フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月24日 (火)

もひとつ遡り日記

日時的にはいまさらなのですが、
この写真はUPしておかなければ。の、遡り。

昨年12月、焼津のイベント「かくれの森」にて。

1375701_759028960848792_21259834399

10639642_759028974182124_3485329975

そう、これ着たまま吹いちゃったんだわね。

1972363_385652384930010_33420514879

たかちゃんと2ショット。
めちゃくちゃたのし~ 一日でした。

2015年2月18日 (水)

スペシャルな水曜会

先日の松韻での梅祭り、
静岡新聞に取材記事が載っていたようですが、
なぜか、「シンセサイザーとウクレレの演奏」と
書いてあったそうです。(^o^)

オカリナ、ウクレレ、カタカナ4文字は共通だけど、
文字は一個も重ならない。
なんでやねん。(^・^)

さてきょうは月に一度の長泉教室水曜会、の日でしたが
杉山邸に札幌からお客様がみえたのでレッスンは無し、
急遽タケさんのベッドの横で、
スペシャルホームコンサートとなりました。

Img_4009

お客様は札幌交響楽団トランペット奏者、前川さん。
前日にはサントリーホールで演奏されていたそう。

トランペットソロ演奏を堪能させて頂いただけでなく、
私と下山さんのピアノも参加。ご一緒させて頂きました。

トランペットとオカリナのデュオ初体験!
音量、発音は違うけど、
不思議に音が重なり合って、感激~~(*^_^*)★。
音楽ってすばらしい。
合わない楽器ってないんじゃないかと思う。

杉山夫妻から前川さんに贈られた花束。
なのになぜか私が頂いてしまうという・・・。(^^ゞ

Img_4010

いつもにも増して豪華版のランチも、美味しかったです。

Img4004

水曜会の皆さま。
楽しいひとときを ありがとうございました。

Img_4011

カメラに向かうとなぜか必ずブレる相方P氏。
(わざと動くからです)
素晴らしい演奏者おふたりに挟まれ、
なぜかカニになる古庄でしたっ。(ピース×2です)

よし、いつかFOMALHAUTも札幌に行けるよう頑張ろう。

松韻の梅祭り

そういえば今年のバレンタイン・・・
お嬢はとっくに登校が終わっているので、
(卒業式を待つばかり)
学校に行かないから友達に渡せないし、チョコは作らない、と宣言。

私は 頂くばかりで。
気が付いたら バレンタインデーは過ぎてました。(^^ゞ

きのう(16日月曜)は
三島 佐野美術館併設のお食事処 
松韻せせらぎ亭の梅祭り 屋外庭園にての演奏。

10370417_632266633573556_5449912551

ポスターも貼ってあって、
ラジオでも告知、新聞にも載っていたみたい。
知らなかった。(^^ゞ

1662120_632266486906904_43147861457

↓ セッティング中の相方P氏。 
ステージの後方に滝があるので、
常時、滝の音がしています。

水の音、って不思議。夏の野外の蝉の声と同じで、
けっこうな音量なのに そのうち全然気にならなくなってしまう。

10930902_632266260240260_6667396722

オカリナテーブルを置く場所がないので
こんな場所に置いてみたり、↓

10991093_632266286906924_2245998671

こんな場所に置いてみたり。

10996777_632266613573558_4651879904

冬の終わりの日差しは柔らかく、オカリナが熱くなることはありません。
でも落とすのが怖いので、結局ケースに戻しました。(^^ゞ

40分のステージを4回。天気も良かったし、気持ち良く、
あっという間でした。
オカリナ吹きながら ときおり空を見上げると
梅の花が微笑んでおりました。

冬は終わりです。春はすぐそこ。

10985433_632266513573568_4652510199

遠くから来てくださった方、長い間ずっと聴いてくださった方、
梅の庭園でお会いした皆さま、 ありがとうございました。

1512458_632266603573559_61013026070

演奏を終えて、3時過ぎにやっとお昼を頂きました。
松韻から眺める美術館の庭園も美しい。

FOMALHAUTでの演奏は、
4月7日(火)松崎、26日(日)富士です。
詳細決定次第 お知らせします。(^^)/

2015年2月13日 (金)

もっとさかのぼり日記

昨年の秋のことです。(笑)つまりもうすぐ半年。

ずい分時間が経っちゃったなぁ。

でも書いておきたいのでUPします。

昨年9月、

古くからの友人、みつくんの還暦祝いで千葉に行きました。

かれこれ27~8年のお付き合い。

10646997_549965431803677_5474934502

このメンツ、懐かしいひともいるでしょ?

仲間の還暦祝いをするような年になったなんて。

でも、

みんなぜんぜんかわってない。

普段、なかなか会えないけど、

いつも心にいるひとたち。

とっても楽しい宴でした。

はるみちゃん、みつくん、ありがとう。

2015年2月12日 (木)

すーさんの写真

去年からギターのすーさんがカメラに凝りだし、
正確に言うと「レンズ」に凝りだし、
ネットオークションなどで
フイルム時代の古いカメラのレンズを次々にゲットして、
デジタル一眼にアダプター取りつけて、
ニコニコと嬉しそうにいろんなものを撮っておられましたが、
ときおりこちらにもレンズ向けていたらしく。

10369985_383284431822580_6243931270

↑これは藤枝のイベントのとき。

Dsc01564a

これは東京赤十字病院の子供コンサート。
フラダンスのコーナー。

Dsc01877a

↑これもイベントボンマルシェ藤枝。オカリナ温めているらしい。

Dsc01886a

↑ これも。

Dsc02086_2a

そしてこれは足久保の五感学校。↑

うむ・・ぜーんぶ斜め後方とか横からやないかいっ。

いや、いいのいいの。正面より全然いい。
顔が写ってないのが我ながら好ましい。
撮られていることに気付いてないから、なんか自然だし、
歳もわからない。ほほほ。

そして、同じく五感学校での写真を何枚か。

年賀状にも使わせてもらいました。

Dsc02089a

Dsc02094a

Dsc02087a

昨年のベストショット。

興味津々の子供たち。ほんっとに可愛いかったな。

すーさんありがとう。い~ぃ写真です。

2015年2月11日 (水)

ちょいと遡りレポート

連日のブログ更新。
ずい分長い間、書くモードではなかったのに、
まったく私は今まで何をしていたのだろう、と。(笑)(^^ゞ

昨年末、娘の進学先が決まり、
先日、やっと入学やアパート契約など、諸々の手続きが終了したので
あとは卒業式と引越し、入学式を待つばかり、と、
先が見えてきたから少し気分が楽になったのかもしれません。

ご心配おかけした方もいるようで。
久しぶりにゆっちゃん節が戻ってきたね、とメールもらって
いやいや私のほうこそ嬉しかったです。
相変わらずのこんな文調ですがご容赦下さい。(^^ゞ

ではまずはちょっと遡った先月の
新春オカリナコンサートの写真をUPします。

O0800060013195962759

江尻交流館のオカリナクラブの皆さんの演奏。↓
初心者クラスから1年間の集大成として、
初めての発表の場でした。
4声の合奏で「いのちの歌」 「Over the rainbow」
みんな本当に頑張ってくれました。
緊張の顔見てきゅんとしてしまった。

10923211_450533098431711_5730156637

東京での演奏の帰りに会いに来てくれた、
オカリナ・ピアノユニット音心(えんじろうくんと亮子さん)
せっかくだから、えんちゃんに飛び入り演奏お願いしました。
さすがえんじろうくん。たった1曲なのに
その音色に魅了された方がたくさん。
終わったあとオカリナファンのおば様方に囲まれてましたね。(^^)
またえんちゃんとのデュオライブ、
聴きたいという声が多かったので、ぜひ企画したいと思います。

10941458_450533078431713_2696926080

リクエストコーナーでたかちゃん登場。
歌でお答えできた曲もあり、盛り上がりました。

10923564_657195521056842_6992472864

最後はたかちゃんの歌のコーナー。
私はオカリナ・パーカッションを。

10401417_450537031764651_4103484858


O0800060013195963809

今回は3部構成にして、
1部はオカリナ(FOMALHAUT)とクラブの皆さん、飛び入りデュオ、
2部は完全当日のリクエストにお答えするコーナー
3部はたかちゃんの歌のコーナー
合間の休憩時には10分間の映像を見て頂き、

盛りだくさん過ぎて終了時間を大幅に超過。
それでも皆さん最後まで楽しんで下さったようで
ほっと胸をなでおろした次第です。

7年8年と長く続けてこられたのはひとえに館長さんと、
交流館スタッフの皆さま、
そして毎回楽しみに来てくださる皆さまのおかげです。

毎年、このコンサートを楽しんで頂くために
3人で集まって作戦会議をし、曲リストを作ります。
特に歌のコーナーは、この1年で心にとめた良い曲を、と
それぞれが持ち寄って、
歌い手のたかちゃんが気持ちこめられるものを選びます。

ここ数年、リクエストした曲が選ばれた方へのプレゼントとして
DVDをお渡ししていたのでしたが

毎年欠かさず来て下さる方もいるし、
すでにDVDは買って持ってるよ、 という方もいるだろうと、
そんな方のために新たに
プレゼント用のCDも作ってしまいました。(^^)v
案の定、「CDのほう下さい!!」との声も多かった。(笑)

私たちにとって、1年のスタートとなる大切な場所、
大切なコンサート。
さて来年の新春は何をやろう、とすでにアンテナ立てながら。

今年も頑張って参ります。

追伸:打ち上げはネパールカレーやさんにて。



全員ナンおかわりコースにしたけど、誰もおかわり出来ず、
と言うより食べきれず残ったナンをお持ち帰り。
ネパールでこんな立派なインドカレーを見たことはありません。
(これ、ネパールカレーではないと思うよ。うふ)

でも美味しかった。たいへんたのしうございました。

2015年2月10日 (火)

陽だまりのハーモニー♪

蒲原でのバレンタインコンサートの翌日は、
由比のYou&Meでリハーサルでした。

10982455_627659644034255_8443355001

4月12日、この豪華メンバーでのコンサート。
(私が豪華なのは横幅だけ)

詳細はコチラ。↓

10968299_627659700700916_9104999065

二胡の劉さん、ピアノの良知さん、
エレクトーンの有美さん、&オカリナ古庄。
静岡、SBS通りのすみやグッディ ホールリピエーノ。
大人2500円 小学生1000円  未就学児無料
開演は13時30分です。

この日は 2度目の音合わせでしたが
濃~いリハーサルになりました。

シンプルにピアノと二胡でのしっとりした中国の曲から
全員での重厚かつ壮大なあの名曲まで、
オカリナと二胡のデュオもぜひ聴いて頂きたいし、
ピアノとエレクトーンの、あの曲もカッコイイ。(^^)

色彩りどりのコラボレーションライブとなりそうで、
本当に楽しみです。

10959488_627659680700918_8126872189

チケット発売開始しました。
古庄までご連絡下さい。御取り置き、または直接販売いたします。
(ブログへのコメントでも、メール送信でもOKです)
電話は09041190420

ぜひたくさんの方に聴いて頂きたいと思います。
皆さまのお越しをお待ちしております。

2015年2月 9日 (月)

トランスポ~~~ズ♪

相方Pおじさんも常に使っているデジタルピアノ。
私の場合はライブの現場で「弾く」ことはほとんどないけれど、
単独ソロのときには自動演奏できるデジタルキーボードを使用。
この、どちらにも付いている、ものすごーく便利な機能が

「トランスポーズ」 であります。
(下の写真の左上のあたりにあるボタンがそれ)

O0480036012830312782

トランスポーズとは移調できる機能で、
半音ずつ上げたり下げたり、
つまりカラオケで、歌いやすいキーに合わせるため、
音を上げたり下げたりするアレと同じ。

たとえばC調で書かれた楽譜通りに弾きながら
トランスポーズボタンでふた目盛上げれば出ている音はD調となるので
絶対にこのキーで吹きたい、という笛吹きや歌い手の伴奏としては
トランスポーズボタンをちょいちょいと押すだけでキーが変えられ
簡単便利~、というわけです。自動演奏も同じこと。

がしかし、便利の裏側には必ず落とし穴があって。
これで冷や汗かいたことも何度か。
たいていは解除するのを忘れて次の曲に行ってしまうケース。
単独ソロなら機械のせいみたいにしてやり直せるけれど、

あれはめずらしくFOMALHAUTで
相方が弾くピアノとは別に、
MIDI(自動演奏機能)キーボードを使ったときのこと。
音源使用の理由はダンスのための演奏だったゆえ、
完全にテンポと尺が決まっていたため。

本番開始、演奏が始まって気が付いた。
「えっ!!キーが違う!これじゃ・・・吹けない!!」
このとき、どうして対処したかというと、
演奏途中でちょちょっとキーボードのボタン押して、
出ている音のトランスポーズを解除。
ほかの手段は考えられなかったのよ・・・。(^_^;)
主役がダンスだったからできたこと。
演奏が主役だったらアウトです。

相方はすぐに気付いたけど
違うキーを発しているキーボードは私の前にあり、手が出せず、
「ゆきちゃんどうするんだろう」と達観するしかなかったんだと。
え~ん・・・。(T_T) Pおじさんはいいよね、
エニーキーOK、だからトランスポーズミスなんて怖くない。

(ちなみにPおじさんは絶対音感があるため
トランスポーズが逆に使えません。弾いてる音と出音が違うと
気持ち悪いそう。)

あたふたしたあとの伴奏の転調、
気がついたひともきっと多かっただろうなぁ・・・
申し訳ない。まったくもって情けない対処でした。

私もエニーキーOK と言えれば
瞬時にそのキーに合わせた音が出せるのに。
オカリナではなかなか難しい。

えーと。しまった。その話じゃなかった。((?_?) え~っ?!)

前置きが長くなりましたがつまり・・・・。
きょうのお話はFOMALHAUTのことではなく、

きのうの本番でのハプニングについて。
それも魔のトランスポーズのアクシデントだったと、
言いたかったのだった。

でもね、ここで私はけして伴奏者の間違いを
申し述べたいわけではないのです。
きのうのコンサートでピアノを弾いてくれた未央ちゃんは
本当に優しい音で寄り添ってくれる素晴らしいピアニスト。
感謝こそすれ、不満は何一つないのであります。

トランスポーズミスというのは、私自身もやっちまったように、
あくまでも不可抗力。ボタンひとつの便利は
ボタンひとつの間違いを起こす。

しかしそれによって奇跡も起きる。

きのうは、オカリナコーナー最後の曲、という場面で、

本来のキーはD調のはずが、
前奏が始まり、気がついたらデジタルピアノの出音がD♭でした。

1音吹いて瞬時に気がついて、
「わっ、半音低い。どうしよう」

伴奏を止めて最初からやり直すのもひとつの手だけど、
それはしたくなかった。

未央ちゃんは、
キーが違っていることに気づいてなかったし、
出音は半音低くても、ライブとして良い流れがそこにありました。

1小節進む中、吹きながらも瞬時に古びた脳ミソはフル回転。
時間にして3~4秒ではなかったか。

「半音低いということはD♭、運指を替えるか、いやだめだ
D♭って♭が5つもじゃん、とても無理だ。
じゃぁ間奏のところで別の管に持ち替えようか。A♭菅なら・・いやこれもだめ、
高音が足りなくなる。」

で、2小節目からどうしたかというと、
結局私は息圧を下げることで半音下げて、1曲を吹ききりました。

自分で言うのもなんだが、
息圧のコントロールで乗り切ると決めてから最後までの
集中力といったらなかったぜ。(笑)

一音一音にあれだけ集中したことがあっただろうか。
たぶん、としか言えないけれど、
息圧を下げたことでとても優しい音が出ていた気がする。

その1曲が終わったとき、オーディエンスから発せられたのは
ほぉ~っというため息。 ブーイングじゃなくてよかった。
あれ?もしかして私の緊張感が写ったため息だったか。(笑)

ほかの共演者も、誰もピッチが変わっていたことに
気付かなかったのはつまり、成功だった、ということであろうと。(笑)

この達成感、わかってもらえるだろうか。
いや、わっかんねぇだろうなぁ。(笑)

なんかね、とっても嬉しかったのよ。
本番中、誰にも気づかれず、乗り切ったこと。
吹ききれたこと。
何よりそれがミスを隠すだけのやっつけた演奏ではなく、
良い演奏になった、ということ。

あとで未央ちゃんはミスについて何度も謝ってくれたけど、
これはミスじゃない。
いろんな要素が重なって、
私に与えられた幸せな時間だった、とも言えるのです。

いつも、相方のPおじさんは
私が管を持ち間違っても、知らん顔してそれに合わせてくれる。
ケーナの名手topoさんとご一緒したときも、
出そこなった私を一瞬で察知して
これまた知らん顔して気付かれないよう、代わりに吹いてくれた。

なぜかといえば、お客さんにとっては
誰が間違えたとか、関係ないわけで。

ふたりの洞察力、音への集中力。
瞬時に対応できる高いスキルと 優しさ。

優れたミュージシャンほど、
涼しい顔で対処できるものだということを
私自身が助けられたことで体感してきたから、

そこにほんの少~しだけど、近づけた気がした。

圧と息の量をコントロールして半音下げるというのは
オカリナだからできること。
ただし、どんなオカリナでもできる、というわけではなく、
下げてもちゃんと「鳴る」オカリナでなければ
おかしいものになってしまう。
これが半音ではなく、1音だったら、
伴奏を止めてやり直すしか方法はありませんでした。

きのうの記事で、
「誰かと一緒にやることで新しい何かをみつけられる」
と書いたけど、

この出来事も、みつけた大事な宝物のひとつとなりました。
あくまでも、私の中で、 ですが。(笑)

この長すぎるお話に最後までお付き合い頂き、感謝します。(^^ゞ
更新し始めたと思ったらめっさ長文。 
節操なしとは私のことです。

申し訳ナス。(=^・^=)

そして 未央ちゃんありがとう。
未央の演奏、大好きです。また必ず一緒にやりましょう。
元気な赤ちゃんが産まれますように。(^o^)/
(未央ちゃんは8ヶ月の身重で演奏頑張ってくれました。)

2015年2月 8日 (日)

バレンタインコンサート終了~♪

美奈子さん、未央ちゃんと共演のバレンタインコンサート、
満席盛況のうちに無事終了しました~。

10934028_326918274171376_3666413158

1506409_627147260752160_41519419331

美奈子さん、モラさん、未央ちゃんのステージ。↑
いろんなジャンルのいろんな曲が盛りだくさん。
↓下はふたりのステージ。
美奈子さんはアコーディオンを弾いています。

10339720_627147284085491_3856227063

(例により古庄演奏中の写真はありませんのよ。(^^ゞ)

モラさんと美奈子さんのデュエット、
ラストの盛り上がりはすごかったな~。
ブラボー!!の声がたくさん上がってました。

何よりお客さんに楽しんでもらいたい、と心をこめ、
サプライズを仕込む美奈子さんの姿勢に感服しつつ、
演奏者として、同じ気持ちで繋がれたことが
心底嬉しい。
そんなコンサートでありました。

きょうお会いした皆さま、そして
美奈子さん、未央ちゃん、モラさん、ご一緒できてよかった。
ありがとうございました。

昨年から、「一度ご一緒してみたい」と思っていたかたと
共演の機会を頂き、

EL有美さん、Gt柴山さん、Vo美奈子さん
EL未央ちゃん、Oca長谷川さん、

それぞれ、楽器も違えばやり方も違うし、
姿勢も考え方も、きっと少しずつ違うのだけど、

一緒に音を出すとその瞬間に分かり合えたり
または「違う」ことの良さも悪さもわかって、
本当に興味深く、おもしろく、

誰かと音を合わせるたびに
新しい何かを必ずみつけているのではないかと思う。

同じ譜面を演奏しても、同じ演奏はあり得ない。
同じひとと、繰り返しやっても、
毎回同じ演奏はあり得ない。

だから音楽はおもしろい。
そのとき、その瞬間の、まさにLIVE。

今年も、新しい何かをたくさんみつけられるように、
精進せねばなりませぬ。=^_^=

そうそう。今回のこのコンサートで
ちょっとしたハプニングが起きました。
そのことについては次回。(^o^)/

2015年2月 3日 (火)

バレンタインコンサート♪

年が明けてから矢のように時が過ぎ、

なんともう2月に突入。

7日(土)には、蒲原のレストランオーリオにて

ボーカルの佐藤美奈子さんと同じくボーカルのモラさん、

エレクトーン・ピアノの稗田未央ちゃん、

とご一緒するランチタイムライブがあります。

10945107_326918130838057_7945510158

キラキラピンクのフライヤー!!

さすが女子力だなぁ。

そういえば共演はいつもおじ・・いや男性陣ばかりのわたくし。

自分が女子だったということを忘れて

美女おふたりとの共演にちょっとドキドキ。(笑)

エレクトーンとピアノを弾き分ける未央ちゃん。

めっちゃ声量もあって美しい歌声の美奈子さんは

ピアノももちろんアコーディオンも弾くらしい。

楽しみです。

要予約なのですが、そろそろ完売とのこと。

完売してしまっていたらごめんなさい。情報遅過ぎ。(^^ゞ

16日には三島佐野美術館 松韻にて観梅の演奏あり。

byFOMALHAUT。

こちらは無料のようですが演奏時間などの詳細が不明です。

よろしかったら松韻さんまでお問合わせ下さい。

055-973-2678

とにかく今年はブログ上げてゆきます。頑張ります。

(^^)/

追伸:今、たくさんの悲しいことが起きています。
いろんなことを感じ、心痛みます。
そういうことも徒然に書きたい気持ちも少しあるのですが
ここではたぶん・・・書きません。

自分のこと、演奏のこと、を書いていくつもりです。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介