フォト

石のアルバム

  • 22
    海岸でひろった石ころにペイント。 ネイティブアメリカンの言葉を添えました。

「おなまえペン」で布に落書き

  • Img031_20200318225001
    「布用おなまえペン」で無地のポーチやサコッシュに描いています。
無料ブログはココログ

2021年10月19日 (火)

11/3 栄松院コンサート チケット完売となりました。

先日、ブログでお知らせした、
11月3日(水・祝)清水秋葉山 
栄松院さんでのFOMALHAUTのコンサートは、
チケット完売となりました。
今後はキャンセル待ちになります。
本当に感謝です。ありがとうございました。

チラシも作らず、お声がけのみで、たくさんの方に来て頂けること、
本当に嬉しくありがたい限りです。
この日は室内、屋外、両方で聴いて頂けるよう
音響も工夫するつもりです。

遠くからお越しの方はどうぞお気をつけて。
会場は市街地ですが、天候によっては防寒もお忘れなく。

お待ちしております。\(^o^)/


2021年10月18日 (月)

秋の箱根のライブは・・・♪

さて今日二つ目の記事です。

きのう(17日)は、箱根ビジターセンターにて、
ギターのすー船長とオカリナ古庄のライブの予定でしたが、
雨で中止となりました。

ビジターセンターでの、すーさんとのライブは、
春(天候不良)夏(緊急事態宣言)秋(天候不良)
というわけで、オール中止と相成りました。

うーむむむ~残念。さすがに全部となるとね。

感染状況も少し収まってきている中、
どこかで代りに1度演奏の機会があるといいのだけど、
と思っていますが、
まだ具体的な企画はまだ立っておりません。

企画が上がることになったらお知らせしますので。
よろしくお願いいたします。

と、そしてさらにこのあとの、
箱根ビジターセンターでのもうひとつの企画、
秋の第2弾。10月31日(日)

245048205_884460429108358_57670478921863

今度はFOMALHAUTと、ウードのたきちゃん(芹沢多希子さん)
とのコラボ企画です。
タイムスケジュール等はフライヤーをご確認ください。
この日は秋のイベントとして、キッチンカーなども
出動のようですよ。

ウードとは、アラブ音楽を奏でる弦楽器。
そしてたきちゃんは、ウードをこよなく愛する3児のママ。
以前、彼女がコカリナのワークショップを企画して下さったことがあって、
その時に初めてお会いして、いろいろ話を聞くと、

思いついたらどこでもひとりで旅に出る、
アラブやアジアを駆け回り、
なかなかふつーの人が体験できないあれこれを
さらりとやってのけるパワフルママなのでありました。

17553513_1052883954845153_27097402281770

これ、そのときのツーショット。何年前かなぁ。4~5年前??

さて何が出来るか。わくわくです。
なんたって、アラブ音楽とのコラボですから。
みなさまぜひいらしてください。

10月最後の日の箱根。寒いかな~。
今度はお天気、良くなりますように。

親ガチャという言葉

最近よく見かける、この親ガチャとかいう言葉、
若いひとたちが使っているらしい。

なに?どういう意味?と思ったら、
親を選べないという意味なんだって。
なるほど。親を選べないということと
何が出てくるかわからない「ガチャガチャ」を合体させた言葉
というわけですね。うまいこと言うよね。

うん確かにそうかもしれない。
でもけしてそうじゃない。

わたしは、
誰もが親を選んで生まれてきている。
と そう思っています。

年を取るごとにそう確信するようになりました。
そういう考え方、が、
真実に導く、ということを確信している、
と言ったほうがよいかな。(ややこし~)

いやそんなわけないじゃん。
そう、そんなわけないよ。 
どちらも等しく正しい。(どっちなん?笑)

科学的に証明されるわけないとか、
いや魂が生まれる場所を選んで来る、とか、
生まれる前の記憶を持つ子供がいるとか、
よく聞く話も含めてね。

真偽はいくらでもどうとでも言えることなので。
本当にそうかどうかということはどうでも良いのです。

もし、自分が両親を選んで来た、と思えたなら
世界は違って見える、という、こと。

自分が選んでこの世に生まれてきた。
親も、環境も、時代も、社会も。
もしそうだったら?と考えてみる。
もし?でいいから、そう考えてみる。

だとしたら何のために?
何を学ぶために?

そう考えていくと、
誰かのせいだったり社会のせいだったり親のせいだったり、
何かのせい、というカードが全てひっくり返るのです。

自分の生きる意味さえ見えてくるかもしれない。
自分はいったい何がしたいのか。

自分の足で歩き、自分の目で見て、聴いて、
自分で考え、自分が選んで、今ここにいる。

91061493_10158473378805139_4457258695478

幸せとはいったい何でしょう、と問われたとき、
自分の命を授かったことに感謝できることが
一番幸せなことなのではないかと。
人生の終わりに、そんなふうに言えたらいいなと思う。 

親ガチャハズレとか、親ガチャ当たり、なんて、
私も若かったら言ってたかもしれない言葉のことを
つらつら考えていたら、

こんなことを書いてみたくなりました。

2021年10月12日 (火)

4年前・・・

フェイスブックを開けると、「〇年前の今日」の記事が
トップに上がって来ます。
それは7年前であったり、去年であったり・・・、
AI的なものが無作為に選んでいるのだろうけど、
ふんふんそうだった、と横目で通り過ぎるときもあれば、
あぁ~、そうかぁ、もう〇年経つのかぁ、としみじみ振り返るときもあります。

4年前の10月8日は、私にとって、FOMALHAUTにとって、
忘れられない一日として、写真を見ればいつでも
しみじみしてしまう。

あれ?そういえばこの日のことをブログでどう書いたっけ?
と過去記事を見てみたら、報告記事、まったく書いていないじゃん。
遡り記事さえ無い・・・。うそ。(笑)

あぁぁそうだった。あのイベントが終わった直後から
父親の具合が悪くなり、翌年の2月に亡くなるまでの間、
何も書けなかったのだった。

4年前のことです。さかのぼりもいいところだけど
しみじみ思い出したので、写真で振り返ります。

2017年10月7日~8日。
修善寺いきいきプラザで行われた、日本ペンクラブ主催のイベント
「川端康成の伊豆」にて。
前日の7日に修善寺入り。前夜祭にも参加させて頂き、
近くの宿に宿泊。 翌8日、会場に行くと
大きなお部屋の隅のほうに着替え室がしつらえてあって、
そこが出演者全員の控室になっていて、
作家の先生も希林さんも、私たちまで、みんなご一緒。

モニター見ながら談笑したり、
浅田次郎さんが川端康成の生原稿を見せて下さったり。
なんとも夢のような控室でした。

22382225_1170676886399192_32843372395186

FOMALHAUTはイベントの一番最後に演奏させて頂きました。
オオトリ?まさかね。(笑)
川端康成の文学からイメージして、新しい曲を
この日のために書き下ろした相方下山氏。
伊豆の踊子がワルツを踊る、というアイデアを聞かされたときには
えっ相方、そんなんで大丈夫か、と思ったのでしたが、
「スローダンサー」というその曲を
先生方みなさん絶賛して下さり、
さすがわが相方、と手のひら返し。(笑)
いや。ほんとに尊敬しました。こういう時にこんな曲が書けるなんて、
やっぱりさすがです。

いつもと違う緊張でしたが、
無事にステージを務めることができました。

22291288_1170676483065899_37104036083612

そうそうたる作家の先生方とよく並んで立てたものです。
今思うと冷や汗ものでございます。

Img_9104

樹木希林さん。この日から1年経たずして亡くなられたのでした。

お元気だった時にご一緒させて頂いたことが
もはや奇跡としか思えない。
さっそうと風のようにすたすたと歩いていたかと思うと、
ご挨拶に来たひとたちを煙に巻くように、
「年寄りだから疲れちゃうのよ、座ったままで失礼するわ」と、
まるで映画でなさっているおばあさんのお芝居を
間近で見るようでした。

22382301_1170675483065999_26429683041588

この日からもう4年、でもまだ4年・・・。

そうだった。うちの娘もまだ大学生で、
手伝いに来ていて。希林さんと一緒に写った写真は
宝物になりました。

打ち上げにて。

Dsc04682

忘れられない一日。宝物の一日。

もう一度、記録としてこの日のポスター貼っておきます。

20171008
20171008_20211012214001

2021年10月 4日 (月)

再開♪

あっという間に10月になってしまいました。
きょうは大分で最高気温35度越えだったそうで。
もう10月ですよ? 35度って・・・秋はどこへいった?
富士山の冠雪も現れては消え、まだ夏の富士のまま。

なんだか温暖化も当たり前のようになってしまって、
季節感が薄れてしまったことを憂うのは
昭和の時代を知ってる世代だけなのかもしれません。

緊急事態宣言が解除され、感染者数や病床使用率なども
ずい分下がりました。
こういう状況は確かにほっとします。
数が減れば感染の確率も下がるわけだから。
でもまだ気は抜けないし、対策は続けなくてはならない、と。
本当の意味で収束できるのはいつのことでしょう。

ということなどを踏まえつつも、
先週からお休みしていたレッスンを徐々に再開。
そしてコンサートの企画のお話も少しずつ頂いております。

まずは11月3日(水祝文化の日)に
清水 秋葉山栄松院さんにて、FOMALHAUTのライブを
開催して頂くことになりました。
決まったのは2日前の土曜日。(笑)
もちろんまた感染拡大ということになったら中止もあり得ます。
が、「まずは気楽に決めちゃいましょう」と言って下さり、
本当にありがたい限りです。

11月3日(水祝文化の日)午後1時30分から
FOMALHAUT ライブ 参加費 1,000円 
限定50名様となりますので、
参加ご希望の方はお早目にご連絡ください。
ありがたいことにすでに残席20名ほどになっております。

それから 
いつもの箱根ビジターセンターでの屋外BGMライブ、は今月、

10月17日(日) 11時~ 14時~ ギターすーさん&古庄
10月31日(日) 演奏時間未定 FOMALHAUT&more
        (この日は秋のイベントとして他の演奏者さんもいます)

それから、
来年1月8日(土) 新春オカリナコンサート@清水江尻生涯学習交流館
        開催決定となりました。
        こちらも50名限定。
        ご予約方法等、詳細はまた後日お知らせします。

今年は特に、何度も延期や中止となり、ご迷惑をおかけしました。
まだまだその可能性もないとは言えませんが、
演奏の場があり、演奏のオファーを頂けること、
楽しみに待っている方がいて下さることに心より感謝を。 
ひとつひとつの音に心こめて演奏したいと思います。

2021年9月 4日 (土)

瑠璃色の地球 ひとり合奏

久しぶりに動画を。ひとり合奏シリーズ。
小山さんの3声アレンジを4声にしてみました。

生徒さんの中からカルテットが4組誕生したので、
なかば必要に迫られて、のアレンジ作業。

先月、グーシーズさんも箱根で演奏してくれました。

集中できる時間さえあればこれがなかなか面白い作業でして。
没頭してしまうと時間を忘れてしまう。

私にとってアンサンブルのアレンジは、
難しいけど新しいチャレンジでもあります。

ひとり合奏の動画は
自分の顔が増えていくのが相変わらず奇妙な感じですが、
ちょっと慣れた。かな。

2021年9月 2日 (木)

日を追うごとに・・・

9月に突入しました。 先月から静岡県にも緊急事態宣言が出てから
1週間は調整のため、レッスンを続けていましたが、
27日からのレッスンはお休みさせて頂いています。
9月12日に解除になるのか、延長されるのか・・・。

そして1年(以上)ぶりの今回のセルフ自粛生活が始まってすぐのこと。

私にとってとても大切な 千葉に住む友人が
コロナで亡くなりました。

日を追うごとに・・・ いろんなことを思い出しては
Mくんがどれだけ自分に影響を与えてくれた人だったかをあらためて感じて、
哀しみは深くなる・・・。
けれどその反面、いつもの日常の中にその思いは埋もれていくのを
知っているから。 今、書いておかなくちゃいけない。

知らせを受けたときには、なぜ??なぜコロナで??と
信じられない思いで、憤りさえ感じたのだけれど、
よく聞けば、
会社の会議に、熱があるのに出てきていた人がいて、
しかもマスクをちゃんとしてなかったという。
「マスクしてくれよ」とお願いしたけれど聞いてくれなかったという。

上司であるMくんは、それで感染し、重症になり、亡くなった。

そんなことってあるか?と思う。許せない、と思う。

だけども。

今、これはきっと世界中のどこでも起こっていることで。
その人を恨むのか、covid19 を恨むのか、
デルタ株を恨むのか、 
ワクチン打てていなかったことを恨むのか。

誰に、何に、怒りを向けたって何にもならない。
どうにもならない。

いつ自分だって感染するかわからない、とは思いつつ、
今まで身近な親しい人に感染者が出たことはなく、

テレビでよく見る誰かが、
市内のあそこで、ここで、あるいは、知り合いの知り合い、
またはSNSで繋がっている遠い誰かが、とか、
そんな距離感だったコロナがいきなり、
親しい友人の命を奪っていった。

コロナに対して、またはワクチンについて、
今、世の中にはそれぞれの考え方があって、
誰が正しいのか、どの情報が正しいのか、常に錯綜している。

正しさを主張しようが、反対しようが、
誰を批判しようが中傷しようが、
100年に一度のこの災害に対しての正しい答えを
誰が出せるというのだろう。

ただただ、強く思うのは、
もうこのウィルスで大切な人を失いたくはないから。

みんながお互いを大切にして、
笑って会えるように。ハグできるように。
今を生き延びなくちゃいけない、ってこと。

17362001_1048021741998041_52216365439092
2017年3月、大切な友人たちと一緒に、
同じく大切な友人のお墓に墓参り。
Mくんに会ったのはこの時が最後でした。

去年もこの集まりをやる予定だったけど、
3月はもうコロナ禍で、叶わなかった。
いつでも会えると思っていた。


彼が居なかったら今の私は無い、と思う。
この仲間たちとも出会えてなかった。
みつくんありがとう。ほんとにありがとう。出逢えてよかった。

いつかそっちで会おうね。
私は今んとこしぶとく生きるつもりだから。
長くなっても待っててよね。 
しわしわのばあさんになってても見間違わないでよ。

2021年8月18日 (水)

ランチタイム&ティータイムライブ中止(延期)のお知らせ♪

先日お知らせした、富士大渕ゆほびカフェさんでの
ランチタイム&ティータイムライブ(8月23日)は、
延期とさせて頂くことになりました。

Yuhobi

いつになるかはまだ未定ですが、
延期としてあらためて日程組ませて頂きます。 

このライブは、告知と同時にご予約が満席となり、
企画への反響が大きかったこともありとても迷いました。 
楽しみにして下さった方には大変申し訳なく思っております。

が、静岡県、また富士市内の感染拡大、
緊急事態宣言の発令等を鑑みての決断となりました。
どうぞご理解下さい。
ゆほびカフェスタッフの皆さまにも心より感謝を。m(__)m   
23日当日、演奏はありませんが、お店は通常営業していますので、
お食事、ティータイムにぜひどうぞ。
再度の日程決まりましたらご報告いたします。(^^)/

それから、ブログでの報告がまだでしたが、
8月15日、22日 箱根ビジターセンターで行われる予定だった
コンサートも、中止となりました。
15日はもう過ぎてしまった・・・(^_^;)

ビジターセンターコンサートは10月にも予定されています。
10月17日(日) ギターすー船長&オカリナ古庄
10月31日(日) FOMALHAUT
そちらはまた開催が決まり次第、改めてお知らせします。

どうかみなさま安全に。ご自愛ください。

2021年7月30日 (金)

グーシーズ@箱根ビジターセンター

昨日の記事で、緊急事態宣言が発令されたらおそらく
箱根のコンサートは中止になるであろう、と書きましたが、
適用は8月2日から、となりましたので、
明後日、8月1日(日)のグーシーズさんのコンサートは
開催されることになりました。

良かった。

メンバーみんなすごい練習してたし、
(今日もリハーサルしているそうです)

屋外での演奏ですので。箱根方面に行かれる予定のある方は
ぜひビジターセンターに寄り道してください。

15日(日)と 22日(日)についてはまだわかりません。
ビジターセンターが閉館になると、中止になりますが、
まだわからないそうです。

さて。
せっかく書き始めたので 本日の出来ごとをひとつ。
朝からセミの声がうるさいくらいの毎日。
でもうるさいなぁと思っているとうるさいだけなのだけど、
ちょっとその鳴き声の中に身を預けてみると、
あれ?なんかパーカッションの音にも聴こえてきて、
ふとメロディが浮かんできまして。

ブリティッシュロック的なビートで、軽快な感じ・・・
おっ、これは、と思ってデジピで音を取り、
こんな感じ良いかも、とメロが決まってきたところに

ダスキンの集金さんが ピンポーンって。
玄関に出て支払い済ませて またデジピの元に戻ってきたら

あら、頭の中からさっきのメロディぜーんぶ消えてました。
そんなもんです。そんなもんの繰り返しさ。(^^ゞ

あはは~ (^。^) おしまい。

2021年7月29日 (木)

ランチ&ティータイムライブのお知らせ♪

感染拡大が止まらない。
そりゃそうだろう、と多くのひとが思っている。

オリンピックやってるし、メダルラッシュだし、
盛り上がってるし。心浮かれた人もそうでない人も
出かけたくなるのはよくわかる。
 
国民の多くがオリンピック延期か中止にしたほうが良い、
と思っていたけど、国民の意見なんてどこ吹く風。

いざ始まってみればそりゃ観るでしょう。
選手が頑張っているのを見れば感動するもの。

世の中もともと矛盾だらけ、にしたって。

こんなにもあからさまな矛盾には遭うたことありまへん。
この状況で若者たちに出歩くなと、言ったところで
説得力無し。

というわけで、もし神奈川県に緊急事態宣言が発令されれば
先日お知らせした箱根のコンサートは
おそらく、中止になることでせう。(今の時点では不明です)

この1年半、ずっとそんなことの繰り返しなので、
言い方は良くないかもしれませんが、 
ライブの中止には慣れてしまいました。

しかし。中止延期になるかも知れず、
という条件が常に付きまといながらも
次なるライブの企画は新たに生まれるものでありまして。

20210823yuhobi

広々した店内です。お席の間隔を空けるため、
人数制限あり。感染対策の上。

少しおおげさに聴こえるかもしれませんが、
私たちにとってはこれが生きること。

つまり 

「ライブを止めるな」ってなことでしょうかね。
ちょっと古いけど。

「60になっても70になっても80になっても~♪」

とかいう、IKKOさんのCMがありますけれども、
我々そんなに(80になっても)重たい機材持ってあちこち演奏して
歩けるわけじゃぁないと思っております。

だから今しか出来ないことは今やる。
それが延期になっても中止になっても、
可能性があるならば。

今日の時点で次々とお席が埋まっています。
ありがたいことです。m(__)m

~7月30日時点の追記です~
こちらのランチ&ティータイムライブは
ご予約のお席(ランチ、ティータイムとも)が満席になりました。
ありがとうございます。あとは当日までキャンセル待ちとなります。
3週間以上前だというのに ありがたい限りです。m(__)m

演奏したい、という私たちの思いと、
聴きたい、と思って下さる皆様のお気持ちが
ライブという時間と空間を作るのだなぁと

これまたおおげさに聴こえるかもしれませんが、
そんなことを思うと本当に・・・。

ありがたい。 感謝しかありません。

«今年の夏も箱根で野外ライブ♪

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

CD 十里木の夏 by FOMAL HAUT

  • 2009年8月発売 十里木の夏 CDについて
    2009年8月発売 FOMAL HAUTの4曲入りCDのご紹介

DVD FOMALHAUT GIFT

  • FOMALHAUTのDVD、GIFTのご紹介
    2012年春発売 FOMALHAUTのDVD、GIFT のご紹介