フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« spaghetti solo live | トップページ | 父の持論 »

2008年2月 1日 (金)

娘と共感できること

この前の日曜、合唱の練習が終わったあとのお話。父が、娘とふたりで静岡まで迎えに来てくれたので、じゃぁ一緒に食事をして帰ろう、ということになりました。せっかくなので久しぶりに寿司でも食うかと、お寿司やさんに入ったら、娘がこそこそと私に耳打ち。「ねぇおかぁさん、ここはお寿司回ってないよ。」(笑)カウンターがあって、板前さんが目の前で握ってくれるお店だったのです。

そーいえばこういうお店で食べるのは何年ぶりだろう?寿司といえばもっぱら回転寿司だったからねぇ。(笑)

最近新しくできた回転寿司は席に座ると「タッチパネル」なんていうのがあって、画面の写真をタッチすればなんでも注文できて、それが目の前に回ってくるとちゃんとピンポ~ンとお知らせしてくれます。便利といえば便利だけど、そういうお店は店員さんとの会話といったら席に案内されるときと、会計のときだけ。握っているはずの板前さんもどこにいるやらまったく見えない。(機械が握ってるのかも)なんだか妙な感じです。

で、その「回ってない」お寿司やさん。板前さんも店員さんもにこやかで感じよく、「今日は真鯛がお勧めですよ!」なんて言われると、そうそう、こうでなくちゃと、この感じも久しぶり。(笑) そこで娘は中トロを6貫、あっというまにぺろっと食べて。そしてまたこそっと私に耳打ち。「回ってるのと全然違うね!!」(笑)

この頃少しは「大人の味」もわかるようになってきて、以前はあまり飲まなかった濃い目の緑茶も美味しいと言うようになったし、辛いものでも手をつけるようになりました。 食べることだけじゃなく、彼女のものの好みも考え方も少しずつではあるけれど明確になってきているので、ちょっと前だったらたとえば観る番組も映画も音楽も「子供に付き合う」という感じだったのが、今は「共有・共感」できることが少しずつ増えてきました。テレビドラマも、彼女が好きなのは今なら「はちみつとクローバー」勝手に録画して休みの日にCM早送りしながら観てます。これって大学生の恋愛物語だろう・・・?小学生にわかるんか?と思うのだけど本人は面白いんだって。(笑) ふたりでけっこう盛り上がってしまうのは「ジャンプ○○中」という番組。そして娘が注目している歌手は山下達郎。(笑) 欲しがっているものは「人生ゲーム」(なつかし~っ)

ナマイキなことを言うときには閉口するけど、成長振りにも目を見張る・・・。まだまだかわいい娘だったりときに大人びた友人だったり、もう少しで思春期にさしかかろうかというこの時期もなかなか面白いな、と思います。

ちなみに。私と娘が今好きな俳優は「玉木宏」。好きな理由もおんなじ。声がいいから。

そこんとこで気が合ってるのはやっぱり母と娘かなぁ(笑)

« spaghetti solo live | トップページ | 父の持論 »

娘との生活」カテゴリの記事

コメント

 私もゆうべはだんなさんとお寿司を食べました。回ってるやつ。(笑)
 共に感じる・・か~。それが実感できた瞬間って、やっぱ、あったかくて幸せなんだよね。
 よし、私も「共に感じあおう!」という趣旨の基、回ってないお寿司屋さんに連れてってもらうか!(作戦A)ふふふ。

★すぱっち~、
(^O^)たとえばどんなネタで共感するの?
話のネタだったら絶対に一方的だよね。ふふ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« spaghetti solo live | トップページ | 父の持論 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介