フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月27日 (金)

ジョイントライブのお知らせ

2010jointflya娘の夏休みが終わりました~。学校が始まってほっとしています。 去年もそんなこと書いた気がしますが・・・。 しかしまだ猛暑は終わらない・・・相変わらず暑い日が続きますね。

さて、前回のライブから10ヶ月、そんなに時間が経ったとはとても思えませんけれども、山下“topo”洋平トリオとFOMALHAUTのジョイントライブが1ヶ月後に迫って参りました。 只今急ピッチで準備を進めております。前回、前々回ともたくさんの方が来てくださって、ご好評を頂いたこのジョイントライブ、今回も同じ、富士インター近くのcantina cafe BENさんにて、9月26日(日)午後2時スタートです。(前回のライブのアルバムはコチラ

topoさんはこの1年、いろんなミュージシャンと共演。 先日新しいCDのレコーディングを終えたばかりだそうです。ジョイントライブのときにはまだリリースになっていないようで残念ですが、(発売は12月頃)出来上がりが本当に楽しみです。(topoさんのHPはコチラ

山下トリオとのジョイントは、topoさんの演奏が間近で聴けるだけではなく、一緒に演奏までしてしまう、というtopoファンの古庄にとってはまさに夢の共演でありまして。毎回本当にドキドキワクワク、です。 空を突き抜けるようなケーナ、サンポーニャと土から生まれたオカリナの音色はまさに空と大地のハーモニー。 今回もきっと素晴らしいライブになると思いますので、みなさまぜひぜひお越しください。 チケットのご予約、受け付けております。090-4119-0420 、またはメール wagmiza@mx6.ttcn.ne.jp にてご連絡ください。チケット3000円、ドリンク別1コイン(500円)です。 お待ちしております。
\(^o^)/

昨年4月のLIVEから、topoさんのケーナソロで、「コンドルは飛んでゆく」 エル・コンドル・パサです。 

2010年8月24日 (火)

東京観光親子ツアー

2010_0822_105715p8220171aこの前肉離れを起こしてしばらくは歩くことを少し避けていたのだけれど・・・・。痛みはないし、治療も終わったし、もう大丈夫だろうと思っておりました。いやまたやっちゃった、とかいうお話ではありません。(笑)これからはちゃんと歩くぞ、というおはなし。

きのうは娘とふたりで東京浅草に。 建設中のスカイツリーを見に行ったのであります。 ほんとは見に行った・・と言うより写真を撮りに行った・・・というのが正しい。写真を手に入れたいだけだったらネットで探せばいくらでも見つけられるのだけど、現場に行く必要がありました。 

夏休みの思い出 などというタイトルの絵を描かなければならない、というので、「題材だったらいくらでもあるんじゃないの?」と言うと、「だってどこにも行ってないじゃん」などと小学生のようなことを訴えるのであります。まったくねぇ・・・。

しかしそこでふと、あ、そういえば今年は大親友の美音ちゃんと会ってないし、東京に行って1日遊ぶのもたまにはいいかもね、と思いつき、そこで、とりあえず話題のスカイツリー。絵として描きやすそうだから、という単純な理由。 母に似て単純な娘は、「あ、それいいかも~」(笑)・・・ということで急きょ東京行きを決めたのであります。交通費考えたら高い宿題だ~。

2010_0822_110033p8220175a浅草側からビル群の写真を。 吾妻橋まで歩く途中でアサヒビールのビル。そして吾妻橋付近でスカイツリーを見上げる絵を撮ってとりあえず題材をゲットしたあとは、娘が一度行ってみたいと言っていた原宿に直行。 ボーカルのまきちゃんと姪っ子の美音ちゃん(中1)と合流して、4人で半日原宿散歩を楽しんだのであります。

表参道ヒルズ、裏原宿?ラフォーレ、H&M、竹下通り・・・。以前ここを歩いたのはいったい何年前のことだろう・・・。変わらない風景もあったけど、なんだか日曜の原宿は、街中お祭りみたいで。人の多さと店の多さと人種の多さと物の多さ・・・もういろんなものにすっかり圧倒されてしまいました。

しかしそれよりも何よりも。・・・猛暑の中、浅草から吾妻橋まで歩いただけで足が痛くなったおばさんは、その後さらに原宿をあちこち歩きまわり、すっかり足が棒になってしまった。足の裏も足首も、足の付け根の関節まで痛いってどういうこと? いかにふだん歩き慣れていないか、ということと、いかに体力が落ちているか、をイヤっちゅうほど実感したというわけです。

2010_0822_112332p8220185a東京に住んでいたころは新宿から高円寺あたりまで歩くくらいなんでもなかった。 こちらに帰って来てから、歩いて5分の場所でも当たり前のように車を使ってしまうから、こんなに足腰弱くなってしまったんだなぁ・・・。もちろん年もあります。

しかしこれじゃ富士山に登るなんて到底無理。登る予定はないけどね。(笑) これからは、ちゃんと歩こう・・・。歩かなきゃダメになる・・・。とひそかに決心した帰りの新幹線車中でございました。(笑) 

中学生のお嬢ふたりはそんな母をしり目に、ときどき、「はぁ~・・宿題まだ終わらないよぉ・・・」なんてため息をつきながらも原宿を満喫。 夏休み最後の日曜日はこうして幕を閉じたのでありました。

いつまで続くこの猛暑・・・。でもほんのすこーしずつ、秋の気配もしてきました。今夜の月はきれいだったし・・・。 涼しくなるまでもう少し、頑張りましょ。(^^)/

2010年8月22日 (日)

dear friends VOL3終了~♪

kurikoさんとのデュオライブ、無事終了いたしました。暑い中、足を運んでくださったみなさま、本当にありがとうございました。

2010_0821_140523p8210141aこの企画を考えついたときに、vol1で共演したすーさん、vol2のじんちゃん、に続いて、kurikoさんともぜひ一緒にやってみたい!と思ったのでしたが、いつもはほぼ単独でオリジナル曲を中心に、弾き語りライブをしている彼女と私でいったいどんなライブができるのか、まったく未知数でした。 時間をかけて、じっくり曲を選んだり、話したり、食事したりお茶したり練習したり・・・。ライブを終えて振り返ってみると、何より、ひとつのライブを作り上げてきたそんな時間が、一番の宝物だった気がします。

音楽はいいね。演奏しているときは年齢も性別も関係ない。人と人とがともに信頼しあい、共鳴しあえる瞬間。

こうしてdear friendsの企画が、思い描いた以上に、毎回実りの多いものになっていくことが本当に嬉しい・・・。

2010_0821_140820p8210143a2010_0821_141703p8210145a2010_0821_142249p8210154a2010_0821_150619p8210158a2010_0821_150647p8210160aそして。注目していただきたいのは6枚目の写真。kurikoさんを知っている方はみんな驚きの、「kurikoオカリナを吹く」の図。(笑)オカリナ2本で夜空ノムコウのデュエットを。 kurikoさんがオカリナを構えたとき、会場にはどよめきが・・・。(笑) これもただサプライズ、というだけではなく、彼女はたくさん練習を重ねて、本当に美しい音色を響かせたのであります。今回ライブに来られなかったkurikoファンは惜しいことをしました。(笑) けどほんとはね、一番びっくりしたのはオカリナ吹きのあたくしです。kurikoさん本人が「私オカリナ吹こうかな」って言いだしたのだから。そんで吹いたらめっちゃ上手だし。

さすが歌うたいのkurikoさん。歌心があるから習得も早いのです。 私はなぁんも、アドバイスも指導する必要もなく、彼女の奏でる音にただ私の音を重ねていけばいいだけなのでした。オカリナの音がきれいに重なると発生するビリり音、(kurikoさんは「耳元でささやくおっさんの声」と呼んでいましたが) これがまた、ふたつのオカリナの音色と相まって、不思議な音空間をかもしだしていたのであります。

このほかにもアメリカから仕入れた謎の音階パーカッション、「ハピドラム」(3枚目の写真で私が叩いているキャベツのような楽器)もライブデビューを果たし、もちろん「ギタリストkuriko」もデビュー!!(笑) バラエティに富んだ演奏をお届けできたのではないかな、と思います。

この企画、基本は毎回単発ライブ、でありますから、次回またふたりで、という機会はないかもしれない・・・。(でもあるかもしれない。・・・?(^^ゞ) これもまったく未知数です。でもまたこんな機会があれば、私は嬉しいなぁ。(笑)

今回も、スタッフで入ってくれたすーさん、kentさん、たかちゃん、ありがとう。そして忙しい中、美味しいロールケーキを作ってくれた石井先生に感謝。zappaビルの風~fu~さんには今回も本当にお世話になりました。ありがとうございました。

そしてそして。ともにライブを創ってくれたkurikoさん、 ありがとう。 

毎回新鮮で面白すぎるこの企画。 さてVOL4はいったいどんなことになるやら・・・? (^^)/

~~~本日アップの写真はたかちゃんが私のデジカメで撮影してくれました。ありがと~っ(^^)/~~~それから17年ぶりに会えたTさんとMさんもありがとう~~~。

2010年8月21日 (土)

きょうはdear friends Vol3

夏休みももうすぐ終わりです。学校が2学期制になってから、24日~26日くらいには学校が始まるので夏休みが短く感じます。 でもこのくらいの時期になると、親は早く学校始まってくれないかな・・・と思うのです。 なぜか。子供が家にいると、何をしていても一言言いたくなってしまうから。子供が昼寝をしていても、テレビを見ていても、アイスばっかり食べていても、「ちょっとぉ、宿題はだいじょうぶなの?」と言いたくなる。(笑) 夏休みの終わりころには「どうしてもっと早くやっておかなかったの?」と同じセリフ。毎年のことです。

自分もそうだったくせにね。親になると、自分の親が言っていたのとまったく同じセリフを吐いている・・・。いや四半世紀を超えた今だってそうかも。もっと早くやっておけばよかった・・・と思うことばかり。 計画的という言葉とはあまり仲良しになれない母子です。(笑)

さて。きょうはkurikoさんとのライブです。富士zappaビル2f、風~fu~にて、午後2時から。みなさまお誘いあわせのうえ、ぜひいらしてください。

あのライブ、見ておけばよかった~、なんて後悔しないように、ね。(^^)/

2010年8月16日 (月)

kurikoさんのこと

きのう15日は終戦記念日・・・。 母が旅立つまでは、お盆休みイコール夏休み、の我が家でしたが、3年前からはちゃんと迎え火と送り火を焚き、まこもにきゅうりとナスの馬(牛)を置いてお棚経をあげてもらうお盆の4日間となりました。

その合間にきのうはkurikoさんとほぼ半日リハーサルを。今週末にはdear friends企画の3つ目のライブが控えています。

ときどきゲストに呼んでもらったりしながらも、kurikoさんとがっつり組んで共演するのは初めて。 知り合ったのはもう6、7年?くらい前になるのだけれど、一緒にやる、という機会は今までありませんでした。 彼女、以前はjazzなどを歌うお仕事もしていたそうですけれども、今はオリジナルの曲を中心に、ここ静岡東部のライブハウスやcafeでライブを行っています。

100619123aa彼女はとても聡明で、だけどもとても純粋で、女性らしい可愛らしさの中にも深くて熱いパッションを垣間見せる、とても魅力的はひと。

歌うことが大好き!!・・・な彼女は、ひとりでも弾き語りでライブができるようにと、数年前からギターを弾き始めたのですが、今回初めて、私のオカリナのバッキングを経験することになったのであります。

私なんかのギターでいいの?と言いながら、この数カ月の彼女の努力には本当に頭が下がります。 私のオカリナのことをじっくり考えて、懸命に練習してくれました。その一途さと、何事もいいかげんにはしない、という真摯な姿勢に打たれて、私は彼女のギターでオカリナを吹きながらいつも泣きそうになってしまうのです。(いやほんとに。恥ずかしながら。

kurikoさんを知っている人は今度のライブできっと驚くことでしょう。ひとつひとつのライブをこんなに心をこめる人、階段を一段ずつ上るように努力する人を私はほかに知りません。 だから彼女のファンは多いのだと思う。

そんなkurikoさんとのデュオライブはdear friends vol3、今週末、21日土曜の午後2時から、富士zappaビル2F 陶器cafe 風~fu~ にて。 彼女の弾き語りと私のオカリナ、&パーカッション。そして彼女のギターと私のオカリナ。それだけじゃなくてサプライズ~なメニューも仕込んでおります。(笑)今までのkurikoライブを見ている方にはいつもと違うkurikoさんを発見できるライブになると思うし、私のライブに来てくださっている方にも、いつも以上に楽しんで頂けると思いますので、ぜひぜひいらしてください。 石井さんの美味しいお菓子とお茶が付いて1500円、です。(^^)/ ご予約お問い合わせは古庄まで。090-4119-0420

この企画・・・我ながら本当に面白い・・・。

2010年8月15日 (日)

鴇田邸オカリナソロライブ終了♪

先週に引き続きの十里木オカリナソロライブ、無事終了いたしました。ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。

さて十里木のお天気、先週とは違って、みごとな 霧 でございました。登っていく途中、丸火公園あたりからどんどん視界が白くなり、5メートル先がかろうじて見えるくらいの深い霧に突入・・・。 たまたま車中でかかっていたのがケルト音楽だったので、なんともいえず幻想的で、ハリーポッターの世界に誘われるような気分でした。この森の先にはもしかして魔法学校が?・・・なんちって。

そんな天候にもかかわらず、足を運んでくださったみなさまに感謝です。

2010_0814_181625p8140083a写真は本日のオカリナテーブル。こんなにきちんと整列しているのはめずらしい・・・。(笑)始まる前に撮ったからですが。 ここに並んでいるオカリナコカリナリコーダー、一本だけを除いてほとんど全てを使いました。 窓の外に見えるのは鴇田邸のお庭。そして下の写真はライブ開始15分前の会場です。

オカリナ一本勝負、というのはもちろんやってやれないことはありませんけれども、聴き手のことを考えると、手を替え品を替えてもぎりぎり40分くらいが限度なのかな、と思います。 たとえばどんなに素晴らしい歌い手でも、アカペラで1時間歌い続けるのを聴かされたらどんなだろう・・・。 やっぱりほかの楽器との共演がないと、いいライブを創るのは難しい・・・。 (最小でも)ふたつの音を出したときに起こる響きとグルーブ、そのものが音楽、だと思うのです・・・。

2010_0814_181809p8140090aたったひとりで演奏していると、それはそれで成り立っていることもちゃんとわかっているのだけれど、自分の頭の中だけで鳴っているほかの楽器(ピアノやギター)の音が、ひとりよがりのような・・・申し訳ないような・・・つまらないような・・・もどかしさをどうしても感じてしまう。(笑) たとえて言えば、食パンしか作れないパン屋さん。アンパンも焼きソバパンもジャムパンも、そしてバケットも作りたいのに、プレーンな食パンしかありませんごめんなさい~。って。(笑)

だけどどうだろう?とびっきり美味しい食パンだったら単独でもイケルのかもね。・・・ってことは古庄、まだまだ修行が足りないだけなのかも知れません。(笑)

まぁいずれにしてもです。今回はオカリナソロと、すーさんのギターとのデュオ、両方を楽しんで頂けたようでよかった。一緒に演奏してくれる人がいるって、なんて幸せなのだろう・・・すーさんありがとう。いつもの相棒Pおじさんにも感謝です。 不肖古庄、これからも精進いたします。(^^)/

2010年8月14日 (土)

変化していく和製英語

Main_imgきのうは娘とトリノ・エジプト展を見に県立美術館まで。 駐車場に入るまで30分待ちの渋滞。、入場してからも人・人・人・・・なかなか前に進めず、人の肩越しにガラスケースを覗き込みながら、という感じでした。それでも門外不出のツタンカーメンなど、見る価値はあるかな。22日までの開催だそうです。土曜の夜が空いているそう。

そのあと美術館を出て静岡の街中に行っても混んでいて、またもや車を停めるのに四苦八苦。すっかり疲れて帰ってきました。(笑)

お嬢お目当てのティーンズのブランドは「マルイ」の中にあって、夏物70~80%セール!の文字にテンション上がり、(笑)女の子はセールに弱いね。あれもこれも欲しくなってしまう気持ちにブレーキかけつつ、どうしても欲しいもの厳選でお買いものして参りました。

お店で、娘が手にとった、トップスとパンツがひとつになった「ツナギ」。「いいじゃんこのツナギかわいいじゃない」と私が言うと、←こんな顔して、「おかぁさん、ツナギとか言うのやめて。今はね、オールインワンって言うの」と。 「えっ、おかぁさんの時代にはツナギ、またはオーバーオールと言うんだよ」「ちょっとっ、大きな声でしゃべらないで!今はオールインワンなのっ!」ふぅ~ん・・・。

家に帰ってから、じーさまと一緒に食卓を囲み、そんな話をしていたら、今度はじーさまが、「大人の寸法で大丈夫なのか?」  娘の顔がまた←こんな・・・でつぶやく。(笑)「す・・・すんぽう・・・って・・・。」

和製英語は危うい。時代によって変わっていくものでございます。特に洋服(ファッション)の呼び方と形態は私の若い頃と今はまったく違っていて、そいえば今はみかけることのない、夏のおばさんの風物詩、「シミーズ」ってどういう意味だったんだろ。おじさんのステテコ・・・って何語?今は上着はアウターだし、シャツはトップス、そういえばむかしムームーってあったよね。あれってどこに行ったんだ?

さてさて。先週に引き続き、きょうも十里木別荘地 鴇田邸にて、オカリナソロライブ。前半はオカリナ一本勝負、後半はすーさんのギターとデュオでお送りします。1000円ドリンク付です。予約なしでも直接会場にお越しください。十里木ドライブイン向かいの別荘地入口を入って直進、ペンションレッドフォックスの角を右折して、2本目の角を左折、そのまま道なりに進み突き当たり付近まで。 18時半スタートです。お待ちしております。

2010年8月13日 (金)

治療終了です

きのう病院に行って、とりあえず肉離れでの病院通いは終了しました。ご心配おかけしました。もうフツウに歩けます。(笑) 

明日からお盆休みなので、娘と一緒に美術館&ショッピングに行く予定。・・・といっても美術館は娘の宿題がらみだし、ショッピングもきっと娘が行きたい109とか。終日娘に付き合うデートになりそうです。

でもね、私の身長をちょっとだけ越した娘。いまどきの子供らしく手も足も長くて顔は小さくて。 こちら手も足も短くて中年体体型のおばさんとしては、その差大きく目立ってしまうので、あんまり一緒に歩きたくないのよねぇ・・・。

でもま。そんなことはどうでもいっか。 母子デートも今のうち。 

明日からまたあっつくなるそうですよ。残暑厳しくなりそうな今年の夏。 みなさまどーぞご自愛くださぁい。(^^)/

2010年8月 9日 (月)

ラストコンサート終了♪

サマーコンサートIN十里木高原2010、無事終了いたしました。会場まで足を運んでくださったみなさま、ありがとうございました。

今年は最初から屋内での開催が決まっていたので天候の心配はありませんでしたが、そんな日に限って、(笑)いやラストコンサートにふさわしく、本当に気持ちのいい晴天で、じつに過ごしやすく、日中は夏仕様の富士山がはっきり見えて、夜になったら空には星がたくさん輝いていました。

たかちゃんがたくさん写真を撮ってくれたので、またまたアルバムを作成いたしました。ブログ左にもリンクを付けましたので行ってみてください。

サマーコンサートIN十里木高原2010 ←クリック。

8年、と一言で言ってしまえば簡単だけれど、小学校に入学したばかりの娘が14歳になり、私の背を超えるまでに成長してきた時間です。親戚一同が会する「真夏の正月ライブ」、と言われていたイベントが終了したのは少し寂しい気がしますけれども、ひとつ何かが終わるということは、またひとつ何かが生まれるということでもあります。

前回の記事と重なってしまいますが、あらためまして。 
毎年続けて共演してくれたギター・ボーカルのじんちゃん、フォルクローレ、インティワタナ~アンデネスのみなみなさま、(ご隠居メンバー含む) FOMALHAUT相棒のPおじさん、東京から毎回参加してくれたボーカルのまきちゃん、&姪っ子の美音ちゃん、ギター・PA担当のすーさん、そして1年参加、コカリナの長橋夫妻、O★PASTAのスパちゃん、マリンバの増田さん、元和音ボーカルのたかちゃん、それからカメラ担当のふくちゃん、ビデオ担当のケントさん、

そして主催してくれた鴇田ご夫妻と、スタッフとして、裏方として、かかわってくれたすべての人に、心から感謝をこめて。

ありがとうございました。m(_ _)m

***********************

今週14日の土曜は会場同じく、十里木鴇田邸にて、18:30~、オカリナソロライブを開催します。ゲストはギター・すーさん。1000円ドリンク付き。こちらもぜひ~。

2010年8月 4日 (水)

お知らせ

今週末はいよいよ毎年恒例の「サマーコンサートIN十里木高原」です。 8年続けてきたこのイベントですが、諸々の事情で来年以降の開催が難しくなり、今年のコンサートを最後に終了することになりました。

十里木高原は標高1000メートルに位置する富士の麓の別荘地。今までの基本は野外コンサートでありますから、雨に降られるのは困ります。でもお天気の神様はみごとに、毎回違う課題を私たちに与えてくれました。 遠くで雷が鳴って、いつ降ってくるかとヒヤヒヤした日もあれば、3メートル先さえ見えないくらいの真っ白な霧に包まれた日も。 終わったとたんに大雨、なんてこともあったし、もちろん終始気持ちよく晴れた日も。ぎりぎりまで天候読めず、野外でやるのか室内かを開始時間直前に全員の多数決で決めた日もありました。(笑) 天候の変化に右往左往しながらも、みんなで作り上げたこのイベントは、どんなシーンも笑顔で綴られた、忘れられない思い出のアルバムのようなものです。

毎年来てくださったみなさま、また一度でも会場に足を運んでくださったみなさま、本当にありがとうございました。出演してくれたみなさま、スタッフとして力を尽くしてくれたみなさま、そしてかかわってくれた全てのみなさまに深く深く感謝しております。

・・・なぁんて書いちゃうともう終わってしまったみたいですが、ラストコンサートはこれから。さて最後はどんなハプニングが待っているのやら。 今週末7日土曜日、十里木高原別荘地、鴇田邸にて午後2時より。最後もとびきり楽しく盛り上げたいと思っておりますので、残席わずかではありますが、ぜひぜひ、いらしてください。お待ちしています。(^O^)/ ご予約は古庄まで。090-4119-0420

2010年8月 1日 (日)

SHIONオカリナライブ終了♪

きのうはベーカリーカフェ、SHIONさんでのライブ、無事終了いたしました。小さな会場ではありますが、shionさんのあったかい思いのこもったライブになりました。 演奏している途中にはパンが焼ける美味しそ~~~な匂いが漂ってきて、中学一年生の娘さんが焼きあがったばかりのパンを席まで運んでくれたり、まさに美味しい手作りのライブ。こういうのっていいなぁ、こういうライブを大切にしていきたいなぁ、と。あらためて思いました。 ステキなライブを開催してくださったshionオーナーのKさんに感謝です。shionさんのつぶやき ←はコチラ。

暑い中、ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。満席だったので、お断りしなければならなかった方には本当にごめんなさい。また次の機会にぜひいらしてください。

ライブ終了後、SHIONさんのパンをたくさん買って帰りました。どれも美味しくてまた感動。お近くの方はぜひ一度食べてみてください。お勧めです。

2010_0731_174044p7310077a_2さて帰宅後はあるアレンジ曲の録音作業をささっと仕上げたのでありました。(仕上げたのは私じゃなくてPおじさん) 

夜になると、さすがに左足がダルくて少し疲れました。でもきのうはこんな状態の私を気遣って、すーさんが朝から機材の積み込みを手伝いに来てくれて助かりました。すーさんほんとにありがとう。 

今週末7日(土)はいよいよ十里木のイベント、十里木別荘地鴇田邸にて午後2時からです。詳細はLIVE INFOをご確認ください。そして14日(土)は同じく鴇田邸にて、夜18時30分より、オカリナソロライブ。ゲストにはギターのすーさん。こちらもぜひ。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介