フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月29日 (金)

一期一会

Aap4140157娘は無事キャンプから帰還いたしました。 テント寒かった?  全然~。最初の夜は蒸し暑かったくらいだし。  そう、よかったね。楽しかった?  うん。なんか恋愛話で盛り上がってね。  はぁ?何それ?  ○○くんがMちゃんに告白してね、それでね、振られちゃったんだよ。・・・・・  6年生の修学旅行のときとはちょっと違う、ちょっぴり大人(?)の話が延々と展開されるのでありました。(笑) 天候悪かったから心配してたけど、雨なんてなんのその、娘は娘の世界を充分楽しんできたようです。・・・メデタシ。

~~写真は本文とは無関係なもうひとり(?)のお嬢さま、こちらも我が物顔。~~

さて明日はとある医療施設での演奏です。告知、公表は禁止となっているので書けませんけれど、ここでのコンサートは私にとってちょっと特別。 演奏する、ということ自体は何もかわらないのだけれど、ここではFOMALHAUTとしてではなく古庄としてでもない私が、笛を、吹く、場所。つまり、自分が何者でもないということを教えてくれる大切な場所、でもあります。

以前ホスピスで演奏を頼まれたとき。患者さんは車椅子か、ほとんどの方がストレッチャーで、横になったままの状態でした。 そのときはオカリナ一本のソロで。 患者さんひとりひとりの耳元に、聴こえるように吹いてくださいという要望だったので、ひとりひとりのお顔に近づきながら、ストレッチャーの間を少しずつ移動しながら、ひたすらオカリナの音を耳に届けることだけを考えて吹きました。 

それは、ここで演奏することは、演奏者の発表、表現のためではなく、患者さんを癒すためでも、励ますためでもなく・・・。ただ、生の音色を耳に届けること。自分がまっさらな音色そのものになることを教えてくれた貴重な「ライブ」でした。

それから数週間たってから、このときオカリナの音色を聴いてくださったお爺さまが数日後に亡くなったということを、偶然人伝に聞きました。そのときの音色が、その方の生涯最後に耳に届いた生演奏だったということも・・・。  その方に、2度とお会いできる機会はありません。そしてすでに、そのとき聴いてくださった患者さんのどなたとも、お会いできる機会はありません。

一期一会だなぁと思います。 明日もきっと、同じように。 

2009年5月28日 (木)

雨のキャンプ

娘はきのうから緑の学校(キャンプ)に行っております。 娘が家に居ないということはある意味日々の雑事から開放される貴重な時間だし、ひとりでいるのもなかなか快適なのだけど、 でも、居ないと妙に落ち着かない・・・。(笑) この雨天の山歩きだから、濡れてないかな、寒くないかな、なんてついつい心配してしまう。ネットでみたら現地の気温はこちらより5度も低いぢゃぁないの。

・・・・って、そんな余計に心配になるようなこと調べなきゃいいのにねぇ。(笑) 

さてどんなみやげ話を持って帰ってくるのでしょうか。

2009年5月25日 (月)

今夜の予報

きょうは天気が良くなってほっとしてます。近頃雨の日は頭痛がして・・・。昨晩、こちらは豪雨と雷。日中も降ったり止んだりの繰り返しでしたが、夕方くらいからがつんがつんとアタマが痛くなり、夜中にぴったり雨が止んだのと同時にすーっと痛みが抜けていきました。なんなんでしょーか。これも更年期ってやつでしょーか。 これから梅雨だというのにのにのにぃ。

娘は明後日から学校主催のキャンプにでかけるので、やはり天気を気にしています。

うちにはなぜか寝袋というものがいくつもあって。アメリカやらインドやらネパールやらを旅して歩いていたときの私の旅のお供、だったものと、首都圏在住の友人たちが以前よく富士山周辺にキャンプしに来ていて、その頃我が家にキープしてそのままになっているもの、・・・心当たりのある人は挙手するように~・・・など合計で8つ。ときどき引っ張り出しては洗ったり干したりしていたのでどれも状態は良好。 だけどそれだけ数あると、娘はどれを持っていったらいいのか迷うらしく、ひとつひとつ広げてみたりもぐってみたりして、どれくらい防寒が効くのかとか、肌触りがどうとか、ウルサクこだわっております。 そんなわけで現在我が家のリビングは寝袋がところ狭しと並んでいて避難キャンプ状態。 今夜中に決めて片付けてくれないと、きっと夜半にはカミナリが落ちるでしょう。

さて。お知らせをひとつ。 わがFOMAL HAUT、ピアノの相棒、Pおじさんこと下山英二氏のホームページ ←クリック  ができました。もう公開してる、とおっしゃったのでこちらでも公開しちゃいます。じつにPおじさんら・し・い、HPです。(ってどんな「らしさ」なのか知りたい方は行ってみてください。)

2009年5月21日 (木)

歯医者通い

去年歯がしみたことがきっかけで通い始めた歯医者さん。そろそろ1年になります。それまで娘と一緒にときどき診てもらっていた歯科医院は女医さんで、子供が泣かないという、それはそれはいい歯医者さん、だったのだけれど、虫歯を治してくれる以外のこととなると、(たとえば矯正とか)今ひとつ頼りないところがあったので、思い切って病院を変えてみたのでした。 今行っているところはすーさんに教えてもらったクチコミネットランキング地域1位のデンタルクリニック。初診は1時間のカウンセリングからという、それはそれは親切丁寧な歯科医院なのであります。

25年くらい前にも矯正を含めて2年くらい通った歯医者さんも、それはそれはいい先生だったのだけれど、そのときに治した歯には全て金属が入っているので、今回はそれを全て外して徐々に金属以外のものに変えていくという治療をお願いしたのです。なぜかというと、身近に歯からくる金属アレルギーで、それはそれは大変な思いをした方がいて、これは自分も危ないな、と直感してしまったから。

それはそれは人気のあるクリニックなので、予約をとるのは大変なのだけど、通い始めて1年経ち、徐々に快適な口内環境になってきて、やっぱり適切な治療を受けて健康な歯を維持することは大切、と実感・・・。

で、次は娘。先日学校で受けた歯科検診で、虫歯はゼロ、と言われたのに歯がしみる・・・などと言うのでクリニックに連れて行ったら、ほんの小さな虫歯だけど、4本もあることが判明。どうしてこんなに初見が違うんだろう。

まぁとにかく、母子ともども歯医者通いと相成りました、という、それはそれ「は」のお話でした。

2009年5月18日 (月)

娘との休日

☆お知らせ☆LIVE INFO更新しました。6月20日(土)O☆PASTA LIVE@EN。19:00open 19:30startです。 今回のオーパスタライブはちょっと特別・・・・。詳細はLIVE INFOをご覧ください。☆  

なお7月は、25日(土)26日(日)にいつもの河口湖森と湖の楽園にて「森のお祭り」というイベントがあります。FOMAL HAUTは25日(土)午後に出演します。サプライズ~なゲストをお迎えする予定ですがまだナイショ。(笑) 詳細決定次第、お知らせします。

そして8月1日(土)には毎年恒例の「サマーコンサートIN十里木」。会場は昨年と同じ十里木ドライブイン屋外庭園。時間は15時~の予定です。こちらも詳細決定次第お知らせいたします。

さて。少し遡って、先々週の土曜。娘が一度行ってみたいと言うので、思いついて静岡の109に行ってみました。静岡にも109とPARCOがあるのですよ。渋谷に行かなくてもね。( ̄ー ̄)b(・・・ってエラそうに言うほどのことじゃないか。) 109に入ると、イマドキの洋服やさんが、いやブティックが、じゃなくてショップが、( ̄▽ ̄) 当然のことながらたくさんあるのだけれど、最初は言葉少なかった娘が、たまりかねたようにひとこと、「・・・ケ・・ケバい・・・」とつぶやき、母子で爆笑。 一通り見たけど、やっぱりここは目がチカチカする、というので、PARCOに移動。「吉本芸人 工作作品展」なるものを開催していたので、さらっと見学。楽器やさんでいろんな楽器を物色したり、かわいいTシャツをみつけたり、美味しいものを探したり、の、楽しい半日デート、でした。

娘とふたりでそんな遠出のショッピングができるようになったのは、ちょっと嬉しい。今度時間ができたら、次は久しぶりに御殿場アウトレットにでも行ってみようかな。 ・・・なんて思う母ですが、すぐに友達と一緒に、・・・でかけるようになっちゃうんだろうねぇ。

2009年5月15日 (金)

花の風まつり 岡倉ゆかりコンサート

5月5日、花の風まつり「岡倉ゆかりコンサート」のダイジェスト版のような動画を作ってみました。撮ってくださったのはとなりの秋ちゃんこと秋元さんです。 各曲数秒から数十秒と短いものになっています。もっと見たいな~という方は、是非、来年の花の風まつりでお会いしましょう。

2009年5月13日 (水)

お知らせ

☆久しぶりにLIVE INFO更新しました。6月6日(土)水とホタルのフェスティバル@三島楽寿園 水が美しい街、三島ならではのイベントです。イベント終了後は源兵川でホタルを放つそうです。FOMAL HAUTは18:50頃からの出演です。詳細はLIVE INFOをご確認ください。☆

花の風まつりレポートをアップしてから、懐かしい顔ぶれからのコメントをいくつか頂いたり、またアクセス数が連日100を超えておりまして、大変嬉しい限りでございます。みなさまどうぞお気軽にコメント残して行ってくださいね。

さて。ゆかりさんの許可を得たので、コンサートの動画をアップしてみようかと、ただ今、慣れない動画編集を行っております。全編だと支障がありそうなので、かいつまんで部分部分を切り取り、コンサートの様子が少しでもわかるようにしたいと思っておりますが、どんなものができるやら・・。(笑)今少しお待ちください。

でもね。きのうはPおじさんから「MTR使用についてのレクチャー」を受け、(MTRとは複数チャンネルのデジタル録音機材) 動画編集とぉ、MTRの使い方とぉ、それからこの前DVDの録画も失敗しちゃったので、その原因究明・・・もういろんな取説とにらめっこして、これって老化著しいおばさんの脳にいいのか悪いのか・・・限界ギリギリだっ!パッツンパッツンになってます。ふぅ~。 でも。がんばってみるさぁ~。

2009年5月10日 (日)

花の風まつりその2

お待たせしました。花の風まつり第2弾。コンサート当日の模様です。この日は午前中に岡倉邸で音合わせとリハーサル。お昼にセッティング、SC、午後3時より本番でした。和太鼓・パーカッションのたまにゃんは高知在住、ピアノの千鶴さんは那須烏山から、私は静岡から、考えてみるとすごい編成。(笑)

この、広域から集合した即席(おばさん)バンドを楽しみに、来てくださる方がたくさんいる、というのも不思議な話でありますが、それはもちろん、ゆかりさんの存在がここ那珂川町にあるから。

4a108ef0600fA759

ムカシから天真爛漫な人でありましたが、年を重ねておばさんパワーを蓄え、(この際自分は棚に上げておくよ・・<笑)さらにさらにパワーアップした感があります。 今年のライブでは前半じっくりしっとり、言葉を大切に、小田和正さんの「今日もどこかで」などを歌い上げて、中盤、なんとアバのダンシング・クィーンを歌うという進行に驚かされました。(笑) 

A4f0_2地元のゴスペルグループ、olioliの皆さんと一緒に歌って踊って、と、ここまではふむふむなるほどと、まだ想定範囲でしたが。(笑) ・・・本番でイキナリお客さん全員を巻き込んでダンスレッスンが始まったっ。 たぶんね、150人(以上?)くらいの方が来ていたと思うのだけど。ほとんどの方が、「You can dance~!!」って踊るわけですよ。お寺の境内ですよ? その上、曲の途中で、仕込んであった花びら(生花)、大きなダンボール一杯分が客席に一斉に撒かれたのでありました。(地元のお花やさんが無償で提供してくださいました)

Ap5050060←これはその直後の写真です。 ゴスペルグループ、olioliの皆さんも、ゆかりの明るさが伝染したように明るい!(笑)たぶん当のみなさんは実感ないと思いますけど、年に一度しか会わない私には、メンバー全員が、年々ますますパワフルに、ますますオープンに、ますます元気に、なっているように感じます。おばさんが団体で元気一杯なんだからこれはすごい!!  しかし境内にいる人が、(大人も子供も老人も)み~んな一緒に踊ってる絵はもっとすごかった。(もちろんその中で私も踊っていたのですけどね) あとから思い起こすと、あれはね、楽しくてパワフルで、なんつーか、そうインドの映画みたいでしたよ。ミュージカル仕立ての。

Ap5050052Ap5050041Ap5050056Ap5050063そんな空間を作り出してしまうのが、「岡倉ゆかり」という人なのであります。それだけじゃなくてね、この大盛り上がりのあと、また彼女がしっとり歌い上げると、会場のあちこちで涙をこぼす人が何人もいて。私も毎年やられて(笑)しまう。なんかね、なんというか。ゆかりが作り出す「ライブ」には生きる喜びが溢れているんです。溢れちゃって、いるんです。(笑) 笑いと涙がたくさんあってね。ほんとに胸がほかほかして。

70d612cc_2154bE1b15faaCc5c1494千鶴さんのピアノが優しく響き、たまにゃんも和太鼓爆叩、娘を含めた子供バンドも演奏。私もオカリナ・コカリナを気持ち良く吹かせていただきました。・・・というわけで、開催中には雨も降らず、最後まで守られて、今年のコンサートは無事終了いたしました。PAの神成さん、乾徳寺さん、花の風まつりにかかわるスタッフのみなさん、那珂川町のみなさん、コンサートに来てくださったみなさんに感謝。そして共演の千鶴さん、たまにゃん、ゆかり、ありがとう。

それから私のデジカメに動画を残してくださった上に、たくさん写真を撮ってくださった秋元さん、ありがとうございました。ここに使わせていただいた写真は全て秋元さん撮影の画像です。

みなさま、来年もまた花の風でお会いしましょう。 

乾徳寺さんのHPはこちら。 ←トップページ左の「お知らせ」をクリックすると当日の写真が見られます。

ゆかりさんのブログはこちら。です。

2009年5月 7日 (木)

埴生の宿

かりんさんに習って、動画をアップしてみます。 5月5日、乾徳寺さんで行われた「花の風コンサート」の中で演奏した、黒須さんアレンジの「埴生の宿」を黒須さんのピアノとともに。 この動画を撮ってくださったのは、毎年このコンサートに来てくださるとなりの秋ちゃんこと、秋元さんです。ご自身の一眼レフも駆使しつつ、私のデジカメにもこの動画を残してくださいました。本当にありがとうございました。

2009年5月 6日 (水)

花の風まつりその1

行って参りました。栃木県那須郡那珂川町で毎年このGWに行われる「花の風まつり」。去年は那須塩原駅前でレンタカーを借りたのですが、今年は宇都宮本線「氏家」からバスで馬頭町に向かいました。(昨年の記事はこちら

Ap5040003宇都宮駅で少し時間があったのでここは当然、宇都宮餃子を食べなくちゃでしょ。フカヒレ餃子が美味でした。 氏家から馬頭町まで、田植えが終わったばかりの美しい田んぼの風景を楽しみながら、約50分で乾徳寺さんに到着。懐かしい友人夫婦との10数年ぶりの嬉しい再会もありました。

Ap5040019Ap5040034Ap5040036Ap5040006写真は乾徳寺さんの境内に続く小道。深い緑の森の入り口に溶け込むような佇まい。鳥の声が聴こえて思わず心なごみます。

Ap5040016境内にある藤棚。この下に立つと甘い香りがします。山には山つつじ、山藤、山桜。里山が一番美しいこの季節に町をあげての「花の風まつり」が行われるようになって今年で7年目になるそうで・・・。最初の年から参加させて頂いて、もう7年もの月日が経つんだなぁとしみじみ・・・。それぞれの子供たちもみんな中学生になって、親の背を超えるほどの成長振り。 再会してすぐに、岡倉石朋氏の展覧会が開催されている本堂の片隅でなんと、

みんなで集まって宿題をしてました・・・。エライねぇ。おばさんはびっくり。楽しいことだけにとらわれない現代っ子、なのですね。

Ap5040025 Ap5040021

Ap5040022_3

Ap5040039_2

この日は翌日のコンサートのための打ち合わせを済ませて、ゆかりさん一家他のみなさんとご一緒に温泉に入って、のんびり過しました。宿泊は町営の、「緑の交流館」というところ。空を見上げると、暗い空に月の光に照らされて、山が黒く浮き上がる・・・。雲は美しいグラデーションを描き、ゲコゲコといつまでも蛙の合唱が聴こえるほかは、ほんとになーんにもない、山間の合宿所。こういうところに身を置くと、いつまででも空を見上げていたくなります。

Ap5040029ここに来るのは、コンサートのため、というのはもちろんなのだけど、この場所での、こういうひとときがとても大切に思えるから。富士山麓の森とはまた違った、自然の力を感じます。

・・・というわけで、かつてないほどの盛り上がりを見せた花の風コンサートの模様は次回のレポートで。 ちなみに本日6日、共演した和太鼓の環さん(通称たまにゃん)の車に同乗させてもらって帰ってきたのですが、覚悟していた連休最終日の渋滞はまったくなく、実にスムーズでございました。たまにゃん、お世話になりました。ありがとう。

2009年5月 4日 (月)

行って来ます。

明日から、(もう今日になってしまいましたが)6日まで、栃木県那須郡那珂川町(元馬頭町)に、娘と一緒に行ってきます。5日の午後3時より、乾徳寺さん境内にて「花の風コンサート」 

車ででかけた年もあったのですが、今年は楽器を持って、新幹線を乗り継いで、行くことにしました。帰りは友人の車に同乗させてもらって帰る予定です。この時期の那珂川町は水田が青く瑞々しく輝いて、山桜や藤の花が美しく山を彩り、蛙の合唱が聞こえる里山です。 宿泊する緑の交流館というところはケータイの電波も届かない場所で、夜になるとシ・・・ンと静まりかえり、夜空に満天の星。 一年に一度、そんなステキな里山で友人のゆかりさんとコンサートができるのは幸せです。

お近くの方で偶然このブログを見てしまった方、(笑)ぜひいらしてください。

しかしたった3日だけれど、家を空けるのにはそれなりの準備が必要で・・・。私もバタバタしましたが、娘も3日間遊ぶために、この2日間は猛勉強しなくちゃ~、ということに・・・。 孤軍奮闘してました。やっとなんとか準備整い・・・。 おっと早く寝なくちゃ。

では。行ってきます。 みなさま、どうぞ良い連休を・・。

2009年5月 1日 (金)

コカリナのお店&FH3周年記念ライブ♪

Ap4290212さて今年初の楽園です。前日からボーカルのまきちゃんと姪っ子miotoちゃんが我が家に一泊。朝になると娘の友達のKちゃん、すーさん、Pおじさんとよしえちゃん・・・が次々に集合。2台の車ででかけました。写真はいつもの休憩場所、上九一色のJAの駐車場にて。 空は快晴、風もなく野外ライブ日和でございます。

冬の間は雪が多いため、閉園している「森と湖の楽園」ですが、毎年4月の終わりから本格的に営業開始。 3年前のオープン以来、この日には必ずでかけています。 森に着くと、今年も変わらず小鳥たちの声が聴こえます。 昨年の11月のイベントがついきのうのことのように思えるほど。「いつもの森」が待っていてくれました。

持参したPA機材、BOSEL1のスピーカーはこういう場所が一番お得意なようで、オカリナ・コカリナ&キーボードの音色は木々の間をすり抜けて遠くの森まで聴こえていたようです。

そしてこの日もPおじさん夫妻お手製の「豚汁」が焚き火台の上で湯気をあげて・・・、おにぎりをほおばりつつフゥフゥといただく・・・。・・・ゥ・・ウマすぎるっ!! 

いつもの気ままな演奏、曲順も決めずに、思いつくまま。ときどきすーさんのギターも入って、その場で初めてやってみる曲もあって。・・・森での時間は全てがオンタイムなのに、急がずのんびりゆったり、なのです。

同行したまきちゃんはすっかりお昼寝モード。「今日はお客さんスタンスで」なんて言ってたけど、ほんとにぐっすり寝ちゃったらしい。(笑)おかげで「星つむぎの歌」、私が歌ってしまいましたとさ。

・・・というわけで、森での楽しい一日はゆったりと過ぎて、気がつけば私のデジカメに残っている写真は上の一枚のみ。  が。 コカリナのお店ららさんのブログ と、 Pおじさんのブログ にもこの日の写真がアップされています。そしてららさんのブログにはなんと、「野を渡る風は優しく」の演奏動画が、・・・(小声になる)・・ アップされております・・・・・。 いつもオカリナ(SC管)で吹いているこの曲を、コカリナ3連で吹いてみました。Pおじさんもコカリナに合う音色をあれこれ探しながら弾いています。・・・・なぁぁんてことを念頭において聴いて頂ければばばば・・・と思います。

今年も、森の番人ららさんに感謝。また行きます。そしてわざわざ遠くから来てくださったみなさま、ありがとう。

そして明日、2日の午後は同じ森で、すーさんとたかちゃんのユニット、和音~hitone~の演奏が聴こえます。お時間のある方はぜひ行ってみてください。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介