フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 平日午後のチャリティミニライブ | トップページ | 見物? »

2011年4月 5日 (火)

オバサンは強い。

咲き始めた桜が心なごませてくれます。

3日の日曜は母校の音楽会でした。
例年の学校行事ではありますが、
自粛として花束贈呈もなし、派手な演出もひかえての
チャリティコンサートとなりました。
母校は中学高校の6年一貫教育校でありまして、
私たちが現役の頃から変わらず音楽教師を勤められた
恩師Y先生が今回の音楽会を最後に退職となり、
現役生音楽部の心こもった感謝の言葉にもらい泣き。

個人的にも音楽活動の原点となる大切なものを
育てて頂いたY先生でありますゆえ、
先生の引退、退職は感慨深く、
感謝という言葉では足りないほど・・・。

この日はそれだけではなく、
リハーサルから本番まで、長い時間を同窓生と過ごし、
50代のオバサンたちの話題は自身の健康、老いの話題から
家族、お孫ちゃんの話題。
(私は娘が中学生だけど、もう孫のいる人も多いのです)
そして当然のごとく電気、停電、震災、
果てはこれからのこの国の在り方にも言及。

楽屋では、節電節電!と電気を消しまくり、
あ、やっぱり老眼でよく見えない、とまたスイッチオン。
去年履けたスカートがきつい~。
やだもう特殊メイクじゃないと化けられない~。(笑)

女の人っていうのは直感でものを捉えて考える。
理屈なんて知ったこっちゃない。
50を越えたオバサンたちはみんなその感覚に確信を持ってる。
揺らがない。迷わない。だから強い。

子供やお孫ちゃんのいる人は特に、
孫の子供、そのまた子供のことを当然考えているわけで。

そんなオバサンたちは口を揃えて、言っとりました。

「オール電化、アホらし!!原発はいらない!!」

うーん。気持ちよかった。心強かった。
なんだみんなおんなじこと感じてるんだ。

会えば一瞬で同級生に戻れる仲間がいるってありがたい。

泣いて笑ってほっとして、
心緩み元気になれた一日でありました。

« 平日午後のチャリティミニライブ | トップページ | 見物? »

日記・コラム・つぶやき2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平日午後のチャリティミニライブ | トップページ | 見物? »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介