フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

今年で終わり?

ものはだいじにつかいたい・・・・。

うちの会社のパソコン、Gatewayのでっかいデスクトップ。導入してちょうど10年目です。Gatewayなんて会社、今はありません。で、当然OSはwin98SE、だから今年の年賀状ソフトには対応できず、今年買ったデジカメもダメ。メモリが足りないからちょっと大きい写真を上げるだけで固まってしまう・・・。しょうがないので、Gatewayの横にXPのノートパソコンを置いて、両刀使い状態で年賀状を作っております。(住所録は98のほうに・・・) とりかかって一週間も経つのにまだ終わらないのは、会社だけじゃなく一家全員の年賀状を一手に請け負っているからでございます・・・。ふぅ

貧乏性っていうのか、年のせいか、まだ使えるのに新しいものを導入することに抵抗があります。 父である社長が毎年、新しいパソコンを買えば、と言っているのに、「まだ使えるし」・・としつこくGatewayを使ってきた社員の私。パソコンのお引越しが面倒っていうのもあるのだけど・・・。

でもさすがにリミットかなぁ。愛着もあるんだけど。来年はいよいよチェンジしますか~。

パソコンだけじゃなくて、うちの電子レンジも15年選手。冷蔵庫は10年。壊れるまでは大事に使いたい、なんて思うのは時代に逆行してるのかも知れませんねぇ~。

おっと、つまらないことつぶやいているうちに、気がつけば日付は大晦日ぢゃぁぁありませんかっ! ここ数日べつに寝てたわけじゃありませんが、年の暮れっていうのはなんやかんやあるもので、すっかりブログをオヤスミしてしまいました。

今年も一年、わたくしの拙い文章にお付き合いくださったみなさま、ありがとうございました。 休止していた昨年のことを考えれば、この一年、37本ものライブをやれたというのは、本当にしみじみと奇跡のようで、嬉しくありがたく、お会いした方々、子供たち、聴いてくださった全ての方と、一緒に音楽してきた仲間に心から感謝です。

来年は企画ライブ、イベントなどもやっていく予定です。みなさまぜひぜひいらしてくださいね。 Live Info更新時はブログでお知らせします。

ねがわくば、世界の誰もが、幸せな新年を、迎えられますように。

2008年12月24日 (水)

Happy X'mas♪

やっと年賀状にとりかかりました~。

............_@ノ”........._@ノ”........._@ノ”

きのうは浜松から遠路はるばるオカリナ吹きの遠士朗くんが遊びに来てくれました。夏に浜松の楽器博物館で演奏した時に会ってから4ヶ月ぶりの再会。ご自分の愛用する楽器を持ってきてくれたので、お互いの楽器を吹き比べたりして意見交換を。 考えてみると、自分が吹く手元(口元?)の「生音」はイヤというほど聴いていても、録音する以外客観的に聴くことはできないわけで、自分の楽器の生音を客観的に聴くことができるというのはとても不思議で、とても貴重な体験でした。

もうひとりの自分が吹いているような・・・いや自分自身が吹いているような?・・・ん、 つまり自分が歌う声を、目の前で聴くような感覚。 これも遠士朗くんがオカリナのことを熟知した上で、ちゃんと吹ける人だからこそ。音の好みも、オカリナへの思いも、考え方も、歌い方も、妙に近いものがあって、(年は親子ほど違うんだけどねぇ)共感できることが多く、 私にとって唯一オカリナ談義ができる大切な友人なのです。 とても有意義な時間でした。

そして夕方からは車で御殿場に。音楽葬(お通夜)での演奏を・・・。P下山さんとソプラノのみほさんとご一緒でした。 私にとっての今年は、この3人のトリオで始まり、この3人で終る、ということになりました。葬儀での演奏は、とても厳粛で、特別な感覚があります。参列している方への演奏でもありますが、誰より亡くなった方に聴いていただくための演奏だということ。 昨年の母の音楽葬を思い出しました。

去年に引き続き、今年も年末を迎えるという実感がなくて、今朝起きたときも、あれ?もしかして今日はイブ?と気づいた次第。娘はケーキはいらない、チキンより餃子がいい、なんて言うので、クリスマスらしいこともせず餃子を作り・・・・(去年もそんなこと言ってた気がする・・・笑)

ただ、娘へのプレゼントは買いました。欲しがっていたi-pod。今日の夜中にそっと枕元に置きます。(笑) みなさんのクリスマスが幸せでありますように・・・。

Merry Christmas

2008年12月22日 (月)

ポニョまだ?

きょうのひとこと・・・M1決戦、オードリーに1票。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ぼんやりしてたら清水のファミリーコンサートから一週間以上が過ぎてしまいました。先週末も、和音のおふたりと急遽の子供会ミニコンサートをやることになったので、2週続けて子供たちの笑顔と接することができました。

遡って14日、清水の江尻生涯学習交流館でのコンサートは、地区の子供たちと親御さんなど、合わせて約100人!!のお客様。就学前の小さなお子さんが多かったので、オカリナでやるものについては急遽トトロやさんぽを入れて。和音(ひとね)のおふたりは大人向けにしっとりラブソングを。そして3人でクリスマスソングを賑やかに、という構成で1時間半のコンサートでした。途中でお約束の「崖の上のポニョ」を用意していたのだけど、3歳くらいの男の子が1曲終わるたびに「ポニョまだ?」と聞きにくるのがかわいかった~。(笑) 

お待たせしました!!次はポニョだよぉ!と言ったときの嬉しそうな顔。高学年の子も大人も、みんなでポニョの大合唱。ほんとすごいよ、この曲。アンコール曲も用意していたのに、「もう1回ポニョやってぇ~!!」 もちろんポニョで終了~。

先週末のご近所の子ども会でも当然ポニョの大合唱。以前流行っただんご3兄弟だってこんなことはなかったなぁ・・・。 恐るべし、ポニョ。恐るべし、久石譲さんでございます。

交流館に来てくださったみなさまに感謝。お世話になった館長さんとスタッフのみなさまに感謝です。

今回2週続けて一緒に子供向けコンサートをやることになった和音(ひとね)は、結成わずか半年、先日初めての箱ライブを終えたばかりで、子供のコンサートも初めてだったのだけど、何事にも動じず、(笑) 安心して一緒にライブを楽しむことができました。すーさん、たかちゃんさすが。楽しかった~ありがとう。

さてさて年も押し迫ってきて、このところ「変更」や「急遽」が続きます。今日のオーパスタでの演奏の予定も、訳あってじんちゃんが単独で行くことに変更。そして明日は急遽の音楽葬での演奏となりました。今年最後の演奏、頑張ってまいります。  

えっと、冒頭の「きょうのひとこと」 突然ですが本日からシリーズ化の予定~。 

2008年12月18日 (木)

みっちゃん

私が小さい頃、実家は紙の原料を製紙工場に卸す仕事をしておりました。全国各地の港町から漁で使った古い麻ロープなどを仕入れてそれを細かく裁断し、畳2畳ほどの作業台の上で小さなゴミなどを選別する、という作業があって、そのためにパートのおばちゃんが何人か来ていました。

私が3歳、4歳のころ、その作業台の上で歌ったり踊ったりすると、パートのおばちゃんたちがみんなで拍手してくれました。 その中でいつもとびっきり大きな拍手と賞賛をくれるのが、「みっちゃん」と呼ばれていたおばちゃんでした。

今でもその、「じょうずだねぇ」という大げさな声と、大きな拍手と笑顔をよく覚えています。その作業台はたぶん私の人生の初ステージ。そして「みっちゃん」は初めてのお客様、でした。褒められて木に登った最初、とも言えるかも。(笑)

その作業台のステージが、今に続いているような気もするし、それがあったから、私は今も誰かの前で演奏しているのかもしれない・・・。三つ子の魂なんとやらって?

さて先日、近所のデイサービスセンターで、1時間ほど演奏をしてきました。下山さんのピアノとオカリナで。 その日はデイに通っている方の中でも高齢の方が多い日だそうで、みなさん静かに聴いてくださいました。 リクエストを聞いたら出てきたのが「北国の春」。しらかばぁ~あおぞら、みなーみかーぜぇ~♪ オカリナで初めて吹きましたよぉ。(笑) なぜかメロディを完璧に覚えてる自分が怖い・・。(笑) とても楽しい時間でした。

その夜、デイセンターの職員のMさんから電話があって、今日居たおばあちゃんの中に、私を知ってる人がいたそうで・・・名前を聞いたら、あの「みっちゃん」でした。

演奏するとき、お年寄りのみなさん、全員の顔をしっかり見渡したのに、全く気づきませんでした。私が帰ったあとになって、みっちゃんが少しずつ記憶を辿って思い出してくれたのだそうです。「なんであの子だって言ってくれなかった!?」 とひとりで怒っていたそうで・・・。 でもデイの職員さんは知る由もないことだものね。私が先に気がつけばよかった・・・。

「みっちゃん」は大病をして、片足を失っていました。でも80歳を超えて元気でデイ教室に通っていることがわかってよかった。 おたがい認識していなかったにせよ、時を経て再び「みっちゃん」の前で演奏することができたこと、拍手をもらえたこと。・・・・こんなに嬉しいことはありません。

また、オカリナ吹きに行きます。みっちゃんに会いに。

・・・というわけでファミリーコンサートのレポートは次回に先送り。

2008年12月15日 (月)

タイムスリップしたような。

A 13日土曜日のクラシックギターフェスティバルの会場は、老舗の和・洋菓子のお店に隣接する「おしるこ喫茶 船橋舎」の2階サロンホール。とっても古い建物で、「おしるこ喫茶」という古い看板がなんとも風情がありました。 デジカメを忘れてしまったので画をお見せできなくて残念。建物の中に入ると奥に細長い作りの、まさに40年前の「昭和の喫茶店」という趣。壁には油絵がかかり、コーヒーのいい香りがして、大きなエアコンが低く音をたてている・・・まるでタイムスリップしたような気分・・・。

ギシギシと鳴る階段を上がって2階のサロンホールに。ここもまた階下の喫茶店と同じように古く懐かしくなるような空間でした。

クラシックギターフェスティバルは、年に一回今年で15年も続いているイベントだそうで、出演のみなさまは県内、西から東から、ほとんどが長くギターを続けていらっしゃる心優しきおじさまたち。 演奏曲は、タレガ、テルツィー、セゴビア、モンターニャ、などなど、クラシックギター専門の方にはおそらくお馴染みと言える、でも私にとっては耳慣れない曲だったのでとっても新鮮でした。

印象的だったのはやっぱりバッハ。無伴奏チェロ組曲はバロックリコーダーを吹いていた時代が鮮やかに甦ってくるようで、ここでもまた昭和にタイムスリップ。(笑) ギター製作者の中村御兄弟の演奏で聴いた武満徹の「ヒロシマという名の少年」という曲もよかった・・・。

全体で2度の休憩を挟んで約4時間という長い時間、ずっとギターの演奏が続く中にゲストとして演奏させていただいたので、オカリナの音色を新鮮に聴いて頂けたようで、思いのほかご好評頂きました。 

主催の杉山さんを始め、司会を務めていらした綾乃さん、スタッフのみなさま、そして出演者のみなさま、ありがとうございました。演奏の機会を下さった長島さんに感謝です。冒頭の写真は杉山さんから頂きました。

さて翌日は同じ清水にて、がらっとかわって賑やかな子供たちのコンサート。この模様は次回レポートにて。

2日間終了~♪

土曜、日曜と連日それぞれの演奏を終えて、ほっと一息ついております。土曜はクラシックギターのイベントでアルパの長島氏とのデュオ・・・、日曜は小さな子供たちが中心のファミリーコンサート・・・。まったく違うふたつのライブでしたが、どちらも感じること多々あり、楽しい2日間でございました。 心地よい疲れです。レポートは後日書くことにして、今日は休みます。おやすみなさ~~い

2008年12月12日 (金)

今夜は大きな満月が・・・。

12月12日、今日は十五夜。今夜の満月は一年で最も大きく、最も明るく輝く満月だとか。今夜の満月が大きく見えるのは、軌道の関係で月が5万キロメートルも地球に近づくから・・・。天気も良好だし、今夜は大きな満月が見られそうです。

満月だし冬至も近いし、(どんな理由?) この一年の自分を振り返りつつ、来年に向けて、これからどんなふうに動いて行くかを真剣に考えてみようと思います。うん、たまにはそういうことマジメに考えないとね。ポニョの替え歌歌ってる場合じゃないって。(笑)

山形の友人が今年も美味しいりんごを送ってくれたので、お礼の電話をしたら毎度のことながら1時間の長電話に・・・。彼女とは短大の音楽教育科時代からの付き合い。私は学校がつまらないという身勝手な理由で中退してしまったけれど、彼女は短大卒業後同じ大学の学部に編入、その後大学院まで行って勉強したというのに、今はまったく自分では音楽に触れることなく、福祉関係の仕事に従事しています。 卒業から25年という月日が経つと、特に女性は結婚、子育てを経て、若かった頃にやりたかったことが変化していったり、またはあきらめたりして手離す人が多く、同じ大学の同級生の中で、今でも音楽にかかわっている人のほうがずっと少ないくらいなのです。

彼女は、私がずっと音楽を続けていることがエライ、とか、羨ましいとか言うのだけれど、試練を乗り越え根性で続けてきたというわけではまっったくなく、(笑)ただ笛を吹くことがずっと好きでむしろやめられなかっただけで、・・・と話しながら、でも振り返ってみると要所要所で必ず背中を押してくれる人がいたなぁと・・・。あるとき「吹くべきだよ」と言ってくれる人がいて、単純に嬉しくなって木に登り、しばらくしてまた、べつにいっか、となるとタイミングよく「あなたは吹くべき」と背中を押してくれる別の人が現れる・・。という具合に、実に1度や2度ではない大きな他力のおかげでここまできた、という気がします。そんな積み重ねでここまでくると、それがオダテだったとか勘違いだったとか、そんなことはどうでもよくなり、(笑)笛吹くことが使命とも言えるくらい当たり前になってしまったということなのかもしれません。

というわけで今年の最後のライブは22日、オーパスタで。来年は今のところ2月の川崎こ文から。同時に来年はFOMAL HAUTでのライブを増やしていきたいと思っています。 春までにはあっと驚く自主企画ライブ(?笑)や、アンデネスさん系新ユニットとのジョイントのお話もあり。夏までにはまた森の楽園と十里木が待っている・・・。

今まで、のんびりねーさんの背中を押してくれた方々に感謝をこめて。来年も不肖古庄、つんのめりながら頑張りま~す。(^O^)/

2008年12月11日 (木)

きょうの夕飯なぁに?

(ポニョで)♪まっかっかーの、なーべ、なーべなべ、キムチ鍋っ 

このところ我が家では2日か3日に一度は鍋です。先日初めてカレー鍋をしてみました。これもなかなか美味い~。 いろんなバリエーションが楽しめて、簡単だし野菜もたくさん食べられるし。冬はあったかい鍋料理に限る!!・・・ただ、ごはんが進んでしまうのが困る。(笑)

来週、娘の学校で小さいクリスマスコンサートがあって、ブラスバンドの子供たちがそれぞれのパートごとに短い曲を披露するというので、フルートパートのアレンジをまかされました。曲はとなりのトトロの中から『風の通り道』 普段バンドフェスティバルなどではけっこう難しい曲を演奏しているので大丈夫だろうと思って、2パートに分けて書いたら、フルートだけのデュエットはあまりしたことがないから~と、思いのほか苦戦している様子。下のパートを吹いていると、どうしても途中で上のパート(主メロ)に引きずられてしまうとのこと。オカリナで娘の練習に付き合うことになりました。

考えてみるとこんな風に娘のフルートと本格的にデュエットするのは初めてで、私のほうが楽しくなってしまい、音が重なるときの倍音がビリビリと心地よく鳴って、メロディとともに上がったり下がったりしながらまとわりつくのがなんともこそばゆく、不思議に幸せな気分にさせてくれました。

娘にとってはちょっとキツい特訓だったようですが、私にとってはちょっと嬉しい至福の時間でございました。(笑)

さて今週末は土日、2日続けて清水に参ります。13日土曜はアルパの長島氏とギターフェスティバルでのゲスト出演。(詳細はlive infoを参照してください。)14日の日曜は清水江尻生涯学習交流館にて、午後1時半よりこどもたちのためのクリスマスコンサートを、和音(ひとね)のおふたりと一緒にやります。 みなさまぜひいらしてくださいねん。

2008年12月 8日 (月)

30人31脚

きのうは朝から娘と一緒に、録画してあったテレ朝系、「30人31脚」を見て泣きました。そりゃもうボロボロと恥ずかしいくらいに。(笑) 娘のクラスの担任の先生も、この30人31脚に挑戦したかったと言っていたそうですが、思っていてもなかなか行動には結びつかないものらしく・・・。 

娘と同じ年の子供たちがクラス一丸となって走る姿は、感動でした。こういうの見ると、どこかで学級崩壊が起こっているのが不思議です。先生が立派だから?子供達が純粋だから?何がどう違うんだろう?

先週、娘のひとつ上の学年で昨年学級崩壊が起こっていたという話を聞いたばかりだったので、よけいにそんなことを思ってしまったのかもしれません。

娘が保育園児だったときには「はじめてのおつかい」に毎回涙して、小学生になるとこの30人31脚が見逃せない。(笑) 子供が成長していく過程に重なるものはついつい気持ちが入ってしまいます。それは、親としての気持ちであると同時に、もう一度自分が子供に戻って、その頃を体験し直すような、そんな感覚。

よく子育てとは子供を育てるんじゃなくて、子供が親を育ててくれる、なんてことをいいますが、

子供を育てることは、もしかしたら同時に自分を生きなおすことなのかもしれない・・・・。

なんて。そんなことを思った休日でありました。

2008年12月 5日 (金)

なんかおかしい。

うちから車で10分圏内に新しく大型ショッピングセンターができてちょうど1年。同じ10分圏内に、これまた同じ系列のショッピングセンターがもうひとつできるんだって。

・・・・なんでもうひとつ?? もう充分便利なのに・・・。 不景気だからって関係ないのですね。会社が大きくなるほど、税金対策で店舗を増やしていかなきゃならないらしい。逆効果だと思うけどなぁ・・・。

大きなショッピングモールより、オバサンは商店街が好きです。八百屋さんや魚屋さんがある商店街。地方はこうして大型店舗ばかりが増えて、商店街やアーケードがどんどん無くなっていく傾向にあります。なんか寂しいよねぇ・・・。そのうちみーんなが同じ大型フランチャイズのPB(プライベートブランド)の食材を食べてさ、みーんなが同じH&Mやユニクロのお洋服を着るようになったりしてね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

さてさて。来週以降、ギターフェスティバルでのゲスト出演に加えて子供中心のクリスマスコンサートがふたつ。デイサービスでのコンサートがひとつ、O★PASTAでやるものがひとつ、残すところ5つのライブが待っております。年末までまだまだ頑張りまっせ。

2008年12月 1日 (月)

冬の富士

Pb300016←きのうの富士山です。じつに富士山らしい絵になりました。これだけ雪がかかると、いよいよ冬到来という感じがします。 

娘のバンドフェスティバルは無事終了いたしました。トゥーランドットなど3曲を。  本人にとっては思い出深い体験になったのではないかな。

今日から12月。なんだかせわしなくなってきたなと思ったらもう年末じゃぁありませんか。うっ、仕事山積、疲労回復、体力温存、健康維持、(なんのこっちゃ)今日は早く寝よ。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介