フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 春の京都♪ | トップページ | アンデネスのお花見ライブ♪ »

2008年4月 2日 (水)

濃霧の六甲山頂♪

P3300043 <前の記事から続く神戸レポートで~す> 三宮は25年ぶりくらいでしょうか・・・。宿泊先の「モントレホテル神戸」は、三宮駅から徒歩5分のにぎやかな繁華街にあって。ちょっと前に格差婚とやらで話題になったあの生田神社のすぐ側でした。  ホテルの入り口を入ると←欧州を思わせる雰囲気の中庭があって、繁華街とは思えないほど静か。 チェックインしてすぐ母の古くからの友人おふたりと待ち合わせて一緒に食事をして・・・。 

食事のあと、おふたりを駅までお送りして、ホテルに戻る道すがら、ドン・キホーテを発見。 娘がウワサのドンキに行ってみたいと言うので急遽お買い物ということに・・・。 神戸まで来て、なぜドンキ? アハ、うちの近くにはないものですから。  でも、地元情報により六甲山頂は下より3から4度気温が低いということなので、父は800円也のマフラーを購入。娘にもパーカーを購入。 結局ドンキのおかげで翌日の防寒対策の準備が整ったのでした。

P3300057 翌朝、阪急電車に乗って、3つ先の六甲駅に。駅前からバスでケーブル下まで。そしてケーブルに乗って六甲山頂に。山頂から循環バスで、オルゴールミュージアム、ホール・オブ・ホールズまで。(↑写真はケーブルの駅です) 今回の神戸はここが目的でした。 以前母が友人と行ったことがあって、いたく気に入り、「孫を連れて来たい」と何度も言っていたという場所だったので。P3300073  オルゴール館の2階には小さなコンサートホールがあって、一時間ごとにオルゴールコンサートが行われています。最初はシリンダー型と円盤型のディスクオルゴールの演奏。そのあと、写真正面の大型自動演奏機などの演奏を聴くことができます。この電飾キラキラの自動演奏機の中にはドラムスやアコーディオンが仕込まれていて、モーターで風を送り、各楽器を動かして同時に音を鳴らすもので、つい30年前までベルギーのダンスホールで使われていたのだそうです。

P3300078 ←こちらは古いディスクオルゴールの ディスク。一般的な、よくあるオルゴールはねじを回すと小さい爪が付いたシリンダーが回って鍵盤を弾くというもので、鍵盤の数も少なく音数が限られていますが、ディスクオルゴールは同時にたくさんの音を鳴らすことができて、一曲フルに演奏してくれるので、聴きごたえがあります。

P3300070←ディスクを交換して聴ける大きなオルゴール。これは現代でも復刻版が作られていて、値段は60万円くらいから500万円くらいで買うことができるそうです。もしもお城みたな家に住んでいたら、一台欲しいところだけど。 でもほんとに!やさしくていい音でした。

P3300071 私達がよく目にする小さなシリンダーのオルゴールからはなかなかイメージできないけれど、オルゴールの語源はオルガン。風を送って自動で鳴らすオルガンが元になっているそうで、つまりオルゴールとは「自動演奏機」の総称で、録音機器がまだ発達していない頃の古き良き時代のヨーロッパでは、生の楽器演奏をなんとか再現しようと、大掛かりなからくりとも言える自動演奏機を作って音楽を楽しんでいたのですね。 オルゴールは人が演奏するものではないのに、どうしてこんなにやさしくて、情緒を感じられるのだろう・・・? なんてことを考えながら聴き入ってしまいました。

優しいオルゴールの音色を聴きながら、娘が興味深そうにオルゴールを覗き込んでいる姿を見て、母が何度も、「連れて来たい」と言っていた気持ちが伝わってしまって、思わず涙。 

P3300082朝はまだ小雨だったのに、オルゴール館を出るころには、雨は本降りになっていました。風も冷たく、寒かったので娘はドンキで買ったパーカーを着込み、ケーブル駅に戻るバスに乗ると、あたりが急に霧で真っ白に・・・。まるで去年の夏の十里木の霧のようでした。

母の遺志を辿る駆け足の旅は、三宮地下街(サンチカ)散策をもって終了。新神戸から新幹線で帰路につきました。明石焼き(ご存知ツユにつけて食べるたこ焼き)を食べ損なったのが心残りですが。(爆)これも次回の楽しみに・・・。

********************************

さて昨日の報告。きのうのメイプルコンサートは無事に終了いたしました。母校の現役女子中高生のブラスバンドと音楽部の学生たちの若さが眩しかった~。(笑) リハーサル時、先生の言葉に元気よく「はいっ!」と答える子供たち。いいなぁ~部活。懐かしさを感じたのと同時に、女子高生に戻ったような気分にさせてもらいました。

そしてこちら静岡東部は今ちょうど桜が満開です。市内を車で走っていると、どこの桜も枝一杯に花を開いていて美しい・・。近日、桜越しの富士の写真にトライしてみようと思っていますが、さて富士山は顔を見せてくれるでしょうか・・・?

« 春の京都♪ | トップページ | アンデネスのお花見ライブ♪ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

オルゴールいいんだよねぇ。あの大仰さ、アナログなとこが大好き。(笑) オルゴール博物館は全国にいくつかありますね。見かけるとよりたくなります。あはは。
 今日はえんで、定期ライブ。いってきまする。

おぉっ!!そっかすーさん今日ライブだね。
ぐぁんばれっ!(^O^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の京都♪ | トップページ | アンデネスのお花見ライブ♪ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介