フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 同い年ということでひと言だけ。 | トップページ | ★お知らせ★ »

2008年11月 6日 (木)

森フェスタレポートその1

11月1日は連休の初日だったので、道は混んでいたけれど、天気も良くて暖かく、野外のイベントには絶好の日和でした。 まずは娘と娘の友達、かなちゃんを乗せて買い物に。翌日の朝食のための食材を積んで、その後、和音(ひとね)のたかちゃんを乗せて、御殿場回りで河口湖に向かいました。車には機材と、機材周り、それから楽器と、衣装と、お泊まり荷物(寝袋含む)と、さらに鍋、フライパン、カセットコンロ、食材、などなどが積んであって、そのまま車で生活できるくらい。 すごいことになってました。

Adsc_0173富士五湖道路を通ったとき、車中からたかちゃんが連写して撮った富士山です。裾野に広がるススキ野原がお日様に照らされて美しかった~! たかちゃん、この一眼レフのデジカメを3日前に買ったばかり。それでイキナリ連写!!なかなかやります。本日アップする写真は全て彼女が撮った写真です。

楽園に着くと機材を下ろして、まずお泊り荷物を部屋に。今回泊めていただくのは自然学校の和室。ふとんも完備、床暖房も入っていて、贅沢快適に過させていただきました。キャンプ気分で寝袋まで持って行ったのだけど、全く必要なかった。(笑)

Adsc_0188←夕闇せまる前の野外ステージはこんな感じ。枯葉が落ちてすっかり冬に向かう森。 まずはたかちゃんとふたりでとりあえずのセッティングをしておいて、すーさんの到着を待つ間、コカリナのお店前の焚き火台でしばしのティータイム・・・。

Adsc_0192 Adsc_0193 焚き火の火ってつい見入っちゃうんだよね。娘たちふたりは薪をくべるのを楽しんでいました。この日は風がなくて暖かいほうだったそうですが、それでも日が落ちて暗くなってくるとだんだん冷えてきます。

Adsc_0210ライトが付いて、そろそろキャンドルのセッティング。森フェスタのスタッフさんたちがみんなでキャンドルを入れた小さなガラスの器を木に吊るしたり、ステージ上に並べたりしていくうちに、どんどん雰囲気が出来上がっていきました。写真はステージでららさんと打ち合わせ中~。

Adsc_0223 こんなに暗いステージで演奏するのは初めて。考えてみると、譜面も見えないしPA機材のレベルも見えない・・・。片付けちゃったライン系統引っ張り出すのもどれがどれやら。(笑)そっか、こういうこと想定しておかないと大変なことになるのね、とお勉強になりました。 そうこうしているうちにすーさんが到着。サウンドチェックと軽くリハーサルをしていたら、

「 古庄さん、時間です。もう7時」なんて言われてびっくり。(笑)えぇっもうそんな?着替える暇もなく、そのままライブに突入~。

Adsc_0241清水国明さんが国太郎くんを抱いてキャンドルナイト開催前の挨拶をしてくださいました。 会場にはふたつの焚き火台と、野外用のストーブがあったので、お客様はみんなその周りに集まり、ちょっとステージから遠くなってしまったのが残念だったけど、キャンプに来ていたファミリーや、団体さん、イベントのために来てくださった方も含めてたくさんの方が集まってくださいました。

Adsc_0265 Adsc_0278 ステージの模様が少し伝わるでしょうか。オカリナ・コカリナのソロも含めて、今回はこの日に参加できなかったピアノの相棒下山さんが、伴奏CDを作ってくれたので、いつもの「野を渡る・・・」や、秋の曲シリーズを演奏することができました。しもぴーに感謝。 和音(ひとね)のすーさんのギターサポートで「光の森」や「約束の日」を歌入りで。その後たかちゃんにも「星つむぎ・・・」「糸」「風になりたい」を歌ってもらって、NICOくんも太鼓で参加。みなさんにも鳴り物で参加してもらい、ライブは盛り上がって終了しました。(笑)和音のおふたりのサポートに深く感謝です。

そのあとは暗がりの中で撤収。ステージ横に立つゲル(モンゴルのテント)にひとまず機材を片付けて、キャンプ場に移動して、みなさんと一緒においしいバーベキューを頂きました。楽しい一夜でございました。

っと、本日はここまで。レポートその2は翌日の朝ご飯から書きま~す。

« 同い年ということでひと言だけ。 | トップページ | ★お知らせ★ »

コンサートレポート2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 同い年ということでひと言だけ。 | トップページ | ★お知らせ★ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介