フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 花の風まつりリポートその3 | トップページ | アルパという楽器 »

2008年5月 9日 (金)

花の風まつりリポートその4

あらら、その4ですよ・・・。長すぎるリポートにお付き合い頂いて恐縮です。 ほんとはもっと書きたいことがあるくらいで・・・これでもかなり端折ってます。

Ap5060160 まずはきのうの続きです。 和見のひろばですっかり和んでいたら、そんなわけで突然コンサート決行となりました。 始まったのは1時を10分過ぎたくらい。 私がレンタカーを返さなければならない時刻は午後3時・・・。 那珂川町から那須塩原のレンタカー屋さんまでは車でほぼ1時間・・・。ということは、遅くとも2時にはここを出発しなければならないというのに。さぁどーする??(笑) な~んて焦ったわけも悩んだわけもなく、打ち合わせもそこそこに、当たり前のように始まりました。 ゆかりさんの楽しいおしゃべりと、目線で合図しながらの演奏です。 

Ap5060152 楽園のかりんさんから頂いた立木染めのコカリナを紹介させて頂いて、アメージンググレースから。 途中、3月までこの教室で勉強していたという3年生の女の子が「ビリーブ」を、手話を交えて歌ってくれて。これが胸にぐっときてしまって、そのあとの「千の風になって」「約束の日」でとうとう涙腺が切れてしまいました。(笑)

Ap5060161 この3年、ここに来られなかった時間を思うと感慨深く、20年来の友人であるゆかりさんがここで頑張っていること・・・私が富士の麓でできること・・・改めて、音楽で繋がっている絆を感じて、その結び目には共通の友人だったニレ君が残してくれた「約束の日」という曲があるのだと思うと、亡くなった彼のメッセージに感謝しないではいられませんでした。

しかし、気がつけば感慨に耽っているヒマもなく、あっという間に出発の時間が来てしまいました。(笑)コンサート途中ですみやかに楽器を撤収。ゆかりさんの歌声を背中で聴きながら、皆さんにお詫びとさよならをして、去りました。

つまり今回のツアー、ゆかりさんとの再会は露天風呂のお湯の中、そしてさよならはステージで。 今度会えるのはどこだろう?

花風まつりのたくさんの関係者のみなさま、娘ともども大変お世話になりました。どうもありがとうございました。来年も行けるように、日々を大切にして、富士の麓で頑張りたいと思います。

ちなみに、そんな慌しい出発だったにもかかわらず、那須までの道のりは緑満開の中のんびり快適なドライブで、きっちりお約束の時間5分前に到着。時間通りKねーさんと娘とともに東北新幹線の人となったのでありました。メデタシメデタシ。(Kねーさん、すてきな写真をありがとう。おかげでブログが書けました~<笑)

というわけで、これで花の風まつりリポートを終わります。 ・・・っと、気がつけばブログのアクセスが1万ヒットを超えております。いつも見てくださっているみなさま、本当にありがとう。 次のライブの予定は5月31日、河口湖森と湖の楽園で行われるイベント、「森フェスタ」です。6月末にはまた川崎の浅田こども文化センターに参ります。そして毎年恒例の「サマーコンサートIN十里木高原」も、8月2日(土)午後3時から、と確定しました。詳細はLIVE INFOでお知らせします。

« 花の風まつりリポートその3 | トップページ | アルパという楽器 »

コンサートレポート2008」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

花の風まつりリポートその4、ハラハラ、ドキドキして拝見しました。・・・というのもレンタカーを返す時刻と移動の時間が決まっているとのことで5分前に返せたのは、まさに綱渡りでしたね。その分、コンサートのステージでぎりぎりの時刻まで演奏いただきありがとうございました。
来年も「花の風まつりコンサート」でお会いできたら良いですね。
「約束の日」のリコーダーの伴奏とオリジナル曲「野を渡る風は、やさしく」のオカリナの演奏、心に沁みました。

おはようございます。

ユニット名の件、「ユニット名募集のコメント」に思いつくままに何件か挙げさせていただきました。

ゆつさん、花の風まつりにいらしてくれて本当にありがとうございました!!
久しぶりに一緒に音楽ができて、心から嬉しさがあふれてきました。
なんと、あの短期間で4ステージ、演奏したのネ~
ゆつと千鶴さんと私と・・・そしてお客様と、シアワセな時間をありがとうございました。
ゆつのオカリナや笛はむかしから素敵だったけど、ますます心に沁みる響きで、一緒に歌えて感謝かんしゃでした。
それから・・・・ユニット名、「となりの秋ちゃん」さん、すばらしいアイデアの持ち主ですネ!

花の風まつりレポート、お疲れ様でした~
カメラの不調で、撮ったつもりの写真が パァ~ 
になってしまって、残念でした。
どうせ壊れるなら、フィルムを入れた時に
エラーで動かなくなってくれればいいものを・・・。
そうしたら、お二人からデジカメを預かっていたのですから、
そっちでもっと写したのに!
巻き戻してみて、実はフィルムが巻けていなかったらしい、
と発覚するとは、ショックが大きい(笑)。がちょ~ん 

今年は3年ぶりに楽しくごいっしょできて、
私も感慨深かったです。私にも、「約束の日」が
始まりだったなあ、という実感があります。
6年前の喜びの森で、「約束の日」に号泣したのが、
昨日のことのようで・・・。
そして今は、ゆつさん、ゆかりさん、それぞれに、
「野風」 「喜びのたね」というすてきなオリジナルがあって、
月日は確実に積み重なっている!   
(子どもたちも大きくなり、私たちはおばさんになっている! 笑)

またそのうち (いつになるんでしょう? 笑)
富士山方面にも遊びに行きたいと思っておりますので、
よろしくお願いしまーす! 

★となりの秋ちゃんさま
ありがとうございます。
野風をお聞かせできて本当によかったです。
また来年も那珂川町でお会いできると
いいですね。
★ゆかりさま
喉の調子はどうですか?
一時は本当に心配でしたが、
ちゃんと守られていましたね。
私にとっても本当に幸せな時間でした。
また一緒にやりたいなぁ・・・。
ほんとは来年といわずすぐにでも。(笑)

喉を大事に無理せず頑張ってくださいね。
また会える日を楽しみに私も頑張ります。
★Kねーさま
いつもながらいろいろありがとうございました。
写真は残念だったけど、
でも撮れていた分だけでも素晴らしかったです。
時間をみてココペリ独自のアルバムを
作ってみようかと思っております。
お写真使わせていただきます。
それから絵本、ありがとうございました。
大切にします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花の風まつりリポートその3 | トップページ | アルパという楽器 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介