フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« 4年前の写真 | トップページ | 食欲の秋、旅欲の秋。 »

2007年9月30日 (日)

keyと運指と絶対音感

きのうは静岡朝日テレビ祭りでアンデネスさんが生演奏!というので午前10時からテレビに張り付き、(っていうのはオーバーだけど) 掃除しながら、食事しながら、洗濯物をたたみながら、家族交代でいつ出てくるかと午後2時まで、なんと計約4時間!!見張ってました。 (<爆  特にうちの父はアンデさんの大ファンなので) 

ところが。イベント全体が写る引きの画面で赤いポンチョの井上さんと海野さんを確認できただけで。 あと「せとやコロッケ」のコーナーで音だけはちょっと聴こえてました。(笑) 朝から小雨でPA設置ができなかったために演奏は割愛されてしまったようです。残念でした~。

シイタケ入りの「せとやコロッケ」も美味しそうだったけど、グランプリを取った裾野の水餃子(皮にモロヘイヤを練りこんであるんだって)も食べてみたいなぁ・・おかしい。(笑)

おっと今日はオカリナのお話をするんだった。笑顔

   *************************************

私には絶対音感がないので、絶対音感を持つ人が羨ましいと思っていましたが、いつもピアノを弾いてくださる下山さんは、たとえば朝起きて、近所で犬が鳴いていると、ワンワン、と同時に、ミ、ミ、(ドレミのミ)などと聴こえてしまうのだそうで、それって絶対音感のない人には未知の世界。でも確かに起きたてというシチュエーションとしては犬の声を「ミ」と聴こえる意味はあまりないわけで、才能が邪魔に感じることもあるというのも頷けます。

以前所属していたバンドに一時期いたメンバーにも絶対音感の持ち主がいて、彼女はほんのちょっとピッチがずれたりギターのチューニングが甘かったりすると「気持ち悪いっ!!」と言ってよく怒ってました。 絶対音感というのは、ひとつひとつの音程が全て感覚として備わっている(らしい)ので、ドの音の感覚はドの音として、シ♭は、ファ♯は、「これ」というのがちゃんと耳(体?)に入ってるわけですね。 だから下山さんはワンワンと鳴いてる犬の声がミ、ミ、と聴こえる。ちょっと♭だな~なんて寝ぼけた頭でもわかっちゃうらしい。(笑) 

デジタル仕様のキーボードにはトランスポーズという機能が付いていて、ボタン操作ひとつで半音単位で音を低くしたり高くしたりできる(カラオケの機械と同じ)ので、白鍵盤だけだったらなんとか弾けるという私のようなへなちょこにはとても便利なのですが、絶対音感のある人は弾いてる音と出る音が違うので、それを使うとものすごぉぉく気持ち悪くて弾けなくなるのだそうです。

A_023 で。オカリナです。(写真は左の大きいものから時計回りに、アルトC、ソプラノF、G、C管)  オカリナという楽器は、ソプラノの高音だけでもC管、F管、G管、の3種類あって、アルトも同じくC、F、G、そのまた下にバスのC管、と、基本的にはこの7種類。アケタではB♭管、E♭管も作っていますがこれは例外。 C管は、ソプラノリコーダーで置き換えると、全部の穴を閉じてド、の音、下からひとつずつ開けていくとドレミファ、と音が出る、と思ってください。 G管は全部の穴を閉じてソ、の音、F管はファ、の音、という具合です。

で、ここから先はちょっとややこしい話になってくるのでわからなかったら読み流してください。(笑)  オカリナでC調(ハ長調)の曲を吹くときに、C管を使えばそのままハ調の指使いですが、G管を使って同じ曲を吹く場合、F調(ヘ長調・♭ひとつ)の指使い(運指)になり、F管を使うとG調(ト長調・♯ひとつ)の指使いになります。

逆に指使いだけで言うと、ヘ調の指使いでC管を吹けばそのままF(へ調)、G管で同じ曲を同じ指使いで吹くとC(ハ調)、F管で吹くとB♭(変ロ調)になります。 な~んて聞くだけで頭が混乱するでしょ?(笑)

つまり、オカリナ吹きは、Keyを意識したら絶対吹けないということ。(笑) G(ト調)の曲だからG管を使えばいいというわけではなく、ト調の曲でも音域によってはC管やF管を使わなければならないので。 

オカリナ一本だけで、他の楽器と合わせることがないならばいいのですが、ギターやピアノと一緒に演奏する場合、ピアノがC調の譜面で伴奏していても、もしG管を使って吹くのだったら、指使いはF調。F管を使えば指使いはG調です。C調の曲で、当然Cの譜面でもG調だと思って吹かないとおかしなことになります。 オカリナは音域が狭いので、途中で持ち替えることも多々あり、FからCに持ち替え、なんていうときは、G指からC指に、一瞬で頭を変換しなければなりません。なので変換が利かない人は、譜面をその管に合わせて書き直したりします。 つまり、何本も使うコンサートになるとトランスポーズの嵐。(笑) 

それからたとえばF管とG管は一音違うだけで、大きさもほぼ同じくらいなので、間違って持ったFをGだと思い込んで自信を持って吹いたりすると曲頭で、「ぎゃっ!!」と叫ぶことになります。(笑)

オカリナ・コカリナ・リコーダーと、楽器を変えると運指も違うし、それぞれ管のkeyも違うので、コンサートの時には混乱を避けるために、私のカンニングペーパーには、実はこんなふうに書いてあります。

 「① 曲名、 オAG 元kC 指F」 解説すると、(オカリナアルトG管を使用、元KEYはC調、でも運指keyはF) ということになります。指F、が一番大事。でも元keyも頭の隅に置いておかなくちゃいけません。

ちなみに。リコーダーはC管とF管の2種類です。が、音域が2オクターブ以上あるのでkeyの問題はなく、F管のために楽譜を書き直すことはまずありません。

コカリナはC管とG管の2種類ですが、リコーダーのようにきっちり運指が二つに分かれるような作りではないので、これも譜面を書き換えないと難しい・・・。

もしこれで絶対音感があったら、さらにさらに混乱するでしょう。 オカリナは絶対音感がある人にはとてもむずかしい楽器ではないかと思います。

・・・・だから私、絶対音感がなくてよかったわ~。 ←長い話がこんなオチ? (笑) オカリナ・コカリナはチューニングが利かず、ただでさえ管が温まるとピッチが上がったり、息の入れ方で音程が変わってくる楽器たちですから。音には敏感に。でも元keyは意識せず。持ち替えは慎重に。(笑) カンニングペーパーをきっちり確認すべし。

というわけで、はい、今日はここまでっ。 次回はオカリナの>デクレッシェンドとコカリナの>デクレッシェンドについての裏技を。(いつになるやら・・・)

« 4年前の写真 | トップページ | 食欲の秋、旅欲の秋。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4年前の写真 | トップページ | 食欲の秋、旅欲の秋。 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介