フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

奥行き

きょうから娘の学校が始まりました。 終わった~!夏休み~!
(^O^)  長い休みが終わって学校が始まるとほっとします。

中学生(娘)の夏休みは部活から始まって、毎日宿題宿題の日々でした。 なんでこんなにたくさん?と思うほど宿題が出ていて・・・ 休み当初からけっこう頑張ってやっていたと思うのだけど、それでも間に合わないかもしれないと言って、結局最終日のきのうは、後回しにしていた絵画とポスターを遅くまで描いてました。こんなに宿題が多いのは、ゆとり教育の見直しで、範囲がまた広がるから? 娘は今年の夏、一度もプールに行くこともなく、学校の宿題、塾、さらに塾の宿題にも追われて遊びにも行かず、ときどき友達と電話やメールでやりとりしているのを聞いたら、「(友達)みんな宿題間に合わないかも、って言ってる・・・」と・・・。2年3年と受験が近づくともっと大変になるのに、せめて1年生の夏くらい遊ぶ時間を作ってあげたかった。

ゆとり教育っていったいなんだったのだろう? と、その制度の真っ只中で子供を育てて来た親たちは憤っておりますよ。 いやほんとに。 子供たちも先生も親も、すっかり振り回された感があります。そして一番その犠牲になったのは子供たち。

私が小学生の頃は、もちろん土曜日も授業がありました。 ある土曜日にはおっきな「画板(がばん)」を肩から下げて校庭に出たり、浜辺まで行ったりして写生をしました。 今の小学生は「画板」なんて持っていません。外に出てゆっくり時間をかけて「写生」する余裕がないから、画板なんて必要ない? そういう授業こそ、ほんとは「ゆとり教育」と呼ぶのじゃないの?と思うのだけど。

小学校のときに写生をしたことがないから、中学生は風景が描けない。上手いヘタのことではなく、距離感、奥行き、遠近感、を表現できない・・・ 遠近法という知識はちゃんと持っているのにね。そのかわり(マンガやキャラクター的な)平面的な絵はほんとに器用に描きます。

いやつまり風景画が描ける描けないの話ではなく、(笑) 

どんなことにも、どんなものにも、「奥行き」ってものがあって。それは風景だけじゃなくて人間関係だって音楽だってひとりひとりの生き方だって同じ。 平面的にしか物事を捉えられないと、良いか悪いかだけに流される。薄っぺらなものに騙される・・・。どちらが良いかといつも迷う人生だったり、 悪いものをただ非難するだけだったり。 人の奥行きを感じられなければ、その人のことを理解することはできないし、自分の奥行きを隠してしまうと、理解を得ることは難しい。 音楽で言えば、ただ音符を正しく追うだけの演奏が何も伝わらないのと同じ。 

じゃぁ人の「奥行き」とは何かというと、私はひとえに「経験・体験」に基づくものだと思うのであります。体験がなければ、感じ取ることもできないし、学ぶこともできない。そして知恵も浮かばない。体験がなければ想像力だって養えない。 自分を見失わないためには、奥行きを知ることなんじゃないだろうか・・・。

なんて・・・そんなことをつらつらと思いながら、娘が頑張っている姿を見守っていた母です。(笑)ちょうどテレビではイモトが走り、選挙速報が流れていた頃。

大きくブレた日本の政治。新しい政権にかわったら、奥行きのある政治に変わって欲しいものでございます。 

2009年8月28日 (金)

バンザイネコ

IsmfilegetIsmfilegeta娘がケータイで撮りました。我が家で一番お気楽なシェル嬢です。最近やっと言葉を話せるようになりました。お腹がすくと、「ご飯」と言います。いやホントだって。「ゴアン~」って言うんだって。うちの家族になって早6年。相変わらずの噛み猫です。
ところで、この前某スーパーで、「ピーマンちゃぁん、どこぉ?」と言いながら野菜売り場をウロウロしているおばぁちゃんを見ました。 ピーマンちゃんのありかを教えてさしあげたほうがいいのか、静観したほうがいいのか、一瞬ひるんでいるうちに、「ピーマンちゃぁんいたぁ~」と見つけられたようでした。 ・・・・・・・・おしまい。

2009年8月25日 (火)

CD発売その後

「ゆっちゃん、あのさ、ブログでCDのこと書きたいんだけど、
リンクしようと思っても、
ゆっちゃんのブログに詳細がわかるとこないんだよね。」

・・・って、きょう、盟友GANTAさんからお電話いただきまして。
いやはや面目ない。かたじけない。m(_ _)m

改めまして、
fomalhautの初CD「十里木の夏」を買ってくださったみなさま、
聴いてくださったみなさま、本当にありがとうございます。

初リリースでありながら、「この夏の限定版」として出させて頂いた
「十里木の夏」装丁版、残りわずかとなりました。

各方面からCDの感想などたくさん頂いて、
お休み前の導眠剤として毎日聞いてくださっているとか、
毎食後一回ずつ聴いてるよ、とか、(笑)
私たちの音楽が、そんな処方箋のようなものになっているとすれば、
それは本当に嬉しい限りです。

ブログの右上のほう、カレンダーの下に、
急ぎCDのコーナーを作りました。
限定版の残りはわずかではありますが、
ご入用の方がいらっしゃいましたら、
そちらをクリックで詳細をご確認のうえ、
上のプロフィール内からもメール送信できますので、
ぜひご連絡を。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ライブやコンサートの現場で聴いて頂くのと、こうして音源の形で聴いて頂くのとはまったく違うことなのだなぁ、と当たり前のことを改めて思います。 たとえば車の中で聴く人、家族一緒に食事をしながら聴く人、通勤途中にヘッドホンで聴く人・・・。お休み前の寝室で聴く人・・・それぞれの生活の中で流れているであろう私たちの音は、私たちの手を離れて自立した子供のようでもあり、それはすでに聴く人が見ている心象風景や、聴く人の思い、優しさ、感情、にリンクしていくものなのですね。 役にたっていてもいなくても、大切に聴いて頂くことも、捨てられることさえも、全て同等に愛おしく・・・そんなふうに、聴いてくださる方に委ねられることが、今とても幸せに思えます。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

GANTAさんが書いてくれたレビューはコチラ。
(CDを持ってる子供たちの写真が泣けました。
しーたん、よっしー、ありがとね!)

感謝!感激!\(^o^)/

2009年8月24日 (月)

鴇田邸ホームコンサート

ふくちゃんから、8月8日鴇田邸ホームコンサートの写真を頂いたので、唐突ですが遡りアップします。ふくちゃんありがとう~
Ap8080244Ap8080320鴇田邸でのソロライブ、というのは、私の出発点を思い出させてくれる大事なライブです。20年暮らした東京を離れてこちらに戻ってから、ひとりで演奏活動を始めるきっかけをくれたのが鴇田夫妻。 この別荘で演奏させて頂いたことが始まりで、演奏の場も広がり、人とのご縁も繋がりました。 そんな原点に戻るという意味でも、ここでのライブは特別に真摯な気持ちになります。
昨年、このソロライブにお客様として来てくれた和音~hitone~のふたり、たかちゃんとはそのときが初対面でしたが、出会った日からちょうど1年のこの日は、サポートで参加してもらったのでした。
Ap8080249Ap8080285お客様は鴇田さんのお友達やスタッフ、ご近所の方など。今回はマイクを通さず、生のオカリナの音色を聴いていただきました。 みなさんとおしゃべりしたり、食事をしたり。楽しく充実の時間を過しました。 たかちゃん、すーさん、そして鴇田夫妻、来てくださったみなさま、ありがとうございました。

さて。8月も終わりに近づき・・・。娘の夏休みも終わります。小学校のときとは違って、部活、塾、宿題、課題、に追われる夏休みになりました。これから最終日までラストスパート、だそうです。中学生は大変だ~。  母も気を引き締めて行かなくちゃ。

2009年8月22日 (土)

年に一度の・・・

秋に行きつ、夏に戻りつ、という感じの今日この頃です。 
今日はアルパの長島さんと、
お久しぶりのリハーサル&打ち合わせでした。
9月、10月は長島さん、ミッシェルとのライブがいくつかあります。
まずは9月21日のワールドミュージックバザールの詳細を
LIVE INFOにアップしました。 
今年はアンデネスさんとも共演できる機会が増えて嬉しい限りです。

さてライブの準備もさることながら、毎年恒例の地区祭が近づき、
子供たちの応援合戦の振り付け、という大仕事が待っております。
なんでわたしが・・・と言いながら4年続けてしまった。
年に一回、オカリナ吹きはなぜか・・・
チアダンス指導のおばさんに変身するのであります。
今年も筋肉痛に悩まされながらね。

子供たちが選んだ曲は、
がーるねくすとどあ の、いんふぃにてぃ。
私のブログを読んでくださるオトナ(?)の方には
なんのことやら?かしら?

今年で最後。老体に鞭打って、が・・・がんばりまっす。

2009年8月21日 (金)

生後3日です。

Ap8210004Ap8210010生後3日でカメラ目線しかもピース。やるなぁ、さすがスパ子の愛息子。(笑>いや、そう見えるだけです) 小さい・・・かわいい・・・ 写真に撮ると大きく見えるけど、身長わずか48センチ。 生まれてすぐってこんなにちっちゃかったっけ?なんて 13年前が懐かしい・・・。 きょうは授乳のお手伝いをさせて頂きました。 マジでおばあちゃん役。(笑) ご一家に許可を得て写真を掲載します。

Ap8210013新米ママは産後が少しきついようですが、少しずつ少しずつ体調回復に向かっています。 お祝いのメールでメールボックスがパンクしたそう。 返信がなかなかできなくて、申し訳ないと。 この場を借りてみなさまに伝言を。

まだ名前が決まっていないので、一家揃って「ハッピーくん、」なんて呼んでます。足もぐいぐい動くし、ミルクを飲むのも力強くて、元気いっぱいで一安心でございます。 と、まずはご報告まで。

2009年8月20日 (木)

初体験・・・・

きのうの夜のことでございます。
わたくし、この年になって初めての体験でした。

タイヤのパンク!!

どこかで何かを踏んだらしい・・・。
そのまま気付かず、スーパーのに駐車。
買い物を済ませて当たり前のように発車・・・。
駐車場を出る頃異変に気付き、ヤバイ、なんかへん!!
もういつハンドル取られるかとドキドキしてしまった。
すぐに大通りから横道に反れてとある店のに駐車。

降りて見たら左の前輪がぺっしゃんこぉぉ~。

幸いすぐ近くにtoyotaの営業所があったので、
お店のお兄さんに見てもらって
速攻の対処ができたからよかったけど、
山道だったら・・・とか高速走ってるときだったら・・・
と思うと ぞぞぞっとしました。

5月に点検したばかりでパンクなんて有り得ないと思っていたけど
大きな釘など踏んでしまったら
当然こういうこともあるんだよね。

あー、びつくりしたっ。

2009年8月18日 (火)

きょうもHappy Birthday♪

娘の誕生日にかわした、親子の会話・・・。
娘:「ねぇ、もしお母さんが子供の頃に私に会ったら、
   友達になってると思う?」 
母:「うん、なってると思う」 
娘:「うん、たぶんなってるよね」
なんでもないけれど、あとからふんわり嬉しくなりました。

そしてきょう、オーパスタボーカルのspaghettiに、
赤ちゃんが生まれました。
元気な男の子。(^O^)/ 
彼女は今、私が娘を産んだ同じ年齢で出産、
しかも娘と一日違いの誕生日となりました。
孫が出来たのと同じくらい、ほんっっとうに嬉しい。(^O^)
さきほど病院で、出産後のママの顔を見てきました。
疲れていたけれど、元気です。
お祝いのメールなどはどうぞ明日以降に。 
またここで報告します。

2009年8月17日 (月)

キャンドルナイト

今日はお天気が良かったので、無事、手嶌葵さんのコンサートのチケットを入手することができました。 クレマチスの丘、ヴァンジ庭園美術館でのキャンドルナイト。野外コンサートだったので、晴れならば当日券あり、という条件でした。

Ap8160018Ap8160027当日券の販売まで時間があったので、ヴァンジ美術館を見学。休日にこういう空間に身を置くのはなかなかいいものです。(これもあれも芸術なのだ) 庭園のほうに回ると、コンサートのステージはすでにセッティング済みで、サウンドチェック中でした。

Ap8160019ステージ裏はこんな感じ。 その後レストランで食事をして、次はビュッフェ美術館に移動。テラスでのんびり・・・。炎天下とはいえ、ヒグラシが鳴く森の日陰はけっこう気持ちよく、娘とふたりでティータイムを楽しみました。

Ap8160044Ap8160039Ap8160046







午後5時半に開場。通路のキャンドルにはすでに火が灯り、あとは暗くなるのを待つばかり。開演は6時半なので1時間待つことになります。

Ap8160050Ap8160052Ap8160056




夕方5時半の空は次々に色を代えて美しく、空を見上げながらの待ち時間はまったく退屈しませんでした。
開演時間きっかりに葵さんがステージに・・・。

彼女の声は人の「声」というよりも、「美しい音色」です。息と一緒に鳴っているその音色があまりに美しいので耳が捕らえられて離せない感じ。 さらにその美しい音色に言葉が乗ってくるのだからもう身じろぎできなくなります。
ステージングの幼さ、つたなさと、彼女から伝わってくる緊張もまた、こちらの集中力を誘うんだね、これが。 (笑) どこかのオバサンとはちょっと違う。 初々しい。 若さと純粋さは宝物です。
 
彼女の声がオカリナの美しい音色に似ている、と思うのは私だけだろうか。ビブラートのかからない、まっすぐ伸びて、かすれて消えるような音色、倍音を含んだ深い音色・・・。彼女の声帯は陶器でできてるんじゃないかと。(笑)そんなことを思いながらその歌声に聞きほれました。うん。スバラシかったよ。

Ap8160062コンサートが終わると星空の下、風が優しくキャンドルの炎を揺らしていて、これもまた美しく・・・心ほんわかで帰って参りました。
ところで。葵さんのステージでギターを弾いていたのは、ギタリスト&民族楽器のスペシャリストである田代K一郎(タッシー)さん。 もうずい分前のこと、私が竹のリコーダーを作っている方を探していたとき、くりさんから、お顔の広い田代さんを紹介して頂いて、ずい分お世話になったのでした。そのときはメールと電話のやりとりだけでお会いしたことはなく、8年?9年?前のことなのでとうに忘れていらっしゃるだろうと思いながら、 お世話になった方を目の前にして素通りしてしまうのも気がひけるので、 ステージ撤収時にお話させて頂いたのであります。 やはり私のことはお忘れでしたが。(笑) でもあのときのお礼ができて、さらにあれこれお話できてよかった。 田代さんは宗次郎さんのサポートもなさっていたそうです。

さて。書いているうちに日付替わって、きょうはじつは娘の誕生日でありまして。手嶌葵さんのキャンドルナイトコンサートは誕生日プレゼントのひとつ、でした。今日で13歳。難しい年頃になってきたけれど、難しい年頃になるまで元気に育ってくれたことに感謝です。

2009年8月15日 (土)

お盆休みは

おぼんじゅーるでございます。みなさまはどんな連休をお過ごしでしょうか。私はというと、どこかに出かけるでもなく、家の雑事に追われるお盆休みです。 パソコンの調子が悪いので、いよいよ買い替えなくちゃいかんかなぁ、と量販店などをウロウロしてみたのですが、詳しい人に聞いてみると、win7が出て少し経たないとダメ、というご意見。2年後が替え時だって。そんなに待てないっつの。 どっしよっかなぁと迷っていたら、父が先に購入してしまった! 以前1度パソコンを始めて、メールを打つたびに血圧が上がると言ってやめてしまったくせに、今度はインターネットだけだから大丈夫とか言って。 案の定左クリックと右クリックの区別がつかない・・・。結局付きっきりになってしまうのですよ。 それでもどこ吹く風で、石川ryoくんの成績をネットで追いかけながら、一喜一憂してます。 win7の問題より家計が問題だよ・・・。あーあ。

Ap7250169Ap7250168_2お盆休みでふくちゃんが帰省しているので、鴇田邸ホームコンサートの写真がありません。というわけでレポートは先送りにしまして。 その前に、さらに遡って、森と湖の楽園、森のお祭りの写真を追加アップします。 予定になかった突然のステージ。呼ばれて行ったのは清水さんご夫妻が歌う森のお祭りのテーマ曲。しかもテレビの生放送なのでした。

ところで。昨年秋に見に行ったワールドミュージックバザール。今年はアルパの長島さんとご一緒に出演することになりました。9月21日、(月曜休日)静岡の七間町バーミヤン前にて、午後1時過ぎからのトップバッター。午後4時半からはアンデネスさんも出演します。美味しいエスニック料理の屋台も出て、見る、聴く、食べる、踊る、の4拍子が楽しめるイベントです。お近くの方はぜひ遊びにいらしてください。詳細わかり次第、LIVE INFOにてお知らせします。

そして。明日は、運がよければ、テルーの唄(ゲド戦記)の、手島葵さんのキャンドルナイトコンサートを見られる・・・かも。 娘と当日券をゲットするため、クレマチスの丘に参ります。

2009年8月12日 (水)

十里木レポートその2

Adsc_5932と、いうわけで、すでに10日以上過ぎているけど十里木レポートはその2に突入です。(笑)左の写真は昨年出演、今年はお客様として来てくれたオーパスタボーカルのspaghetti。ふくちゃんが超広角レンズで撮っているので強調されておりますが、幸せ絶頂の臨月ママの勇姿。(笑>本人の許可を得て掲載しております。)

もうひとり、アンデネスのみさっちも7ヶ月の妊婦さんですが、元気に歌ってくれました。 7年の間、このイベントを続けてきた中で、たとえば毎年このライブを楽しみにしていた母が一昨年亡くなり、また、こうして新しい命が生まれたり、結婚という嬉しい報告があったり、子供たちが成長していく姿があり・・・。新しい出会い、別れ、悲喜こもごもの、それぞれの人生が織り込まれて、一枚の美しい布が出来上がってゆく・・・。

Adsc_6047Adsc_6058Adsc_6065Adsc_6051Adsc_6067Adsc_6123♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪このイベントを重ねていくことで、そんな美しい一枚の布が見えてくればいいなぁ、なんて、思うのです。

Adsc_6125レポートその1にも書きましたが、今年は訳あって各バンドの時間も短く、来てくださったお客様には、もしかしたら少し物足りないライブになってしまったかもしれません。そのことについては大変申し訳なかったと思っています。来年は会場を移して、さらに充実のコンサートを開催できるようにしたいと思います。 

Adsc_6094_2Adsc_6101この4年、快く会場を貸してくださった十里木ドライブインさんには、とても感謝しています。おかげで続けて来られたのですから。o(_ _)o  新しい会場についてはまだ何も決まっていませんが、十里木高原から離れる予定はありません。お天気に悩まされるのも込みで、(笑)この地で続けていきたいと思っております。 みなさん、来年もぜひ来てくださいね。

ところで、本編が終わったあとの打ち上げは、というと、今年も当然のごとく、「ライブその2」になりました。Pおじさんは誰よりも早くDピアノを車から降ろして、オンステージの始まり始まり。(昨年の記事はコチラ)残念ながら鍋を叩く姿を見ることはできませんでした。(笑)初披露というアンデネスのテーマソング、というのも良かったなぁ・・。 出演者の空腹を満たすべく、美味しい料理を作ってくださったじゅんさんと鴇田ママ、ありがとうございました。

来年も、十里木でまたお会いしましょう。 そして追っかけさかのぼりレポートはこの翌週のホームコンサートへとつ・づ・く、のであります。

2009年8月11日 (火)

地震カミナリ・・・

けさほど、こちら東海地方で大きな地震がありまして。たくさんのメールや電話を頂きました。ありがとうございました。御心配おかけしましたが、棚の物が少し落ちたくらいで、何ごともなく無事です。(^O^)/ 同時刻、台風の影響でカミナリが鳴っていて、揺れが来たときには地響きのようなゴロゴロという音も聴こえて、なんだかオドロオドロしい空気が漂いました。 しかしです。揺れが少し収まったとき、娘の部屋に駆け込んで「ね、大丈夫?」と聞いたら、なんとお嬢は寝ぼけ顔で、「なにがぁ~?」って・・・。 あの揺れに気付かず寝てたってこと・・・? 思わず「いや、なんでもない・・・」と言って部屋の扉を閉めた私・・・。娘はその後も起きることなく熟睡・・・。 大物なのか、鈍感なのか、危険察知能力というものが皆無なんじゃないかとそっちのほうが心配になってしまった・・・・。 そうそう、オカリナたちも割れることなく、全員無事でした。 被害が大きい地区もあるようだし、余震や東海沖地震の誘発も怖いので、安心はできませんが、まずは無事のご報告。 県内ほかの地区のみなさまもどうぞお大事に。(^O^)/

2009年8月10日 (月)

十里木レポートその1

Adsc_5822お待たせしました。十里木レポートです。じつはパソコンの調子が悪くて何度もフリーズ、一度書いたレポートが全部消えてしまって。おかげでふにゃ~っと心が凹み、こうして再度書く気持ちになるまで時間がかかってしまったのであります。ひょぇ~。こうして書きながらまた固まるんじゃないかとヒヤヒヤだい。

Adsc_5841Adsc_5920毎年お天気に悩まされる十里木コンサート。会場のドライブインに集合した時点で空はどんよりと曇り、今にも雨が降りそうな、いやでももしかしたら晴れそうな・・・じつに微妙な空模様でした。セッティングするのを待って、とりあえず近くの鴇田邸にみんなで移動、先にお昼を頂いて、さてどうしようかとミーティングを・・・。

毎回、それぞれバンド(ユニット)の持ち時間は30分くらい、ゆったり進めていくライブなのですが、今回は会場であるドライブインさんの営業時間との兼ね合いもあって時間制限あり、各バンド20分以内と時間も短く設定、撤収も素早くみんなで協力してやろう、などと話し合っていると、お日様が顔を出して木漏れ日がキラキラと輝きだす・・・。でもしばらくすると再びモクモクと雲がかかって泣き出しそうな空に戻り・・・とその繰り返し。 野外でやるのか安全策をとって店内にするのか、決定のキューを出すことができないで困っていると、

Adsc_5879 Adsc_5824

Adsc_5880Adsc_5921それじゃぁ多数決で決めようよ、ということになり、外でやれると思う人、屋内だと思う人、と、全員挙手で決めることになったのであります。(みんなの協力がありがたかった~) 結果は、外でやることに。もし降ってきたら、その時点でライブは終了せざるをえないけど、出演者一同、一か八かのギャンブラーが多かったというわけです。(笑) 会場に戻ってセッティングを始めると、ぐんぐんと日が射して濡れていた芝生も乾き始めた。こうなるとみんな「よしっ」と不思議に気合が入り、みんなの顔も笑顔になってくる・・・。

Adsc_5975というわけで、無事に野外にて始まりました。まずは和音~hitone~のステージから。20分があっという間に過ぎて、次はアンデネスがフルメンバーで。そしてまきちゃんのパワフルな歌声が続きました。と、ここでサプライズ。「愛をこめて花束を」を歌い終わるのと同時にまきちゃんに結婚おめでとうの花束を渡したのは昨年出演したspaghetti。彼女は臨月の大きなお腹で見に来てくれたのでした。 

うちの娘と美音ちゃん、ふたりのデュオで「すてきな友達」、お待たせじんちゃんONステージで2曲、(たった2曲、って言ってたよねぇ)そしてFOMALHAUT、&和音&まきねーさん。と終盤にさしかかったとき、ポツリポツリと雨が落ちてきた・・・。じんちゃんが速攻、機材をカバーしてくれて、お願い、最後の曲までなんとか・・・と祈るような気持ちでイントロに入ると・・・

Adsc_5996Adsc_5998Adsc_6018Adsc_6013Adsc_6027Adsc_6040Adsc_6052雨がピタリと止まった!! 最後の曲が終わって、ご挨拶が済むと同時に再度降りだし、撤収時にはみんな少し濡れちゃったのだけど、 まるで空が雨を落とすのを待っていてくれたようで、あとから思えば今回は各ユニットの持ち時間が短かったのも、まるで最初からこの天気に合わせたタイムスケジュールだったような気がして、とても不思議な気分でした。 全員のミーティングと多数決から始まった今年の十里木ライブは、みんなの協力と天の采配、そして来てくれたみなさまのおかげでまたひとつ伝説を残したのでした。(笑)

そしてレポートは次回につづく・・・。

2009年8月 6日 (木)

電池切れ

十里木コンサートの翌日の夜あたりから電池消耗のランプが点き始め、その後2日間フヌケ状態だった古庄です。(笑) ひたすら寝ました。やっと通常の状態を取り戻した感じです。 うーん・・・年だね。

というわけでただ今画像の編集中。十里木レポート提出が遅くなっておりますが、今少しお待ちください。

しかし・・・暑い・・・。みなさまもご自愛くださいね。(^O^)/

2009年8月 3日 (月)

真夏のお正月ライブ終了

もういろんな方と、いろんな目に見えない何かの「おかげ」で、無事十里木ライブを終了することができました。ご報告とお礼が遅くなってしまってごめんなさい。奇跡のような天候の変化、出演者全員で話し合った決め事と、みんなが真ん中を向いて協力しあったことは何にも代えがたく・・・。思い出深い一日になりました。

今日、ふくちゃん撮影の写真が届いたので、そんなこんなを含め、近日中にレポートします~ 

まずは来てくださった皆様に感謝を。そして主催の鴇田夫妻、手伝ってくれたスタッフの皆様と、アンデネス、和音~hitone~、じんちゃん、まきちゃん、Pおじさん、ありがとう。

来年は会場が替わりますけれど、さらに充実したライブになるよう、心新たに頑張ろうと思います。なんて、新年の初心表明みたいな心持ち。(笑)

明日は我が家に連泊しているまきちゃんと一緒に、娘たちを連れて、ちょいと静岡まで行ってきます。

2009年8月 1日 (土)

十里木前夜

どうしてこう、ライブ前日はドタバタしてしまうのだろうね。(笑) 今日一日時間が経つのが早いのなんのって・・・・。

明日は(もう今日だけど) いよいよ毎年恒例サマーコンサートIN十里木(またの名を「十里木真夏の正月ライブ」 でございます。 東京からまきちゃん到着、すーさんとの音合わせがさきほど終了。 あとは明日の朝、現場に向かうのみです。ここまでくるとお天気がどうであれ、きっといいライブができる気がします。  お近くの方もそうでない方もぜひ、十里木ドライブインにお越しください。午後3時スタートです。 地図はLIVE INFOに飛んで 8月1日のところのMAPをクリック。 富士方面からは富士サファリパークを目指して、御殿場方面からは富士山こどもの国を目指して来てください。 お待ちしております。 出演およびスタッフのみなさま、どうぞよろしく。

そして、来週の土曜8月8日は同じく十里木別荘地内、鴇田邸にてホームコンサート。オカリナソロですが、和音~hitone~とともに。 こちらは夜7時から。 どなたがいらしてもOKです。 個人宅なので地図は載せませんけれども、場所のお問合せは電話かメールをいただければ折り返しお知らせいたします。詳細はLIVE INFOをご覧ください。

さて明日は、少しの間お休みしていたカメラマンのふくちゃんがめでたく復帰。十里木の模様はふくちゃんの画像とともにご報告できると思います。お楽しみに。ヽ(´▽`)/

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介