劇団は 
夜中の街なかでゲリラ的に芝居したりしてた。
あの頃はケータイなんてなかったから
今夜やるらしい、という情報がどこからか入ると
夜中でもワクワクしながら出かけて行ったりして。

今ならSNSで情報が飛んで
きっと大変な騒ぎになるところ。

そんな時代から30年以上経って、
舞台上に映像やレーザーが飛んだりする技術は進んでも、
役者がしゃべる、動く、芝居する、その息使いはかわらない。

舞台って、アナログ的でいいな、と思う。
生ライブ、だものね。

この日観た新感線の芝居の内容?お話?は
クダラナイと言ってしまえばまったくクダラナイもので。
パンツ被ったりお尻出したり。
テレビじゃやれない、言えない、というのも舞台。
テンポも早く、ミュージカル的でもあり、

けれどなんかずっと可笑しい。ずっと笑える舞台でした。
とても面白かった ですよ。
もうなんで笑ってたのか忘れてしまったくらい。(笑)

今までこういう機会はあまりなかったので、
娘の好きなことに付き合う楽しさ というのか、
またライブ見たり、芝居観たり したいね、と。
楽しみが増えました。

次は私の好きな 大橋トリオさんのライブに
娘を誘ってみようかな。

2015年8月25日 (火)

今年も恒例横浜デート♪

さて。遡り日記も8月に入りました。
ということで、タイトルから「遡り」という文字を外します。

8月は病院ボランティアコンサート以外は
演奏がないので、
楽しい夏休みの報告を。(笑)

8月10日(月)横浜に行って参りました。
毎年楽しみにしている年に一度のオバサンデート。
今年は娘も参加したので平均年齢は若干下降。

11828825_727390040727881_3164408697

新幹線で向かっているときに、
窓に雨がバシバシ当たっていたので
横浜も大雨かと思いきや、晴天。
結果一度も降られることなく。

11846737_727390064061212_7231928084

なぜかこの時期の横浜にはピカチュウが大量発生するらしく
そういえば去年もピカチュウと一緒に写真撮ったのだった。
<という去年の記事はコチラ> 

この日もそこかしこにピカチュウ。
ピカチュウは横浜出身なのか。(?)

11855623_727390100727875_2378134388

中華街でご飯食べて、
観覧車に乗ったり シーバスに乗ったりして
今年も横浜を満喫いたしました。

11846777_727390114061207_3165398329

800円払って観覧車に乗り、怖くなって
床しか見れなかった、たまにゃん。

11880490_727390150727870_1592446286

11239363_727390184061200_66510976_2

シーバス気持ち良かったなぁ。

11254128_727390054061213_4655233571

去年も最後はパンケーキで締めたけど、
今年もなぜかパンケーキで終了。
えーと山下公園前の・・・
有名店らしいがオバサンは店の名前を忘れました。

11866317_727390300727855_2053907504


11831794_727390400727845_1179680526

んまかったっす。
めっさ楽しく幸せ~な一日でした。
年に1度でも、大事な友達に会えるって、とても嬉しいことだけど
年に1回しか、と思うと寂しいねぇ。

横浜探訪、まだ知らないとこたくさんありそうで、
来年も楽しみです。

また1年間、この日を楽しみに頑張れるというものさ。

たまにゃん、あねさま、ありがとう。ヽ(^o^)丿

遡り日記7月の巻(富士祭り)

やっと7月の終わりです。
8月が終わる前に7月が終わってよかったわ。(なんのこっちゃ)

さて。7月26日は富士祭りでした。
演奏関係なく 親兄弟親戚のプライベイトな宴。
夜8時からの花火を楽しみにしておりました。

11705145_721420247991527_5089533281

この写真、wind piperのところですでにアップしちゃったのだけど、
その日の夕景です。

そしてお祭りのメインである花火。
4000発といったら、それほど大きな規模ではありません。
が、近隣のビルから見るのはちょっと格別。

11755861_721420257991526_8167477713

でもほんと、花火の写真て難しい。
いや難しい以前に、なかなかちゃんと撮れません。
この写真では臨場感が伝わらないと思いますが。

11800393_721420267991525_6546462512

11701156_721420281324857_7061050930

でもこのとき、
ちょっとした暴発事故あり。怪我人も出たとか。
気がつかなかった。
翌日のニュースにも流れました。

来年も楽しみではありますが、
どうか安全に運営されますよう。
怪我をしてしまった方の回復を祈りつつ。

2015年8月22日 (土)

遡り日記7月の巻(グレイスチャーチⅡ)

遡りはまだ続く・・・。(^^ゞ いつ追いつくことやら。
早く「○○なう」と書きたいす。

さて。続けて遡り日記。7月19日(日)はグレイスチャーチの
オープニングセレモニーの2回目に呼んで頂きました。
ありがたき幸せ。

10649739_1112781765403503_864937213

11202127_1112784548736558_438944187

11168384_1112782508736762_172537532

11742836_1112784375403242_796421401

11745717_1112784408736572_181570627

20229_1112784618736551_308786904217

今回の写真はSHIONパパゆうさん撮影。

同じプログラムの同じセレモニーだけど、
けして同じではなく、
集まる人によっても、雰囲気がかわります。
そこがまたいいのよね。

私たちも曲を少し変更しました。

今回もヨルゲン牧師とみっちゃんファミリーの
ぬくもりを感じるステキなセレモニーでした。

着物美人の紀ちゃんにも久しぶりにお会いできて
イキナリ 衣装の相談などしてしまった。(^^ゞ
嬉しい繋がりに感謝です。

ありがとうございました。(^^)/

2015年8月21日 (金)

遡り日記7月の巻(伊豆市生きいきプラザ)

7月12日(日)は修善寺 伊豆市生きいきプラザにて
FOMALHAUTコンサート でした。

Img_4705

この日はホールではなく、ホール前のロビーコンサート。
川の見える大きな窓を斜め背にして
お客様から夜空が見えるほうがいいよねと
こんなセッティングになりました。

Photo

コンサートが進むにつれ、変化していく空の色を
楽しんで頂けたのではないかと。(^^ゞ

2ステージの最後にアンコールを頂き、
せっかくなので、会場の電気を全部消して頂いて、
「見上げてごらん夜の星を」

ロビーの電灯なので、
消すことが大変だということを知らずに、
無理をお願いしてしまいました。(^^ゞ

ご協力頂いた会場の方、
走り回って下さったスタッフの皆さま
本当にありがとうございました。

そしてこの日は伊豆の国市のオカリナサークル
「すばる」さんのメンバーの皆さんが見にきて下さり、
K先生が司会を務めて下さいました。

重ねて感謝です。

夜空を見ながらの皆さんのほぉ~っというため息
忘れません。

ありがとうございました。

2015年8月18日 (火)

遡り日記7月の巻(長泉コミュニティセンター)

7月5日の日曜日は長泉コミュニティセンターのホールにて、
FOMALHAUTコンサートでした。
このコンサートは長泉町惣ヶ原区地域づくり推進事業として
開催して下さったもので、

午前中にはオカリナ教室を開催。
オカリナを持つのは初めて、という10人の方と
2時間の講習。
2015_0705_115638p1010471

皆さんどうだったのだろう。
オカリナ好きになってくれたかなぁ・・・。(^^ゞ
たった2時間でやれることは限られてしまうけど、
この中から続けてくれる方がいれば嬉しい。
2015_0705_123024p1010475

そして午後からコンサート。

このホールには
相方下山氏が絶賛するカワイのフルコンサートピアノがありまして。
下山氏は自分で指定した入り時間より1時間も早い会場入り

私がオカリナ教室をやっている間に
ひとりホールにてセッティング。
2015070511060000

見よこのセット。(笑)鍵盤4つもありまっせ。
大好きなフルコンサートピアノに見合うフルセット。
(デジピ1台にシンセが3台も繋がってコムロ状態)

本番が始まってさらにびっくり。
いつもは嫌がるMCなのに、「ちょっとしゃべらせて」と立ち上がり
大好きなピアノについて語り・・・
2015_0705_144602p1010489_1

いや何より弾き方いつもと全然違うの。
もちろんその音も素晴らしかった。
本当に嬉しそうな相方P氏でした。
2015_0705_163240p1010501_1

そしてコンサートは無事終了。
先日、閉店について書いた、cafeGRUNさんから
立派な花束まで頂きました。
2015_0705_163819p1010506_1

コンサート開催に尽力下さったTさんご夫妻はじめ、
惣ヶ原区の役員の皆さま、
そしてお教室に来て下さった皆さま、
コンサートに来て下さった皆さま、

本当にありがとうございました。

11659222_713187098814842_7577210901

そしてこの写真は↑
コンサートを見に来てくれた、
下山氏のピアノのお弟子さんの美保さんと。
終了後にもフルコンを弾いています。
いつもなら速攻撤収作業に入る下山さんなのに
こんなシーンも珍しい。

それにしてもケーブルごちゃごちゃ~。(^_^;) 
でもこれが下山スタイル。
FOMALHAUTスタイルとも言う。これでいいのだ。♪(^^)v

朝から全力を出し切り、
帰宅後心地よい疲労感に浸りながらなんと幸せだったことか。

(^ ^) いつかこのホールでもう1度演奏できますように。

2015年8月17日 (月)

遡り日記6月の巻(グレイスチャーチ)

前記事で寄り道しちゃいましたが
まだ6月の報告終わってません。
早く書かないと夏が終わってまうぞ~。^^;

6月28日(日)は新しく出来た教会のオープニングセレモニーでした。
いつもお世話になっている
SHIONのみっちゃんが声をかけて下さって、
またもや教会での演奏と相成りました。嬉しい限りです。

11709457_10206897220891017_70509898

つい先日まで某ケーキやさんだったところを
改装したそうですが、教会になっても、
こんなに可愛い看板なので、まだケーキやさんと間違って
入って来るお客様もいるそうです。

で、このかわいい看板を手掛けたのがユカシちゃん。
久しぶりに会えて本当に嬉しかった。
CMの、グリーンダカラちゃん(しずくちゃん)を
そのまま大人にしたような人や。

11054828_708398909293661_69180305_2

そう、2012年の夏に、HINA CAFEで音楽と絵のコラボライブを
させてもらった、あの、サノユカシさん。
懐かしいその日のライブ報告はコチラ です。
この日の日記見ると今でもワクワクがよみがえってきます。

11058624_10206897220090997_40737898

この日は合わせて30分くらいの演奏。
讃美歌やバッハなどもリクエスト頂いていたので
音源使ってソロでやるつもりでいたのだけれど、
カメラ担当ですーさんも来るというので
それならば、と2曲ほど、
急遽ギターを弾いてもらうことに。
みっちゃんからのリクエストで
ユカシちゃんにも1曲プレゼントさせてもらいました。
Over the rainbow♪

Img_4732

ヨルゲン牧師のご家族も
みっちゃんのファミリーも、とても温かく
本当にステキなセレモニーでした。

Img_4731

楽しかった~。

ありがとうございました。(^^ゞ

2015年8月12日 (水)

WIND PIPER

このブログのトップに、
wind piper 古庄のブログです と記されているゆえ、
ウィンドパイパーってなに?と聞かれることがあります。
ウィンドパイパー?

つまりトトロでいうところの 風の通り道 みたいなもの?
風を吹くひと。風を呼ぶひと。?

20150728

このwind piper、という言葉は
ピアノの相方、下山氏が私のことを
こう呼んだのがきっかけで、
何気なくブログタイトルに使いました。
でも正確になんと訳すのか、聞いたことはありません。(^^ゞ

最近、オカリナ吹き とか オカリナ奏者 と
言ったり呼ばれたりすることが多くなるにつれ、
やっぱりどうもしっくりこなくて。
?私ってオカリナ吹きなのだろうか?と。

ほかの 奏者の方と話したり
指導している方の話を見聴きしていると
どうも違和感があって。
その方ほどオカリナに深く、広く、興味を持ってるわけじゃないし、
私はそんなにはオカリナを愛してないのかも、
と思ったりもして。

おっと
そんなこと言ってしまうと生徒さんが泣くねぇ。(笑)

いやもちろんオカリナはすごく好きですよ。
オカリナは自分の音楽を表現するのに
ぴったりくる楽器だと思っているし、
もっと自分の音を追究したいと思うし、
もっと美しい音色を出したい、と思っている。
のは変わらぬ事実。

楽器そのものに興味があるというより、
「音色」そのものになりたい、というほうが近い。
自分が笛になる感覚。それはオカリナでも竹でも
コカリナでも、かわらない。

ご存じのように他の笛も吹くし、他の笛も好きで、
曲により、表現方法により、笛を替えたり。
場合によってはちょいと歌ったり太鼓叩いたり。
だから、ってわけじゃないけど、

笛の名称はどうでもよく、
いや、笛じゃなくてもいいな、

(笑)じゃぁなんなの?

そこで、相方の造語、wind piper。
10年前からそう言われてきて、
やっぱり最近になってこれが一番しっくりくるような気がします。
うまいこと言うよね、と、思う。
相方、すごいぜ。今さらですが。

笛の音色そのものに一番近い言葉なのかもしれない。

あ、でもね、

逆に言ってしまえば、
名称なんてどうでもいいのだから、
オカリナ奏者と言われてもぜんぜん文句はありません。
オカリナ奏者と呼んでくれるな、
ということではありません。(笑)

あは。(^^ゞ振り出しに戻る。
ったく、我ながらめんどくさ。(笑)

2015年8月11日 (火)

遡り日記6月の巻(がん検診)

そして、6月は
半年前から予約して、がん検診を受けて参りました。
とにかく一度はきっちり診てもらわねばと・・・。

なぜならば両親とも闘病歴を持ち、
母は亡くなり、父は完治。
どちらに似てもパーセンテージは高い。

娘も独り立ちしたことだし、
良い機会なので。

11334262_705818402885045_6616968380

写真は静岡がんセンターの中庭です。
ここのお庭はバラが素晴らしい。

検査は以前毎年人間ドッグを受けていたときより
ずっと楽でした。
下剤はスポーツドリンクみたいで飲むの楽だったし、
胃カメラは寝ているうちに終わっちゃったし、
大腸のカメラもうっすら意識のある麻酔で
あっという間に終了。

案ずるより産むが易し。

とりあえず、人間ドッグでも言われていた
体脂肪やら高脂血症気味やらの高脂肪問題と、
持病の甲状腺を除けばおおむね健康体のようで
ほっとしました。

ちょっとお金はかかるけど、
何か見つかれば早期で済むし、
安心料だと思えば。
気持ち良く演奏活動もできるというもの。
思いきって検査してよかったです。

単純なもので、今までなぁんにもしなかったのに、
2日間の検査の翌日から
高脂肪問題および運動不足を解消するべく
毎朝30分~1時間、
(日により時間はまちまちではありますが)
ウォーキング始めました。

効果、結果、が出ないと止めちゃう、のを止めよう。
身体動かすの気持ちいいし、今回はちゃんと続けよう。

というわけでこれからも頑張ります。(^^ゞ

遡り日記6月の巻(南青山)

そうだこの日のこともブログに記録しておこう。
当日FBに書いた文章、以下カッコ内にそのままコピペ。

『きょうは南青山の画廊におでかけ。
ご一緒した範子さんは30年前、
毎日と言っていいほど一緒に仕事をし、
20代のお子さまだった私に
たくさん影響を与えてくれた...
大好きな姉さんのようなひと。
今も若くてハツラツとして、
少し前を歩いていてくれるから、
私も頑張ろうと思える。
同じく30年前に、とてもとてもお世話になった
画家の阿部先生の個展に、
二人で押しかけたのでした。
良かった、覚えていて下さった。
画風も先生ご本人も変わらずお元気で
今年80歳になられるとは思えない、
躍動感ある作品の数々。
チカラを頂きました。

会いたいと思うひとに、会える機会を大切にしよう。
この年になるとね、心からそう思う。
本当に良い1日でした。

範子さん、ありがとう。(^-^)/』


行こうよ、と誘ってくれる人が居ないと
なかなか時間作れないものだし、
会いたい、と思いながら会えないままのひとが
まだたくさんいるなぁ・・。

この日もまさにそんな、大切な思い出となる一日でした。
あ、いかん忘れてた。 先生に手紙も書かなくちゃ。

2015年8月 5日 (水)

遡り日記6月の巻(富士教会)

遡り6月編の続きです。
6月14日(日)は富士教会にて、コンサートでした。
オカリナで讃美歌やG線上のアリアなどなど。

教会での演奏、というのは少々身が引き締まる思いです。
・・というのは

中学高校とプロテスタントの女子高に通っていた私、
学生のときにはまったく、まじめに祈る気持ちで
礼拝に参加などしていませんでした。(笑)

それはただ、どこの中学高校でも行われる
毎朝の朝礼と同じものとしてとらえていたし、
讃美歌も、祈りの意味なんて考えたこともなかった。
聖書の授業は一番退屈な時間でした。

アーメン、とマジメに祈ることよりも、
礼拝中にスカートのウエストを胸あたりまでたくしあげたり
(今と違ってその頃の女子高生のスカートは長かったのだ)
靴下のワンポイントを隠したり、
礼拝堂の出口での服装チェックを
いかにスルーできるか、ということのほうが
ずっと重要な問題でありました。

でも、

それがたとえ毎日の義務的な日課だったとしても、
すくなくとも中1から高3までの6年間、
毎朝「祈り」の時間を与えられていたことは
今にして思えば宝物のような時間だったのかもしれない、と
いつの頃からか 思うようになりました。

なぜかといえば、
義務で歌っていたはずの讃美歌の多くを
今でも頭にメロディも歌詞も残っていて、ソラで歌えるし、
義務で唱えていた「主の祈り」も唱えられる・・・
聖歌隊で歌っていたグロリアやハレルヤコーラスも
歌いだせば最後まで歌えてしまう。

人の名前さえ時々思い出せないオバサンになったというのに
それらの記憶は消えることがないのです。

脳に、身体にしみついている、というのか・・。
メロディどうだっけ?と思い出すまでもなく、
楽譜など見なくてもすらすらと出てくる・・・。

だからといって私はクリスチャンではないので、
ここでキリスト教がどうの、とか、
イエス様がどうの、なんて
語れるはずもありません。

だけど もしかしたら讃美歌は私にとって
音楽の原点なのかもしれない。
もしかしたら 祈る ことは 
生きることの原点かもしれない。

などと。 思います。

祈ることは自分のためのお願いごとではなく、
自分以外の誰かの幸せを願うこと。
そして、祈りへの答えに感謝すること。
とてもシンプルなことだけど、
このことは年を重ねないと、わからんもんです。

いや年を重ねたって、わからんものです。

だから十字架の前で笛を吹くときは
やはりまっさらな気持ちでいたい、と思うのです。

Dscn9954

そしてこの日ご一緒したのはハーモニカのHさん。
普段はなんと薬剤師さんをしていらっしゃるそうです。

Dscn9957

テクニック満載で、情緒的で・・・本当に素晴らしい演奏でした。

Hさん、牧師先生、Nさんご夫妻、Sさん、お世話になりました。
ありがとうございました。
写真も送って頂き、感謝です。
またぜひお声かけて下さい。


(^^ゞ

遡り日記6月の巻(GRUNライブ)

ここからしばらく遡り日記です。
知らないうちにすっ飛ばしてしまった6月のことを少し。

Img_a55cf59a4887987c4c7c65b885eb0c2

6月6日(土) 長泉町カフェGRUNでのライブでした。
店主の三輪さんがこのお店を建てられてから8年、
ギャラリーとして、また週末のミニライブなど、
頑張って来られましたが7月一杯で閉店となり、
10月からは別の方がこの店舗でお店をされることになったので、
カフェGRUNとしては最後のFHライブ、となりました。

<カフェGRUN、三輪さんのブログはコチラ>

そして <この日のライブの模様はコチラ>
にアップされています。

FOMALHAUTのライブは、確か2010年?くらいから
年に2回ずつ演奏させて頂きました。
ありがたいことに毎回満席でした。
当日、席が残っていても
なぜか開始時刻には満席に。本当にありがたかったです。
そしてお客様の中にはオカリナに詳しい方も多かった。

毎回、半年前から予約を入れて
必ず来てくださる常連メンバーの皆さまに支えられ、
1曲1曲、拍手と歓声で盛り上げてくださって、
お客様とのやりとりも本当に楽しかったし、
また新曲や、やったことのない、冒険的な曲(?)も
そんな皆さんだからこそ、
受け入れて頂けたと思っています。

三輪さんご夫妻には大変お世話になりました。
毎回頂くおみやげも嬉しかった。感謝しています。

ありがとうございました。

GRUNでお会いした皆さまどうかお元気で。
またお会いできる日を楽しみに。
近いところでの演奏会には
またぜひいらして下さいね。(^o^)/

2015年8月 2日 (日)

今日も暑い。

さて本日2度目の行進、じゃなくて更新。

8月は今のところ演奏予定ありません。
でも、娘と遊ぶ予定はちゃんと入ってます。
9月になると毎週ペースで忙しくなるので、
ここで小休止はありがたい。

例年ならば夏の休日は河口湖、コカリナのお店のデッキでライブ、
というところですが。
先日、いよいよ撤収が終わったようで、
コカリナのお店店主かりんさんのブログにご挨拶文が
UPされました。<コカリナのお店のブログ
すでに次に向かって歩きだしている様子、清々しいです。

撤収のお手伝いにも行きたかった。
行きたい気持ちは充分あったのだけど、
なんやかんやあって行けなかった。

毎回お世話になるばかりで、
なんの恩返しもできてない気がしてなりません。
かりんさんファミリーにも、リスやヤマガラや、ムササビや、
森の木々や、演奏中落ちてきたどんぐりにも。

主の居ないコカリナのお店に 
もう一度行ってみたい気もするのだけど
行ったら悲しくなるなぁ。
きっと森は変わらず森のままだけど、
やっぱりあの場所、あの雰囲気を守っていたのは
かりんさんだから。

本当に、これ以上ないほど、ステキな場所でした。
私たちにとって、大切な場所でした。
いろんなことあったさ~。泣いたり怒ったり笑ったりしたさ~。

かりんさん、10年間お疲れさま。本当にありがとう。
あの場所で同じ時間を過ごした皆さま、ありがとう。

11148719_1033000016727989_417387654

FOMALHAUTはコカリナのお店から始まり、
今年結成10年目を迎えました。

それ以前から数えると静岡に帰ってきてからの
演奏活動は、そろそろ15年くらいになるかな。

呼んで下さる方々もお付き合いのある方々も
15年経つと変わってくるし、場所も当然、
コカリナのお店やGRUNさんのように閉店を迎えたり。
自然消滅や、疎遠になったところもあります。

だけどもご縁というのは不思議なもので、
変化しながら、くるくると螺旋階段を上るように回り巡って、
少し違った場所で、また懐かしい方と繋がったりすることだってある。

ひとつ終わり、ひとつ始まり、繰り返し繰り返し円を描くように
縁は繋がる・・・。

先日、懐かしい方から電話を頂きました。
しばらくの間、ご無沙汰していたTさんから。
それこそ8年も9年も前に 
FOMALHAUTの演奏を聴いて下さった方から
どうしても(私たちを)呼びたいので連絡とってほしい、と言われたと。

お話頂いたその日は実はとてもタイトなスケジュール。
でも御断りする理由はないのでお引き受けしました。

どうしても、と言ってくださるなんて、
そんな幸せなことはありません。
それがきのう今日、出会って、というお話ではなく、
8年も9年も前のこととなるとなおさらこと。
覚えていて下さっただけでもありがたい。

あぁ、FH、10年やってきたんだなぁと
しみじみ思います。

私たちも次の10年に向かって清々しく歩きだすばい。

さてブログも少しずつまた遡りアップするばい。

毎日暑い。

毎日暑いって?そりゃそうだ~。だってもう8月だもの。(^_^;)

しばらく缶詰でした。
なんとかやっと終わりましたよ。けっさん。

父とふたりの小さな会社。
毎年この時期は決算でありまして。
会社だからね、当たり前。
あたくしこれでもいちおう経理担当でして。
この時期、決算業務が何より優先順位一番の大切なお仕事。

毎年同じこと書いてる気がするけど、

渦中は「やだなぁもう、めんどいなぁ」と思っていたとしても、
終わったときの解放感といったら・・・。

これもまたひとつの幸せ と言えます。

そしてきょうは
午前中オカリナクラブのレッスン。@清水
午後は病院ボランティア演奏@長泉
夜は UNOさんのライブ@富士
時間に余裕のない移動の一日でありましたが、

UNOさんのライブにケーナのtopoさんが出演。
久しぶりに会えて、久しぶりに生の音色を聴いて

いやなんと申し上げてよいやら。

・・・シビれました。

笛がMAX鳴っていた。極上の美しい音色だった。

オカリナでもケーナでもフルートでも尺八でもリコーダーでも
笛のくくりはどうであれ、

その笛が持っている最大級の鳴り音。
(もちろん大きい音という意味ではありませんよ)
それはもう演奏テクニックやら旋律やらなんやらを越えて、

澄んだ青空のように シンとした水面のように
青く輝く山々のように

ただただ美しく、心動かされる。

そうなんだ、そういう音を出したいんだ、と改めて思う。
音色そのもの。笛そのもの。そして自分そのもの。
そういう音になりたい。
いやそういう音でありたい。

10460460_591578877626258_8901097866

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介