フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

« みなさんありがとう。 | トップページ | ひとつやまこえ・・・ »

2007年8月 6日 (月)

♪サマーコンサートIN十里木レポート

まずは十里木コンサートに来てくださったみなさまに、心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。

当日朝に書いた通り、晴天ではないけれど、時間が経つにつれて少しずつ青空も見えてきてセミも鳴き、今日も暑くなりそうな気配。よかった~、これならきっと大丈夫、・・・と思いながら山の上に向かって車を走らせていると、先発ですでに会場に到着していたじんちゃんから電話が入り、「ゆきちゃん、上は大変なことになってるよー」と。 「どーしたの?」「すんごい霧、10メートル先が見えないくらいだから、気をつけて上って来て。」とのこと・・・。にわかに信じられない感じでしたが、確かに上に行くに従って、少しずつ空気が白っぽくなってきて、途中の丸火公園あたりの視界は真っ白。前の車のテールランプをのろのろと追いかけていくしかありません。富士山麓、十里木高原の標高は1000メートル。富士山の3分の1くらいの高さに位置します。下界との温度差もあるので、こんなことも有り得るのです。

Afh000019 ドライブインに着くと、まさに白の世界。もちろん湿気はあるけど雨が降っているわけではないので、屋外に居ても体が濡れるわけではありません。ちょっと幻想的でいい感じ(笑)・・・とも言えますが、でもこれは楽器にも電気機材にも非常に良くない環境です。写真を見ていただければ、その霧の深さがわかっていただけるでしょうか。(写真をクリックすると拡大されます)芝生はしっとりと濡れているし、これではお客様も座れないかもしれない・・・。

でもドライブインのお父さんが、「風が出てるから午後になったら晴れるだろう」と言うので、荷物を降ろしてからとりあえず会場近くのtokita邸に集合、霧が晴れるまで待機することになりました。スタッフの方が用意してくださった早めのお昼を頂きながら、みんなで歓談。(笑)そのときは、そのうち霧は晴れるものだと思っていたのですが・・・

070804 070804_2ところがところが。お昼を過ぎても霧はまったく晴れそうもなく、タイムリミットが近づいたので、屋外での開催を断念して店内でやることになりました。でもまだ店は営業中の時間なので邪魔をしないように、店の隅のほうでセッティングをして、サウンドチェックは後回し。それぞれ外でリハーサルをすることになりました。

この霧の中を車で上ってくるのはとても危険だし、途中から引き返す方もいるだろうから、お客さまも少なく、今年はきっと少人数で静かなコンサートになるだろうと思っていたのですが、開始時間にはほぼ満席状態に・・・驚きました。

演奏中も、開いている店のドアからさわさわと霧が店内に入ってくるような状態で・・・窓の外さえまったく見えない白い空気・・・遠くから見たら、私たちは低い雲の中にいたことになるのかもしれませんね。

070804_3 070804_8 さて外は霧でもコンサートは本番。今回はマリンバを演奏してくれた増田さんのおかげでまた新しい風を届けることができたのではないかと思います。増田さんにとってはいつもとまったく違う環境での演奏、かなり緊張したそうですが、(^O^) マリンバらしい弾けた楽しい曲と、しっとり聞かせる曲を織り交ぜてのソロ演奏、とてもステキでした。 

070804_5 070804_4 まきちゃんは体調不良で本番直前まで車の中で横になっていたような状態にもかかわらず、さすがプロ。本番では臆せず熱唱してくれました。アンデネスさんは新メンバーを迎えて、初々しさも発しながら、熟練されたケーナの音色がしっかりとバンドを支えてなおかつ本当に美しかった。そして今年は、去年お腹が大きかったみさっちが、出産した赤ちゃんを連れて参加してくれました。こういうことって本当に嬉しいですね。感激でした。

070804_6 じんちゃんはもうここ(十里木)はオレのステージと言わんばかりに(笑)最初から快調に飛ばしてくれました。おしゃべりでも歌でもお客様の心をぐっとつかんでしまいます。彼独特の楽しいちょいボケの話術(?)と、甘い歌声には改めて脱帽です。しかし。4拍子の曲を3拍子で出てしまうのと、曲のタイトルから歌ってしまうのだけはやめてください。(爆)  そしてそうそう、忘れてはいけません。うちの娘とまきちゃんの姪っ子Mちゃんが歌ったビリーブも、とっても良かった。(^O^)今回はふたりで2声のコーラスを初披露。前日一生懸命練習した成果が出ていたでしょうか。・・・・毎回共演のみなさんが素晴らしく、私自身も心から楽しめるコンサートなのです。

自分のことについて言えば、湿度に弱い高音のオカリナの音が出なかったのでその点は大反省。機転をきかせて低音に振り替えればよかったと。(笑) でもオカリナ&マリンバのコラボは楽しんで頂けたのでは、と思います。(笑)そして、今回は仕事が重なって残念ながら出演できなかったピアノの下山さんの新曲「満月」を、音源使用ではありましたが、お聞かせすることができて良かったと思っています。

070804_7 快晴の、抜けていくような空の下での演奏はとても気持ちのいいもので、特に森の中などでは一緒に鳥が歌ってくれたり蝶が飛んだりするのですが、今回の十里木はまったく想定外の「濃霧」の中、遠くから見ればまさに雲の中。自然の力は私たちの考えや思いがまったく及ばないほど大きく強く、そして不思議なものですね。

今回のコンサートの中では、なぜかじんちゃんも私も、それぞれが別のところで不覚にも涙してしまって。じんちゃんは歌えなくなり、わたしはオカリナが吹けなくなるほど泣いてしまったのでした。お恥ずかしい話です。

私事で恐縮ですが、実は今回、私の両親が見にきていました。母は今、闘病中で、この1年入退院を繰り返しており、今まで十里木のコンサートには毎年来ていたので、今年もぜひ行きたい、と言っていたのだけれど、当日が入院時にかかる可能性もあったし、よほど体調が良いときでなければとても無理だろうと、私はほとんど来られるとは思っていませんでした。

いろんな条件が良いほうに重なって、今ここに父と母が居てくれること、もしかしたらこうしてふたりで聴きにきてくれるのが最後になってしまうかもしれないことを思ったとたんに涙が溢れて止まりませんでした。あくまで私情ですから。他のお客様にはとても申し訳なかったと思います。でもみなさんがとても温かい拍手を下さって、その上tokitapapaが、私の母にも励ましの拍手を送って下さったこと・・・本当に嬉しく、忘れられないコンサートになりました。まさに「悲喜こもごも」。 私自身が決めたテーマでしたが、そのまま私に返ってきた感じです。(笑)

みなさまのおかげで、母は「来年も絶対来られるように頑張るから」と。コンサートから帰っても、疲れが少しも残らず、逆にとても元気が出たと言っています。母に力を下さったみなさま、本当にありがとうございました。

濃霧の中に浮かんだ、特別な空間の、特別なコンサートでした。2時間半に及ぶ長い時間を、母が楽しむことができたのも、炎天下ではなく、店内でやれたからだと思います。

今年も会場を提供してくださったドライブインさんに感謝を。主催のtokita夫妻に心から感謝を。遠くから来てくださったみなさま、危険な霧の中を車で上ってきてくださったみなさま。PAを担当してくれたすーさん、ビデオを担当してくれたkentさん、今回もまた、写真を撮ってくれたふくちゃん、受付を手伝ってくださったKシマさん、浜ちゃん、(おふたりは差し入れもありがとうございました。)ほかスタッフのみなみなさまと、それから当日は会場に行けなかったけれども、応援してくださったみなさまにも。

本当にありがとうございました。m(__)m そして「霧」という特別なお天気を与えてくれたお天気の神様にも、感謝。(笑)(ドライブインのお父さん曰く、一日中濃霧、というのは十里木ではとてもめずらしいことだそうです)

来年こそは晴天の屋外で!!(笑)お会いしましょう。

なお来年の《サマーコンサートIN十里木》は同じく、8月第一週の土曜日、午後3時より@十里木ドライブイン屋外庭園で~す(^O^)/

« みなさんありがとう。 | トップページ | ひとつやまこえ・・・ »

コンサートレポート2007」カテゴリの記事

コメント

コンサートに行けてない私が、最初に、コメントごめんなさい。
本当に、素敵なコンサートの様子が、伝わってきます。そこに、行けてない私が、残念・・・・古庄さん、皆様、お疲れさまでした。今度は、12日、森での、素敵な演奏を、心待ちにしています(^-^)お疲れの取れないうちで、本当に、本当に、申し訳ありませんm(__)m

★ららさん、ありがとうございます。
大丈夫、もう絶好調ですよ~(^O^)/
12日はこの夏最後のイベントですから。
もうマジで頑張っちゃいます。(笑)
楽園でお会いできるのを楽しみにしています。

こんばんは。
十里木ライブありがとうございました!
ここは、1年間のなかでもとても楽しみにしているライブの一つなのです!
だって、素敵なオカリナがきけるんだもん。
2年前に聞いた曲がまた聞きたいなと思っているのですが、
タイトルも分からず、それっきりです。
今度会ったときに、聞かせてください!
(といっても、タイトルわからないんですけどね・・・)

★長岡さん、どうもありがとう。
2年前にやった曲、全部覚えてますよ。(笑)
今度、オカリナ持ってアンデさんの練習日にお邪魔しますから。
この曲?あの曲?って曲当てクイズしましょう。(爆)

しかし、あのでっかい家、じゃなくてキャンピングカーには
驚きました~。中を見せてもらえばよかったなぁ。

1日1枚を焼いてます。
もうすぐ4枚焼けますので。
やはり昨年のテープありました、ごめんね。
今年のと一緒にお渡ししますので。
毎日いますのから(一応新盆だもんで)
都合のいいときによってください。
(明日はいませんが>苦笑)

12日が終わったらひとまず
お疲れ様ですね、ふぁいと!!

kentさんありがとう。
貴重な時間をたくさん使わせてしまってごめんなさい。
でもほんとにほんとに助かります。
みんなDVをすごく楽しみにしてくれてるみたいで。(笑)
私はちょっと今回はテレくさくて見たくない気もするんだけど・・・(笑)
電話入れてから伺いま~す。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みなさんありがとう。 | トップページ | ひとつやまこえ・・・ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介