フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

ムンバイの事件

旅の思い出~インド編その1を書いたあと、「その2」がなかなか書けないままずい分時間が経ってしまいましたが、インドのムンバイ(旧ボンベイ)でイスラム過激派による同時多発テロが起きて、犠牲者が200人以上、という事件が・・・。

ずい分前に、一度訪れただけの街ではあるけれど、街並みや出会った人たちのことを思い出すと、胸が痛みます。

もう16年前の話・・・。私が結婚式を挙げたのはボンベイではなくデリーでしたが、ボンベイからデリーに移動してすぐ、結婚式の直前にやはり宗教がらみで暴動が起きてしまいました。直接被害を受けることはなかったけれど、デリーの市街地全域に外出禁止令が出て、ホテルに戻れなくなってしまったので、仕方なくインド人の友人の家に泊めてもらうはめに・・・。翌日には夜間のみの禁止令に変わったので、結婚式は無事に終えることができたのだけれど、その夜、ホテルに戻るときには、街は人影がまったくなく閑散として、ところどころに銃を持った兵士が立ち、物々しい雰囲気に圧倒されて、背筋がひやりと冷たくなったことを思い出しました。

日本は、平和です。そりゃ景気がどうとか総理がどうとか、いろいろあるけど、でも平和に暮らしていける国・・・。だからせめて、自分ができること、今、身の回りでできることを、精一杯やるしかないんだよね・・・。なんてことを改めてしみじみと思ったりしたのでした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて。明日(日付はきょう)は小学校バンドフェスティバルです。小指骨折娘はなんとかステージに上がることになりました。左手の小指を使わずに吹くワザを開発したそうです。(本人談) 要はごまかせる手法をみつけた、ってことでしょう。(笑)これもバンドという大勢の中だからできること。小学校最後のバンドフェス。まぁ無理せず頑張って欲しいと思います。

2008年11月26日 (水)

雲の一本道

20081125164135 きのうの夕方、空を見上げると夕日に赤く染まった飛行機雲が西に向かってどこまでもひとすじに伸びておりました。うつくし・・・。・・・・あの道を飛んで遠くに行きたいなぁ・・・。 注:遠くに行ってしまいたい、という意味ではありません。 旅というのは不思議なもので、ある時代にはまるで首根っこ掴まれるようにあちこち連れて行かれる、という感じだったのだけど、今はまったく旅に出るという状況ではなく、寂しい限りです。でもね、いざ8時間も10時間も飛行機に乗るってことになると、ちょっと気が滅入る年になっちゃった。腰とか膝が心配だったりして。 ナサケナー  だけど、今行ってみたいと思うのは、やっぱり南米かな。・・・・・・・・遠い。8時間じゃ済まない。(笑)  赤い糸のような雲を見ながら彼方の地に思いを馳せるひとときでございました。

2008年11月25日 (火)

つらつらとお知らせなどを

お知らせLIVE INFO更新しました12月13日(土)静岡クラシックギターフェスティバルというイベントにゲスト出演いたします。アルパ長島忠之 オカリナ古庄 @静岡市清水区 船橋舎サロンホール。 

Apb230338 ←日曜日、うちのすぐ近所から撮った富士山です。雲ひとつなく、空も富士山も青くて美しかった・・・。この日は市の子供会ドッジボール大会。小指骨折の娘が欠場したかわりに隣りの町内から強力な助っ人を頼みましたが、あえなく敗退。練習も作戦会議もなーんもしてないのにけっこういい試合してました。 そういえば娘がまだ小さかったとき、このくらいの冠雪の富士山を見ると決まって、「ふじさん、しろいお帽子かぶってるねっ!」な~んてかわいいことを言っていたものです。

Apb150312 ←で。それとはまったく関係ないけど白い猫。 叔母の家で飼っている「ハツ」、生後6ヶ月の超イケメン君です。叔母は92歳になりますが、付き添いもなくひとりで東京から新幹線に乗って三島まで来てしまう元気なおばぁさま。柿の木に登ってしまうハツを追いかけているそうな。

さて、きのうは、和音(ひとね)のおふたりとリハーサルを。

12月14日(日)一緒にX’masファミリーコンサートをやることになりました。@清水江尻生涯学習交流館にて午後1時半~。出演:和音&古庄。 子供たちが中心のコンサートになりそうです。 お近くの方はお子様連れでぜひおでかけください。

2008年11月22日 (土)

アンデスという楽器

娘の指の骨折を心配して、いくつかのメールや電話を頂きました。ありがとうございました。ご心配おかけしました。子供って案外あっけらかんと状況に順応するもので・・・(笑)とりあえず右手と、左手の親指人差し指を上手に使って、生活全般なんでもこなしております。 一週間後に迫ったバンドフェスティバルも、フルートパートの吹けるところだけ吹く方向でやる気満々。 まったくめげてません。私のほうが、無理しちゃダメとブレーキをかけるほど。あんなに泣いてたくせにねぇ・・・(笑)

ところで娘がフルートが吹けなくて困っているという話をピアノの下山さんにしたところ、「アンデスがあるじゃん!!(フルートの代わりに)アンデス吹けば?」とマジメにおっしゃいました。

Andes_menu02 アンデス25Fという楽器は鈴木楽器が作っている鍵盤ハーモニカのような「笛」で、栗コーダーカルテットが使っていることで知られていますが、身近では和音(ひとね)のすーさんが所有していて、(ギター弾きなのにね・・・)森でのライブのときに使わせて頂きました。↓

Adsc_4107 一見オモチャのように見えるけど、きれいな音で鳴らすには息の入れ方にコツがあって、息圧によってピッチも変わってしまうので案外難しい。音色はやさしく、鍵盤なので和音が鳴らせるというところが利点といえば利点だけれど、3声4声の和音を押さえると、それだけ(3本分4本分)息も出ていくので酸欠に・・・。白玉和音は決死の覚悟。(笑) とても面白い楽器なので、興味のある方はぜひ検索してみてください。

ブラスバンドの中でひとりだけこれを吹いている娘を想像するのは楽しいけど、残念ながらその絵は実現しそうにありません。娘はともかく、私は和音(ひとね)と共演の折には、またこの楽器で遊ばせていただこうと思っています。

そうそう和音(ひとね)といえば、和音のライブが12月6日(土)EN(@富士市厚原)にて、決定いたしました。詳しい情報は「LIVE&chobiっとbarENのHP」←こちらへ。 ENのHPでは先日のO★PASTAのライブ写真も公開されております。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

今日は本当に良い天気で、風もなく暖かく、富士山もきれいに見えて、絶好の法事日和。本日、母の一周忌を無事終わらせることができました。一年という時間が過ぎるのは本当に早い・・・。母の命日が近づき、去年の今頃を振り返る日々です。改めて、たくさんの人から支えられていることに感謝しつつ。

2008年11月19日 (水)

全治一ヶ月

子供を育てていると、突然熱を出したりして驚かされることの連続。それでもさすがに小学校高学年ともなるとそういうこともほとんどなくなるし、自分のことはなんでも自分でやってくれるので、手が離れてほっとする時期。

だけど忘れた頃にやってくるんだなぁ、こういうことが。

日曜日、私は母校のおばさんコーラス隊の練習で留守をしておりました。帰ってきたら、娘が友達とドッヂボールの練習をしていて、左手の小指を突き指したと言います。痛みもそれほど強くはないので、冷やして、湿布して、様子を見ようと・・・。フツウにご飯を食べ、お風呂に入り、寝たわけですが、

翌朝も腫れが引いていないので、念のためにと、病院に連れて行きました。レントゲンを撮ってもらったら、なんと。小指の根元がぽっきりと骨折してました。!!

予想していなかった展開に娘はとまどって、号泣~。 麻酔を打って骨接ぎしてもらい、全治1ヵ月の片手ギブスの人となりました。 今週末には市のドッヂボール大会に出場予定だったし、月末にはブラスバンドのフェスティバルがあるのに、すべてNGとなり、それがわかるとまた号泣~

先生が痛み止めを処方してくれたのだけれど、娘はぼそっと、「痛み止めより泣き止めの薬が欲しいんだけど・・・」と言ってまた泣くし。「あははうまいこと言うなぁ、」と笑ったら怒られちった。

実は私も子供だった同じ頃、鉄棒から落ちて右手を骨折しました。その頃は接骨院で処置してもらって、もちろん麻酔なんかかけずにぐきっとやられて死ぬほど痛かった~。娘以上に泣きましたよ。利き手の骨折だったから大変だったのを覚えてます。でも骨ってエライ。ちゃんと再生しちゃうんだよね。

そりゃ骨折なんてしたくてするもんじゃありません。

でもこういうことが起きて、案外いいこともあるしあらためて解ることもあります。指一本使えないだけでどれだけ不便かということ。ちゃんと指も手も全部動くことの幸せ。大好きなフルートが吹けることの幸せ。友達からの思いやり。・・・娘も、怪我したことで、いつもは感じていないことを改めて見直しているみたいです。

ほっ・・・。 ともあれ、大事に至らなくてよかった。母親稼業はまだまだ続くなぁ。(笑)

2008年11月16日 (日)

椿の里ライブレポート

静岡の椿の里は日本平に登る途中にあります。文字通り椿の庭園なのですが、開園しているのは1月から3月の椿が咲く時期だけということで、今回のディナーライブは特別企画。

Adsc_4251 Adsc_4293 今回も、写真を撮ってくれたのはふくちゃんとたかちゃんですが、まずはふくちゃんが椿の里で撮ったイメージ写真を2枚。

この日は午後からある病院でのボランティアコンサートを終えて速攻で静岡に移動。前乗りですーさんがセッティングをしてくれていたので、大変助かりました。

Adsc_4260 Adsc_4263 お客様が入る前の会場は←こんな感じ。ここでお食事が済むと、ライブ開始です。その間スタッフと出演者は会場の外でおにぎりをほおばる・・・。

Adsc_4327 Adsc_4312 Adsc_0448

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

Adsc_0429アルパソロ~アルパ&オカリナ~ハーモニカソロ~アルパ&オカリナ&ボーカルという構成で、1時間半ほどのライブになりました。オーナーのKさんが「敬老会のような」なんて言っていたけど、お客様は年配の方を中心に熱心に聴いて下さいました。

Adsc_0522 Adsc_0503 ステージは和室の入り口で、土間の玄関のようなところ。真ん中の大きい火鉢は動かせないのでそのまま・・・。こういう、日本家屋とか、古民家でのライブも独特な雰囲気があってなかなかよかです。

Adsc_4404_2 Adsc_4334 Adsc_4319_2

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

ソプラノのミッシェルさんが着ているのはパラグアイのポンチョだそうです。ボリビアやペルーのポンチョとはまた色合いが違うんですね。

Adsc_4367←共演したハーモニカの石川さんは、県内にいくつか教室を持つハーモニカの達人。この日初めてお会いして・・・と思っていたのですが、吹き姿を見てはっと気がつきました。この方の演奏を以前聴いたことがある・・・。 2年前、母が入院していた病院で、ボランティアコンサートがあって。その時に母がほろほろ涙をこぼしながら聴いていたのが、この方のハーモニカでした。演奏が終わったあと、母は私に、「あんたもここで演奏できればいいのにね」なんて、その時言っていたのですが、母の存命中にそれは叶いませんでした。

でもこの日の午後、奇しくも母がそう言っていた同じ場所で、私は演奏をしていて、終わったその足でここに来て、石川さんにお会いしたのは驚きでした。帰りがけに、石川さんご本人に、母があの時に涙して聴いていたことを伝えられたことが嬉しく、この小さなミラクルにひとり感激しておりました。

Adsc_0530 Adsc_0533 そしてライブ無事終了後。撤収をしながら、長島さんのアルパを触らせてもらう人たち・・・。(笑)この日も先週に引き続き、和音のおふたりと、ふくちゃんにいろいろお手伝いして頂きました。

Adsc_0538しかし。こうして見ると、どうやらアルパという楽器は誰もが似合うわけじゃぁないらしい・・・。うふ。いや誰がどうとは言いませんけれどもっ。

すーさん、たかちゃん、ふくちゃん、ありがとう。長島さん、ミッシェルさん、石川さん、お疲れさまでした。そして今回も聴いて下さったお客様に感謝です。

以上、椿の里ライブレポートでしたっ!

さてさて、このところ毎週末だったライブは来月まで小休止です。12月には今のところ3本コンサートが入っていますが、LIVE INFOには載せておりません。詳細分かり次第こちらでお知らせいたします。めっきり寒くなりました。みなさま風邪に気をつけて。

2008年11月14日 (金)

お勧めCD♪

ただ今「11月8日の椿の里ライブレポート」を編集中ですが、ここで小休止、先日入手したケーナ・サンポーニャ奏者「山下“topo”洋平」さんの「One day One life」というCDをご紹介します。

Topo1 このレコーディングに参加しているパーカッションの栗山豊二氏は20年ほど前に同じバンドにいた友人で、現在もいろんなジャンルで活躍しているサポートミュージシャン。昨年の函南猫祭りで約7年ぶりに共演しました。(live photo参照) FOMAL HAUTのピアノの相棒下山氏とも同じアーティストのサポート組として活躍していた時期があり、何かとご縁のあるパーカッショニストです。で。栗ちゃん参加の、ケーナ吹き山下さんCD発売!と聞いてこれは聴かねばなるまいと購入いたしました。

もうこれは、何というか、「めっちゃ気持ちいい!!」のひと言。topoさんの世界にぐいぐい引き込まれます。 私もハシクレながら笛吹きなので、笛と名のつくものの音は、たぶん人一倍音色を感じながら聴いてしまうのだけれど、彼のケーナはほんとに気持ちよく体を抜けていくような清涼感があって、また卓越した節回しがかっこいい!!

アルバムはケーナ・サンポーニャとピアノ、パーカッションというシンプルな編成で、オリジナル曲が中心ですが、中にはなんと、フレディ・マーキュリーの「We are the champions」が収録されていて、これがすごい。栗山氏のパーカッションも「栗山らしく」ニヤニヤしながら聴いてしまいました。一聴の価値あり、です。

山下“topo”洋平さんのHP ←私がいろいろ語るよりまずはこちらに。「SHOP」からCD購入できますが、「MOVIE」から演奏動画やMP3も。吹き姿もかなりイッちゃってます。かっこいいよ。

ちなみにチビフルート吹きである娘が、CDを聴いて何と言っているかというと、「ケーナと体がひとつになってるねぇ」

というわけで古庄母子が久々にシビレたCDのご紹介でしたっ(^O^)/ ぜひ聴いてみてください。

2008年11月11日 (火)

森フェスタレポートその2

大変長らくお待たせいたしました。更新してない間にアクセス数が増・・・ひぇ~っ!みなさん遅くなってごめんなさい。(人><。)

Adsc_3977 Adsc_3992 まずは11月1日のキャンドルナイトの写真を追加で3枚アップします。ふくちゃんが撮影してくれた分です。焚き火の側で暖をとる人たち・・・。それから楽園スタッフのこーちゃんが、見上げてごらん夜の星を歌ってくれたときのもの。

Adsc_4025 そして和音のふたりと一緒に。 こんなに暗いのにこの美しさ。ふくちゃんさすがです。ふくちゃんが偉いのかレンズが偉いのか・・・。だは。 確かに寒かったけれど、この写真の光を見ると澄んだ森の空気を思い出します。まだまだたくさん写真があって、選ぶのが困るほど・・・。ららさんのアルバムのほうにも載っていますので、そちらをぜひご覧ください。(ブログ・コカリナのお店から)

Adsc_4041 Adsc_4040 さてここからは翌日の朝食風景です。私は前日買い込んだ野菜でスープと炒め物を作り、すーさんとたかちゃんがサンドイッチを作ってくれて、豪華な朝ごはんになりました。こういう場所でこんなふうに食べるのが一番美味しいんだよね。

Adsc_0291 ←コカリナのお店の前のデッキには、ヤマガラくんが飛んできて、手にひまわりの種を乗せて待っていると手に乗ります。すぐ側の枝まで来ているのがわかるでしょうか・・・?手に乗るとあっという間に種をくわえて飛んでしまうので、その瞬間を撮るのは至難のワザ。

Adsc_0288 ←突然ですがここでふくちゃん登場。いつも撮るほう専門の人なのでカメラを構えている写真は貴重です。撮ったのは和音のボーカルたかちゃん。本日アップしているのはふくちゃんとたかちゃん撮影の写真です。

さてそうこうしているうちに、そろそろセッティングをしなければ、という時間になりました。この日だけ参加のため朝からこちらに向かっているはずの下山さんから、「1キロ進むのにCD1枚・・・」とメールが・・・。かなりの渋滞の模様・・・。行楽シーズンの連休だからね~。

Adsc_4107←でもちゃんと間に合って、音合わせ終了。4人でやる曲のリハーサルも終了。本番は和音のふたりの演奏から。 実は和音(ひとね)は結成からわずか2ヶ月。この日が初ステージでした。8月にも共演しているのだけれど、その時のステージは公開リハという感じだったので。 ボーカルのたかちゃん、以前はゴスペルなどを歌っていたそうです。このふたり、なかなか素敵なユニットです。

Adsc_4163 Adsc_4164 Adsc_0382

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

Adsc_4206FOMAL HAUTはいつもコカリナのお店の前でやるように、リクエストを頂きながらの演奏だったのですが、子供たちからさっそく「ポニョ~」の声が・・・。で、ポニョを一緒に歌ってくれた、めいちゃんとななみちゃん姉妹です。 リクエストのほかには、今回はいつもの「野を渡る・・・」に加えて、下山さんの新曲「花・ゆめ・月・星」を・・・。

Adsc_0326Adsc_0335 私たちが演奏している間、娘とお友達のかなちゃんはハンモックで遊んでいたらしく、森の中では木漏れ日の下で演奏を聴きながら、ご飯を食べる人歩く人遊ぶ人・・・時間がゆっくり流れていくのが気持ちいい。

Adsc_0340 Adsc_4224この日は演奏途中でちょうど餅つきの時間になったので、「ただ今から餅つきを始めま~す」の園内放送が入ってしまった、という一幕もありました。演奏を聴いてくれていた方たちも餅つきに行きたいのではないかと、一時はライブを中断しようかと思いましたがそのまま続行。つきたてのお餅の誘惑にもめげず、ずっと聴いてくださったみなさまありがとう。(笑)けして私が脅したわけではありませんよ~?

Dsc_4234 ・・・というわけで、FOMAL HAUT&和音で、「The Rose」「光の森」「星つむぎの歌」「風になりたい」で、森フェスタの野外コンサートは無事終了いたしました。 ららさんを始め、フェスタスタッフ~のみなさま、お世話になりました。本当にありがとうございました。楽しい2日間でした。

Adsc_4242そして連日「風になりたい」でサンバを踊ったこのお嬢さまふたり。帰ってきてからも「楽しかった~~」を連発。かなちゃんは今年一番の思い出と断言するほどで、「ゆいちゃんのママ、今度行くときも絶対誘ってねっ!!」と念を押されてしまいました。子供たちにとって、何が一番だったかというと、森の雰囲気ももちろんだけれど、何よりフェスタスタッフのみんなが暖かく優しく迎え入れてくれたからだと思います。枝に巻きつけて焚き火で焼いたパンも最高に美味しかったし、流木をけずるのも、アスレチックも。 ふたりとも、持って行ったDSで遊ぶのなんか忘れて森を満喫していました。親はなんにもしていないのに、(笑)有難いことです。

春、暖かくなったらまたお嬢たちを連れて参ります。森フェスタに参加してくださった全ての方に感謝をこめて。 それからたくさんの写真を撮ってくれたふくちゃん、たかちゃん、ありがとう~やっとアップできたよ~

2008年11月 7日 (金)

★お知らせ★

ただ今森フェスタレポートその2を編集中ですが、コカリナのお店ららさんのブログに、ふくちゃん撮影による森フェスタのアルバムがアップされています。「森フェスタキャンドルナイト」←よかったらこちらに飛んで、アルバムをご覧ください。

明日11月8日(土)は椿の里にて、アルパの長島さんとオカリナ古庄による、ディナーライブがあります。ゲストにソプラノシンガー、ミッシェルさん。 「椿の里」は静岡市駿河区池田2113-4。電話054-262-1228 お食事は18時から、ライブは19時からだそうです。詳細は椿の里までお問合せください。

2008年11月 6日 (木)

森フェスタレポートその1

11月1日は連休の初日だったので、道は混んでいたけれど、天気も良くて暖かく、野外のイベントには絶好の日和でした。 まずは娘と娘の友達、かなちゃんを乗せて買い物に。翌日の朝食のための食材を積んで、その後、和音(ひとね)のたかちゃんを乗せて、御殿場回りで河口湖に向かいました。車には機材と、機材周り、それから楽器と、衣装と、お泊まり荷物(寝袋含む)と、さらに鍋、フライパン、カセットコンロ、食材、などなどが積んであって、そのまま車で生活できるくらい。 すごいことになってました。

Adsc_0173富士五湖道路を通ったとき、車中からたかちゃんが連写して撮った富士山です。裾野に広がるススキ野原がお日様に照らされて美しかった~! たかちゃん、この一眼レフのデジカメを3日前に買ったばかり。それでイキナリ連写!!なかなかやります。本日アップする写真は全て彼女が撮った写真です。

楽園に着くと機材を下ろして、まずお泊り荷物を部屋に。今回泊めていただくのは自然学校の和室。ふとんも完備、床暖房も入っていて、贅沢快適に過させていただきました。キャンプ気分で寝袋まで持って行ったのだけど、全く必要なかった。(笑)

Adsc_0188←夕闇せまる前の野外ステージはこんな感じ。枯葉が落ちてすっかり冬に向かう森。 まずはたかちゃんとふたりでとりあえずのセッティングをしておいて、すーさんの到着を待つ間、コカリナのお店前の焚き火台でしばしのティータイム・・・。

Adsc_0192 Adsc_0193 焚き火の火ってつい見入っちゃうんだよね。娘たちふたりは薪をくべるのを楽しんでいました。この日は風がなくて暖かいほうだったそうですが、それでも日が落ちて暗くなってくるとだんだん冷えてきます。

Adsc_0210ライトが付いて、そろそろキャンドルのセッティング。森フェスタのスタッフさんたちがみんなでキャンドルを入れた小さなガラスの器を木に吊るしたり、ステージ上に並べたりしていくうちに、どんどん雰囲気が出来上がっていきました。写真はステージでららさんと打ち合わせ中~。

Adsc_0223 こんなに暗いステージで演奏するのは初めて。考えてみると、譜面も見えないしPA機材のレベルも見えない・・・。片付けちゃったライン系統引っ張り出すのもどれがどれやら。(笑)そっか、こういうこと想定しておかないと大変なことになるのね、とお勉強になりました。 そうこうしているうちにすーさんが到着。サウンドチェックと軽くリハーサルをしていたら、

「 古庄さん、時間です。もう7時」なんて言われてびっくり。(笑)えぇっもうそんな?着替える暇もなく、そのままライブに突入~。

Adsc_0241清水国明さんが国太郎くんを抱いてキャンドルナイト開催前の挨拶をしてくださいました。 会場にはふたつの焚き火台と、野外用のストーブがあったので、お客様はみんなその周りに集まり、ちょっとステージから遠くなってしまったのが残念だったけど、キャンプに来ていたファミリーや、団体さん、イベントのために来てくださった方も含めてたくさんの方が集まってくださいました。

Adsc_0265 Adsc_0278 ステージの模様が少し伝わるでしょうか。オカリナ・コカリナのソロも含めて、今回はこの日に参加できなかったピアノの相棒下山さんが、伴奏CDを作ってくれたので、いつもの「野を渡る・・・」や、秋の曲シリーズを演奏することができました。しもぴーに感謝。 和音(ひとね)のすーさんのギターサポートで「光の森」や「約束の日」を歌入りで。その後たかちゃんにも「星つむぎ・・・」「糸」「風になりたい」を歌ってもらって、NICOくんも太鼓で参加。みなさんにも鳴り物で参加してもらい、ライブは盛り上がって終了しました。(笑)和音のおふたりのサポートに深く感謝です。

そのあとは暗がりの中で撤収。ステージ横に立つゲル(モンゴルのテント)にひとまず機材を片付けて、キャンプ場に移動して、みなさんと一緒においしいバーベキューを頂きました。楽しい一夜でございました。

っと、本日はここまで。レポートその2は翌日の朝ご飯から書きま~す。

2008年11月 4日 (火)

同い年ということでひと言だけ。

・・・なんてもったいぶったタイトル。(笑)

小○哲哉氏逮捕のニュース、逮捕の理由に驚きました。てっきりミュージシャンにありがちな大麻か何かと思ったら、5億円詐欺・・・。しかも著作権売買にからむ・・・。面識も何もないけれど、ただ同じ年生まれです。(それがどーしたって話) ちょうど小室氏が全盛期の頃(1990年代半ば)、娘を妊娠。ちまたに流れている音楽はほとんどがTKファミリーの曲で、昼間のカラオケ屋で働いていた時だったので、毎日イヤというほど耳に入ってきました。 正直あまり好きではなかったけど、彼はこういう音楽を生み出す天才なのだろうな、と思っておりました。それでも30代半ば過ぎてのブレイクだから遅咲きとも言えるわけで、少なくとも10年は苦労してきたミュージシャンのはず。

しばらくして娘が3歳くらいのときかな?彼と破局したばかりのTKさん(同じイニシャルなのね)をディズニーランドでお見かけしました。奇行が噂されていたけど、ショップで靴下を買い、レジでお金を払うと、その場で(レジの前で)靴を脱いで大騒ぎしながら買ったばかりの靴下に履き替えていました。その30センチ後ろに並んでいた私・・・周りの人の迷惑顧みず、というよりむしろ自己主張しているようにも見えて、他人ながら彼女の痛々しさが伝わってきたのを覚えています。

たったそれだけのニアミスの話ですが・・・。

なんというか、ミュージシャンならば誰でも売れたいと思うのだろうけれど、TK氏は日本で一番売れた人のはず。 人生ってわからないもんです。成功することと、生きることは違うんだな。

ちなみに。TK全盛期の頃に生まれたのでTKのことを知らない娘は、けさのワイドショーで何度も写るロン毛のTK氏を見ながら、

「ねぇ、この人、ボクイケメ~ンの加納英考にそっくり!!」と言っておりました。うーん時代は巡る、時は流れる・・・。(笑)

さてさて。たかこ姫が撮ってくれた森フェスタの写真が早くも本日届く予定なので、これから頑張ってライブレポートを書こうと思いま~す(^O^)/

2008年11月 2日 (日)

森フェスタ終了~♪

2日連続の森のイベントを終えて帰って参りました。2日間、体力的にはちょっとハードでしたが、終わってみればその何倍も密度の濃い、素敵なイベントでした。森と湖の楽園はやっぱり気持ちのいい場所です。行くたびに森が暖かく迎えてくれている気がします。今回初めて泊りがけで行ったので、夜の森(楽園)を初体験。

キャンドルナイトは本当にキレイでした。森の木々が淡いキャンドルの光に照らされて美しかった。ライブレポート、(というより2日間通してのレポート)を書きますが、ふくちゃんと、和音(ひとね)のたかちゃんがたくさん写真を撮ってくれたので、画像到着を待ってアップしていきたいと思います。しばらく(長らくになるかも・・・)お待ちください。(笑)

来てくださったみなさま、ありがとうございました。2日間お世話になったららさんを始め、森フェスタのスタッフのみなさま、本当にありがとう。楽しかった~ 次回は春、暖かくなる頃を楽しみにしています。

しかし連休は道が混んでる・・・。 紅葉の季節、行楽シーズンだから当たり前だけど。でも行きに見た紅葉と富士山麓のススキ野原は素晴らしかったです。

この気持ちよい疲れできっと今夜は爆睡で~す・・・・・・おやすみなさい。

2008年11月 1日 (土)

森のイベント

今日から11月!!富士山が白い帽子をかぶる日も多くなりました。 今日と明日はいつもの「森と湖の楽園」にて、2日続きのイベントです。朝起きたら天気が良くて、ほっとしています。森のキャンドルナイトはどんな感じになるでしょうか? 日曜も、午後1時からコカリナのお店前デッキで演奏していますので、紅葉を見がてら、ぜひ遊びに来てください。ではこれから準備をしてでかけま~す。(^O^)/

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介