フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

気になる明日の天気

こちら富士山南東は、一昨日は雨が降ったり止んだりラジバンダリなお天気で、きのうは一転、降水確率100%を裏切り、もったいないくらいの晴天でした。日中は真夏に戻ったかと思うほどじりじり太陽が照り付けて暑かった~ と思ったら夜中にイキナリ豪雨。(こういうの最近はゲリラ豪雨って言うんですよね)そして今日(土曜)は朝起きたら日が射していたけれど、どうやら午後から雨もよう・・・らしい・・・。

明日は森(河口湖)でのミニコンサート。コカリナのお店前のデッキでやるときは、今まで一度も雨に降られたことがありません。でも明日はちょっと心配。

今年のお天気は相当おかしいぞって、気象予報士じゃなくてもわかります。

本当は今日、アンデネスの井上さんたちと、山梨のお店までケーナを買いにいくツアーを企画していたのですが、この異常気象の影響で、今日までの入荷が間に合わないということなので、延期になってしまったのでした。残念~。

というわけで今日は家で丸一日、家事に専念することにいたしました。なんて書くといつもしてないみたいだけど、 そーいうわけぢゃぁありませんよ~ ま。おおいに手は抜きますけど。

お天気は不安定ですが、もし雨になったらちゃんと屋根のあるところ(LOHASホール)でコンサートをしますので、お近くの方はぜひいらしてください。私たちFomal Hautのほか、主に静岡県東部で活躍しているフォルクローレのグルーポ、「ミルカミルカ」のメンバーも遊びにきてくれます。サンポーニャの迫力ある音色も森に響くことでしょう。 それからギターのすーさんの新しい相棒、タカコ姫の歌も聴けそうなので、楽しみです。

2008年8月27日 (水)

♪大丈夫だよ 見上げればもう 大丈夫ほら 七色の虹 やっと同じ空の下で笑えるね

このところ、毎日、AquaTimezの「虹」という曲↑を聴いています。(TVドラマごくせんの主題歌) 毎年恒例、地区体育祭の応援合戦、結局また、振り付けを担ってしまった~ 去年もブログでグチこぼしてましたが、今年もまったく同じ状況。(笑)

だからさ、ほんとに。若いお母さんが何人もいるんだから、こういう役割は私なんかじゃなくてさぁ、・・・と、今年も同じことを言っている自分がトホホです。

忙しいのにとか、体力的にきついとか、筋肉痛だとか、(笑)言いたいことはたくさんあるんだけれど、でも。

こういう曲で、子供たちが楽しめる振り付けなど考えていると、ほんとは案外楽しかったりしてね。(笑) やるとなったら楽しんでしまうのが一番!(笑)

去年も一昨年も大塚愛の曲だったのだけど、今年の6年生が選んだのがこのAquaの虹、この曲で、ボンボンを持って踊るチアー風なダンスを作りました。やっと振りと構成が決まったので、明日から練習です。といっても練習はたった3~40分を2回、予備で1回。

そして明日からは学校が始まります。夏休みは今日で終わり。今年の夏は暑かった・・・まだまだ残暑は厳しそうですが、秋に向けて、気持ちを切り替えていかなくちゃ。よし、チアオバサンもガンバロ。

2008年8月24日 (日)

音のサーカス

Poster 今日は東京まで娘を迎えに行く前に、横浜に寄り道をして「ヨコハマ音のサーカス」というイベントコンサートを見てきました。会場は赤レンガ倉庫1号館の3階ホール。 親戚が出演していたのでチケットを頂いたから、ということもありますが、マリンバ、パーカッション、そして20台のティンパニーの響演と聞いて心動かされました。 時間の余裕がなくて、結局その「ティンパニー20台・・・」の2ステージ目は見られずじまいだったので残念でしたが。約2時間のパーカッションライブを堪能。 今まで現代音楽風のちょっと難しい音楽は苦手、と思っていたけど、音源がパーカッションだったせいか音がすーっと入ってきて、案外気持ちよく、やっぱり生音が一番、やっぱりライブは現場だ!!・・と思いました。(笑)

しかしこの曲の譜面はいったいどんなふうに書かれているんだろうと・・・。気になってしょうがなかった。 全部パーカッションですからねー。しかも現代音楽ですからねー。オーケストラのスコアみたいなんだろうか?きっと譜面に見えないようなものなんだろうなぁ・・・。なんつって自分も音楽やってるくせにアホみたいなつぶやき。

で。そのあと横浜からこれまた久しぶりに東横線に乗ったのでしたが、みなとみらい線というものがあることをすっかり忘れていて、しかもそれが東横線に繋がっていることも、駅の路線図を見て初めて知ったのでした。 そーか、だから桜木町の駅がないわけね。・・・まるでウラシマタロウ。横浜駅構内もどこがどこやら・・・ムカシの記憶を頼りに動くとさらにわけが解らなくなるので、おのぼりさんらしく案内図を見て確認するしかありませんでした。

なんとか東横線の乗り場をみつけて渋谷~池袋経由で無事に石神井に到着。美音ちゃんのお宅で3日間お世話になっていた娘とともに今度は逆に品川まで来たら、新幹線の改札は人でごった返していて。集中豪雨の影響で新幹線は2時間近く遅れているとのこと。ホームも人で一杯・・・やっとこだまの自由席に乗り込んで、一杯の通路に立ったまま1時間。(でも1時間だから全然マシと言えるかな)やっと帰ってまいりました。

ふぅ~。 東京はどこも人が多くて疲れるわー。2日も日帰りきつっ。今度はお泊りで行こっと。

2008年8月22日 (金)

木製のオカリナ

今日は久しぶりに東京に行ってきました。娘の夏休みも残りわずか、ということで、ボーカルのまきちゃんのお宅に3日間のホームステイをさせて頂くことになったので、東京まで送って行ったというわけです。明日はまきちゃんの姪っ子美音ちゃんと一緒にお台場で遊ぶそうです。 

Ocr030b娘を送り届けた帰りに、木製オカリナを製作していらっしゃるUさんにお会いしました。Uさんは元、プロのドラム・パーカッション奏者ですが、現在70歳を過ぎて、木でオカリナを製作されています。作り初めて10年たったそうですが、「まだ試作品です」とおっしゃっていて、ご自分が納得できるものがなかなかできないので、私にモニターになって欲しいとのご依頼・・・。土のオカリナと形は同じですが、音色は丸くて優しい、まさに「木」の音色。同じ木製のコカリナとも、全く違います。

試作のC管を頂いてきたので、次の森でのミニコンで、音色の違いを聴いて頂こうと思っています。

Uさんのお人柄も丸くて優しい音色のようなのですが、何より70歳を過ぎても、静かに好きなことを、妥協することなく、追求していらしゃる姿勢に、私も襟を正したくなるような気持ちでした。お会いできて良かった。

ところで。そんなわけで久しぶりに都内の私鉄、(西武池袋線と小田急線)に乗りました。以前東京に20年間住んでいたので、窓から眺める景色が懐かしく、普段思い出すことなどないような、いろんなことを思い出しました。20年居た間に、暮らした街は8つ、引越しは9回。(笑)ひとりだったことも、ひとりじゃなかったことも。

いつかひとりでそんな街をふらっと回ってみるのもいいなぁ。「ちぃ散歩」みたいに。(笑)

さぁ、今週末は娘のいない休日を満喫しよーかな。 なんつって家の片付けと掃除で終わりそうだけどっ。

2008年8月20日 (水)

楽器博物館ミニライブレポートその2

任天堂DSの「リズム天国ゴールド」にハマりました。(笑) ときどき娘のDSを奪ってやってます。 

夏休みはあと一週間で終わります。2学期制になってから、8月一杯ではなく中途半端に27日まで。28日に学校が始まっても、始業式があるわけじゃなくて、フツウに授業が始まります。これがいいのか悪いのかわかりませんが、何かが「へん」だよなぁ・・・と思ってしまう母です。

さてレポートの続き。楽器博物館のステージで演奏した曲目は、(アルパソロを除く)「ムィ・セルカ・デ・ティ(君に寄り添い)」「ミス・ノーチェス・シンティ(君しのぶ夜)」「さとうきび畑」「睡蓮」「燕になりたい」「野を渡る風は優しく」 でした。

Ap8170158 楽器博物館に来ているお客様は県内のみならず、東京から、関西からと幅広く、当然ながら楽器に興味のある方が多いので、コンサートが終わるとアルパの周りに人がたくさん集まります。オカリナはめずらしくないので、触っても音が出ないし。(笑)ほとんどの方は見るだけですが、長島さんはアルパの弦を弾かせてくれるので、お客様との会話が途切れることなく、あっという間に2ステージ目の時間になってしまいました。

2ステージが終わると、すぐに同じ浜松市内の次の会場に移動、夕方5時半からもうひとつ、1時間ほど演奏することになっていました。これももちろん長島氏のコーディネート。どこで?どんな?などまったく知らず、長島さんからは、「ちょっと知り合いがやっている小さな喫茶店で」としか聞かされていなかったので気楽に店に入っていくと、もうすでにお客様がずらりと待っていているような状態。

しかもそこは、「小さな喫茶店」という感じではなく、なんと形容していいのか・・・集会所のようでもあり、ライブカフェのようでもある・・・確かに小さいけれど不思議な雰囲気のスペースでした。あとから聞くと、そこは知る人ぞ知る、というような店で、室内音楽などのサロンコンサートをやったり、ときにはクラシックギターの有名な方や、普段聞けないような往年の演奏者がお忍びで(?)演奏したりもする、「芸術工房 YUPANQUI」というちょっとマニアックなライブスペースなのでした。

来ているお客様も常連さんらしく、みなさんすっかり和やかな感じで、1時間ほどの演奏は滞りなく終わり、楽器を片付けていると、ある方が、「古庄さん、これ見てください」と、何やらタオルに包まれたものを手渡されました。なんだろう?と開くと、中から現れたのが、

Ap8170163 ←これ。ドキッとしました。 「これはインカの時代のオカリナです」 「えぇぇぇ~っ??ちょっと待ってください、そんなものがなぜここに?あ・・あなたいったい何者?」(笑) ライブを聴いてくださっていた方というのはわかっていたのですが、いきなりだったので驚きました。  そんな貴重なもの、しかも包んであるのはハートマークいっぱいのタオルだよぉ~ よく聞けば、その方は元楽器博物館の学芸員さんで、なぜこれがそこにあるかという経緯は省きますが、その方によれば、これは人を模って作られたもので、音階のある音楽を奏でるためのものではなく、神事(儀式)に使われていたものではないか、ということでした。 よく見ると吹き口がふたつあって、ふたつのオカリナがくっついているような作り。しかもひとつにたった3つの指穴しかないので、(後ろには穴が開いていません) 音階を出すことはできません。ふたつがくっついているということは、ふたつの音を同時に鳴らすためだと考えられるとのこと。

「ちょっと吹いてみてください」「えぇぇ~っ?いいんですか??」と、恐る恐る片方に息を入れてみると、小さい音ながら、風のような音が鳴りました。

インカ帝国の時代・・・?マチュピチュに行ったことはないけど、遠く南米の、はるかはるか昔に、この土の笛が神の声(あるいは神を呼ぶ声?)を奏でていたのだろうかと思うと、目の前にあることが奇跡とも思えて、貴重な笛との出会いをしてしまったなぁと、本当に感激でした。元学芸員さんのKさん、貴重な体験をありがとうございました。

「オカリナ」はイタリアが発祥ですが、どこの大陸にも太古の昔から「土笛」はあって。形や呼び名や用途は違っても、その時代のどこかで、ずっと土の音色は響いていたんだなぁ・・・。

・・・・なぁんて、想いは果てしなく時間を越えて飛んでいく・・・。(笑) 

というわけで、アルパの長島さんとの浜松コラボツアーは最後にインカのオカリナを吹くという感動的な幕切れにて終了。(笑) 娘たちと新幹線で帰って参りました。 

アルパとの共演はむずかしい課題がたくさんあったけれど、今回そんな充実の3ステージを終えてみて、やってよかったと達成感を感じています。 これからもひとつづつクリアしながら、頑張っていこうと思います。

ところで。インカの土笛に感激したばかりで、どういう因果か、(ダジャレじゃないよ)今度甲府のほうまでケーナを買いに行くことになりました。アンデネスの井上さんたちとご一緒します。 なんか、「南米」(アンデス)から呼ばれている感じ・・・。ひえっ・・・

2008年8月18日 (月)

楽器博物館ミニライブレポートその1

お盆を境に、すこし涼しくなった気がします。夏の終わりが近づいてきたというか、秋がそこまで来ている感じ。この暑さももう少しの間ですね。

さて行って参りました、浜松まで。充実の一日をレポートします。

まず朝。娘の小学校の奉仕作業の日だったので、学校の周りの草取りをしました。本当は2時間の作業ですが途中で抜けさせて頂いて、新幹線で浜松に向かいました。

Ap8170124午前11時前に到着。浜松駅の構内にはKAWAI楽器の←こんなコーナーがあって、自由にグランドピアノやアップライト、デジタルピアノなどを触ることができます。さすが音楽の街・・。 まずは食事をしてしまおうとアクトシティを横目に見ながら博物館の方に歩き、アクトプラザに入ると、インド料理の店を発見。子供たちが「ナンが食べたい!!」と言うのでカレー&ナンを注文したのですが、辛いのが苦手な子供たち。インド人の店員さんに、「辛くないカレーありますか?」と聞くと、にっこり笑いながら「うちのカレーはじぇんじぇん辛くないですよだいじょぶー。」

Ap8170125ほんとかなぁ・・・? インドを1ヵ月半旅したことのある私、即座に「信用できないぞ」と思ったのでしたが、いやいやここは日本、まさかね、インドみたいなことはないよね、しかも子供相手に・・・。 ところがやっぱり辛くないと言ってたカレーはとっっても辛かったのでした。(笑)つまり、「辛くない」というのはその店員さんの主観。悪気があるわけではありません。ワタシにとってはこんなの辛くないから、「辛くない」と言うだけの話。インドに行ったら、この「ワタシメッセージ」に慣れないと大変なことになります。(笑)  

写真は辛くて途方に暮れているふたり・・。 結局子供たちはナンだけ食べて、カレーは私が食べることに。 アルゴビ(じゃがいもとカリフラワーのカレー)美味しかったけどね。(笑) そのインド人の店員さんに、「これ、やっぱりすごく辛いよ」と言ったら、その後「だいじょぶ?」なんて、何度も水のおかわりを持ってきてくれて。 そんなところもインドで会ったインド人みたいで、15年以上も前のインドの旅を思い出し、とっても懐かく不思議な気分になりました。

辛いカレーですっかり汗をかきながら、博物館に到着。

Ap8170138博物館の 地下1階に降りる階段の下に、大理石の小さなステージがあってそこでの演奏になりました。長島さんはパラグアイの民族衣装で登場。アルパのソロと、オカリナとのコラボで約30分のステージを2回。 写真は娘が撮ってくれたものですが、ストロボを使わずに撮ったらみごとに全部ブレブレで、かろうじてブレの少ないものをアップしてみます。

Ap8170142 Ap8170157 オーディエンスは当然楽器博物館に来ているお客様。ステージが始まる時間になると客席は一杯になりました。 おどろいたのはスパちゃんが旦那さんのまぁちゃんとお友達を連れて見に来てくれたこと。わざわざ新幹線を使って!!

Ap8170162 Ap8170161 2ステージ目にはアンデのかんなっちの姿も発見。 遠いのに本当にありがとう。嬉しかったよ~。 そしてもうひとり、来てくれたのが浜松在住の遠士朗くん。実は彼もオカリナ吹きで、数年前にネットを通じて知り合い、それ以来彼のオリジナル曲を時々演奏させてもらっています。4年ぶりに再会できたことに感謝です。こんな機会でもないとなかなか会えない人なので・・・。

彼のブログにはこの日のコンサートのことと、ご自身の演奏音源などもアップされています。オカリナ好きの方はぜひ行ってみてください。

っとコンサート内容までいってないじゃん?やっぱりレポートは今回も「その2」まで。(笑) ・・・というわけで続きは次回。

2008年8月17日 (日)

BIRTHDAY

お盆が終わりました。親戚を迎えに行ったり送ったり、この一週間はずっと運転手をしておりました。ちゃんと送り火を焚いて母を送り、ほっと一息ついてます。 明日(日付替わって今日)は初めての浜松遠征。楽器博物館でのミニコンwithアルパの長島さん、・・・です。お盆明けで道路が混むと怖いので、新幹線で行くことにしました。娘と、娘のお友達を連れて。よし、荷物持ちふたり、ゲット(カメラマン兼ねる) 

今日17日は娘の誕生日。12歳になりました。時のたつのは早いなぁ。12年経っても、お盆休みの4日間をフルに使ったお産のことは忘れません。ここまでよく育ってくれました。 これからも元気で健やかに成長して欲しいです。 happy birthday

2008年8月14日 (木)

お知らせ♪

★LIVE INFO更新しました。8月31日(日)河口湖 森と湖の楽園 コカリナのお店でのミニコンサートです。いつものように気ままでラフな演奏会♪。はじまりは午後1時くらいの予定です。おわりの時間は3時か、それとも5時かな?(笑)

楽園には新しく、「あーてぃすとの森」が出来ました。ちょうどコカリナのお店の下にあたります。森の中に流れるオカリナやコカリナの音色を聴きながら手作りの作品をゆっくり見て回るのもいいかも。 もちろんコカリナのお店を覗くのもお忘れなく。

やっぱりパソコンの調子がイマイチです。キーボードの反映速度が極端に遅くなっているので文章を打つのに時間がかかりすぎる~。 

明日は家族が集まります。迎え火を焚くと、確かになんとなく魂が帰ってきたような気がするものですね。 亡くなった家族を尊ぶ風習って、なかなかいいものです。

2008年8月13日 (水)

平和の灯り展ソロライブレポート

9日の土曜日、午後3時くらいから急に空が暗くなって、雷雨になりました。4時に家を出たときは、まさにそのさなか。山に上がっていくと雷は遠くなったのですが、十里木に近づくとすっかり雨。

Adsc_1553_2というわけで、←tokita邸のお庭でキャンドルを灯して行うことになっていたソロライブは、屋内に変更となりました。tokita邸では「平和の灯り展」として、ガラス工芸家の石垣さんの作品が展示されています。↓

Adsc_1665 Adsc_1595 本来「物撮り」専門のふくちゃんは、三脚を立てて作品の写真撮影に没頭しておりました。久しぶりの「音源キーボードセット」のセッティングは簡単であっという間に終了。こんなお天気じゃ、雷の中をわざわざ上ってくる人はいないだろうし、とのんびり話していたら、すーさんが来てくれたので、急遽ギターを弾いてもらうことに。

Adsc_1669 Adsc_1678 別荘地のご近所から来てくださった方を含めて約10名のお客様を前に、じっくりお話しながらののんびりライブになりました。オカリナソロで、「遠き山に日は落ちて」「夕焼けこやけ」など。音源使用で、「the rose」元ちとせさんの「いつか風になる日」すーさんのギターで、「スカボロフェア」などなどを。

Adsc_1658 Adsc_1670 Adsc_1671_2

毎度のことながら、たくさん写真を撮ってくれたふくちゃんに感謝です。

Adsc_1603 Adsc_1694 ライブの中でもお話しましたが、こんなふうにひとりでやるのは久しぶり。6年前、初めてここに来たときとまったく同じ音源セットで、あの時はたったひとりで演奏活動ができるのかどうか自信がなく、ひとり迷いながらのコンサートだったのですが、tokitaママからたくさん勇気をもらって、まさにこの場所からの出発だったので、原点に戻るというか、初心に帰るという意味で、とても真摯な気持ちで演奏できた気がします。 

こうして6年経って、周りを見ると、ピアノの下山さんがいてくれること、一緒に音楽ができる仲間がたくさんいてくれることに、感謝せずにはいられません。

Adsc_1701そしてライブの最後には、すーさんと一緒に来てくれたtakaちゃんにも、「ハナミズキ」を歌ってもらって、お開きとなりました。takaちゃんとは初対面なのに無理やりお願いしてごめんなさい。改めて、すーさん、takaちゃん、ありがとう。また新しいつながりができました。そして今回のライブを企画してくれたtokitaママに感謝。とてもいい機会を頂きました。

平和を祈る、ということは、大それたことではなくて、自分の周りにいてくれる家族や仲間とともに生きること、なのじゃないかと思います。世界中でいろんなことが起きていて、ひとりの人間には手の届かない、力の及ばないことばかりだけど。目の前にいる人に何かを伝えることはできるのだから。

Shimop080802 な・・んてマジメな話の途中ですが、2日の打ち上げのとき、鍋を叩いているしもぴーの写真をゲット。かんなっちありがとう。ケータイで撮っていたとは知りませんでした。むふふ。 この写真の理由は、「十里木コンサートレポートおまけ編」をご覧ください。

さてところで。今週我が家は初めての新盆を迎えて、バタバタしております。今までお盆といったら「夏休み」というだけでしたが、今年はどこにもでかけず、母を迎えて家族で過します。 ナスときゅうりの馬、まこも、法月、迎え火。14日には素麺を供えるとか、15日には赤いご飯を供えるとか、知らないことばかりで興味深く、スーパーのお盆用品売り場をじっくり見たりして。

そんなこんなはまた次回。 みなさまどうぞ楽しい夏休みを。

2008年8月11日 (月)

十里木2008コンサートレポートおまけ編

Adsc_1468 パソコンの調子がイマイチで、アップが遅くなりました。土曜日の平和の灯り展は無事に終わりました。でもそのレポートを書く前に、「おまけ編」を書かなくちゃね。 今回の打ち上げは、tokita邸にて。junkoさんの美味しい手料理をご馳走になって、お疲れさまの乾杯をして、ちょうど盛り上がってきたころに、tokitaママが、ね。オカリナの生音聴かせてよ、などと言うので、それならギターも車から下ろしちゃお! となったのが始まりで、スパちゃんの歌、すーさんのギター、かんなっちとあこちゃんの歌、オカリナ、井上さんとりゅうくんのサンポーニャ、まきちゃんの歌、と、昼間の本番にも劣らないほどのライブが繰り広げられたのでしたが、(笑)

Adsc_1514 そんな中でひとり、なぜか鍋など抱えてペンペン叩いたりしながら少々ご不満の様子だったのはこの方、しもぴーです。(鍋を叩いている写真がなくて残念) ほかのメンバーの楽器はお手軽なので、ひょいっと車から持ってこられるのだけど、デジタルピアノはそうはいかない。大きし重いし、車から下ろすには機材を退かしたりしなくちゃいけない。 だけどいよいよ我慢できなくなって、「よしっ!!下ろすぞっ!!」・・・っと、車から下ろして、電源繋げたときの第一声、「楽器があればぼくだって~!!」(笑)すっごく嬉しそうでしたー。

今年の十里木コンサートが、全曲生演奏でお届けできたのは、ひとえにしもぴーのおかげです。私だけじゃなく、まきちゃんのときも、全員のときも、しもぴーのピアノがなければ成立しませんでした。 しもぴー、本当にありがとう。

Adsc_1489 Adsc_1493 Adsc_1496

・・・というわけで、それからはしもぴーのピアノで笛を吹く人、歌う人、・・・tokitaママも歌いました。本当に楽しい宴になりました。

Adsc_1517 Adsc_1525 Adsc_1535_2

夜も更けて、そろそろお開き。それではと、名残惜しい気持ちを残してご挨拶をしていたら、車のキィがない、とスパちゃん。 それは大変!帰れない・・・とみんなであちこち探すというアクシデント。でも冷静なkentさんが、(スパが抱えていた)、「ギターケースの中は?」と言ってくれて、ちゃんと(そこから)みつかったのでした。めでたしめでたし。(笑)

その帰り道、tokita邸では雨の気配もなかったのに、下はなぜか霧と雨でした。最後までお天気に恵まれた一日でした。 6年前、4年前、と振り返ると、(自分を含めた)みんなの成長と広がりを実感しながら、しかしその分年も取ったなぁ~、 なんていろんな意味で感慨深く、これからもこのコンサートだけは何があっても続けていこう、と気持ちを新たにしたのでした。

皆様、来年も、十里木コンサートは8月最初の土曜日です。これからもどーぞよろしく

ふぅ、一週間以上かかってしまいましたね。 みなさま長いレポートにお付き合いくださってありがとうございました~。

次回は平和の灯り展の写真(byふくちゃん)をアップいたします。

2008年8月 9日 (土)

平和の灯り展

北京オリンピック、始まりましたね。四川省の被害はいったいどうなっているのだろう・・と思いながら開会式を見てました。

明日(日付替って今日)はギャラリーTOKITAでソロライブがあります。夕方6時から。入場無料。十里木高原別荘地内です。問い合わせはギャラリーTOKITAまで。(055-998-2398)お近くの方はぜひ。ふらっと遊びに来てください。

今回ひとりでやることになって、オカリナ一本でやる曲はともかく、音源使用の曲も少しあったほうがいいかな、と、久しぶりにmidi音源を仕込もうと思ったら、手順をすっかり忘れている自分にびっくり。(笑) こりゃ初心に帰れ、ってことかな。

そんなわけで今日は練習に時間を費やしてしまったので十里木レポートおまけ編は書けませんでした。少々お待ちください。

2008年8月 7日 (木)

十里木2008コンサートレポートその3

今日も天気が良くて、澄んだ青空に入道雲が出ていました。昼間の屋外はじっとしてると発火しそうなほど暑くて、空を見上げるとタメイキが出ますが、夜になって少し涼しくなるとほっとして、富士山のほうを見ると山小屋の明かりがチラチラと光っていて、あぁ、今日もあそこに富士山頂を目指して上っていく人がいるんだなぁ、・・・と思ったりして。 夏の日暮れ時、雪のないそんな黒い富士山を見ると、とても癒されます。

Adsc_1345_2 Adsc_1343 さて今日もレポートを続けます。アンデネスさんの演奏が終わったところから。 アンデネスの井上さんとかんなっちに出会ったのは4年前でした。会ったその日に目前だったその年の十里木への出演をオファーしてしまったのは、今振り返るとただただ私の直感でした。(笑)何をどう直感したのか説明せよと言われても答えられません。(笑) そういう時って、考えるとか、迷う間もなく、形のない「確信」が先に来てしまう。

Adsc_1350 思えば←この人との出会いもそうでした。同じイベントに出演していた彼女の歌がストンと心に飛び込んできたので嬉しくなって、イキナリ「連絡先教えて」とつかまえて・・・。(笑) それ以来3年の間、そのつどいろいろな事情が重なって、十里木に参加できない年が続いたのだけど、4年目の今年やっとそれが叶ったというわけです。だからおたがいで感慨ひとしお。だからこの笑顔。(笑)歌うだけでなく、観客としても一番楽しんでいたんじゃないかな。

Adsc_1385アンデさんの次はじんちゃんのソロで2曲。青春の影、プリティウーマン。しっとり聴かせて、ぐっと盛り上げて、というじんちゃんの持ち味をたった2曲で魅せてくれました。私の伯母があとで、「良かったわ。うっとりしちゃったわ。」などと言ってましたが、ま、そういう人もいます。(爆) 歌だけじゃなく、毎年PAのことも全部じんちゃんにおまかせ。頼りにしてます。

Adsc_1404 Adsc_1405 そしてO★PASTAの演奏、見上げてごらん夜の星を、緑、一緒にね、約束の日、最後は、よろこびのうた。

Adsc_1438 「一緒にね」のときには、じんちゃんの愛娘、もねちゃん(3歳)が一緒に歌ってくれました。少し恥ずかしそうにしてたけど、オーパスタの練習のときにはいつも大きな声で歌ってくれます。

Adsc_1451 Adsc_1452 そして、最後に全員揃って、「星つむぎの歌」を・・・。ひとりひとりの言葉を添えて・・・。オーラスは、「風になりたい」で盛り上がって終了~・・・でした。 来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。最後まで雨にも霧にもならず、全てが守られていたことを心から感謝して・・・。

Adsc_1462 Adsc_1461 Adsc_1466

というわけで、十里木2008コンサートレポートを終わります。・・・と言いたいところなのだけど、実はこのあと、tokita邸での打ち上げで、コンサート第2部ともいえるライブが始まってしまったのでありました。その模様を次回、おまけレポートいたしますぅ~

2008年8月 6日 (水)

十里木2008コンサートレポートその2

今日は広島の原爆記念日で・・。63年、経つのですね。 9日の夜の、tokita邸でのソロコンサートは「平和の灯り展」のプレイベントです。オカリナ一本の音色に祈りをこめて、夜空に届けたいと思っています。

Adsc_1258 さて十里木レポートその2。本番です。FOMAL HAUTの演奏は、故郷・アメージンググレースから、蘇州夜曲、北の国から、PRIDE、りんご追分、野を渡る風は優しく。 始まる直前からポツリと雨が落ちてきたので、「もし演奏途中で降り出したらどう対処しようか・・・」なんて考えてドキドキだったのだけど、始まってしまえば「ま、いっか、」という心境になりました。

Adsc_1278 Adsc_1291 画像を見ると、なんとなく雲がかかっているのがわかるかも知れませんね。まきちゃんの歌が始まると、一転、陽が射して、明るくなりました。まきちゃんは、ハナミズキ、LOVE IS、Be Happyの3曲を熱唱。

Adsc_1315 Adsc_1307 Be Happyはじんちゃんもギターで参加。太陽が顔を出してくれて、嬉しかったなぁ~。  その頃、アンデネスメンバーは衣装に着替えてスタンバイ・・・。今回は、かんなっちとあこちゃんが正装を披露してくれました。夏のこの時期、この衣装は暑くて大変なのに、感謝です。

Adsc_1336この2ショット、この写真だけ見るととても日本人とは思えない絵ですよね。ふたりの歌声もすごく合っていて、姉妹みたい。あこちゃんは去年の十里木が初めてのステージだったので、まだたった一年しか経っていないのに、こうして堂々と歌っている姿は感動でした。もうひとり、アンデネスにはミサちゃんという歌姫がいるのですが、今回はお子さんを連れて見にきてくれていました。

Adsc_1327 Adsc_1342 アンデネスさんの演奏曲は、エル・サリーリ、陽気な柳、クティムイ、エル・コンドル・パサ、カチャルパヤ・デル・インディオ、の5曲でした。エル・コンドル・パサは、私も一緒に参加させてもらいました。

Adsc_1375 そして、←はアンデさんの演奏を楽しむスパちゃんとまきちゃん。O★PASTAの出番はこのあと。・・・というわけで、本日はここまで。明日も引き続き、アップしま~す!

2008年8月 5日 (火)

十里木2008コンサートレポートその1

各地で大雨警報が出たり、落雷があったり、今年は暑さと局地的な豪雨に悩まされる夏になりそうですね。 なんだか毎日夕方になると湿度が高くてじっとり汗ばんで気持ち悪いし、まだ8月になったばかりなのに早く涼しくならないかなぁ、と思ってしまう。

Adsc_1027 Adsc_1031 おっと、それはともかくの十里木レポート。(笑)今回はふくちゃんが写真をたくさん撮ってくれたので、いったいどれを選んでいいやら今も迷いながらアップしていきます。この日の天気は上々、安心の出発でした。まきちゃんと、早朝横浜から来てくれた友人のKねーさんを乗せて。途中でPA担当のすーさんご合流して、 さらに途中母の墓参りにもお付き合い頂き、現場到着は時間通り。すでに下山夫妻とアンデの窪田さんが先着してました。のんびり機材を下ろして準備を始めていると、徐々にメンバー到着・・・。

さて上左の写真はキャディさんではありません。まきちゃんとスパちゃん。ステージ上でも怪しいキャディのおばさんがコカリナテストしてますが、この麦藁帽子は下山さんの奥さんのよしえちゃんが私達を気遣っていくつもお揃いで買ってきてくださいました。これ、けっこう涼しくて優れもの。よしえちゃん、ありがと~っ

Adsc_1070 セッティングが終わって、サウンドチェックとリハーサル開始です。どうやら天気も変化なさそうだし、心配要因が何もなかったので、順調にリハーサルは進みました。 今回も、PA機材は全てじんちゃんの自前を使わせてもらったのだけど、雨と陽射しを避けられる音響席を作るために、じんちゃんは新しくタープなどいろんなものを揃えたようで、グレードアップされていて驚きました。機材を守るためとはいえ、なんだか以前より本格的で、このコンサートのためだけじゃないにしても、いいものにしたいという熱意を感じて嬉しかった。じんちゃん、ありがとね~。

Adsc_1098 Adsc_1177 リハーサル風景が続きます。リハ中にはそれぞれ交代でtokita邸まで行って食事を。

Adsc_1202 ←アンデネスさんのリハーサル。6人が並ぶとデッキのステージは一杯になります。 今年は新メンバーのりゅうくんが初参加。チャランゴの窪田さんも元気で戻ってきてくれて、本当に嬉しかったです。

Adsc_1273 さてさて。なんだかポツリと雨が落ちてきたりしてるので、大丈夫とは思うけど少し早めにスタートいたしましょう。FOMAL HAUTの演奏から・・・。 というところで次回に続く・・・。(小出しレポートでごめんなさ~い

2008年8月 3日 (日)

十里木終了♪

サマーコンサートIN十里木高原2008、無事終了いたしました。今年はなんとか晴天に恵まれて、ドライブインさんの屋外庭園でやることができたのですが、開始時間15時ちょっと前からぽつりぽつりと雨が落ちてきたり、ひゅーっと厚い雲がかかったり、山の下から車で上がってきた人が、「下は雨が降ってたよ」なんて言うのでコンサートの間中、ヒヤヒヤドキドキ・・・。途中で太陽が顔を出し、熱い陽が射してくると、よしっ、大丈夫、とテンションが上がってそれだけで盛り上がりました。(笑) まるでお天気の神様が、ふふっと笑いながらちょっと意地悪しているような・・・でもちゃんと最後まで私達を守ってくれました。

野外でやるのはやっぱりいいなぁ~。演奏している私達はとても楽しかったので、たぶん来てくださった方にも、楽しいコンサートになったのではないかな・・・?なんて思ったりしてます。(笑) 今回も、主催のtokita夫妻、全ての行程でお手伝いくださったスタッフのみなさま、会場を貸してくださったドライブインさんに感謝を・・・。 それからPA担当すーさん、カメラマンのふくちゃん、ビデオ番のkentさん、ありがとう。 まきちゃん、アンデネスのみなさん、スパちゃん、じんちゃん、下山さん、出演してくれたみんな、ありがとう。お疲れさまでした。そして遠くから近くから、見に来てくださった皆様に心から感謝です。 

Adsc_1441 ふくちゃんが今回撮ってくれた写真は280枚もあって。(すごい!)←の写真はさっそく見せてもらった中の、私が選んだベストショット。(スパちゃん熱唱) 編集後、レポートと共にさらにアップしていく予定です。少々お待ちください。

2008年8月 1日 (金)

十里木前夜

去年のブログをチェックしたら、十里木の前日、準備することをチェックしながら書いてましたが、今年も同じ心境です。(笑) ドリンクチケット完了、プロフィールもなんとか完了。今年は久しぶりにアンケート用紙も作りました。 必要ないのになぜか車まで洗っちゃって。楽器を積んでいたらあんまり汚かったものだから。(笑) 時間が足りないときに限ってつい余分なことしちゃったりするのです。

これは主催のtokita夫妻&周りのスタッフの皆さんと、出演者が協力して作り上げる手作りのコンサート。誰も儲かる人はいないけど、ただただみんなの厚意が集まる場所なので、たぶん、とってもあったかく、楽しいものになるのだろうと思います。

どうやら明日の天気は快晴。? お近くの方はぜひふらっと遊びに来てください。山の上でお待ちしています。

っと、ブログを書いていたらまきちゃん到着。これから譜面合わせしま~す!!

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介