フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 宿題完成。そして・・・ | トップページ | 森のお祭り »

2009年7月22日 (水)

奇跡の星

20090722k0000e040033000p_size5皆既日食フィーバー、終わりましたね。日本で見られるのは46年ぶりだそうで・・・ということは前回のときにはまだ生まれていないからわからない・・・ウソ。5歳だった私・・・。 そのときのことを覚えてはいないけど、私の中の日食のイメージというのは、「見てはいけない恐ろしいもの」でした。太陽を見つづけると失明の恐れがあるから大人がそう言っただけかもしれないのだけど、 子供の頃は、皆既日食を見ると何か恐ろしいことが起きる、みたいな意味で捉えてましたね。真っ暗になる現象というのも手伝って。

今はダイヤモンドリングだなんて、その瞬間にプロポーズする人がいたりして。(ロマンチックでよござんすねぇ、)美しさや神秘的なところがクローズアップされているから怖いというイメージは微塵もなく・・・。

しかしつくづく・・・。太陽ってすごいなぁと思うのは・・・、地球上のあらゆる生きものにとって、焼けつくほどの距離ではなく、凍りつくほどの距離でもない絶妙な場所にいて、いつも私たちを照らし暖め、生かしてくれる存在でありながら、私たちはその方を直視することさえ出来ないというわけなのですねぇ・・・。

うーん・・・小さいね。人間は。 そして地球はやっぱり奇跡の星だね。 毎日東から日が昇るのが当たり前だなんて思っちゃぁいけないね。(笑)

・・・っていや、ただただため息みたいなお話・・・・。(^^ゞ

« 宿題完成。そして・・・ | トップページ | 森のお祭り »

日記・コラム・つぶやき2009」カテゴリの記事

コメント

こういう大きな受け止め方をなさる古庄さんは、僕にとってはとても大きな存在です。
僕もこの「日食」という言葉そのものがとてもこわいイメージでした。特に「怪奇」なんて着いた日にはますます恐ろしい(漢字知りませんでしたから…)
未だに見たことがありません。

いろんな物事にも、絶妙な位置関係って大切なのかもしれないなぁ…と、文章読んでてふと思いました。

現地に行かなくても、テレビやインターネットでリアルタイムで「皆既日食」が見れる今の時代をガリレオが見たら何と言うでしょうか。
先人たちの弛み無い努力あっての「今」なんだなあ…と実感します。


月から、太陽のように昇ってくる地球の映像を初めて見た時の感動。


先日テレビで、第一関節辺りからスパッと切れた指に特殊な粉薬をつけ、ゆっくりと元の指になって行く様を見た時の驚嘆。


盲目の人が、特殊な機械を付けることによって、色のついた映像が普通に見えるというテクノロジー。


近い将来の人工の臓器につながるという最先端のバイオテクテノロジー。


最近の最先端の医療、科学、工学分野での目覚ましい進歩は一般人の想像を遥かに超えたところにあるようで、わくわくしてきます。しかもこれらは全部、日本の医療、科学技術の分野でのことなんです。


とりわけ驚いたのは、スパッと切れた指が特殊な粉末の力で、少しずつ再生していく映像の凄さでした。何と爪まで復活したのです。

でも、考えてみたら、ケガをしても血は止まるし、皮膚は再生するし。
何といっても、私達が「オギャー」と生まれてから死ぬまで心臓は動き続けてくれるし。


ミク

…あまりにも長くなり、文章がきれてしまいました。
↓さっきの続きです (ゆつゴメンね)


ミクロコスモスもマクロコスモスも、私達を取り巻く世界は「奇跡」に溢れているんだなあ…と、ゆつの文章を読んで感慨深くなりました。

遠士朗くん
次回、日本で皆既日食が見られるのは2035年だそうです。
いろんな物事にも絶妙な距離関係、必要ですね。
特に人間関係ね。(笑)
近く遠く、人との距離を保てるようになることが
大人になることなのかも知れませんね。

ややっ?いつの間にやら深い話に・・・。

miyokoさま
マクロもミクロも神の領域だよね。

自分以外の何か(誰か)のためならば、
神さまは力を貸してくれるかもしれないけど。
ただ、知りたいだけでは
教えてくれないんだよね。きっと。

・・・というのは単に私の持論ですが。
いやぁこちらも壮大なお話だ~。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宿題完成。そして・・・ | トップページ | 森のお祭り »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介