フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« アルバムアップ | トップページ | 明日はプチエコーでライブ »

2011年7月15日 (金)

topoライブ追記♪

今回わたくしはゲストで参加させて頂きましたけれども
ライブの主催側でもあり、
一ファンでもあり、オーディエンスでもありました。
topoさん始め、QUARTETの皆さまに感謝と敬意を表し。
メンバー紹介をば。

110710061a

渡辺かづきさんのピアノは
美しくキラキラと瞬く星くず。水面に揺れる灯。

110710078a

国分さんは常にニコニコ。
こんなに楽しそうにベースを弾く人がいるだろうか?

110710040a_2

ご存じパーカッション栗山、略してパークリ。
「丑年生まれです。何事も牛歩のごとく遅いです。」などと言いながら
大地の鼓動のようにゆるぎないリズムを刻む男。

110710031a

そして、ケーナ・サンポーニャ、モンスター山下topo洋平。
トポとはモグラのことだそうで。
モグラくんはなんと笛吹きながら歌も唄います。
どこまでも突き抜けてゆくケーナの音色。

笛吹く姿はまさにKOKOPELLI。

110710030a_3 

そしてこれがアメリカインディアンに伝わる
妖精ココペリ。笛の音色で人々を幸せにしたそうです。

20091013_3205875 

くりそつだ・・・。

またぜひこんな機会があれば嬉しいです。
来てくださったみなさまに感謝をこめて。(^^)/

110710121a

« アルバムアップ | トップページ | 明日はプチエコーでライブ »

コンサートレポート2011」カテゴリの記事

コメント

もう、本当に楽しみに伺いました~♪

震災で中止になり、4か月が経っての振替公演。

Topoカルテット☆素晴らしいライヴでした!

Topoさんのケーナと古庄さんのオカリナの極上の二重奏
オカリナの音色が耳に入ってくるや、鳥肌・全身に身震いが起きたのでした。
聴き入りましたよ~!

1週間が経とうとしていますが、
「アルバム」を拝見しながら、まだまだライヴの余韻に浸っていたく、幸せを感じています

カルテットの演奏は最高ですし、古庄さん、スタッフのみなさん、そしてBENさんの温かさにつつまれ、充実のひと時を、たくさんの皆さんと過ごせたことは、本当に良い思い出となります♪
ありがとうございました。

ps; ライヴの時に販売されていた「シオン」さんのパン!
と~っても美味しかったデス(*^^)v


愛さま
早朝から何時間もかけて遠くから来てくださって
本当にありがとうございました。m(__)m

震災からこの4カ月間は、
特別な時間だったような気がします。
4ヶ月待ったからこそ、
のライブだったのかもしれませんね。

私もあのメンバーの中で演奏できたことを
とても光栄に感じています。
topoさんとのデュオは私にとっても鳥肌です。(笑)

遠いですけど、
次回はぜひご主人とご一緒に来られると
いいですね。

またお会いできる日を楽しみにしています。

SHIONさんにも伝えておきますね。(^^)/
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルバムアップ | トップページ | 明日はプチエコーでライブ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介