フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« K小児科医院 | トップページ | 週末のあれこれなど »

2008年5月23日 (金)

ダブル特訓の日々

Ap5220011 右手の肘を痛めてしまいました。おまけに肘の筋肉痛。オカリナの練習をしていてこんなふうになったのは初めて。 ←ダブル、なかなか手ごわいです。 ティアーモの黒陶ダブルを入手したのは一年以上前ですが、使いこなせず本番で失敗したことがあるのでしばらく離していました。でもこれを吹きこなせるようにならないと、key固定楽器とのアンサンブルは難しい・・・。

Ap5220019 ←最近はトリプルも出てきていますが、ダブルオカリナというのはひとつの吹き口に息を入れる穴がふたつあって、要は大小2本のオカリナが合体したようなもの。外見はひとつに見えますが、管の中の空洞がふたつに分かれています。ふつうのオカリナの音域は1オクターブ半ちょっと、ですが、ダブルは2オクターブ以上をカバーできるので曲の途中で持ち替える必要もなくなるし、何より演奏できる曲の幅が広がります。 

コカリナにも3連、(4連、5連)というのがありますが、こちらはサンポーニャのように3本が並んでくっついていて、吹き口がひとつひとつ独立しているのでまだ吹きやすく、慣れるのにそれほど大変ではありませんでした。

ダブルオカリナの場合、ひとつの吹き口に穴がふたつ、というのが難。口を動かすのではなくて楽器をちょっとずらすのですが、指穴開けたり閉じたりしながら、「ちょっとずらす」というのが難しい。この管を持ったときに、意識せずに全てがフィットするまでもう少し時間がかかりそうです。

この際なので、ダブルをもう一本発注して、あまり作られていないE♭管とB♭管も予約しました。 これで多分、今あるオカリナだけで35本くらいになります。なんでこんなことになっているのか不思議です。(笑) 

オカリナやコカリナという閉管の笛を鳴らすのが何より好きなんでしょうねぇ。(他人事?) きっと前世でもどこかで笛吹いていたに違いない。(笑) 私にとってオカリナは、自分を一番表現できる楽器とも言えるけど、吹いている自分がいなくなり、音色そのものになってしまうような至福の瞬間があって、ただただそれをずっと追い求めているような気もします。 

・・・誰でもなんでもそうだと思うけど、「好き」に理由は必要ない、のかも知れません。ね。

« K小児科医院 | トップページ | 週末のあれこれなど »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。ダブルオカリナ、テンホールズに行ったときに見せてもらいました。お店の人に構造も教えてもらいましたが、結局試奏はしませんでした。僕にはハードルが高すぎます。

痛めたところが早く治ることをお祈りしています。

★遠士朗くん
ありがとう。
苦労してますよ、ダブル。
曲によって、常に上下を行ったり来たりする曲は、
もう全くダメじゃん!て感じです。(笑)
これを克服するのが今の課題。
黒陶って、少し重いんだよね。
肘、痛いけど、頑張りま~す。(^O^)/

右肘を痛めました。でもダブルではなく先日たらふくバス管を持ったのが原因らしいです。肘の痛みから気がついたらこの記事にたどり着き、これで4度目くらいになるのですがまた読ませていただきました。

何だかこの記事、僕にとっては不思議な力を感じるんです。特に「この際なので…」以降の内容には本当に共感させられ、最近読み返すとますます共感度が上がっていることに気づかされます。
「好きに理由はない…」ものすごく優しくて暖かい言葉です。

今夜もまた、力をいただけました。ありがとうございまぁす。

遠士朗くん
コメントくださったので、
私も自分の記事を久しぶりに読みました。(笑)
このときよりも今はもう少しダブルを使えるように
なっているのかなぁ、とは思います。
バスも重いから肘にはきそうですね。
音色そのものになる至福の瞬間を追い求める、
というのは
きっとずっとかわらないんじゃないかな。
遠士朗くんのような同朋がいてくれることは
私にとっても、力になります。
ありがとう。(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« K小児科医院 | トップページ | 週末のあれこれなど »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介