フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

打ち合わせあれこれ♪

きのうは久しぶりに我が家にて、
ボーカルのたかちゃん&FOMALHAUTが集合

来年1月27日に予定されている、清水江尻交流館主催、
「新春オカリナコンサート」の曲出しを主に、
途中、来月15日のGRUNライブとか、
まだ日程の決まらない来春のライブにも
あっちゃこっちゃ話が飛んだりしながらの打ち合わせ。

新婚のたかちゃんは、
このところ少しだけ歌をお休みして
新居で愛する旦那さまと新しい生活を送っていたので
会うのも久しぶりだったし
こういう形の打ち合わせもすごく久しぶり・・・。

FOMALHAUT、+ボーカルのときは、
まず歌う本人が今どんな曲を歌いたいのか、
そして私たちがどんな曲を歌って欲しいのか、
(オリジナル曲も含めて)
・・・というところから打ち合わせは始まります。

お互いから出てきた中で知らない曲があれば
即、ネットで動画か音源を探してみんなで聴く。
絶対音感があるPおじさんがいてくれると
鍵盤が無くても聴けばkeyがわかるのでとても便利。(笑)

それが数曲出そろうと、
そのライブの「テーマ」が自然に見えてくるのです。

その日のその時間、その空間をこんなふうに作りたい。
こんなふうに伝えたい。
来てくださる方が笑顔で帰って行けるよう・・・
なんて、そんなこと別に口にするわけじゃないけど、
同じ思いが繋がって、テーマが決まり、
自然に楽しいアイデアが溢れだす・・・。

こういうミーティングが何より楽しい。
当日のライブがリアルに見えてきて、
ワクワクしてしまう。

というわけで、今年もサプライズな演出込みで、
楽しいライブになりますよ。
もちろんリクエストコーナーもあり。(^^)/

1月27日(日)午後2時より、「新春オカリナコンサート」
清水江尻生涯学習交流館 1F いきいきホールにて。
出演:FOMALHAUT&Tacaco 
休憩を挟んでの2ステージ。
毎年100名を越える方が来てくださいます。
参加費無料ですが、要予約。
ご連絡は江尻生涯学習交流館まで。
(静岡市清水区小芝町3番35号 054-367-3321)

皆さまのお越しをお待ちしております。ヽ(^o^)丿

あ、急遽決まった今週末のライブも
よろしくです!!(^^ゞ
(12月1日(土)午後1時半~長泉町 いずみの郷にて)

2012年11月27日 (火)

今週末のライブ♪

12月は、関係者のみ参加の、プライベートライブが
いくつか予定されているのですが、
そのうちの候補のひとつだったライブを
オープンでやることになり、
しかも急きょ今週末の開催となりました。

12月1日(土) @長泉町いずみの郷
午後1時半スタート 
出演:オカリナ古庄 & ギター鈴木英敬

もともとは、長泉町の杉山さん宅にお邪魔しての
お勝手ライブの企画だったのですが。
(お勝手ライブとは、誰かのお宅のお勝手
(またはリビング)でやる、勝手な出前ライブのこと)
杉山さんのお宅近くの 
いずみの郷 という福祉会館での開催となりました。

これにより、どなたでも参加できるように
なりましたので、
お近くの方はぜひ遊びにいらしてください。
併設のデイサービスのお年寄りの皆さまも
来てくださるようです。(^^ゞ

2012年11月20日 (火)

準グランプリ受賞!

先日、静岡県高等学校吹奏楽祭が
富士ロゼシアターで行われまして。

娘が所属する吹奏楽部がなんと準グランプリを受賞。
得意のポップスで受賞できたので喜びもひとしお。

・・・でも同時に、
グランプリ(1番)が取れなかったということで、
部員一同、かなり悔しかったみたい。

帰りの車の中で娘、
「悔しい!でも嬉しい!あ~、でも悔しい!でも嬉しい」

グランプリにわずか1点届かず準だったことが悔しい。
だけど浜松の強豪校を抑えての受賞はすごく嬉しい。
自分たちが準グランプリをとれるなんて・・・。
(目が☆☆☆)

指導のK先生がこんなことを言ってたそうです。
「1番じゃなきゃダメなんですか?2番じゃダメなんですか?って
誰かが言ってたよなぁ、 やっぱり2番じゃダメなんだ!!」

グランプリを取ると、来年の夏には長崎に遠征だそうで、
わずか1点差でその機会を逃し、
準グランプリだったその悔しさをバネに、
来年のリベンジにむけて頑張るそうです。

ほとんど毎日部活終わりは夜9時。
駅まで徒歩40分かかる山の上だから
親の迎えがなければ成り立たない。
土曜も日曜も、とにかく休みという休みがなく、
部の在り方への疑問も残ったままの この半年。

それでも娘はその中で想像以上に力を蓄えて、
友達との関係を築き、演奏も驚くほど上手くなってる。

母の憂いや想像を遥かに超えて、
成長しているんだよね。

娘が初めて体験している、
山の頂きに届かぬ悔しさと、その頂きに届きそうな自信。
そのどちらも母は経験していないことなので
そんな娘を眩しく感じます。

子供が高校生になっても子育ては面白い。
未知の世界を見せてもらえるって、
嬉しいことです。

というわけで。
そんな彼らの演奏をぜひぜひ間近で感じて頂きたいと、
親バカな母は、
星陵バンド、クリスマスコンサートのお知らせを
ここに載せてしまうのだ。

527546_172761286195355_149833703_n

バンドの演奏もさることながら、踊って歌って、
走り回る、全力少年少女たち。

弾ける高校生バンドの演奏をぜひ一度、
ご覧頂きたいと思います。

中学生以下無料。(チケットなしでも入場できます)
一般チケット500円です。ご連絡ください。(^^)/

2012年11月18日 (日)

きょうはBENにてUNOライブ。

きょうはUNOさんのライブに行ってきました。
UNOさんはご夫婦の、ニュースパニッシュデュオ。
ゲストに山下topo洋平さん。
topoさん相変わらずかっこえがった~。
風邪がまだ抜けていないコンデションだというのに、
吹き始めたらあの音、あのプレイ。
あの、がどんな「あの」か知りたい方は
ぜひライブにおでかけください)

まさに笛吹きが惚れる笛吹きです。

来年はね、
topoさんとまたライブしますよ。
いつかやりたい、とか言ってるといつになるかわからないので
やるぞ、と決めました。
来年の春から、遅くとも夏までに。
FOMALHAUTのゲストとしてお呼びします。
しかしtopoさんの場合、ゲストは名目。
またジョイントライブのときの
オカリナとケーナ(&サンポーニャ)のデュオを、ふたたび。
ぜひぜひぜひ、たくさんの方に聴いて頂きたいと思います。

相方(猫やのPおじさん)にはまだ話してない。(^^ゞ
なのにここにこうして書いてしまう、
勝手なオカリナ吹きであります。

(^^)/というわけでPさんよろしく。

2012年11月16日 (金)

行ってきました。

きょう(きのう)はお久しぶりの東京。
ひとりでお茶ノ水散策(楽器屋めぐり兼ねる)してきました。

2012111514530001_2

明大近くの文化学院。
ビルになった今でも
エントランスの建物は昔の雰囲気残していて懐かし。

楽器屋さんには
パーカッション系の小物やカホンを目当てに行ってみたけど
お茶の水の楽器屋さんは
ギターやさんだらけだってことをすっかり忘れてた。(^^ゞ

というわけで楽器の収穫はなんもなかったけど、
久しぶりの都会散歩はなかなかに楽しく・・・

2012111515140000

↑ニコライ堂の脇を通って都営新宿線小川町まで。
地下鉄で大島のコカリナ協会に。

黒坂さんにお会いして、
コカリナ公認講師資格更新させていただきました。
といっても相変わらず講師として、
なんのお役にもたっておりません。
お金頂いて教えたこともないし、
講師コンサートにも出たことない。
そういう意味では申し訳ない限りなのですが・・・。

でも、それでも不肖なわたくしなりに、
土の笛、木の笛、竹の笛、
自然からの贈り物である
これら素材の笛たちの声を届けられるよう、
これからも頑張っていこうと思っております。m(__)m

しかし東京は・・・当たり前だけど高いビルだらけ。
なんだか空ばかり見上げてしまうのは
なぜだろう・・・。

地方に住んでいると高い建物がないぶん、
いつも当たり前に空が広がってる。

東京に行くとビルの谷間で見えない青を探して
ついつい上を見上げてしまうのかもしれない。

ちょいと疲れました。肩、凝りました。
でもとても有意義な一日でした。(^^)/

2012年11月15日 (木)

晴天ありがたく。

晴天ありがたく。

新幹線車中です。
毎度のことながら、
電車から富士山撮るのはむずかしい。(^^ゞ

協会に行く前に、
せっかくなのできょうはお茶の水に、
楽器やさん巡りなど。

行ってきます。(^^)/

2012年11月14日 (水)

本日の富士山

本日の富士山

絵に描いたような雲。
娘の学校から見える富士です。
きょうは進学ガイダンス。1年生なのにもう大学のことなんだね。(^^;

さて明日は東京に参ります。
コカリナ協会に、公認講師資格更新です。
(^^)/

2012年11月10日 (土)

タマゴボウロ

パソコンの調子が悪くてネットに繋がりにくく、
何をやるにも速度が遅くて・・・。
ブログ更新できず、動画編集もままならず、
なんとかしなくちゃ、と
ひたすらあちこちいじってシステムの最適化とか~。
バックアップとって、いらないソフトやファイル捨ててみたり、
んなことしてたらなんとかなってきました。
やっとブログ更新できるよ~。(^.^)

けど根本的に何が悪かったのか・・・
じつははっきりわかってない。

わかってないのに直るってのはどういうこっちゃ、
と思いながらも、とりあえずよしとします。
いつもこんな・・。

てへ。(^.^) 

というわけでごめんなさい、
予告していたワルツライブの動画は
いま少しお待ちくださいませ。m(__)m

**********************

で、そんなこととは無関係な、ある夜のお話。

コンビニで娘がタマゴボウロを購入。
帰宅後、それを食べながら勉強してたのだけど
ホットカーペットはぬくぬくと温かく、
眠くなった娘はカーペットの上で寝落ちしてしまった。

そこに若猫マルちゃん登場。
タマゴボウロを欲しがるので、どうせ転がすだけだろうと
ひとつ、マルの前に置いてみたらば。
案の定コロコロ転がしてしばらく遊んだあと、
何を思ったかそのタマゴボウロを口でくわえて娘の側に・・・。

Tシャツがめくれて見えていたおへその上に
そのタマゴボウロをそっと置いたのであります。

マルは何事もなかったようにその場を立ち去り、
あとに残されたのは
眠り呆ける娘のおへその穴に
すっぽりと鎮座するタマゴボウロ・・・。

ひとりで笑い過ぎた。
あ~あ、写真撮っておけばよかった。(^_^;)

なんてこの話もここに書いちゃうと
お嬢に怒られるかもね。(^^ゞ

2012年11月 5日 (月)

WALTZライブ終了~♪

土曜は、三島ワルツでのライブ、無事終了いたしました。
こんなに雰囲気のいい素敵なお店で、
(古庄の)笛と(すーさんの)ギターのライブとは・・・。
いったいどんなことになるのやら、と思いましたが(笑)

結果、満席以上のお客様が来てくださって、
(オーナーユウコさんのおかげです)
ユウコさんもサプライズゲストとして歌で参加。
あったかいライブになったのではないかと思います。

今回は初めて挑戦する曲も数曲あり、
終始よい緊張感の中での演奏でした。

すーさんとのコラボでは初めてオカリナのバス菅も使用。
リコーダーはアルト、テナー、竹のホイッスルも。
持ち替えで、音階の感覚が付いてゆけずに
撃沈してしまった曲もありました。(T_T)

あれこれ挑戦してみて、撃沈した曲、良かった曲、と、
ムラはあったけど得るものはすごく大きかった。
良くも悪くもすべて含めて次回への足がかりになります。
よし次はああしよう、こうしよう、と、
次回のライブが見えてくるのはとても嬉しい。

すーさんとのコラボも回を重ねてきて、
いい感じに進化してきたのではないかなぁ、
(^^ゞ

来てくださった皆さま、本当にありがとうございました。
ワインとお食事の後だというのに、
本当に静かに、集中して聴いてくださって嬉しかった。

オーナーのユウコさん始め、
スタッフの皆さま、大変お世話になりました。
ありがとうございました。
そして何より企画してくれたすーさんに多謝。

またやりましょう。

ビデオはまた、1stステージを撮るのを忘れ、
2ndだけになってしまいましたが
今回もダイジェストという名のいいとこどりを
ただいま絶賛編集中~~。

店内暗かったので画面真っ暗で
いい感じに顔が見えない。(笑)
数日中にアップできればと思っておりまする。

(^^)/

2012年11月 2日 (金)

みゆき

きゅうに思い立ってみゆきに電話してみたよ。
ここ数日、彼女を思い出すようなシーンを
見聴きすることが多くて、
どうしているだろうと急に気になってしまったから。

脳性マヒで重度の障害を持つ彼女は車椅子の生活。
自分の手で食べることだって難しい。

20代のある日、自分がやりたいことをやる、
自分のために自分の人生を生きる、と決めて、

施設を飛び出して、惚れた男を追いかけて上京、
結婚、出産、子育てをやりとげて、そのうえ離婚までして、

今は50代半ば。もう孫が小学校4年生になったって。

20代の終わりころから30代の始め、
彼女の車椅子を押してよくでかけた。
電車に乗るのも、バスに乗るのもほんとに大変で・・。
世の中は障害者のために何も機能してない、ということが
よくわかった。

今では信じられないことだけど、
できたばかりのディズニーランドのレストランでは
車椅子での入店を断られ、
みゆきは大きな声で怒って抗議してたっけ。

一緒に電車に乗って長野まで・・・。
彼女の実家に泊めてもらったこともありました。

彼女は、あれして、これして、って要求激しく、
とっても我がまま。

だけど
こんな身体だから我がまま言わないと生きていけないんだって
健常者と同じように、したいことするには、
人に迷惑かけなくちゃできないんだって、
泣き叫ぶように主張する・・・。

そんな彼女だから何度も介護の人とぶつかり、
親とぶつかり、義理の親ともぶつかり、

でもけしてへこたれないで生きてきた。
結婚なんかしてはいけない、
子供なんか育てられないんだからおろしなさいと言われても
育ててみせる、って不自由な身体で出産して、
おっぱいあげようともんどりうって、
でも上手にできなくてまた泣いて・・・・。

でもそしたら子供のほうがおっぱいに食いついてきたのです。
その子は、少し大きくなったら自分の背より大きい車椅子を
押しはじめた。

みゆきは私に、生きることを見せてくれました。

この前会ったのはいつだったか・・・
もう7~8年経つかもしれない。
きょう、久しぶりに聴くみゆきの声はとてもとてもおだやかだった。

「来年の春にまた本が出るんだよ」って。
彼女の壮絶な人生を語った物語と、詩集、
もう出版は4冊目になるらしい。

そしてこんなこと言うんだ・・・。

もうね、身体がほとんど動かなくなっちゃったんだよ。
でもね、そのぶん、
いいことがたくさん起きている気がするんだよ。
毎日ヘルパーさんがきてくれて、
ほんとに楽しいんだ~。

なんだか泣きそうになってしまった。
このひとはこうしていつでも
大切なことを教えてくれる。

来年の春、彼女の本が出たら
お祝いの花を持って会いにいこう。

(↓の本は1999年出版のものです)

1458

2012年11月 1日 (木)

譜面チェック♪

仕事の合間を縫ってはセコセコと分刻みで
アルト&テナーリコーダーを吹いています。
パソコンが譜面台がわり。

2012110116580002

でもこれは仕事場が実家でしかも
社員は私ひとり、だからできること。
ふつーの会社でパソコンに向かって笛吹いてたら
どんなことになってしまうのか。

しかし久しぶりに大きいリコーダーを持つと
指に来ますな~・・・。

オカリナとは、楽器の重さがかかる場所も違うし
指の動きかたも違うので。
オカリナでは使わない指の筋肉がひくひくいってまっせ。(笑)

懐かしいテレマンの曲でも指を動かしているのだけど
なかなか昔のようには・・・。
でも少しずつ感覚を思い出してくると
リコーダーもすごく楽しい。
もともと私に笛の楽しさを教えてくれた笛ですから。
(日本語おかしい?)

笛と会話して、
笛たちと話し合うのが楽しい、なんて言ったら
笑われそうだけど・・。
今回もリコーダーたちと
お久しぶり~な会話が弾んでおります。

今週のライブですーさんはガットギターだけでなく
スチールも使うので、
ギターの音色が変わるとこちらも同じではいられない。
あれこれ笛を持ち替えながら音色を替えてみる・・・。
竹ホイッスル、リコーダー、オカリナ、コカリナ、
どれを使うのが一番いいのか、またどのkeyでやるのか、
探っていく作業がこれまた面白くて。

もちろんオカリナでなくちゃ、というのも、
これはリコーダーでなくちゃ、も、もちろんあり。

そんなこんなの集大成、
今週のライブが楽しみです。(^^ゞ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介