フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« もう9月だというのに・・・ | トップページ | 遡り日記「オカリナケース」 »

2013年9月 9日 (月)

遡り日記「In My Life」

なんということでしょう。
遡り日記も遅れをとること3週間・・・。
そんな前のこと、とも思うけど、
これは書きたい。書いておきたい。
長くなりますがお付き合いください。

8月18日(日)は、いつもの森、コカリナのお店前デッキにて
「Dear friends企画番外編 森においでよ」と題して
30年来とも言える友、ガンタさんファミリーとの
ライブでした。

1146733_490882060987688_731658503_n

私たちはいつもこの場所では
ときにセットリストなどまったく作らず
その場で次の曲を決めるなど、良くも悪くも
ひじょーにラフにやらせてもらっているのだけれど、

ガンタさんからは事前にこの日やる予定の曲のリストと
譜面、音源、がしっかりと送られてきており、
(頭が下がります。m(__)m)

その中にビートルズの名曲、「In My Life」が入っていました。

この曲は以前参加していたユニット、
オーパスタのメンバーだったジンちゃんが
ソロでよく弾き語っていて、好きな曲ではありましたが

この日、ならともが歌ってくれる、ということに
何か特別なものを感じました。

1184830_510943025657388_2056766417_

いやしかし特別というのはあくまで私の個人的な感情の話で・・。
この曲を聴くと、
母と私のあるシーンを思い出してしまうのです。

母は最終的に、
身体のあちこちに癌が転移して亡くなりましたが、
その発端は、
メラノーマ(悪性黒色種)という
極めて悪性の皮膚がんでした。

その癌ができた場所は頭皮で髪に隠れ、しかも、
自分では鏡を使ってもなかなか見え難い場所だったために
皮膚がんとわかったときにはすでにリンパに転移していました。

急ぎ手術をするため、髪の毛を全部剃ることになり、
がんセンターの美容室に付き添いました。

母の髪が剃られていくときに、
美容室のラジオから流れてきたのがこの曲、
「In My Life」でした。

自慢の白髪が静かに床に落ちていた光景を
はっきりと思い出します。

**********************

インマイライフ♪(和訳)

私が覚えている場所がある
人生の中でいくつかの場所は変わってしまったし
永遠に良くならない場所もある
いくつかは無くなってしまったし、まだ残っている場所もある

全ての場所には思い出があり
恋人や友人達と一緒に思い出す事が出来る
死んでしまった人もいるし、生きている人もいる
人生の中で、私はそれら全てを愛している

しかし全ての友人や恋人達の中に
あなたと比べられる人はいない
全ての思い出は意味を失ってしまう
あなたとのこれからの愛について考えると

もちろん愛情を失う事がないのはわかっている
思い出の出来事や人々について
私は時々懐かしく思い出すだろう
でも人生の中で、私はあなたをもっと愛する

もちろん愛情を失う事がないのはわかっている
思い出の出来事や人々について
私は時々懐かしく思い出すだろう
でも人生の中で、私はあなたをもっと愛する

******************

あのときは、泣いてはいけない、と我慢したけど、

母が亡くなったあと、
この曲を聴くたびに、どうしても涙が止まらなくなってしまう。

若い頃、母のようになりたくない、と
母を遠ざけていたことや
連絡もせず、心配かけていた頃のこと・・・、

母がこの病気になって、初めて話し合えたお互いの気持ち、
闘病中の苦悩、そして小さな喜び、
死を覚悟したときの母の涙と凛々しさ・・。

言い尽せない全ての思いがよみがえってくるようで、
胸が篤くなってしまう。

そしてこのことに加えて・・・

母はならともの大ファンでした。
娘の小学校にじょうろくらぶが演奏に来てくれたとき、
母は何よりならともの歌を聴くのを楽しみにしてた・・・。
どこが好き?と聞くと、
ならともの、低くて暖かい声が大好きだと言ってた。

母はきっと、ならともがこの曲を歌ってくれるのを
空の上から楽しみにしていたのだと 

勝手にそう思いつつ・・・
そして勝手に腑に落ちています。

「あんた、この曲吹くのなら、もう泣かないようにしなさいよ」
と、言ってるようにも思える。

Pa180080al
(写真は2003年、
赤ちゃんだった寧音(ガンタさんの愛娘)を抱く私の母。)

ならとも、ありがとね。
まったく情けないことに、あの日は
ならともの歌を聴く前から泣いてしまったけど、

私も近いうちに、この曲を吹きたいと思う。

今年の12月の命日で、丸6年・・・
早いもので今年は7回忌の法要です。

というわけで、遡りレポートはまだ続く・・。

« もう9月だというのに・・・ | トップページ | 遡り日記「オカリナケース」 »

コンサートレポート2013」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
お母様、メラノーマだったんですね。
実は、私の父もメラノーマになりました。
右目の眼球の中にでき、手術をして義眼になってしまいましたが、助かりました。
でも、メラノーマは、転移しやすい癌で、定期的検査は、かかせません。
娘にとって、母親は生きていてくれるだけでありがたいですものね。
白髪の素敵なお母様ですね。
でも、亡くなっても、お母様は古庄さんの胸の中に
いつも居ますね。
古庄さんのオカリナの音色が、きっと届いて、いつも聴いてくれていることでしょうね。

mokapさん
コメントありがとうございます。
レス遅くなってすみません。(^^ゞ
眼球にメラノーマとは、希少の中の希少ですね。
母と同じ・・・なんて奇遇です。
でも良くなって本当に良かったですね。
紫外線との関係とか、メラニン色素とか、
いろいろ言われていますが、
結局原因はわかりません。
父はあちこち癌で何度も手術しましたが
完治して今は元気で仕事しています。
ほんとに、癌といってもひとそれぞれです。
母は生前から演奏活動を応援してくれていたので
きっと今も見てくれているだろうと・・・
これも勝手に思っています。(笑)

 古庄さん今晩は。
 私は古庄さんのオカリナの大ファンです。
時々ブログ見て古庄さんの気持ちになって私も楽しませていただいてます。
 お母様が皮膚癌で亡くなられたブログを読み、投稿させていただきます。
 私の娘は昨年、まだ30歳半ばで頭部にできた出来物が皮膚癌と診断されました。
 メラノーマとは違いますが、発症例の少ない癌だということでした。
 手術をしてから頭部に30~40回の放射線治療に
娘の髪の毛はほぼ8割抜け落ちました。
 古庄さんのお母様が病院の美容院でご自慢の美しい髪の毛を剃ったいうそのくだりに娘と重なる思いがしました。
 昔風に言えば「髪は女の命」・・・娘が被り物を取り頭一面の赤い地肌を見ると不憫でした。
 でも幸いにも諦めていた髪の毛が数ヵ月後、産毛のような髪の毛が生えてきました。
 まだカツラを付けなければ社会生活はできません。もしかしたら一生カツラは手放せないかもしれません。
 そんなことも気にせずに仕事に打ち込んでいる娘に私の方が励まされているような気がします。
 今は転移しない事を祈るばかりです。
 古庄さんはお母様に対して深い想いがあると感じました。
 お母様に対して娘であったり、女であったり、友達であったり・・・
 きっと素敵なお母様だっと思います。
 古庄さんが想い続けている限りお母様は心の中に生きていますよね。
今年の夏に娘と古庄さんのオカリナを聴きました。
またいつか娘と聴きに行きますね。
 心に響くオカリナを楽しみしています。

momonohanaさま 
長い記事を読んでくださったことだけでも
ありがたいのに 
ご自身の大切なことまで書いてくださって
  ・・・ありがとうございます。
娘さんのご病気、
どれほど心配なさったことでしょう。
娘さんは気持ちの強い方なのですね。
私も僭越ながら
娘さんが、転移なく、
ずっとお元気でいられることを祈ります。

私は母が病気になったことで
母の世話をさせてもらったことが
とても幸せでした。
私を頼ってくれたこと、
病室でいろんな話ができたこと、
哀しい思いももちろんしましたが、
良いこともありました。
病気も含めて、
つくづく人生だなぁと思います。

夏に来てくださったコンサートとは
どこだったのでしょうか。
またぜひぜひ、いらしてください。
そのときは、必ずお声かけてくださいね。
お会いできるのを楽しみにしています。


古庄さん早速返信ありがとうございました。
少々湿っぽいメールでしたので気が引けましたが、古庄さんのメールに気持ちが軽くなりました。

長い人生、いろいろなシーンにそれぞれ思い出のメロディや歌がありますよね。

斜に構え、生意気盛りの青春時代の思い出の歌、子供が生まれてから一緒に歌った歌、夫と大喧嘩して自棄酒飲んで泣きながら聴いた歌そして大切な人を失った時の悲しみの曲等々・・・

もう聴きたくない、聴けないと思うような曲もいつか昇華して受け入れられるようになったりするものですよね。

♪イン マイ ライフの訳詩を読んでとても素敵な詩だと知りました。
あの長い訳詩を載せる古庄さんの細やかさに頭がさがります。

私が死んだ時に、子供達に葬送の曲(内緒ですが)気の早い?申し送りをしてあるのですよ(笑)

来年1月末の清水のコンサートに娘が休みが取れれば娘と行きます。もちろん一人でも行きます!

温暖化で春や秋が短くなる。恐ろしいことです。

一気に冬将軍が来たような寒さ。

風邪など引かないようにご自愛ください。

momonohanaさん
ほんと、ここ数日寒い日が続き、
いっきに冬がきたようです。

1月の清水のコンサートは、
FOMALHAUT&Tacaco でやります。
リクエストコーナーもあったり、
他ではやれない演出も・・・。
きっと楽しんで頂けると思います。

お時間あったらぜひぜひいらしてください。
お待ちしております~~(^^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もう9月だというのに・・・ | トップページ | 遡り日記「オカリナケース」 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介