フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

川崎浅田こ文コンサートレポート

Ap6280050 今年3つ目の川崎こども文化センターです。川崎市は、学校が終わった放課後の子供たちのために、学童クラブではなく、「わくわくプラザ」という施設と、この「こども文化センター」という施設を設けて、地域で子供たちを守る活動をしています。 わくわくプラザは学校に属し、小学校児童のみが対象ですが、こども文化センターは地域の小学生から中学生に加えて大人も自由に利用できる、いわば子供のための公民館のようなもの。 土日も施設を開放していて、子供たちがいつでも利用できるようになっています。川崎市には55館ものこども文化センター(以降≪こ文≫と略します)があるそうで、 各館が独自に主催する催し物やイベントのひとつに、私達のコンサートを開催してくださるところがあって、それが少しずつ増えてきています。 有難いことです。

Ap6280052 同じ川崎市ですが、そのこ文によって、雰囲気も、子供たちの様子も全然違います。 今回来てくれた浅田の子供たちはみんな本当に大人しくてシャイで、手拍子をとるのも恥ずかしそうにしてました。3月に行った蔵敷の子供たちは「わかったわかった!!ちょっとうるさいぞぉ~!」と言いたくなるくらい、こちらから何かを投げかけると10も20も返ってくるのですが、今回は何か問いかけてもお友達同士、恥ずかしそうに顔を見合わせて「・・・・・・・シーン・・・」という感じ。(笑) こうなると、よしっ、それなら、と、急遽子供たちが元気に参加できるようにリズム遊びを取り入れたりして、大幅に予定を変更しました。

Ap6280079 どうなんだろう?楽しんでくれたかなぁ・・・?次回行ったときに、同じ顔に会えたら嬉しいのだけど・・・。 まきちゃんと下山さんにはイキナリの変更で迷惑かけましたが、予定になかったチビまるこちゃんの「踊るポンポコリン」だとか、「夏の思い出」、当たり前のように弾いてくれて歌ってくれて、いつもながら、ほんとに有難たかったです。

Ap6280076 Ap6280080 今回写真を撮ってくれたのはゆぅぞぅくん。機材運びのお手伝いもありがとう。いつもほんとに助かります。 帰りには川崎駅近くでたまたまみつけたベトナム料理の店でみんなで会食。 保土ヶ谷バイパスで渋滞にハマリながら、のんびり帰って参りました。 

Ap6280085 来てくれた子供たちにありがとう。そして主催のこ文関係者のみなさまに感謝です。大変お世話になりました。 今日になって、ほかの方から、こ文の方が、「こ文でやるなら古庄さんたちじゃなきゃ!!」と言ってくださっていることを聞いて本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

Ap6280042 さて。次の週末から七夕周辺のイベント。3日連続でコンサートがあります。3つとも特定の団体なので、ライブINFOには載せていませんが。3日連続というのは久しぶり・・・。 頑張ります。(笑) それが終わったらいよいよ十里木に焦点を合わせていきます。 十里木は私にとって、家族で過すお正月のような、(笑)特別なイベントです。毎年遠くから来てくださる方もいるので、久しぶりにお会いできるのが本当に楽しみです。 お近くの方はぜひ遊びに来てください。 ただ今チラシ作成中・・・。 急がなきゃぁ~~

2008年6月24日 (火)

駿河湾のシラス

Ap6240041 久しぶりに「シラス」を買いに、田子の「進悦丸」さんに行ったら、漁師のお父さんが地べたに座って網の修理をしていました。

「あの、それってシラス漁の網じゃないですよね?」 

しらすとはご存知のとおり、2センチにも満たない小さな魚。でもお父さんが直している網の網目は10センチ以上あります。

「そーだよ、これでシラスを捕るんだよ、って言っても誰も信じねぇだよなぁ」

シラスを捕る網は2重になっているらしく、これは外側の「泥払い」と言われる網なのだそうです。

そこへふいにやってきた3人組の男性。「あのー、この辺に生シラスが食べられる店はありませんか?」

「ちょっと先にあるけど今日はダメだよ、海が時化てて漁に出られないからね。生のシラスは食えねぇよ。」

なんか映画のワンシーンみたい・・・。(笑)田子の浦の海人(ウミンチュ)もなかなかカッコイイなぁ。 思わず、「お父さん、写真撮らせてもらっていい?」 (笑)

買ってきたシラスはお父さん曰く、「時期が終わりで成長しちまってるからちょっとおっきいけどなぁ」  でもとっても旨かったです。

2008年6月22日 (日)

音楽三昧の2日間

この2日間の雨の中、ずい分車を走らせたのですっかりキレイになりました。あ、もちろん車が、でございます。(笑)

きのう(土曜)は朝から娘のブラスの保護者当番で学校に。当番は特別何をするわけではないのですが、学校の玄関でメンバーの出欠をとり、練習が始まると玄関の鍵を閉めて「門番」のお役目。

ブラスの練習を終えて家に帰って、すぐに静岡に向かい、アルパの長島さんとの練習。前回は、アルパというkey固定楽器とオカリナをどうあわせていくかという課題に頭を抱えましたが、ダブルオカリナの特訓と、B♭管、E♭管導入の甲斐あって、ほとんどの問題はクリアできたので、曲の構成をしながらの練習に入ることができました。

どうやらアルパとの初コラボをお聞かせできるのは8月半ば、浜松で、ということになりそうです。会場&日時が確定したらお知らせします。

そして静岡から帰ると娘と父の夕飯の支度を速攻済ませて子ども会の会合に・・・。

一夜明け、今日は朝からPTAのアルミ缶回収。町内を回って集めるのですが、めずらしく今回はうちのミニバン一杯になるくらいのアルミ缶を回収。 

一仕事終えて、次は楽器を積み込みO★PASTAの練習にでかけました。前にも書きましたが、オーパスタではオカリナを吹くだけではなくてコーラス、パーカッション、ピアノ、ギターといろんなものを担当するのでほんっとに楽しい。でもふたつのことを同時にやるのは(特にジャンベとコーラス)なかなか至難のワザでございます。(笑)そして今日もじんちゃんの愛娘、もねちゃんが来ていたのだけど、「約束の日」をフルコーラス歌っていたのには驚いた~。3歳になったばかりなのに。 もしかしたら今年十里木でデビューかも。パパを超える日は近い。 

そんなこんなで雨の中、2日間東奔西走、幸せな音楽三昧リハ三昧の2日間でございました。

でもさすがに疲れた~。こういう季節の変わり目は常に体がだるい感じで・・。年のせいでしょうかねぇ・・・。気の持ちよう、ってよく言うけど、気を持つ、持たせる、ってとっても難しい・・・でもこうして音楽に没頭できる週末には、案外平気でバリバリ動いてる自分に気がつくと、やっぱり好きなことするのが一番、の、元気の元かな。

・・・てなわけで今日はハヨ寝ます。週末だけの元気じゃ困るので。(笑)おやすみなさーい。

2008年6月19日 (木)

子供たちのリクエスト

今夜はしっとりと雨が降り、いよいよ梅雨本番という感じになってまいりましたが、沖縄はもう梅雨明けしたとか・・・。先日、沖縄に行っているまきちゃんが、パイナップルを送ってくれました。 小ぶりなんだけど、これが甘い!美味い!味が濃い! 6年前の石垣島を思い出してしまいました。

6年前の石垣島には、じょうろくらぶの面々とともに、小学校ライブのために行ったのでしたが、それがきっかけで、それ以来、子供たちのためのコンサートをずい分たくさんやってきました。保育園、小学校、学童保育・・などなど。

子供たちが対象のコンサートのときは、事前にリクエストをもらっておくことが多いのですが、子供たちから出てくる曲は、たいていアニメの主題歌や、学校で覚えた曲、それからドラマの主題歌など。もちろん彼らはどんな人が来て、どんな演奏をするのかわからないまま、ただ聞きたい曲を挙げてくれているわけです。 私達がそれにお答えできるかどうかは別として、そこで挙がってくる曲を見ると、そこにどんなこどもたちが待ってくれているのか、顔が見えるような気がしてきます。

今月28日にも川崎のこども文化センターに行くことになっているので、事前にリクエストリサーチをお願いしていたら、出てきた曲が、アクアタイムズの虹、(ドラマごくせんの主題歌) Greeeenのキセキ、(ドラマROOKIESの主題歌)あとはオレンジレンジのなんとかいう曲と、(笑)THE BOOMの風になりたい、 それからやはり出ました!!羞恥心の「羞恥心」!!

まさかねぇ、まきちゃんとふたりでスカーフくるくる回して、「しゅーちしーん♪、しゅーちしーん♪」って踊るわけにもいかないので、 こういう場合は子供たちに参加してもらうコーナーを上手に取り入れて構成していくことになります。 子供が聞きたい曲と、私達が聞いてほしい曲はこんなふうにかなり違ってきます。

わざわざカラオケをしに行くわけではないから、ちゃんと生演奏(楽器の生音や歌声)を聞いて欲しい。だけどそれだけを押し付けてもうまくいかないし、子供たちの期待を全く裏切るわけにもいかないので、上手に巻き込みながら、なんとか音楽の楽しさを伝えたい・・・。 毎回思案しながら構成していっても、当日子供の様子を見て、その場で曲を変更することも多々あります。

オトナのコンサートよりも、ずっと難しい子供たちのコンサート・・・。

だけどたとえば次の年も、同じ場所に行ったとき、去年会った子供たちが楽しみに待っていてくれたり、「またあの曲やって」なんて言われたりすると、本当に嬉しくなります。去年はモジモジしてただけの子が、前に出て一緒に歌ってくれたりすると、それだけで涙が出そうになるくらい・・・。 だからやめられないんだよね。(笑)

・・・さて羞恥心をどうしよう。(笑) 今回も川崎の子供たちに会うのがとっても楽しみになってきました~。

**************************************

~お知らせ~ 毎年夏に行われる「villageTOKITA サマーコンサートIN十里木高原」のアルバムへのリンクを、ブログ左側に設けました。 2005年のコンサートの分をアップ済みです。2006年、2007年についても続けてアップする予定です。

今年2008年は8月2日(土)午後3時~、@十里木ドライブインです。出演は、FOMAL HAUT、グルーポ・アンデネス、上谷麻紀、O★PASTA  詳細は後日LIVE INFOにてお知らせします。

2008年6月15日 (日)

超×100楽しい修学旅行

金曜に、娘が東京への修学旅行から帰ってきました。たった一泊だけど、娘曰く、「超がたくさんつくほど楽しかった~~!!今からまた東京に戻りたいくらい!!」・・だそうで。 小さい子のように何度もくるくる回り、寝る直前まで話が尽きませんでした。(笑) バスの中では笑い過ぎて泣いてた男の子がいたらしく・・・。 修学旅行が泣いちゃうくらい楽しかったなんてすごい。(笑) 

何が一番だった?と聞くと、そりゃぁなんと言ってもディズニーランド。クラスの友達と一緒に乗るスプラッシュマウンテンは格別だったそうで。 「アトラクションの待ち時間も友達と一緒だから全然平気!」だし、以前は怖がっていたホーンテッドマンションも「ぜんぜん怖くなかった」そうです。

もちろん国会議事堂だとか、科学博物館、上野公園、東京タワーに行った話も尽きることはなく、バスの中のこと、ガイドさんのこと、先生のこと、友達のこと・・・。自分が見聞きしたことを夢中で話し続ける娘を見るのはなんとも微笑ましく、嬉しいものです。

そんな超がつくほど楽しかった修学旅行を終えて疲れているはずの娘、 土曜は友達とお祭りにでかけ、今日は市子連東部のドッジボール大会に出場。なんと娘のチームが優勝してしまいました。

疲れを見せないそんな子供たちに、ぜんぜん付いて行けてない母でございます。ふぅ。(笑)

2008年6月11日 (水)

森フェスタの写真♪

Adsc_0653 Adsc_0652 きょうは「森フェスタ」の写真をアップします。まず、SHOW園のステージ上から会場を一望。ふくちゃんの超広角レンズならではの写真です。 本来は劇場ですが、客席に出展者さんたちのブースが並んでいるので、こんな空間になりました。

Adsc_0609 Adsc_0610 ←娘が2時間以上もハマったkentさんのブースです。この状態で2時間・・・。 kentさんの隣りはコカリナ製作者の長橋さんのブースです。この日、長橋さん製作のコカリナ4連、(黒檀)を購入してしまいました。 他にも欲しかった方がいたのにごめんなさい。

Adsc_0709 Adsc_0759 Adsc_0838

Adsc_0722 Adsc_0726 Adsc_0824

Adsc_0691 Adsc_0742 Adsc_0756

Adsc_0822 Adsc_0846 Adsc_0617

劇場の外は雨・・・。雨の森は緑濃くて美しかった~。

Adsc_0859 さて最後はまきちゃんのお店のイケメン店員さんです。(笑) ほかの出店ブースの模様や、翌日野外で行われた晴天の2日目の様子などはかりんさんのブログ、コカリナのお店をご覧ください。

今回もたくさん写真を撮ってくれたふくちゃんに感謝です。ありがとう。おかげでアップできました~。

2008年6月10日 (火)

梅雨の晴れ間に思うこと

きょうは梅雨の中休み。梅雨であることを忘れてしまいそうな晴天の朝でした。今年は家の周りのどこかで生まれたと思われるスズメや四十雀、セキレイの子どもたちが、我が家の梅の木の周りでチュンチュンと元気に鳴くので、 天気のいい朝をさらに気持ちよく演出してくれます。

このところ、胸が痛む事件が続けて起きていて、四川の地震でもまだ数百万人という多くの人が復旧を待っている状態。秋葉原の事件については言葉がでません。 こういう事件について何か書こうとすると、キーボードを打つ手が止まってしまいます。

母が生前にしていた経理の仕事の見直しと帳面記帳に、父も私も手がつけられず、半年の間そのままになっていたのですが、いよいよ決算期が近づいたので、仕方なく重い腰をあげて見直す作業を始めました。 伝票の文字が、母の調子の悪い日、いい日を物語っています。 数字の計算もままならず、合わないことを自分でもおかしいと思ったのでしょう。数字のあとに?マークがいくつか書き加えられていたり、文字がヨレヨレになっている・・・。でも母が伝票を記した最後の日のものは、とてもしっかりした字で、数字もきっちり合っていました。最後まで頑張って仕事をしていた姿を思い出すと、涙が止まらなくなってしまいます。私も父もそれがわかっているから、なかなか手がつけられなかったのでした。

事件や事故を憂いながら、残された家族の悲しみを思いながら、昨年の母を思い出しながら、 小鳥たちが鳴く朝に感謝して、誰もが笑顔の日々を送れるように祈ります。

明日は河口湖森フェスタの写真をアップします。

2008年6月 9日 (月)

アトリエの写真♪

Adsc_0387カメラマンのふくちゃんから、画像が届きました。2週間経ってしまいましたが、@アトリエのサプライズライブの模様をアップします。←アトリエはこんなレストランでした。残念ながら、5月末にお店を閉めることになってしまいました。でもきっとまたいつか、ママが新しいお店を再開することになるのでは、と、期待をこめて思っています。

Adsc_0480 Adsc_0523 Adsc_0532

当日、ノープランだったにもかかわらず、快く、気持ちのいい演奏をしてくれたメリーアンドリューのゆかりちゃんとすーさん。思いがけずの共演は、河口湖に続きました。

Adsc_0449 Adsc_0519 Adsc_0576

Adsc_0535

2008年6月 5日 (木)

懐かしのリコーダー3本勝負

梅雨入りしましたね。 毎年この時期になると、ちょっと気持ちが凹みがちになってしまいます。どーしてだろ?と考えたら、雨や湿気がイヤなのではなく、 私が住んでいる地域は、紙の町として、製紙工場がたくさんあって港が近い場所。 近くに大きなチップ置き場があって小山のように積んであり、(チップとは木材を細かく砕いたもの。紙の原料です) 雨が降ってその大量のチップが濡れ、翌日晴れたりすると、それが発酵してすごい匂いを発するのですよ。 おまけに雨の日、風がなかったりすると、近くの製紙工場の煙突から出る煙がまるで雨と一緒に降ってくるような気がするほどこれもまたすごい匂いで・・・。 ほんと、悲しくなります。

ここで生まれてここで育ったので、工場やチップの匂いには慣れているはずなのですが、まとまって襲ってくるこの時期はさすがにキツイ・・・。 

おまけに会社は決算期が近づいているのでしばらく苦手な数字と取り組まなければならないし。こども会やPTAの行事が毎週続いて休みがとれないし。凹む理由を数えあげるとさらに凹みそう・・・。

おっと。このままだともっと愚痴を並べしまいそうなので、次の話題に移ります。

さてさてきのうの夜、ザ・ベストハウス1・2・3という番組を見ていたら、「ハンドフルート」の名手が出ていました。ハンドフルートとは両手を組んで空洞を作って、そこに息を吹き込んで鳴らす、言わば「手のオカリナ」。小さい頃、両手のひらで空洞を作ってホーッホーッとフクロウの鳴き声みたいに鳴らして遊んだのを覚えていますが、その名手はなんと、3オクターブの音階をきれいに鳴らすことができて、その演奏がまた滑らかで美しい。

CHILDHOOD←という、手笛とピアノのユニット。音源も聴けるようなので、興味のある方は行ってみてください。いいなぁ、手笛で3オクターブの演奏ができれば、重い楽器持つ必要ないし、オカリナみたいに壊れる心配ないもんね。 何より自分の両手が楽器になるなんて、素晴らしいじゃぁありませんか。

娘とふたりでさっそく手笛にチャレンジしてみましたが、ぜーんぜん、プーとも鳴りませんでしたぁ。 

そーいえば先日、脚本家で映画監督の三谷幸喜さんが、ある番組でリコーダー2本を鼻で吹き、マイクスタンドに挿したリコーダーを口で・・・つまり鼻と口で同時に3本のリコーダーを吹いているのを見て、大笑いしました。 じつはこれ、はるか昔に私もチャレンジ済み。(笑) 私の場合はアルト、ソプラノ、ソプラニーノの3本。鼻と口、全部使って息を出すのですぐに酸欠になって頭がクラクラ・・・。 友人から思いっきり「バッカじゃないの?」と呆れられましたが、こんなすごい顔になっちゃってたんだなー、 知らなかった・・・。

いえっ、もうしませんよ。はい。滅多なことでは。むふ 

・・・けど凹んだときにはもしかして、こういうおバカなチャレンジが有効かもね。ひそかにやってみたりして。(笑)

2008年6月 1日 (日)

河口湖「森フェスタ」ライブレポート

きのう降った雨がウソのように晴れて、今日は一日いいお天気でした。森フェスタの2日目はきっと気持ちのいい一日になったことと思います。

きのうは残念ながら予報どおり朝から雨。おかげで朝は渋滞もなく、忘れ物もなかったので引き返すこともなく、(笑)スムーズに時間通りの到着。 SHOW園前の駐車場は車で一杯でした。山梨県内から、遠くは東京、神奈川や、静岡からも、イベントに出店する方たちが荷物を下ろしていました。 思ったより気温が低くて寒かったので、ジャケットを着込むほど・・・。劇場に入ると暖をとるためにストーブが置かれていました。

通常は客席が設けられている劇場ですが、今回はイスを取り払ってフラットにして、各店のブースが設置されていたので、ステージに上って客席を見るとちょっと不思議な空間・・・。

さっそく機材をステージに上げて、セッティング、サウンドチェックを終える頃、東京からまきちゃん到着。中央道は渋滞だったそうで、今回まきちゃんは出店が主な目的だったのでさっそく店の準備にとりかかり、歌のリハーサルも打ち合わせも無し。(笑) そこはいつも一緒にやっている強みです。劇場の横にモンゴルの移動住居である「ゲル」が建っていて、控え室はそこを使わせてもらうことになりました。 ちょっと薄暗いゲルの中で、下山シェフお手製のサンドイッチなどほおばりつつ、開始時間を待つことに。

12時半からメリーアンドリューの演奏、途中から4曲、笛とジャンベで参加させて頂きました。1時過ぎからフォーマルハウトとしての初演奏。 雨で外部からのお客さんが少なかったこともあって、会場は出店者さんたちの交流の場のようになっていたので、とてもなごやかな雰囲気の中で演奏させて頂きました。

途中からメリアンのすーさんにもギターで参加してもらって、その後お客さん対応で忙しそうにしている店主まきちゃんを呼び出し無理やりステージに。 最後はメリアンのゆかりちゃんにも参加してもらって、「星つむぎのうた」で終了いたしました。楽しいステージでした。

撤収後は各ブースを見て回ったり、フラメンコのステージを見たり、足湯に浸かったりしてまったり過しました。考えてみると何度も楽園に行っているのに、今までは園内にある足湯のような施設をのんびり利用する余裕もなく・・・いや余裕の時間を作らずに、長い時間ずっとデッキで演奏してしまうので・・・ 今回は雨降る森の中、みんなで足湯に浸かりながらのんびりおしゃべりできたのが何よりでした。 おかげでそのあと足がふやけて痒くなったり、(笑) 下半身だけ湯アタリしたのか、ちょっとだるくなっちゃったけど。

その後まきちゃんのお店の終了を待って、出演者みんなで会食して帰りました。

今回も、会場でお会いできたみなさんに、主催のかりんさん、スタッフのみなさんに感謝。お疲れさまでした。 それから共演できたメリアンのすーさん、ゆかりちゃん、ありがとう。まきちゃん、下山夫妻にもありがとう。 楽しい時間でした。雨の森と、劇場でのコンサート、なかなか良かった。いい一日でした。

写真がありませんが、カメラマンのふくちゃんが撮ってくれていたので、データが頂けたらアップします。

また楽園にはミニコンサートで参ります。

あ、そうそう。一緒に行っていた娘は、同じく出店していたkentさんのブースで、「ハノイの塔」という木工パズルにはまり、お昼ごはんを食べることも忘れてなんと2時間20分かかってクリア。 その集中力と根気(しつこさとも言う)に驚きました。 

誰に似たのか・・・そんな根気、私にはないよぉ・・・・。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介