フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 花の風コンサート2010 蘇州夜曲 | トップページ | 今年の十里木詳細など。 »

2010年6月14日 (月)

CDそしてDVD

なんだか梅雨がそこまで来ているような、しっとりと湿気を感じる今日この頃でございます。確か去年の梅雨はスコールのような雨が何度も降った気がしますが、今年はどうだろう・・・? 19日の土曜はkurikoさんのソロライブ。私はゲストで参加します。この日は雨が降ることを前提とした「雨の日ライブ」なのであります。雨は濡れるし動きにくいから嫌われがちですけれども、実は雨の日って案外好き、という人はけっこういるんじゃないかな。雨を歌った曲も多いし、それぞれの人生の中で「あの日はあんなそんなこんな雨が降っていたなぁ・・・」と、誰もが思い出す「雨のあの日」を心の中に持っていることでありましょう。

でもオカリナという楽器は湿気に弱く・・・。高音が出にくくなったりするのでじつはオカリナ吹きには頭の痛い季節だったりします。

さて、今週末の報告。・・・金曜はそのkurikoライブの「現場リハ」でした。cafeフォーシーズンズの営業が終わる夜9時から。ガラス張りのお店の音響は素晴らしく、オカリナの音が気持ちよく響きます。当日が本当に楽しみ。雨が降って本当に雨の日ライブになることを祈ります。(ライブの日に雨を願うのは初めてかも) そしてきのう土曜は久しぶりにすーさんと打ち合わせ&リハを・・・。すーさんとは20日に歌声cafe、プチエコーさんでライブです。 そしてそしてきょうはkurikoさんのCDのレコーディングに参加して参りました。kurikoさんの弾き語り(ギター)にオカリナを重ねるというシンプルなレコーディング。たった1曲なのだけれども、その1曲に彼女が込めた思いに、そっと、いや力強く、後押しできるような音にしたかった・・・。ミキシングは気心音心知れたじんちゃん。仕上がりがとっても楽しみです。

レコーディングを終えて家に戻るとまもなくPおじさんとサムライが来訪。以前ちらっと書いた、FOMALHAUTの「謎のDVD」の一部を見せて頂きました。まだ内容について語ることができませんけれど、サムライ藤原氏の感性とプロの仕事に脱帽。いつ、どういう形でみなさんに発信することができるかまだ未定ですが、楽しみにしていてください。

思いを言葉にする・・・メロディに・・・音にのせる・・・曲にしていく・・・それだけでもすごいことだと思うけれども。それをCDに、DVDに、と形にしていくこともまた、すごいことです。「すごい」なんて稚拙な言葉でしか表現できないのがもどかしいのだけど、それはけしてひとりではできないこと。誰かの手を借りる、ということでもなくて・・・、

「出会い」そのものが、新しい何かを生み出していくことなのだということを、深く熱く実感した一日でありました。

« 花の風コンサート2010 蘇州夜曲 | トップページ | 今年の十里木詳細など。 »

日記・コラム・つぶやき2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花の風コンサート2010 蘇州夜曲 | トップページ | 今年の十里木詳細など。 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介